2016年03月02日

雪歩「はぁ・・・」真美「どうしたの?ゆきぴょん」

雪歩「真美ちゃん・・・私って暗いのかなぁ」



真美「・・・いまさら?」



雪歩「ひ、酷いですぅ・・・」





真美「え、自分で気づいてなかったの?」



雪歩「気づいてたけど気づかないフリをしてたっていうか・・・」



真美「ちゃんと現実と向き合ったほうがいいよ、ゆきぴょん」



雪歩「そうだよねぇ・・・はぁ・・・」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456251175



雪歩「真美ちゃんも、私みたいな暗い子と一緒にいるの、イヤだよね・・・」



真美「そんなの、真美はべつに気にしないよ?」



雪歩「そう言うけど、どうせホントはツイッターとかで私のこと『穴掘り根暗ババア』とでも呼んでネタにしてるんだよね」



真美「真美、そんな嫌なヤツじゃないよ!だいたいゆきぴょんはババアって年じゃないっしょ!」



雪歩「根暗のほうは否定しないんだね・・・」



真美「うっ」



雪歩「こんな私は穴掘って埋まってますぅ〜〜!」



真美「ちょ、ちょっと!こんなとこで穴掘らないでよ!」

雪歩「どうしたら明るくなれるんだろうね・・・」



真美「そんなの知らないよ・・・無理して明るくならなくていいじゃんかー」



雪歩「だって・・・765プロのみんな、キラキラしてるし・・・」



雪歩「そこに私なんかが一緒にいたら、キラキラを全部吸い取って暗〜い感じにしちゃって・・・」



雪歩「ホント・・・私ってなんでこの世に生まれてきちゃったんだろう・・・」



真美「あのさ、ゆきぴょん・・・ちょっとは自分に自信もちなよ」



雪歩「うぅ・・・私なんて、ひんそーでひんにゅーでちんちくりんで・・・」



真美「千早お姉ちゃんにそれ言ったら、めちゃくちゃ怒られるよ」



雪歩「・・・」

真美「だいたいさー、自分は暗いんじゃないかって悩むこと自体が暗いよね」



雪歩「た、確かに・・・」



真美「明るい人はそんなことでいちいち悩んでないっしょ?細かいこと考えすぎなんだって!」



雪歩「それはその人がもともと明るいからそれで悩む必要がないだけだよね、私はそうじゃないから・・・」



真美「あーもーメンドくさいなぁ」



雪歩「ご、ゴメンね・・・私、面倒くさい女で・・・」



真美「まー、なんでもいいけどね」

雪歩「趣味もお茶とか、地味だよね・・・思い切ってスノボーでも始めたほうがいいのかな」



真美「ゆきぴょんは絶対そんなの向いてないって・・・」



雪歩「そうだよねぇ・・・」



真美「べつに趣味が地味でもいいじゃん、真美だってぼんさいとか好きだし」



雪歩「え、そうなの?」



真美「うん・・・」



雪歩「へえ、なんか意外だなぁ」

雪歩「真美ちゃんがぼんさいかぁ・・・ふふふっ」



真美「そ、それはもういいじゃんかぁ」



雪歩「うん、そうだね・・・私のキャラの話だったよね」



真美「ねえゆきぴょん、真美は無理してキャラ変えなくてもいいって思うんだけど・・・」



雪歩「そんなこと言って、真美ちゃんだって中学生になって思春期キャラとかやってるじゃない」



真美「そ、それはまた別の話っしょ!真美は成長期だけど、ゆきぴょんはもうそういうの終わってるじゃん!」



雪歩「うぅ・・・私は終わってるって・・・」



真美「そーゆーことじゃなくって!」

雪歩「とにかくそういうわけだから私、これからは明るい感じで行こうと思うの」



真美「明るい感じって・・・」



雪歩「真美ちゃんとか亜美ちゃんみたいな感じで行こうと思うの」



真美「やめときなよ・・・そんなことしても誰も得しないって」



雪歩「そうかなぁ・・・」



真美「そーだよ」

雪歩「じゃあ真美ちゃん・・・一度私の考えた新しいキャラ、見てくれる?」



真美「えぇ・・・まあ、べつにいいけど・・・」



雪歩「えへへ、それじゃあいくね・・・」



雪歩『うっうー!萩原雪歩ですぅー!』



真美「異議あり!」



雪歩「ど、どうかしたの真美ちゃん・・・?」



真美「どうもこうも、完全にやよいっちのパクリっしょ!」

雪歩「ダメかなぁ・・・まださわりの部分しかやってないんだけど・・・」



真美「ダメすぎるよ、パクリはじゅーざいなんだかんね!去年さんざん話題になったっしょ!」



雪歩「で、でも、ちゃんとやよいちゃんに許可をもらえば・・・」



真美「やよいっちの優しさに甘えてもダメなの!もしやよいっち本人に許可もらっても、絶対やよいっちファンの人たちに叩かれるよ!」



雪歩「うぅ・・・それじゃ、もう一つのキャラはどうかな」



真美「もう一つ?」



雪歩「うん、一応さっきのがポシャったときのために考えてきたんだけど・・・」



真美「あんまり期待できないけど、一応やってみてよ」



雪歩「う、うん・・・」

雪歩『やーりぃ!ボク、萩原雪歩で



真美「くらえ!」ボカッ



雪歩「いったぁい!」



真美「もー、今度もまこちんのパクリじゃんか!ちゃんと自分で考えなよ!」



雪歩「だ、だからってなにも叩かなくっても・・・」



真美「まさかパクリで被せてくるとは思わなかったから・・・」



雪歩「うぅ・・・私みたいなひ弱な子が真ちゃんみたいなスポーツ少女キャラっていうギャップを狙った高度な戦略なのに・・・」



真美「いや、そもそもゆきぴょんスポーツやってないじゃん」



雪歩「あっ」



真美「・・・」

真美「あのさ、ゆきぴょん・・・明るくなりたいって気持ちはわかるけどさ」



真美「でもね、無理に自分を変えなくたって・・・ゆきぴょんは、そのままのゆきぴょんでいいんだよ」



雪歩「そのままの私・・・?」



真美「うん・・・真美も、いつものゆきぴょんが好きだし・・・」



雪歩「真美ちゃん・・・」



真美「おとなしくて、オドオドしてるゆきぴょんって、なんていうか・・・守ってあげたい感じで・・・」



真美「その、かわいくって・・・」



雪歩「・・・」

真美「うぅ〜・・・や、やっぱり今のナシ!とにかく、ゆきぴょんは・・・」



雪歩「うえええん!」



真美「え!?なんで泣いてんの!?」



雪歩「ううぅ・・・真美ちゃんは、ありのままの私を好きでいてくれてるのに・・・」



雪歩「私ったら、意味もなく変わろうと思って空回りしてばっかりで・・・ぐすっ・・・情けなくって・・・」



真美「ゆきぴょん・・・」



雪歩「ううう、うえええん!」



真美「もー・・・よしよし、泣かないで〜」



雪歩「うぅ・・・真美ちゃぁん・・・」



真美(やっぱり、ゆきぴょんは今のままが一番カワイイなぁ)



おわり



相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: