2015年11月18日

アナスタシア「かな子が欲しがっていたマカロフを持ってきました」

「お誕生日おめでとう!」



かな子「ありがとう……みんな……」



未央「プレゼントも持って来たよ! はい! コート!」





凛「私と卯月と未央で選んだよ」



卯月「きっと似合いますよ」



智絵里「私も……フォトフレームを持ってきました……」



美波「私はペンダントを買って来たよ」



かな子「嬉しいです!」



アーニャ「私は……かな子が前に欲しいと言っていた物です」



かな子「え〜? なんだろう?」



アーニャ「マカロフです」



かな子「あ、マカロンですか! 私の大好物ですよ」



アーニャ「北方ルートから仕入れたロシア製です」



かな子「北方ルート? ロシア製?」



アーニャ「最近は中国製や北朝鮮製も多いですけど、これは上物です」



かな子「え? どういうこと? マカロンだよね?」



ゴトリ



かな子「ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ピストル!」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447624095



アーニャ「手に入れるのに苦労しました」



かな子「ちょっと! アーニャちゃん! どういうことなの!」



アーニャ「かな子……前に言っていました。マカロフが欲しいと」



かな子「それはマカロンだよ!」



アーニャ「え? マカロフ……違いますか?」



美波「アーニャちゃん。そんなのどうやって手に入れたの?」



アーニャ「お父さんの友達から買いました」



未央「ど、どんな友達なの?」



アーニャ「元スペツナズでロシアンマフィアの人です」



卯月「ほ、本物ですか? これ」



アーニャ「ダー。 プーリァ……弾丸もありますよ」



智絵里「どこから持って来たの……」



アーニャ「北海道でパパが買った物を送って貰いました」



凛「アーニャのお父さん……何者なの……」



アーニャ「パパは良い人ですよ」



かな子「こんなの受け取れないよ!」



アーニャ「ルゥジヨー……ライフルのほうが良かったですか?」



未央「そんなのもあるの?」



アーニャ「ダー。AK−74やクリンコフもあると言っていました」



未央「そんなのゲームでしか見た事ないよ!」



アーニャ「結構高いから買えませんでした」



かな子「そういう問題じゃないよ〜!」



アーニャ「ピスタリエート……拳銃は嫌いですか?」



かな子「好きとか嫌いの問題じゃないよ!」



美波「アーニャちゃん……日本だと拳銃所持は違法なんだよ」



アーニャ「そうなんですか!」



卯月「知らなかったんですか?」



アーニャ「ダー。パパの周りの人、みんな持っているので」



美波「ばれたら逮捕されちゃうよ」



アーニャ「あー……だからですか。秘密にしろとパパは言っています」



凛「アーニャのお父さんって一体……」



アーニャ「パパは優しい人ですよ」



智絵里「これ……危ないよね」



卯月「暴発したら大変ですよ」



アーニャ「ニェ・ボーイシャ……大丈夫。弾は装填していません」



未央「今は撃てない状態なんだね」



アーニャ「マガジンには弾が入っています」



凛「どうやって撃つの?」



アーニャ「まず、スライドを引いてチャンバーに弾を送ります」



チャキ



未央「ちょっと! 今、装填したよね! それ!」



アーニャ「デコッキングすれば大丈夫です」



凛「デコッキング?」



アーニャ「セフティを操作して撃たずにハンマーを落とします」



カチャ



未央「たしか、ハンマーが起きてないと撃てないんだよね?」



アーニャ「ダー! 未央、銃を知っていますね?」



未央「お兄ちゃんのエアガンとゲームで知っている位だけどね」



卯月「ついていけませ〜ん」



凛「その後ろについている出っ張りがハンマーなの?」



アーニャ「そうです」



凛「セフティっていうのは何?」



アーニャ「安全装置です」



凛「つまり、今は安全装置が掛かっているんだ」



アーニャ「そうです。だから撃てません」



かな子「引金を引いても平気なの?」



アーニャ「撃てませんが、それはダメです」



かな子「なんで?」



アーニャ「撃つとき以外は引金に指をかけません」



未央「それ、大切だよね」



アーニャ「トリガーコンシャスといいます」



凛「徹底しているんだね」



未央「銃口も人に向けないんだよね?」



アーニャ「ダー。それはマズルコンシャスといいます」



智絵里「鉄砲の話で盛り上がってきた……」



凛「安全装置を外したら引金を引いただけで撃てるの?」



アーニャ「マカロフはダブルアクションだから撃てますね」



凛「ダブルアクション?」



アーニャ「引金とハンマーが連動する銃のことです」



凛「そうじゃない銃もあるの?」



アーニャ「シングルアクションの銃です」



凛「シングルアクション?」



アーニャ「引金とハンマーが連動しない銃のことです」



未央「指でハンマーを起こす銃だっけ?」



アーニャ「リボルバーの場合はそうですね」



凛「マカロフはリボルバーじゃないんだ」



アーニャ「マカロフはリボルバーではなくオートマチックです」



未央「リボルバーはレンコンみたいな銃だよ」



卯月「たしか、西部劇に出てくるような銃ですよね」



かな子「オートマチックの場合はどうなの?」



アーニャ「スライドを引いたときにハンマーが起きます」



凛「つまり、弾を装填すると撃てるようになるんだ」



アーニャ「その通り!」



美波「どこでそういうの覚えてくるの?」



アーニャ「パパから教わりました」



凛「アーニャのお父さん凄いんだね」



アーニャ「皆さんのパパは教えてくれないんですか?」



美波「普通はそんなの教えないよ」



未央「アーニャはオルガ・ゴルルコビッチみたいだね」



アーニャ「そうなんですか……私、変わっていますね」



智絵里「だ、大丈夫……アーニャちゃん怖くないから……」



卯月「そ、そういう環境で育った人もいるものですよ」



未央「硝煙の匂いと共に育ったんだね〜」



アーニャ「小さい頃から銃のこと教わりました」



美波「ロシアだとよくあるのかな?」



アーニャ「どうでしょう?」



凛「たぶん、よくある環境ではないと思うよ」



未央「まあ、アーニャはアーニャだよ!」



アーニャ「そう言ってくれると嬉しいです」



美波「さて、問題は……これをどうするかね」



卯月「警察に届けるとか」



美波「アーニャちゃんがパパと一緒に逮捕されちゃうよ」



智絵里「捕まっちゃうの?」



アーニャ「それは困りますね」



未央「ゴミ箱に捨てる?」



凛「見つかったら大騒ぎだよ」



かな子「川に捨てるのはどうかな?」



美波「それ、事件になっちゃうよ」



凛「そう簡単に捨てられるものじゃないよね」



美波「パパに送り返したらどう?」



卯月「一番無難かもしれませんね」



凛「そうだね。元の持主に返してくれるだろうし」



未央「ロシアに送り返して貰おう!」



アーニャ「そのほうが良いみたいですね」



未央「返す前にさ、一発くらい撃ってもいいかな?」



美波「未央ちゃん!」



未央「じ、冗談だよ」







やまなし・おちなしですが 完



相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: