2015年09月30日

凛「お腹すいた」李衣菜「ふーん」




―――事務所







P「…………」カタカタ…



凛「…………」



李衣菜「…………」





凛「ねぇ李衣菜」



李衣菜「うん、なに?」



凛「お腹すいた」



李衣菜「うん。そっか」



凛「…………」



李衣菜「…………」



凛「ロールキャベツ食べたい」



李衣菜「作らないよ?」



凛「!!」ガーン



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443455420



凛「そんな……私が餓死してもいいって言うの? 見殺しにしたら一生後悔するよ?」



李衣菜「餓死しそうな人はそんな脅しみたいなこと言わないと思うな」



凛「……確かに」



李衣菜「でしょ。はい、この話はおしまい」



凛「待って」ヒョイ



李衣菜「あ、ちょっ! ヘッドホン返してよ!」



凛「無事に返してほしかったらロールキャベツ作って」



李衣菜「ほんとに脅してきた……」

凛「うん、やっぱり着け心地いいね」スチャ



李衣菜「あーもう、勝手に……!」



凛「あ。『Nation Blue』……しかも私のソロバージョン」シャカシャカ…



李衣菜「……別にいいでしょ私がなに聴いてたって!」プイッ



凛「ふふ。ありがと」



李衣菜「ふ、ふんっ」

凛「で」



李衣菜「で?」



凛「ロールキャベツ」



李衣菜「……分かったよ、分かりました! 作ればいいんでしょ作ればっ」



凛「やった。じゃあ夕飯だね」



李衣菜「はぁ、もう……。って言ってもさすがに事務所じゃ作れないよ? 圧力鍋じゃないと時間かかるし……」



凛「李衣菜の家がいいな。行っていい?」



李衣菜「別に構わないけど――」



凛「着替えどこだっけ……」ゴソゴソ



李衣菜「泊まるの!?」

凛「うん。ダメ?」



李衣菜「や、だって急だし……ううん、言っても聞かないだろうしいいや」



凛「ふふっ、そう言ってくれると思ってた」



李衣菜「ていうか、なんで事務所に着替え置いてるの?」



凛「よく卯月や未央の家にも泊まるから」



李衣菜「へー……そうなんだ」



凛「……妬いてる?」



李衣菜「? 焼くってなにを?」



凛「妬いてよ」ムスッ



李衣菜「だ、だからなにを焼くの……?」

凛「はぁ……これは通じてないやつだね……。まぁ李衣菜だし仕方ないか」



李衣菜「えぇ……なんか勝手に呆れられてる」



凛「まぁまぁ。――それで、食材も買ってったほうがいいかな?」



李衣菜「うん、そだね。確か、いくつか足りない食材あったと思うから。帰りにスーパー寄らないと」



凛「……主婦?」



李衣菜「一応アイドルなんですけど」

凛「私なんて冷蔵庫に入ってるチョコレートの数しか覚えてないのに……」



李衣菜「あはは。凛も料理するようになれば自然と分かるようになるよ」



凛「李衣菜みたいになれるかな」



李衣菜「へへ、プロデューサーにも『美味しい』って言ってもらえるよ?」



凛「 や る 」



李衣菜「お、おお……頑張って」

凛「……あれ?」



李衣菜「ん?」



凛「その言い方だと……李衣菜、プロデューサーにご飯を……?」



李衣菜「あぁうん、あるよ。お弁当作ってあげた」



凛「!!」ガタッ



李衣菜「わっ。いやだって、プロデューサーいつもコンビニ弁当だし。さすがにそればかりじゃ体に悪いからさ」



凛「なんてこと……! 李衣菜の裏切り者!」



李衣菜「裏切った覚えはないよ!?」

凛「ずるい。李衣菜ずるい」ポカポカ



李衣菜「いたいいたい。凛も頑張ればいいじゃん……」



凛「……今日、ロールキャベツ作るの手伝う。絶対手伝う」



李衣菜「も、燃えてるね……。へへ、おっけー。やるからには美味しいの作ろうね、凛!」



凛「ふふ、当然。よろしく李衣菜」

P(……二人のロールキャベツ、食べたいなぁ」カタカタ…



李衣菜「大丈夫ですよ、明日持ってきますから!」



凛「楽しみにしててね、プロデューサー」



P「うおっ! き、聞こえてたか……あはは」



凛「ふふ♪」



李衣菜「へへへっ♪」







おわり



相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: