2016年01月04日

双葉杏「起きたら枕もとに箱があった」






箱「……」デーン







杏「……でかっ」











SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450804096







杏「……なんだろうこれ、あれかな」



杏「ちょっと早めの……ってことなのかな」



杏「杏、もう子供じゃないけど」



杏「まーけどいい子にしてたからなぁーけっして小さいから子供と思われたとかでなく」





杏「なんにせよ貰えるものは貰っておくけどさ」



杏「中身だよね。問題は」





箱「……」デーン



杏「……」



杏(どう見ても人が入れそうな大きさなんだよなぁ……)











杏「杏が欲しいのは印税、アメ、有給」



杏「……そのどれも入っているようには思えない」





箱「……」



杏「あのさ」



杏「プレゼントは、あ・た・し(はーと)」



杏「なんてのは、まゆとか幸子に任せとこうよ」



杏「私が誰かの身柄を得ても、ちっひやPに売り飛ばすだけだよ?」





箱「……」



杏「……」



杏(反応なし……)





杏(最初はきらりかとも思ったけど、きらりが入るには幾分小さい気がする)



杏「……はぁ」



杏「開けてみるしかないか……」











カパッ



杏「ん……? うぁあ!?!?」ズボォッ



バクン



箱『な、なんだぁ!? 箱に……杏が箱にっ……あかないっ……このっ出せー!』



「にょわはははははは!!」



箱『!?』







きらり「杏ちゃんがプレゼントになるんだにぃ!!」



箱『きらりぃいい!!!』











シャンシャンシャンシャン……



ブリッツェン「モォ〜」



きらり「杏ちゃんはぁ、かわうぃーかわうぃープレゼントになってぇ、きらりんサンタが届けるよぉ♪ そしたらみーんな、はっぴはっぴ☆」



箱『みんな、って……杏は一人しかいないんだけど。誰にプレゼントするのさ』



きらり「それはもっちろん、Pちゃんだにぃ」



箱『……』





箱『だからさぁ……』



きらり「うゆ?」



箱『そーいうのは、まゆとか……幸子とか…………プロデューサーにほの字の子に任せとこうよ』



きらり「んー……杏ちゃんは、Pちゃんのこと好きじゃないの?」



箱『…………』



きらり「Pちゃんがね、言ったんだよぉ」





きらり「杏ちゃんが欲しいって」



箱『……!』











箱『えぇー……マジで』



きらり「まっじまっじ♪ 大マジだにぃ」



箱『なんで杏…………』



きらり「働き者の杏ちゃんと、Pちゃん大好きな杏ちゃん、どっちがいーい? ってきいたらぁ……いつものぐーたらな杏がいい……って! うきゃー!!」



箱『なにそれ……杏は湖にでも落とされたの……? 池ポチャもどっちかと言えば幸子の役割だと思うんだけど……』



きらり「めっ、幸子ちゃんにぃなんでも押しつけちゃだめだよ?」



箱『そーいう問題かなぁ』











箱『だいたいさ』



きらり「?」



箱『杏がプレゼントされても、ただ仕事に駆り出されるだけだと思うんだよね。クリスマスライブだーイベントだーって』



きらり「それならぁ大丈夫♪ クリスマスはPちゃんもお休みだーって言ってたから」



箱『えぇ……この忙しい時期に……? 信じられない…………ん? っていうか』



箱『プロデューサーお休み? ならどこに向かってるの』



きらり「それはもちろんーうぇへへへ☆」





きらり「Pちゃんのおうち♪」



箱『はぁあ!?』ガッタン











箱『いやいやいや、それこそ何されるの杏!』



きらり「二人でいーっぱい、はっぴはっぴ☆すゆ?」



箱『杏はこれでもアイドルなんだよ? ファンのみんなのものなんだから、誰か一人のものにはなれないんだよ』



きらり「よく分かんないけどぉ、杏ちゃんは合法だって言ってたにぃ」



箱『違法だよ。誘拐だよ』



きらり「んもーなにされゆと思ってりゅのぉ?」



箱『なにって、そりゃ……』



きらり「……えっちなこと、されゆと思ってる?」



箱『……いや』



きらり「うきゃー! 杏ちゃんえっちぃにぃ!」



箱『なっ! ち、違う! 違うからね! 私は別にっ』



きらり「でもでもぉ、きらりも一緒にいるから、安心だよぉ」



箱『きらり……』







きらり「一緒なら怖くないにぃ♪」



箱『それ状況悪くなっただけじゃない?』











きらり「??」



箱『杏ときらりとプロデューサーの3Pって……杏が逃げ出せる可能性が失われただけじゃん……絶対きらりにだいしゅきホールドされたまま後ろから……じゃん』



きらり「杏ちゃんは……えっちするの、いや?」



箱『…………』





箱『いやだよ』



きらり「ふみゅー」





箱『絶対痛いし、疲れるし。いくら杏動かないから勝手にやってねって言っても、痛くて……』



きらり「先っちょだけなら痛くないからセーフだにぃ」



箱『痛いし結局奥まで入れられちゃうパターンだよね。っていうかきらりは杏が純潔を散らすことについてなんでそんな乗り気なのさ……………まさかまた生えてないよね』



きらり「そそそんなことないにょわ」



箱『……』



きらり「……」





箱『誰かぁーっ! 助けてくれぇー!!』ガッタガッタ



きらり「助けなんかこないにぃ♪」











箱『きらりがいるから安心♪どころかただ挿すものが増えただけじゃん! 前から後ろからでさらに大変なことになるだけだよね!?』



きらり「そぉう?」



箱『杏に入れてるプロデューサーのおしりにきらりが挿入、って可能性もあるかもしれないけどそんなの見たくないし』



きらり「んもー杏ちゃんってば想像力豊かだにぃ☆ えっちなことなんてぇしないよぉ♪」



箱『信用できるかっ』



きらり「あるぇー?」



箱『こんなふうに誘拐する時点で信用なんてできるわけないでしょ。しまっちゃうきらりんめ』



きらり「かわうぃー子はどんっどんしまっちゃうにぃ☆」



箱2『もう……もうだめなんですけど……い、いじめですか、い、いじめる?』



箱『!?』



箱3『ヒャッハァアア! いじめてやるぜぇ!! ゴートゥヘェエエエエル!!』



箱『!?!?』











箱『なに、なにこれ。きらりは人身売買でも始めたの? ちひろさんの手先なの?』



きらり「きらりんサンタはぁ、夢をお届け☆するだけだよぉ?」



箱『そんなデリヘルじゃないんだからさ……』



きらり「おしゃべりしてるうちにぃ」





きらり「到着だにぃ」



箱『!!』











ピィンポーン



きらり「お届けものでぇーす!」



ガチャッ



P「おぉすまないなきらり、こんな時間に」



きらり「ううん、Pちゃんの頼みならいつだって平気だよぉ」



P「そうか……ありがとう」



きらり「これが乃々ちゃんでぇ、こっちが輝子ちゃん」



P「いやー助かる。もう机の下にこれがないと落ち着かなくってさ」



きらり「そしてぇ……これが…………!?」カパッ



P「こ、これはっ」





P「『オ○ホ妖精ヌヌ葉呆』!!」



きらり「にょ、にょわっ!?」







P「『これはオ○ホでもバ○ブでもない、われわれの性技のためにー!』……いや商品名にオ○ホってついてるだろ、めっちゃオ○ホールだろ」



きらり「あ、杏ちゃぁーん! どこぉー!?」



P「これ訴えられないのか……いや、訴えないってことは、裏でちひろさんが糸を引いてるんだろうな……」



きらり「うぅ……ごめんねぇ、杏ちゃんいなくなっちゃって」



P「いいさ、これはこれで」





P「これ使ってしごいてもらうから、そこの二人に」



箱2・3『!!??』ガタタッ











乃々「むぅりぃー……!」



P「しっかり持て森久保ォ! でないとお前の口使うぞぉ!?」



乃々「いじめですか……性的虐待ですか……出るとこ出てやるんですけど……うぅ」



輝子「フヒ……が、頑張れ……」





きらり「杏ちゃん……いったいどこへ……」







……









……



杏「ふ、ふふふ……」



杏「ふははははは!」



杏「まさかきらりも、以前のサイキック・テレポーテーションが、ユッコの力ではなく杏の方に目覚めた能力だったとは夢にも思うまい!」



杏「……さて、と」



杏「で、ここどこ」



杏「……」



杏「なんかさっきより狭いんだけど」







ガタッ



「よいしょっ……うわっ重たっ……これ中身なんだっけぇ……? まぁいっかぁ♪ 早く届けてあげないとね〜プレゼントを待ってる人達に」





杏「……」ダラダラダラダラ















杏「そうだ、幸子と入れ替わろう」

















!? な、なんですか!? ここはどっ……



フギャァアアアーーーーーーー!?!?













おわり。













20:30│双葉杏 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: