2015年09月30日

モバP「前川…お前…消えるのか?」

P「どうした?マエカワ?元気ないな」



みく「…Pチャン」



P「ほら、マエカワ、お前の好きな缶詰買ってきたぞ、食べてくれ」





みく「Pチャン」



P「そうだ、爪とぎとかも買ってきたぞ」



みく「Pチャン!」



P「なんだようるせーな!」



みく「拾ってきた猫に前川って名前つけるのやめてほしいにゃ!」



みく「フツーの名前に変えるにゃ!」



<ニャーン?



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443453682





P「えー?もうつけちゃったしそうホイホイ変えるもんでもないだろ名前って」



みく「そもそも猫に前川って名前つけるのが間違ってるのにゃ!っていうかわざとでしょ!?」



P「いや、でも…こいつももうマエカワ呼びに慣れたしなぁ… 助五郎ー?」



<…?



P「マエカワー?」



<にゃー!



P「ほらもうこいつはマエカワなんだよ」



みく「でも、いろいろとみくは実害を被ってるのにゃあ!」



<にゃー?





P「いやまあ言いたいことはわかるが…おっと、時間だ、外行ってくる」



みく「…仕事なら仕方ないにゃ、帰ってきたらちゃんと名前変えるの考えてね?」



P「…善処する」スタスタ



バタン



みく「……絶対変える気さらさらないにゃ」



みく「はぁ…前川ー」



<にゃ?



みく「可愛いけど…やっぱ呼ぶときに複雑な気持ちになるにゃ…」



<にゃーん…





ガチャ



未央「おっはよー!」



卯月「おはようございます!」



みく「あ、未央チャン卯月チャン!おはようにゃ!」



未央「前川ー!カリカリ買ってきたよー!」



<にゃー! タタタッ



未央「おっ、駆けつけて来るなんて可愛い奴め!」ナデナデ



卯月「前川にゃーん♪」ナデナデ



<にゃー♪



みく「…く、悔しくなんかないにゃ…みくより人気でも、未央ちゃん方がなつかれてても悔しくないにゃ…」





未央「さて、トイレの砂も変えてあげますか!」



卯月「はい!…って」



未央「あー!また前川が粗相してるー!」



卯月「もう!、ダメですよ前川ちゃん!トイレはトイレでしなきゃ!」プンプン



<にゃ、にゃーん……



みく(……我慢、我慢…)



卯月「前川ちゃん、トイレはここですからねー?」トントン



未央「まったく前川はー…」



みく「……我慢、我慢…」



未央「前川の粗相グセを治すのどうしたらいいかなー?」



卯月「前川ちゃん外でおしっこするのが癖になっちゃってるんでしょうか…」



未央「まったくトイレの外でおしっこするのが癖なんて前川はとんだ変態もいいところだよ!」



みく「」ブチッ



みく「うにゃああああああああ!!」



<フニャー!? タタタッ



卯月「みくちゃんどうしたんですか!?」ビクッ



未央「前か…みくにゃんどうしたの?」



みく「未央チャンは絶対わざとやってるでしょー!?」





みく「前川呼びだとこっちが粗相したみたいな感じになるにゃ!やめてほしいにゃ!」



みく「なんか悪いことしてないのにこっちがやらかしたみたいな気持ちになるにゃ!」



みく「っていうか未央チャンはさっきからこっちチラチラ見て来すぎにゃ!絶対わざとやってるでしょ!?」



未央「おおう…ご、ごめん…」



みく「ぜえぜえ」ハアハア



未央「ごめん…みくにゃん突っ込みどころの塊みたいなところあるからどうしても弄りたくなっちゃって…」



みく「ツッコミどころの塊ってなんにゃー!!」



卯月「み、みくちゃん落ち着いて…」





みく「そもそもなんでこの子に前川って名前付けるようになったの?」



未央「プロデューサーが捨て猫拾ってきて…『この子の名前、前川な』って…」



みく「おのれあの諸悪の根源」



卯月「私達もみくちゃん喜ぶかなーと思って流れで賛成しちゃって…」



みく「うん…ありがたいけど大迷惑にゃ…」



未央「ゴメン!……これからは弄るのも程々にするから…」



みく「うん…止めてくれるとは言ってくれないのね…」グスッ





未央「さて、じゃあ私達もお仕事行きますかー!」



卯月「そうですね!…そういえば凛ちゃんは今日は一緒じゃないんですね」



未央「今日はかれんと一緒なんだって!」



卯月「……そうなんですか…」



未央「それじゃあねーみくにゃんと前川ー!」



みく「行ってらっしゃいにゃー!」



<にゃー! パタパタ



バタン





みく「前川ー」



<にゃー? トコトコ



みく「…トイレ一つじゃ嫌だもんねー」



<にゃ!



みく「…今度Pチャンに行ってもう一個買って貰うから、それまで我慢してね?」



<にゃー! スリスリ



みく「現金な子だにゃー」ナデナデ



<にゃーん♪



みく「ああ…可愛いにゃー…可愛いにゃー」ナデナデ





ガチャ



李衣菜「おはよー」



みく「ホントに前川かわいいにゃ〜♪」ナデナデ





李衣菜「えっ」

みく「あっ」



李衣菜「へー…みくちゃんってそういう子だったんだー」



みく「違うにゃ、待つにゃ」



李衣菜「これはみおちゃんとのあさんに報告かなー」



みく「話せば分かるにゃ」



李衣菜「あっ、なつきちにも教えよ!」ピポパ



みく「話を聞くにゃー!!」





李衣菜「…冗談だって、前川って猫のことでしょ?」



みく「うん、そうにゃ…」



李衣菜「未央ちゃんとのあさんには報告するけど、ちゃんと分かってるから」



みく「みんな割りとみくに容赦無いよね…」



李衣菜「みくちゃんは突っ込みどころの塊だからね」



みく「その表現流行ってるの?」





李衣菜「おいで〜前川ー」



<にゃー♪ スリスリ



李衣菜「ホントこの子人懐っこい子だよねー、呼んだらすぐ来るし」ナデナデ



みく「皆が程々にかわいがってるからにゃ、あと、餌付けのおかげかにゃ」



<ゴロゴロゴロ



李衣菜「おっゴロゴロ言ってる!可愛い〜」ナデナデ



李衣菜「あー、前川可愛いなー♪」ナデナデ



みく「…」ピクッ



李衣菜「可愛いなー♪可愛いなー♪前川エヘヘ」ナデナデ



みく「…(な、なんか恥ずかしくなってきたにゃ…!)」





・・・・・・

・・・



李衣菜「はぁ〜堪能した。やっぱ猫って癒される〜」



みく「…」



李衣菜「ん?みくちゃん何赤くなってるの?」



みく「…なんでもないにゃ」



李衣菜「んー…?」



李衣菜「あっ」



李衣菜「前川って猫!猫のことだからね?」



みく「う、うん、わかってるにゃ」



李衣菜「けっしてみくの事を言ってたわけじゃないから!」



みく「うん」



李衣菜「みくなんか眼中になかったから!」



みく「…うん?」



李衣菜「むしろ居たの?ってくらいだから!全然みくのことなんかこれっぽっちも可愛いなんて言ってないから!!」



みく「…」



李衣菜「だからみくちゃん勘違いしないでよね?」



みく「 」ブチッ



みく「解散にゃーーー!!」



李衣菜「なっ」



李衣菜「こっちだって解散だよ!」



みく・李衣菜「ふん!」



<にゃー…





みく「っていうか李衣菜ちゃんさっきからデレデレしちゃって全然ロックもクールも欠片もないにゃ!!」



李衣菜「なっ」



みく「『えへへ』とか『かわいいなー』を連発した挙句」



李衣菜「うっ…」



みく「最後の方には『可愛いにゃ〜』とか『にゃーんにゃーん♪』とか猫語か自然と入っちゃてたにゃ」



李衣菜「言ってないし!…い、言ってない…よね?」



みく「むしろアレはキュートにゃ!李衣菜チャンはキュートにゃ!」



李衣菜「いーや、私はクールでロックですー!なつきちだって『時々だりーってロックだよな』って言ってくれたし!」



みく「時々で満足していいの!?」



李衣菜「とにかく私はクールでロックなアイドルなの!」



<にゃー…にゃー… フルフル



みく「あっ、…怖がらせちゃったかにゃ?」



李衣菜「前川…ごめんね…近くで喧嘩しちゃって」



みく「……今日のところは一時再結成してあげるにゃ」



李衣菜「……それこっちのセリフだし」



<にゃー♪





みく「それじゃ、そろそろお仕事いこっか李衣菜チャン」



李衣菜「そうだね。じゃあ前川、お留守番よろしくね」



<にゃー…



みく「後ろ髪を引っ張られるような顔してもダメにゃ…お仕事だから行かないといけないにゃ」



<にゃー…にゃー…



李衣菜「うう…そ、それじゃあ行ってくるから!」タタタッ



みく「おみやげ買ってくるから待っててにゃー!」タタタッ



<…にゃー…





・・・・・・

・・・



ダダダダダッ



ガチャッバタンッ!



のあ「……」キョロキョロ



のあ「……遅かったわ」



タタタッ



アナスタシア「のあ、急いでもスシは逃げない、です」トコトコ



のあ(番組の収録が遅れなければまだいたはず…くっ…)





<ニャー? スンスン



アナスタシア「アー…前川も一緒にスシ食べましょう?」スッ



アナスタシア「アー…でも、コーシカ…ネコ、魚キライですね」



のあ「…大丈夫よ…ホラ…」



<ニャゴニャゴニャゴ… モグモグ



アナスタシア「スシ、食べました!前川、好き嫌いなくて偉いですね!」



アナスタシア「前川、もっと食べますか?」



<にゃー♪ スリスリ



のあ(…この光景…みくに見せたかったわ…)フッ…



アナスタシア(…のあ、なんだか寂しそうな顔ですね)





・・・・・・

・・・



ガチャ



奈緒「おはようございまーす」



<にゃー! トコトコ



奈緒「おっ、前川迎えに来てくれたのか」



奈緒「事務所に他の人はいないな…よし、」スッ



<にゃー?



奈緒「へへ…ホラ前川、猫じゃらし買ってきたぞー、一緒に遊ぼっか」



<にゃー!



奈緒「うへへ…可愛いにゃー」ヒョイヒョイ



<ニャー



奈緒「ほら、捕まえてみるにゃー、ホラホラ」ヒュンヒュン



<ニャッ! ニャッ! ビシッビシッ



奈緒「惜しかったにゃー、もう少しで捕まえれそうだにゃー」ヒュンヒュン



<ニャッ! シュタタタッ バシッ



奈緒「おーえらいえらい、いいぞー前川ー♪」





・・・・・・

・・・



奈緒「ふあ…結構遊んだな…」



<にゃー



奈緒「…凛と加蓮がそろそろ来るかもしれないからお遊びはここらへんにしとくかな」



奈緒「ソファーで少し横になろう…」スタスタ



<にゃー トコトコ



奈緒「…ん?前川、お前も一緒に寝るか?」



<にゃー!



奈緒「そっかー可愛いなー前川ー」



奈緒「よいしょっと」ポスッ



奈緒「じゃあ一緒に寝よっか、前川」ナデナデ



<ニャー♪





ガチャ



凛「おはようございます」



加蓮「おはよー」



シーン…



凛「あれ、まだ誰も居ないのかな」



加蓮「うーん…私の勘だと奈緒が一足先に来て前川と遊んでると思ったんだけど…」





奈緒「zzz…」



加蓮「…あ、奈緒がソファで寝てる」



凛「ホントだ…じゃあ前川も近くにいるかな?」



加蓮「抱えてたりして…」ズイッ



凛「…居ないね」



奈緒「zzz…」



加蓮「うーん…居るなら奈緒の近くだと思ったんだけどなぁ…」





凛「一応探してみよっか」スタスタ



加蓮「そうだねー……っ!!」



加蓮「ちょっ!凛!見て見て!」カシャカシャカシャカシャ



凛「どうしたの加蓮?カメラ激写して」



加蓮「いいから奈緒!奈緒見て!」カシャカシャカシャ



凛「……?」



奈緒「…zzz」



凛「奈緒がどうかしたの?」



加蓮「髪!髪!」カシャカシャカシャ



奈緒の髪 モゾモゾ



奈緒の髪<ニャー…zzz



凛(…ッ居る!)バッ

加蓮(絶対いる!)コクリ



加蓮「すごいよコレ、奈緒の髪フサフサで気持ちいいけどまさか動物が住める環境だったなんて!」カシャカシャカシャ



凛「奈緒の髪すごい!今度ハナコの寝床にしてみたい!」カシャカシャカシャ



奈緒「うーん…?」





奈緒「…んん、凛?加蓮?」



加蓮「あっ…起きちゃった」



凛「…まあこれだけ騒ぐとね」



奈緒「ん、おはよ」スクッ



凛(立ったのに猫が落ちない!?)



加蓮(引っ付いてる!背中か髪に引っ付いてるんだ!)



奈緒「んー?…もうこんな時間か」



凛(笑っちゃダメ…笑っちゃダメ…)プルプル



加蓮(ダメ…こらえて…奈緒が気づく前にいじり倒したい…!)プルプル



奈緒「うーん…中途半端に寝たからかなーなんか頭が重いな…」



加蓮「フグゥッ!」プシュー



凛(耐えて!加蓮耐えて!)





奈緒「でも、もう収録行かなきゃだな! へへっ今日は楓さんと一緒の収録なんだ!羨ましいだろ」



加蓮「うん…すごく羨ましい…」プルプル



凛「…」プルプル



奈緒「…?じゃっ、そろそろアタシ行くから!」タタタッ



凛「あっ…」



加蓮「行っちゃった…ネコ住ませたまま収録…」



凛「…」



加蓮「…」





・・・・・・TV局 番組収録中・・・・・・





奈緒「それで、プロデューサーが拾ってきた猫がそのまま事務所に住んでて…」



楓「ふふ、それは素敵ですね」



奈緒「それで…」



奈緒の髪 モゾモゾ



楓(あら…?今動いたような…)



奈緒の髪<にゃー…



楓(…っ!)プルプル



奈緒「〜〜〜って感じで可愛くて…」



川島「アイドル事務所のアイドルなわけね……って楓ちゃん?どうしたの?」



楓「奈緒ちゃんの…髪の中に…」プルプル



川島「楓ちゃん?楓ちゃん!?」





・・・・・・後日・・・・・



スタッフ1「なぁ、聞いたか?神谷奈緒の話…」



スタッフ2「ああ…」



スタッフ1「髪の中でネコ飼ってるってな…」



スタッフ3「マジかよ…」



スタッフ2「測り知れんな…」





・・・・・・数日後・・・・・・



みりあ「ただいまー!」



莉嘉「ただいまー☆」



ちひろ「あ、おかえりなさい二人共」



みりあ「あれー?前川ちゃんはー?」



ちひろ「それがさっきから見当たらなくて…」



莉嘉「えー!? 前川迷子なの?」



みりあ「大丈夫かなぁ…」





ガチャ



奈緒「ただいまー」



ちひろ「あ、奈緒ちゃんお疲れ様です」



みりあ「奈緒ちゃん…」モフモフ



奈緒「うわっ!?どうしたのみりあちゃん」



莉嘉「……居ないみたいだね」モフモフ



奈緒「…まさか前川探してたりする?」



みりあ「うんっ!」



奈緒「…そっかー、うん、まずここには居ないから次からは別の場所探そうな?」



莉嘉「えー?一番ここがカクリツ高いと思うなー☆」





・・・・・・

・・・



みりあ「やっぱり前川ちゃん探しても見つからないね…」ゴソゴソ



莉嘉「どこか散歩行ってるのかな?」



ガチャ



拓海「うーっす」



みりあ「あ!たくみちゃん!助けて!」



拓海「ん?どうしたんだ?そんな慌てて」



みりあ「前川ちゃんがどっかいっちゃって…」



拓海「あん?迷子か…任せとけ、アタシは外探してくるから子どもたちは事務所の中探しときな!」



みりあ「たくみちゃんありがとー!」





・・・・・・

・・・



みく「はー今日はお仕事調子が良かったにゃー」スタスタ



みく「今日はなんだか運がいいにゃ!いいことがたくさん起こる気がす

拓海「ゴルァアア!!何処だ前川!!前川出て来い!!オラァ!!」ガンガラガッシャーン!!



みく「うにゃああああああ!?」ビクッ





みく(え?なんなの?なんかみく悪いことしたの!?)プルプル



拓海「ちっなかなか見つかんねーな…見つけたら首輪繋いで柵に縛り付けてやろーか」スタスタ



みく(え!?え!?みくの何が拓海チャンの逆鱗に触れちゃったの!?)



みく(首輪繋いで縛り付けるって…監禁…!? )



みく(あれ?、首輪…柵…)



みく(っ!みくを犬キャラにするつもり!?肉体だけでなく精神まで折るつもりなの!?)



みく(…でも、何があっても)



みく「みくは自分を曲げないよ!」



拓海「おっ、みく、いいところに」ポンッ



みく「うにゃああああ!? わんわんにゃ!わんわんにゃ!みくは犬キャラだにゃん!?」ビクゥゥ



拓海「どうしたお前!?」





・・・・・・

・・・



みく「…なーんだ猫の前川を探してたのね、勘違いしてびっくりしちゃったにゃ」



拓海「誤解させて悪かったな…で、何処に居るか知らないか?」



みく「うーん…みくも朝見たきりだにゃあ…」



拓海「そうか…」



みく「あ、でもこういうのは闇雲に探しまわるよりビラとか配って色んな人に探してもらったほうがいいにゃ。一旦帰ってビラ作ろ?」



拓海「そうだな…そうすっか」





・・・・・・



ちひろ「あ、お疲れ様です。拓海ちゃん、みくちゃん」



<にゃー!



拓海「って前川!お前戻ってたのかよ!何処行ってたんだ?」



ちひろ「調子悪かったみたいなんでPさんが診察に連れて行ったみたいですね」



みく「診察?何処か悪いところでもあったの?」



ちひろ「いえ、杞憂だったみたいなので大丈夫ですよ。クシャミをたくさんしてたので念のため行ったそうです」



みく「なんにしても無事でよかったにゃ…」



<にゃー!





・・・・・・

・・・



みく「前川〜おいでー」



<にゃー! パタパタ



みく「前川は可愛いにゃー、おやつをあげるにゃ」ヒョイ



<にゃー♪ モゴモゴ



P「…なあ」



みく「ん?何?Pチャン」



P「いや、もう前川呼びに抵抗ないんだなーって」



みく「んー…まあもう慣れたっていうか…みんなみくのことはみくって呼ぶし…」



みく「それにここまで慣れ親しんだ名前を変えるのも可哀想だもんねー」



<にゃー



P「そっか…でも俺正直それじゃつまんないからさ…」



みく「なんか最低なこと言い出したにゃ」



ヒョイッ



P「捨てうさぎ…拾ってきちゃった…」



<… ピョンピョン



みく「捨てうさぎ!?そんなの居るの!?」



P「こいつの名前「チエリ」と「ナナ」…どっちが良いと思う?」



みく「…いい加減人の名前を付けるのはやめるにゃー!!」



おしまい





23:30│前川みく 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: