2015年12月01日

幸子「ボク自身がプレゼントになります!」輝子「何言ってるのこの子」

輝子「き、今日は幸子ちゃんの、誕生日……」



輝子「フヒヒ……とびきりにショッキング、ゲフン、ステキな誕生日プレゼントを、用意したぞ……」



輝子「……あれ」





箱「」



輝子「なに……この大きな箱」



輝子「……」パカッ



幸子「……」



輝子「!?」



幸子「ハッピーバースデー!!」



幸子「ディアボク!!!」



パーン



輝子「…………」



幸子「…………」ドヤァ



輝子「……」カポッ



幸子「あっ」



輝子「……」



箱「」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448377215



小梅「あ、あれ、どうしたの輝子ちゃん……」



輝子「ん? いや、ちょっとね……」



箱「」



小梅「あ、その大きな箱……輝子ちゃんが、用意したの?」



輝子「いや、私じゃないよ……」



小梅「?」パカッ



幸子「……」



小梅「!?」



幸子「ハッピーバースデー!!」



幸子「ディアボク!!!」



パーン



小梅「…………」



幸子「…………」ドヤァ



小梅「……」カポッ



幸子「ちょ」



小梅「……」



箱「」

輝子「……」



小梅「……」



輝子「なんだろうね、これ」



小梅「さ、さあ……」



輝子「……」



輝子「机の下に、押し込んでおこう……」ズズズ



小梅「あ、高さが、ピッタリだね……」



箱「」ガコン



机「いてっ」



箱「……!?、!?」ガタガタッ



机「痛いって、やめーや」



小梅「ハマってるから、フタが外れない、ね……」



箱「!、!」ガタガタガタガタガタガタ



机「ガタガタうるさいし、痛くてかなわへんわなー、なんとかしてくれへん?」



輝子「……ぎ、逆にうるさいな……」



小梅「……出したら?」



輝子「そうだな……」ズズズ



机「すっきりしたでぇ、やっぱワイにピッタリなのは椅子やな」



椅子「そ、そんな、机さんたらもう……」



幸子「!!」ガバッ



小梅「!?」

幸子「ぜー、ぜぇー……」



小梅「……」



幸子「ふぅ……」



幸子「ハッピーバースデー!!」



幸子「ディアボク!!!」



パーン



輝子「……く、クラッカー3つ目……」



幸子「……」



輝子「……」



小梅「……」



幸子「はい」スッ



小梅「あ……く、クラッカー?」



幸子「……」スッ



輝子「……お、おう……」

幸子「……」



幸子「ハッピーバースデートゥーミー!!」



小梅「!?」



幸子「ハッピーバースデートゥーミー!!」



輝子「……、!?」



幸子「ハッピーバースデー!!」



幸子「ディアボク!!!」



幸子「ハッピーバースデートゥーミー!!」パーン



輝子「…………は、ハッピーバースデー……」パーン



小梅「トゥー、ゆー……?」パーン



幸子「ありがとうございます!!」ドヤァ

輝子「き……聞いても、いいのかな……」



幸子「なんでもどうぞ!」



小梅「……な、なんで箱の中に入ってる……の?」



幸子「今日はですね、ボクの誕生日なんです!」



輝子「う、うん」



幸子「だからボク自身が誕生日プレゼントになります!」



小梅「なんで?」



輝子「何言ってるのこの子」



幸子「だからですね!」



幸子「今年はプレゼント、0個じゃないんですよ!!」



輝子「あっ……」



小梅「あっ……」

輝子「(そうだった……!)」



輝子「(去年は幸子ちゃん、海外ロケで誕生日過ごしたから……)」



小梅「(私達、まあいいやと思って)」



小梅「(去年は誕生日プレゼント、用意してなかった……!)」



輝子「(その一週間後に海外ロケから帰ってきた時も)」



輝子「(過ぎたことを話題に出すのはどうかと思ったから)」



小梅「(誕生日の話は一切しなかった……)」



小梅「(幸子ちゃんも話題に出さないから、まあいいのかなと思ってた……)」



輝子「(今思い返せば、ケーキをホールでドカ食いしてた……)」



小梅「(さっきのクラッカー、もしかして去年買って使わなかったものじゃあ……)」

幸子「ボク自身がプレゼント……ぷ、プレゼントですから!」



幸子「0個、ぜろ個じゃ、ヒグッ、ないんです!!」



幸子「去年とはっ、ちが、グスッ、違い、ますから!」



幸子「あ、あれ、なんで、涙が、ヒッグ」



幸子「うぐっ……ぅぇぇ……」



輝子「さ、幸子ちゃん、幸子ちゃん!」



輝子「こ、今年は、私達、プレゼント用意したから……!」



幸子「プレ、ゼント……?」



小梅「だから、な、な、泣かないで……」



幸子「……あ、ありがとうございますぅ、うぅ……!!」

幸子「は、ハンガヂぐだざい゛」



小梅「はいティッシュ」



幸子「ズビーーッ!!」



幸子「ふう、見苦しいところをお見せしました」



輝子「そ、それじゃあ……誕生日プレゼント」



幸子「!!!」



小梅「わ、私からも……」



幸子「!!!」



幸子「やったああああああああ!!」



幸子「誕生日プレゼントっっだああああああ!!」



幸子「うっほぉあああああああい!!」



輝子「……幸子ちゃん、こんなに飢えて……」



小梅「箱の中で、器用に跳ねてる……」



幸子「開けちゃっていいですか?」キリッ



小梅「……ど、どうぞ……」



輝子「(何この切り替えの速さ)」

幸子「では……」パカッ





輝子のプレゼント → 世界の毒キノコ図鑑最新版



小梅のプレゼント → ゾンビ映画厳選紹介本決定版





幸子「…………」



輝子「い、いろんなキノコが載ってて、楽しい、ぞ……」



小梅「わ、私のオススメが、たくさん紹介、されてるよ……」



幸子「……う、うわぁ……」





おしまい



20:30│輿水幸子 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: