2016年01月13日

伊織「お見合い」


P「ええ! お見合いですか!?」



高木「うむ。君もそろそろ身を固めてもいいんじゃかいかと思ってね」





P「確かにアイドル事務所に独身の男が一人いるのは、みんなも不安になるとは常々思っていましたが……」



高木「なら話は早いな! また後日に詳細を言うから楽しみにしてくれまえ! はーはっはっはっ」







P「しかし、お見合いかぁ。どんな人が来るんだろうなぁ」



律子「」



小鳥「」



P「え? 二人ともどうしたんだ!?」















SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452333024





社長室







高木「さて、先方に連絡するとしよう」







???「ねぇ? 少しお話があるんだけど……」







高木「な!? キミは!!」







???「ふふっ……」







─────

───





















お見合い当日



赤坂◯附 高級料亭







P「いや〜、緊張しますね!」



高木「な〜に、ドーンと構えてればいいのだよ!」



P「そうですね! 男はドーンと構えます!」



高木「結構結構。お? 相手方がいらっしゃったようだね」



P「は、はい!」



P(とは言ったものの、やっぱり緊張する……)







「失礼致します」







P「ど、どうぞ」













「本日はよろしくお願いします」







P「……」ドキドキ







伊織「水瀬伊織と申します」







P「」ステーン‼︎















P「な!? 伊織!?」



高木「キミぃ、まずは挨拶」ボソ



P「え? あ、はい。あの、Pと申します。ほ、本日はよろしくお願いします」



伊織「ふふっ、こちらこそよろしくお願い致しますわ」







P「ちょっと一体どういう事ですか!」ボソボソ



高木「なに、少し事情があってね……とにかく続けてくれたまえ」ボソボソ



P「続けてって言われても!」ボソボソ







高木「あーあー、すまない! ちょっと急用を思い出してね! まぁ、後は若い者同士でよろしくやってくれたまえ! はーはっはっはっ」



P「社長!?」

















P「…………」



伊織「…………」







P(一応、男がリードしないといけないんだよな……)







P「あ、あの……ご趣味は?」



伊織「はい。盆栽と茶道ですわ」



P「な、なるほど……」







P(海外旅行とショッピングじゃなかったっけ!?)















伊織「あの……」



P「は、はい!」



伊織「Pさんのご趣味は?」



P「あ、あの! おれ……僕の趣味はアイドル鑑賞と、その!」



伊織「ふふふっ♪」



P「え?」



伊織「面白い方ですね♪」



P「は、はぁ……どうも」







P(本当に伊織か!?)



















P「…………」



伊織「…………」







P(やっぱりお嬢様なんだなぁ……食べ方も凄く綺麗だ……)







伊織「どうかしましたか?」



P「い、いや! なんでも!」







P「…………」



伊織「…………」











伊織「あの、よろしければ……」



P「は、はい!」



伊織「外に庭園があるようなので、お散歩でも如何ですか?」



P「そ、そうですね! 是非!」



伊織「ふふっ、ありがとうございます。それでは参りましょうか」













庭園







P「うわっ! 凄く綺麗ですね!」



伊織「そうですね」



P「おおっ! 鯉もいるぞ! 錦鯉ってやつか?」







伊織「ふふふっ」







P「伊織?」







伊織「あはははっ! もう駄目! 限界!」















伊織「緊張で固まってると思ったら、急にいつもみたいにはしゃいじゃって! はーっ、可笑しい!」



P「なっ!? い、伊織だってさっきまで別人みたいだったじゃないか!」



伊織「そりゃ礼儀作法よ、礼儀作法! 当然の嗜みに決まってるじゃない!」



P「うぐっ……」







伊織「ふふふっ♪」



P「はははっ!」















伊織「……ねぇ?」



P「なんだ?」



伊織「なんで、お見合いなんて受けたの?」



P「社長に薦められたと言うのもあるけど、やっぱり女の子ばかりの事務所に独身の男がいたら不安だろ?」



伊織「な!? そんな事は……誰も……」







P「…………」



伊織「…………」











P「……伊織はなんでここに?」



伊織「そんなの、────じゃない」ボソ



P「え?」







伊織「アンタがお見合いするのが嫌だったからに決まってるじゃない!」





















伊織「そうよ! だから社長に無理を言って、今日のお見合いをセッティングして貰ったのよ! 文句ある!?」



P「…………」



伊織「はっきりと言いましょうか! そうよ! 私はアンタの事が……アンタの事がっ!!」







カコーン







伊織「いえ……多分この言葉を言ってしまったら、一つの夢を叶えられなくなる……決心が鈍ってしまう……だから、今は胸の内に秘めておくわ」



P「伊織……」















伊織「……でもまたアンタがお見合いを受けるなんて言ったら覚悟しなさいよね?」



P「え?」



伊織「だってそうでしょう? 私達はこうしてお見合いをしているんだもの。これは結婚を前提としているって事でしょう?」



P「な!?」



伊織「私は水瀬の娘よ? 欲しいものは全部手に入れるに決まってるじゃない!」







伊織(だから私がトップアイドルになるまで待ってなさいよね! にひひっ♪)













終わり













22:30│水瀬伊織 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: