2015年08月27日

喜多見柚「とらいあどぷりみゅず!」渋谷凛「かわいい」


・短い

・似たような話

喜多見柚「ゆずゅーじぇねれーしょんず!」渋谷凛「…語呂悪くない?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397463630/







柚「おおっ」



柚「凛にほめられた。わーい」



凛「ゆずゅーより言いやすいしね。可愛いよね」



柚「だよねっ。へへっふとんでごろーってしながら考えてかいがあったかもー」ヘヘー



奈緒(そこは寝ずにじゃないのか…)



加蓮「とらいあどぷりみゅず…。あー…たしかに可愛い…」



奈緒「噛んだだけじゃないのか?」



加蓮「奈緒も言ってみれば?」



奈緒「あ、あたしはいい。なんか恥ずかしいし」









SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400518534





加蓮「えー。こんなことでてれるなんて、このまえよく『ご主人様♪』なーんて」



奈緒「わ、わー」



奈緒「忘れろバーカ。あれは仕事だからだ」



加蓮「えー」



柚「えー」



奈緒「おう」ビクッ





柚「奈緒サンも一緒に言おうよー。ぷりみゅずー」



奈緒「い、言わねえって。恥ずかしいよ」



加蓮「凛は恥ずかしくないんだ?」



凛「ん、いやほら。柚には抵抗するだけ無駄だし…」フフ…



加蓮(達観した目だ…)



柚「ぷりみゅず!」



凛「ぷりみゅずー」



加蓮「ぷりみゅずー」



奈緒「ぷ…い、言わねえって!」





柚「ちなみに今回はゆずを前面に出さずにエンリョしてみたーっ」ニパー



凛「ああ、うん。後ろの方にね。ちょこっとね。べつに元々私たちの名前は入ってないけど」



柚「ぷりみゅずー」



凛「みゅずー」



奈緒「というかトライじゃないよな?」



加蓮「4人だからね。てとらかな?」



奈緒「てとら」



柚「てとらあどゆず!」



凛「あれ。遠慮は?」



柚「あれ?」



奈緒「あれじゃねえよ」ピコ



柚「いたいっ」



加蓮「あははは」





奈緒「そもそも何だよ。その…と、とらいあど…、ゆずってのは」



加蓮「恥ずかしがりすぎじゃない?うりうり」



奈緒「う、うるせー。あーこらひじでぐりぐりすんなー」



柚「トライアドプリムスに柚が加わったばーじょんです!」



奈緒「ん…?加わるのか…?」



柚「加わるったら加わるー♪」



奈緒「お、おお」



凛「今度ライブにゲストで来てくれるんだよ」



柚「来てくれるんだよー♪」ネー



奈緒「そ、そっか。それは嬉しいし楽しみだな…。あと柚の台詞はなんかおかしいな?」



柚「楽しみだねー」



柚「へへ、そこでとらいあどぷりみゅず!だよーっ」



奈緒「なんでだ?」





柚「えへーまぁいーじゃん♪奈緒サンも言おうよぅ」



奈緒「し、しがみつくなって。服伸びちゃうだろ」



加蓮「言えばいいのにね」



凛「ね」



奈緒「あ、分かった。凛オマエ、柚につっこむの面倒だから今日はそんな感じなんだろ。あたしに丸投げしてるだろ」



凛「みゅずー」



奈緒「ごまかせてねえよ」



柚「奈緒サーン」



奈緒「ゆ、ゆらすなゆらすな」





柚「むすー。じゃあ例によってほかのばーじょん考えよっかなー…」



凛「たとえば?」



柚「そぉだなー。あっ、じゃあ奈緒サンが言いやすいの考えてみよー」



凛「うん」



奈緒(うぅ、あたしにしがみついたままかよぉ…)



奈緒(な、なあ。おい加蓮)ボソ



加蓮(?うん)



奈緒(教えろ)



加蓮(は?)



奈緒(だ、だから教えろってんだよ。は、恥ずかしいのも、あるけど…わ、分かんないんだよ!…み、ゆ…、ず…って…あーもーなんだよっどうやって言うんだよあんなの?!)



加蓮「え…え?」



加蓮「いや、普通に…ぷりみゅず?」



奈緒「こ、こほん」



奈緒「ぷ…、ぷる」



加蓮(そこから?)



奈緒「ぐぅぁぁ…な、なしだ!いまのはなし!」//



加蓮(なにこの奈緒可愛い)



柚「えっ」



加蓮「え?」



奈緒「あ?」//





凛「…奈緒?」



奈緒「あ、え…な、なんだよ」



柚「…………」



柚「な、なかった、カナっ。やっぱり。いまのは…えっと」



奈緒「…ん?な、なにがだ?」



加蓮(タイミング悪かった?)ボソ



凛(たぶん。ちょうど柚がじゃあ奈緒のためにこんなのどうかなって)



加蓮(あちゃあ)



柚「…」ショボ…



奈緒「…?…??」



奈緒(お、おい助けろ)



加蓮(奈緒が悪いみたいだから頑張ってー)



奈緒(ええっ。な、なにが…)



凛(まあべつに勘違いさせるような台詞でもなかったと思うけどさ…)



凛(ほら、柚は奈緒のことを考えて、考えてたから)



奈緒(い、いや、そんなこと言われても、そもそも何がなんだか)



柚「ぐす」



奈緒「わ、わぁ。バカっ泣くなよっなんだよごめんっ」



柚「…?」





柚「奈緒サン…おこってないの?」グス…



奈緒「お、怒ってねえよ。……。怒るもんか」



ポス



奈緒(…とりあえず…分かんないけど)



奈緒(せっかく考えてくれたのに、いやがったのは…謝んないとか)ナデナデ



柚「??ふに…」



奈緒「ごめんな。柚はあたしらのことも考えてくれてた…ん、だよな」



奈緒「え、ええっと…ほ、ほら。あたし、よく勘違いさせちゃう性格だからさ…」



奈緒「ごめん。ほんとはそんなつもりじゃないんだーって、よくあるんだ。許してくれ」ナデナデ



柚「……」ナデ…



柚「…えへへ。ううん。だいじょぶ。へーき…」



柚「へへっ。奈緒サンやさしいなー」



奈緒「き、気のせいだろ。いま柚のこと泣かしちゃったし…」



柚「な、泣いてないよっ」



奈緒「泣いただろー」



柚「泣いてないよーっ!」



加蓮(仲直り早いね)



凛(柚だからね)





奈緒「ん、と…それと」コホン



奈緒「なあ、柚。あたしも…その、さっきのやつ、悪くないと思うんだけど…」



奈緒「い、言い方がよく分かんなくてさ。教えてくれよ」



柚「…!」パァ



柚「えっへへーいいよいいよーっ!柚におまかせろー!」ニパー



奈緒「だからたまに台詞ヘンだって」クス



奈緒「こ、こほん…お、おう。じゃあ…よろしく」



加蓮「奈緒が素直だ。珍しい」



奈緒「うるせえよ」



凛「よかったね」ナデナデ



柚「うん!」ニパパー





柚「あっ」



奈緒「ん?」



柚「あー…ううんっ。いちおう奈緒サンよーも考えたけど、いっか!ぷりみゅずの方が可愛いしっ」



奈緒「な、奈緒さん用ってなんだよ恥ずかしいよ…」



奈緒「…あー…で、でも…せっかくだし、聞くだけなら…聞いてやるよ」



柚「ほんとっ!?」ペカー



奈緒(まぶしい)



柚「えへへっ。えっとねーとらいあっとナオサンでどぉかなーって!とらいが柚と凛と加蓮サンのことで!」



奈緒「それほとんどあたしじゃねえか!ない!それはない!は、恥ずかしいっての!それになんだ!さっきの言い方だとあたしが可愛くねぇみたいじゃねえか!いや可愛くねえけど!」ペチペチ



柚「いた、いたたた」



柚「な、奈緒サンは可愛いよ?」



奈緒「うるせぇ!」ペチン



柚「いたいっ。ほめたのにー」ウエーン



加蓮「楽しそう」



凛「そうだね」







ガチャ





P「…?」





ペチペチ





P「…」



P「ただいま」



加蓮「あープロデューサーさん。おかえりなさい」



凛「お疲れさま」



P「うん」



凛「どうかした?」



P「ああ、いや」



P「今度のライブのこともあるし、今日辺り一緒にレッスンしてくれって言おうと思ったけど…」



P「もう十分仲良くやってるなと思って」



柚「Pサンよく見て柚いじめられてるよ!?」



奈緒「自業自得だ」ペチ



柚「ふにっ」



加蓮「ふふ。まあね」



凛「おかげさまで」



P「そっか」





P「じゃあその調子でよろしくな」



凛「うん。任せて」



凛「ふふ、じゃあみんなで行こうか。ライブの成功の先へ。とらいあどぷりみゅずで」



加蓮「うん。ぷりみゅずぷりみゅず」



柚「ぷりみゅず!がんばるぞー」ヘヘー



奈緒「お、おう。…ぷ、ぷりみゅず、な」



柚「奈緒サン可愛い!…あぅ」サッ



奈緒「…叩かねえよ。へへ…ありがとな」ポフ ナデナデ



柚「…う、うん。…いえいえだよー。へへっ」



加蓮「ツンデレだ」



凛「ツンデレだね」



奈緒「ち、ちがうわっ」



柚「つんでれだ!」



奈緒「違うっつーの」ペチ



柚「ふにあ。た、たたかないって言ったのにー」



奈緒「へへ。バーカ」





・・・・おしまい





13:30│喜多見柚 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: