2015年12月08日

紗枝「幸子はん、大丈夫なんやろか……」友紀「ん?」


友紀「どしたの紗枝ちゃん、何だか穏やかな話じゃないみたいだけど」



紗枝「いやなぁ、幸子はんっていっつもいっつも『カワイイですね』『ボクはカワイイですね!』って連呼しとるやろ?」





友紀「ん、まぁそうだけど、それがどうかしたの?」





紗枝「人間、普通あない自信過剰になれるもんなんやろかとちょっと思ってな……」



紗枝「幸子はん、実は心の病気か何か抱えとるんやないやろか」





友紀「……急にまた、紗枝ちゃん何気にさらっとひどいこと言うね」



紗枝「?」キョトン









SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448616954





紗枝「幸子はん、学校の友達とかちゃんとおるんやろか、心配やわ」



友紀「いや流石にそれは大丈夫なんじゃない?幸子ちゃんも友達の一人か二人くらいはいるって」



友紀(……多分)





紗枝「あの性格も、もしかしたら小さい頃に親からの愛情が不足しとったせいで……誰も幸子はんのこと『カワイイ』って言ってやれへんかったから」



紗枝「雷が怖いんゆうのも実は……」



紗枝「うぅ、かわいそうな幸子はん……」ホロリ





友紀「考えすぎだと思うよ、紗枝ちゃん」



紗枝「思い返すと、うちも友紀はんも誰も幸子はんにちゃんと『カワイイ』って言うてあげてなかったような気がしてなぁ」



友紀「それはまぁ、なんか軽いギャグみたいなもんかなって思ってたから、つい流れで」







紗枝「うちもきちんと反省して、幸子はんとちゃんと向き合おうと思うんどす」



友紀「そう言っちゃうとこれまで向き合ってなかったんだって話になるけどさ」





紗枝「も、ものの例えやから……そういう意味やのうて」



紗枝「これからはちゃんとうちから幸子はんに、心の底から『カワイイ』って言うてあげるんどす」



友紀(それはそれで幸子ちゃんやり辛いだろうな、きっと)



友紀「まぁ仲良きことは美しきかなっていうし、いいと思うよ、あたしは」



紗枝「おおきにどす友紀はん、せやから友紀はんも幸子はんには優しくしたってな」





友紀「うん、わかった」



友紀(……ごめんね幸子ちゃん、おねえさんこの純真無垢な瞳には勝てなかったよ……)





〜次の日〜



幸子「ふんふんふふーん♪っと」



ガチャッ

幸子「おっはよーございます皆さん、カワイイ幸子が今日も事務所にやって来ましたよー!」フフーン





未央「おっ、さっちーだ!おっはよーっす」



卯月「おはようございます、幸子ちゃん」



凛「おはよう、今日もテンション高いね幸子は」





幸子「ふっふっふ、テンションが高い?それはつまりボクがカワイイということですね?なるほどなるほど、流石は凛さんですね」



凛(いや、言ってないけど…)



幸子「特別にもっと褒めそやしてくれてもいいんですよ?さぁ、さぁさぁ!」フフーン





未央「あはは、さっちーは相変わらずだねぇ」



卯月「そうですねぇ」







紗枝「おはようどす、幸子はん」シャナリ





幸子「おや?紗枝さんおはようございます、いたんですね」



紗枝「ええ、まあ」



幸子「すみません、あまりにボクがカワイイので気づきませんでした、あまりにボクがカワイイので!」



未央「に、二回言った…」



卯月「二回言いましたね」



凛(というか意味が分からない…)





幸子「はぁ、カワイイというのはなんて罪作りなことなんでしょうね……」ヤレヤレ



紗枝「……くすっ、ほんまやねぇ」







スッ

幸子「……へ?」





紗枝「幸子はんは、ほんまにカワイイどすなぁ」ナデナデ



幸子「ぁ、なっ、ななな!何してるんですか紗枝さん!?」



紗枝「んー?べつになんも、カワイイ幸子はんの頭を撫でとるだけどすえ?」



幸子「い、いやだって、なんでこんな急に……その、あの」



紗枝「♪」ナデナデ



幸子「……あ、ぅ」プシュー





卯月「?……どうしちゃったんでしょう、幸子ちゃん急に大人しくなって」



未央「なんか新鮮な反応してるね、さっちー」



凛「なるほど、幸子は押すとああなるんだね……ふぅん」







紗枝「カワイイ、カワイイ」ナデナデ



幸子「………ぅ」



紗枝「幸子はんはカワイイなぁ」ナデナデナデ



幸子「あぅ……」





紗枝「!……そうや、幸子はんちょっとこっち来ておくれやす」グイッ



幸子「えっ?こっ、今度はなんですか紗枝さんちょっとって!」





紗枝「ええからええから、早うこっちどす」グイグイ



幸子「うわぁぁああっ!?」







ポフッ

幸子(な、なんで膝枕……)



紗枝「ふふ、幸子はんは膝枕されててもカワイイなぁ……」ナデナデ



幸子(しかもナデナデ続行って、は、恥ずかしい!恥ずかしすぎますよ……っ///)





紗枝「カワイイ幸子は素直なええ子、クセ毛がキュートなカワイイ子♪」ナデナデ



幸子(しかも何か歌い出しましたよ!な、なんなんですか今日の紗枝さんは)





紗枝「さっちゃんはね、幸子っていうんよほんまはね♪」



紗枝「だけどカワイイから自分のことさっちゃんって呼ぶんやよ、カワイイなぁさっちゃん♪」ナデナデ



幸子(替え歌?!子守唄のつもりですか!子供扱いですかボクは!)









紗枝「〜♪」ナデナデ



幸子(おかしい、絶対におかしいですよコレは……何なんですかこの時間は)



幸子(この恥辱プレイは……いったい、うぅ)





幸子「……………」チラッ



紗枝「どうかしたんどすか?幸子はん」



幸子「い、いえ……別に、何でもないですけど」



紗枝「?」





幸子「えっと、その……こ、光栄に思ってくださいよ紗枝さん、こんなカワイイボクをひ、膝枕してるんですから、ね?」



紗枝「ふふ、くすくす……あんなぁ幸子はん」



幸子「な、なんですか?」







紗枝「うちはな……幸子はんがカワイイゆうこと、ちゃんと分かっとるから」



幸子「へ?ぁ、え……?」





紗枝「このくるんとした癖っ毛も、小さな手も……うちらを引っ張ってくれとるこの背中も」サワッ



幸子「ひゃわっ!」ピクンッ



紗枝「少し素直になれへんその性格も、ぜんぶひっくるめてカワイイって……うちは愛おしゅう思うとるんよ」





幸子「いいっ!?はっ、ぇ?えっ?!」



幸子(あ、あわわ、わわわわわっ///)



紗枝「それでな……みんなも、きっとそれは分かっとるはずやから、せやから」ナデ



幸子「……ぅ///」



紗枝「もっと、うちらのことを信頼してな……幸子はん」ナデリ



幸子「……ふぁ、ぁ…………ぁぅ///」プシュー







紗枝「…………ふふ」ナデナデ



幸子「……///」カァァ





未央「……わぁお、何この状況」



卯月「なんなんでしょう、この状況」



凛「何なんだろうねこの状況」





ガチャッ

友紀「ちーっす、みんなお揃いだね、何してんの?」





未央「おっ、ゆっきーおっはよ!いぇーい!」パンッ

友紀「いぇーい!」パンッ



凛「ちょ、そこパッション的な挨拶してないで、しーっ」



卯月「気付かれちゃいますよっ」







紗枝「ああ、友紀はん、来てはったんどすか?」



幸子「ふぇ?えっ、あっ!ゆ、友紀さん!」



友紀「ほぉほぉ、いやぁお二人とも朝から仲睦まじいねぇ、うんうん」





幸子「いっ、いえ!その、これはその何というか、紗枝さんがどうしてもボクを膝枕したいというからですね、そのあのえっとその」



紗枝「いややわぁ、友紀さんからかわんといてぇな」





卯月「あれ?なんだか、意外と驚かないんですね……えっと」



未央「もしかして、事情を知ってるとか?さっちーと紗枝はんについて何か」



友紀「んー?んやぁまあ知ってるというかなんというか……実は昨日」







友紀「かくかくしかじか、これこれこういうわけで」



凛「なるほど、そういうことだったんだ」





紗枝「もう友紀はんったら全部言うてしもうて、いけずな人やねぇ」



友紀「いやあはは、ごめんごめん」





幸子「な、ななな……なっ!」



紗枝「?……幸子はん、どないしはったんどすか?」





幸子「なにを失礼なこと話し合ってんですか!ボクに内緒で二人ともー!!」ギャーーッ



紗枝「はうっ」キーンッ



友紀「まぁまぁさっちゃん少し落ち着きなって、ね?」







幸子「これが落ち着いていられますか!なんでこのボクが友達いない可哀想な子みたいな話になってるんですか!」



幸子「いますから!ちゃんと学校に友達いますからねボク!」





凛(いたんだ…)



未央(いたんだ……)



友紀(ホントにいたんだ…)



卯月「?」



幸子「そこ!失礼なこと考えないでください!」



幸子「まったくもう、このカワイイボクが学校で一人ぼっちなわけないじゃないですか、まったく失礼な話ですよまったく」プンスカ



幸子「この前の誕生日だってちゃんと、まぁ……その、多くはいませんでしたが、ちゃんとお祝いしましたから!」







紗枝「ごめんなぁ幸子はん、うちの早とちりのせいで幸子はんに不快な思いをさせてしまったみたいで……」



幸子「え?あっいや、別にそこまで気にしなくてもいいですよ!カワイイボクは懐も深いですからね」



幸子「それに……特に悪い気はしなかったというか、まぁ……少しだけですけど」





紗枝「ほんまどすか?幸子はん…」



幸子「少しだけですよ、本当に少しだけ!次からはあんなことしないでくださいよ紗枝さん!」



紗枝「…………くすっ、はいな……ほんに幸子はんはカワイイお人どすなぁ」ナデナデ



幸子「い、言ってるそばからまた!もうやめてくださいって!」





〜後日〜



紗枝「あんなぁ、友紀はん……うちちょっと気になることがあってなぁ」



友紀「おう、今度はなにさ紗枝ちゃん」





紗枝「その、幸子はんって自分のことを『ボク』って言うてはるやんか」



友紀「うんそうだね、って……まさか紗枝ちゃん」



紗枝「もしかして幸子はんって自分のこと男の子やと思うとるんやないやろか……そういう精神的な、というか」



友紀「そういう性自認はないと思うけどなぁ、あれは別にそういうことじゃなくていわゆるキャラ作り的な方であって」







紗枝「いややわぁ、それなのにうち、幸子はんの前でいつもあんなことやこんなことして……はしたないわぁ」ポッ



友紀「あんなことやこんなことって、ああ着替えね、水着とか撮影あるもんねユニットで」



友紀「確かに幸子ちゃんが幸男くんだったら問題だねぇ色々と」





バターンッ

幸子「ちょっと!二人してまた何を話してるんですか!ボクは女の子ですからね!カワイイ女の子ですから!!」ギャーーッ



紗枝「はうっ」キーンッ



おわる



相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: