2015年11月06日

春香「亜美ー!真美ー!お菓子あるよー!」

亜美「わーい!」



真美「おっかし!おっかし!」



春香「ふふふ、ちゃんと手を洗うんだよ?」







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444318610



亜美「うん、洗ったよ!」



春香「はい、プリン」



真美「おいちー!」モグモグ



亜美「はるるんのプリンは絶品ですなー!」モグモグ



真美「ほっぺたが落ちそうですな!」モグモグ



亜美「はるるんの愛情が入ってるからおいちいんだろうね!」モグモグ

春香「…」



真美「どったの?はるるん?」モグモグ



春香「…それ、買ってきたやつ」



亜美真美「「!?」」



亜美「あ、あのね、はるるん…」



真美「えっと…」



春香「…そっか、そりゃそうだよね…」

亜美「そうじゃないよ!?あのね…あの…」



真美「さ、最近のスイーツは侮れないよねー、真美達がはるるんのプリンと間違えるなんて、どこの高級店かなー?なんて、えへへ…」



春香「いや、普通のコンビニだけど…」



亜美真美「「…」」



亜美真美「「はるるん、ごめんなさい!!」」ドゲザ-



春香「…なんで謝るの?怒ってないよ?」



亜美「でもぉ…」

春香「…やよいが遠慮しないように値札とラベル剥がした私が悪かったんだよ…」



真美「え、えっと…」



春香「…今日は作る時間なかったから買ってきたけど…そっか…そっちの方がいいんだ…」



亜美「そ、それは違くて…」

春香「いいじゃん、そっちには私の愛情が入ってるんでしょ?…じゃあね」



亜美「あっ…」



真美「はるるん…」

響「それで3人とも今日一日ずっと落ち込んでたのか…」



亜美真美「「あい…」」



真美「ひびきんなんかいい案ない?」



響「うーん、春香も頭では分かってると思うぞ?感情が追いつかないだけで」



亜美「その感情が追いつかないのが問題なんだよー!!」



響「う、うーん、そう言ってもなぁ…」



真美「真美達のこと許してくれなくてもいいからはるるんをショックから救ってよー!!」



響「そんな無茶苦茶な…」



亜美「あっ!?ひびきんがはるるんのプリンじゃないってズバッと当ててくれたら解決するんじゃない?」



真美「それだ!亜美天才!!」



響「そんな話でもないと思うけどな…」

響「大体自分、そんなに細かい味の違いなんてわかんないぞ?」



亜美「大丈夫だよ、今日はるるんが渡すプリンは全部コンビニのプリンだもん」



真美「ひびきんなら『自分にかかれば匂いで一発さー』とか言えば説得力出るよ!!」



響「…お前たち2人が自分のことどう思ってるかはよくわかったぞ」



亜美「もうコンビニプリンをボロクソ言う感じでお願い!!」



真美「『コンビニプリンは一発でわかるぞ、なんか大量生産の機械臭い臭いがするからな!!』とでも言っておいてよ!!」



響「お前たちコンビニプリンを恨みすぎだろ…」

亜美「あ、はるるんが帰ってきたよ」



真美「真美達隠れるからひびきん、お願いね!!」



響「あ、ちょっ…」



春香「ただいま戻りました…」

響「おかえり、春香…あの…自分お腹すいちゃって…へへへ」



亜美(ひびきん、不自然すぎるよ…)



春香「…そうなんだ」



響「春香、お菓子ない?自分春香のお菓子が食べたいぞ」

春香「…ごめん、今日は持ってきてなくて」



響「嘘だ!亜美と真美はもらったって言ってたぞ!ズルい!ズルい!」



春香「あの…それはね…」



響「ってカバンに入ってるじゃん!!いただきまーす♪」モグモグ



春香「あっ!?それは…」

響(普通に考えたら他人のカバンから勝手にプリン取り出して食べるって…怒られても仕方ないけど…多少強引にでもいかないとな…)



響「うーん」モグモグ



春香「ひ、響ちゃん?」

響「春香、これ春香が作ったやつじゃないだろ?」



春香「え?」



響「ふふーん、自分の鼻は誤魔化せないぞ!!自分コンビニプリンは一発でわかるぞ、なんか大量生産の機械臭い臭いがするからな!!」



春香「…」



響(よし、言えたぞ!!これでいいんだな?亜美!真美!)



亜美(ひびきーん!)



真美(グッジョブっしょー!)



春香「…これ、私が作ったやつなんだけど」



響「へ?」

亜美真美((え?))



春香「…さっき亜美と真美にも間違えられてさ…ちょっとショック受けて…2人にも大人気ない態度取っちゃったから…仲直りのつもりで作ってきたんだけど…」



響「…」

亜美真美「「…」」



春香「…まさか、勝手にカバン開けられて、勝手に食べられるなんて思ってなかったし…」



響「いや…その…」



春香「…挙げ句の果てに…大量生産の…機械臭い…グスッ…臭いが…ひっぐ…する…なん…て」



響「ち、違うんだ!!これは亜美と真美に頼まれて…」



亜美(ひびきーーん!?)

真美(最悪の展開だ…)



春香「あ、亜美と…真美に…?私のプリンが機械臭いって…言うように頼まれたの?」



響「い、いや、違くて…その…」



春香「…そっか…私嫌われてたんだ…」



響「ち、違うぞ!?それは違うぞ!!」

春香「…さっき大人気ない態度取っちゃったもんね…そうだよね…響…ちゃんも…私の…こと…ひっぐ…」



響「違うんだってばぁ…うぅぅ…」



春香「…うわぁぁぁぁぁん!?」



響「な、泣かないでよぉ…うっぐ…じ、自分、大変なことしちゃったんじゃ…ひっぐ…びぇぇえん!?」



亜美(うわぁ…)



真美(この現場を千早お姉ちゃんとお姫ちんに見られたら真美達やば…



貴音「ただいま」

千早「戻りました」



真美(あっ…)

亜美(終わった…)

貴音「ひ、響どうしたのです!?」



千早「春香も!?どうして泣いてるの?」



春香「千”早”ぢゃ”〜ん”!!」ダキッ



響「貴”音”〜!!」ダキッ



千早「よしよし」ナデナデ



貴音「何があったのですか?」ナデナデ



春香響「「実は…」」

伊織「それであんたたちは石畳の上に正座させられてたのね」



亜美「いおりんありがとう…」



真美「うぅぅ…まだ痛いよぉ…」



伊織「春香、すごくショック受けてたわよ。まぁ響の話を聞いて誤解は解けたみたいだけどね…」



亜美「もうどうすればいいのかわかんないよぉ…」



真美「助けて…いおりん…」

伊織「全く…謝るのはあんたたちだけよ?あくまで私はサポートしかしないからね?」



真美「いおりん…!!」



亜美「いおりんありがとう!!いおりんの優しさマジマリファナ海溝より深い!!」



伊織「それを言うならマリアナでしょ…全く、調子いいんだから…」

伊織「春香?いる?」



春香「どうしたの?伊織?」



伊織「亜美と真美があんたに謝りたいそうよ」



亜美「はるるん…」



真美「コンビニのプリンと間違えちゃってごめんなさい…」



春香「だから私怒ってないって…」



伊織「わかるわ、どちらかと言うと落ち込んでるんでしょ?」



春香「…」



伊織「普段から一生懸命作ってくれてるものね、それが伝ってないってわかったら悲しくもなるわよ」

春香「うぅぅ…」



真美「はるるん…」



亜美「亜美たちが悪かったから泣かないでぇ…」

伊織「でもね、ある意味すごいことなのよ?」



春香「え?」



伊織「コンビニのプリンだって馬鹿にしたもんじゃないわよ?大勢の大人が集まって決められた値段の中で一番美味しくなるように頭をひねってるのよ?それに1人で匹敵するなんて私ならできないわね」



春香「伊織…」



真美「そうだよぉ!!」



亜美「亜美たちなら卵を消し炭にして終わりなのに、プリンにしちゃうはるるん凄いよ!!」



伊織「いや、それと一緒にされるのは嫌だけど…」



春香「亜美…真美…」



亜美「わかった!!亜美たちもうコンビニのプリン食べない!!」



春香「え?」



真美「給食で出ても食べないし、差し入れも食べない!!」



亜美真美「「はるるんのプリンがまた食べれるならそれでいい!!」



春香「亜美ぃ…真美ぃ…グスッ…」



亜美「えぇぇぇ!?」



真美「ま、また真美たちはるるんのこと傷つけちゃった?」

春香「違うよぉ…うぅぅ…嬉しいから泣いてるのぉ…うぅぅ…」



亜美「は、はるるーん!!」ダキッ

真美「うわぁぁぁぁぁん!!間違えてごべんねー!!」ダキッ



春香「私”も”ごべん”でー!!」ダキッ



春香亜美真美「「「うわぁぁぁぁぁん!!」」」



伊織「全く…世話がやけるわね…」



真「それで仲直りできたんだ?」



亜美「うん!!」



真美「もちろん!!」



雪歩「ふふふ、良かったね」

亜美「でもこれで亜美たちとはるるんとの絆はより深いものになったよ!!」



真美「マリファナ海溝並みにね!!」



真「それ流行ってるの?微妙に違う気もするけど」



雪歩「マリファナはおクスリの名前だったような…」



真美「何はともあれめでたしめでたしだよ!!」



雪歩「良かったね、はい、お茶ですよ」



真「ありがとう、雪歩」ズズズ



亜美「わーい!!」ズズズ



真美「ゆきぴょんのお茶だぁ!!」ズズズ

真「あれ?これって?」



真美「やっぱりゆきぴょんの淹れてくれるお茶は最高ですなぁ!!」



亜美「そんじょそこらのペットボトルに入ったお茶なんかとはわけが違うよね!!ね?まこちん?」



雪歩「…」



真「いや、これって…」



雪歩「…ですぅ…」



真美「え?」



亜美「何?ゆきぴょん?」



雪歩「…今日はお茶っ葉切れてたからペットボトルのお茶なんですぅ…」



亜美真美「「!?」」



真美「あ、あのね、ゆきぴょん…」



雪歩「そっか…そうですよね…」



亜美「き、きっとペットボトルの中でもいいお茶なんだよ!!ゆきぴょんのと間違えるくらいだし…」



真「いや、これどう考えてもお〜○お茶でしょ?」



亜美「ま、まこちん!?」



真美「わかるの!?」



雪歩「穴掘って埋まってます〜〜!!」



亜美真美「「ゆきぴょーーーん!!」」



終わり



20:30│アイマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: