2016年01月06日

かな子「美味しいから!!!美味しいから大丈夫だよ!!!」

キャラ崩壊とエロ注意で



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450627678



杏「杏の乳首なんておいしくないでしょぉ!!やめてよぉ!!」





かな子「美味しいから!ね?美味しいから!」ペロペロペロ



杏「やだぁ!!やめてよぉ!!何で杏の乳首舐めるの!?」



かな子「ごめんね杏ちゃん……でもこれは私のお菓子作り……いや、アイドル活動にとっても大事なことなの!」ペロペロペロ



杏「どうして杏の乳首を舐めることがアイドル活動につながるんだよぉっ!」

かな子「杏ちゃんの乳首の味を確認しておかないとアイドル活動に支障が出ちゃう!」ペロペロペロペロペ



杏「出るわけないでしょ……んっ///ちょっとそろそろやめっ……!」グイグイ



かな子「はぁ、美味しい!!!美味しすぎるよ!!!!!」



かな子「大丈夫!!!美味しい!!!美味しいから!!!優しく包み込まれるような甘さのなかにほんのりと香る潮気がたまらないよぉ!!」グイグイペロペロペロ

杏「解説しないでよぉ!!!あっ、ちょだめ……ひゃぁ///」



杏「だめ、ちょ、あっ、あっあっあ……///」



智絵理「おはようごさいますぅ」ガチャ



かな子「智絵理ちゃん……」



杏「智絵理ちゃん!!」

智絵理「かな子ちゃん!?何してるの!?」



杏「智絵理ちゃん!助けてぇ!」



智絵理「どうして……かな子ちゃん……!どうして……!」





















智絵理「どうして私の乳首は舐めてくれないのに杏ちゃんの乳首を舐めてるのっ!!?」



杏「えっ」

かな子「ごめんね智絵理ちゃん……智絵理ちゃんの乳首も美味しいんだよ……?」





かな子「癖になるやさしい甘さとすぅっと鼻を突き抜けるミントのフレーバー……とっても好きだよ」



智絵理「かな子ちゃん……」キュン



杏「えっなにこれは」

かな子「でもね……?私は知りたかったの、杏の乳首に宿る無限の可能性を、杏ちゃんのナチュラルな乳首の美味しさを!確かめたかったの!」



杏「もうかえっていい?」



智絵理「それじゃ……もう私の乳首は……舐めてくれないの?」



かな子「ごめん……今は、杏ちゃんの乳首を味わわなきゃ……」



智絵理「そんな……」

杏「いや、杏は別に味わわれなくてもいいから智絵理ちゃんのを舐めてあげなよ」



智絵理「ほら……今日はかな子ちゃんの大好きなチョコレートを乳首に塗ってきたんだよ……?」ネットリ



杏「うわぁ!なにしてんの……」



かな子「ごめん……智絵理ちゃん、私、今ここで杏ちゃんの乳首を味わっておかなきゃ……すべての乳首を愛せなくなっちゃう……!」



杏「どういうことなの……別に乳首愛さなくても生きていけるよぉ」



かな子「智絵理ちゃんの乳首を……愛せなくなっちゃう!!!」

智絵理「かな子……ちゃん!」



智絵理「分かったよ、かな子ちゃんの気持ち」



かな子「ありがとう智絵理ちゃん!」ペロペロペロ



杏「ちょ、また舐めないでぇ///」



智絵理「自分の乳首のことだけ考えてちゃ、だめだもんね……!」



杏「あっやだぁ!反対側はぁ……ひゃあ///」

智絵理「私はかな子ちゃんの乳首を舐めるよ!!」



かな子「ええっ!?そんな、私嘗められるのは……んっ///」ペロペロペロクリクリクリ



智絵理「ふふっ、かな子ちゃんの乳首とっても美味しいよ」



杏「片方つまんじゃやだぁ///」



かな子「ひゃぁぁ‥///私舐められるのは弱いのっ///」ペロペロペロ



智絵理「かな子ちゃんの乳首、こってりとして味わいの中にやさしく包まれた潮気……舐める人をあきさせない工夫と努力が垣間見える……最高の乳首だよ!」ペロペロペロ

かな子「んんっ……だめぇ……もう、あん

……///」ペロペロペロクリクリクリ



杏「両方いじっちゃらめぇぇっ///」



かな子「だめ、いっちゃう!わたしいっちゃうぅ///杏ちゃん!いっしょに!いっしょにいっちゃおうっ///」ペロペロペロクリクリクリ



杏「やっ、あっ、だめえ!あんずいきたくなぁ!ゃ、だめ、ひゃ///」









杏「ひゃぁぁぁぁぁぁ////」プシャァァ



かな子「んんっっっ////」プシャァァ



智絵理「〜〜〜〜〜〜っ///」プシャァァ

三人「ハアッ……ハアッ……」



かな子「あの……ごめんね智絵理ちゃん……あと、杏ちゃんも……」



杏「杏はもういいよ……」



智絵理「私も、大丈夫だよ。時分だけじゃなく、他の人の乳首も大切なんだって、気づけたから……!」



かな子「智絵理ちゃん……!それじゃ、智絵理ちゃんのチョコレート乳首も舐めてもいいかな……?」



智絵理「うんっ!」

杏「あの……ちょっと……」



かな子「杏ちゃん?」



杏「杏、ちょっとチョコレート食べたくなっちゃったから……その…………舐めてもいいかな……?」



智絵理「うんっ!嬉しい……!一緒に舐めあいっこしよっ!」

みく「おはようございまーす」



みく「って三人とも!?そんなかっこして一体何やってるにゃあ!?」



みく「えっなに何その目は」



みく「えっ、ちょ、やだ!こっちこないで!」



みく「あっちょっ!服脱がさないであっ!やっ!」



みく「にゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

おわり



相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: