2014年05月06日

律子「脚好」




P 「たっだいま〜。いや〜、最近温かくなってきて営業やりや…」



律子「いい加減にしてください小鳥さん!」





小鳥「ピヨ!?」



律子「全く毎日毎日…!」



小鳥「え?え!?私何かしちゃいましたか!?」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397916690





律子「何かしちゃいましたかじゃありませんよ!いいですか!?」



P 「はいストップ、落ち着け律子。一体どうしたんだお前らしくもない。小鳥さんが怯えてるじゃないか」



小鳥「((((;゚Д゚))))ガクガクピヨピヨ」



律子「プロデューサー殿、いつからそこに…?」



P 「つい今さっきだよ。俺が帰ってきたのにも気づかないくらい怒ってるとは一体何があったんだ?」



律子「いえ、それは…」



小鳥「律子さん、話してください。私、ダメな所があったら直せるよう努力しますから!」



P 「ほら、小鳥さんもこう言ってくれてる。な?」





律子「はぁ…。分かりました。話します」



P 「あぁ、俺は席を外したほうがいいかな?」



律子「いえ、プロデューサー殿もいてください」



P 「分かった」



小鳥「それじゃあ律子さん…」



律子「…正直、もう耐えられないんです」



P 「そんなにか…。(一体何したんだ音無さん…。)」



小鳥「(私何しちゃったんだろう?全然心当たりがない…。)」





律子「本当にもう、勘弁してくださいよ。毎日毎日…」



小鳥「毎日…」



律子「その絶対領域を見せ付けられて辛抱たまらないんですよ!」



小鳥「………え?」



P 「………ん?」



小鳥「え〜っと…ちょ〜っとよく聞こえなかったかな〜って。もう一回言ってもらっていいですか?」



律子「だから!小鳥さんのその眩しすぎる絶対領域がたまらないんですって!」





P 「…音無さん大変です、律子が壊れました。やっぱり竜宮小町のプロデュースは多忙を極めるようです



   ここらでドドンとリフレッシュ休暇なんか…」



律子「ちょっとプロデューサー殿!失礼なこと言わないで下さいよ!私は至ってまともです!」



P 「いやそのりくつはおかしい」



律子「いいですかプロデューサー殿!考えても見てください、毎日毎日このむっちりとした太ももの絶対領域を見せつけられてるんですよ!?



   もう拷問じゃないですか!!!」



小鳥「ご、拷問…。」





P 「いや、言いすぎだろう。俺だって毎日見てるけど嫌な気持ちになった事なんて一度もないぞ。」



小鳥「プロデューサーさん…」



律子「私は別に嫌なわけじゃありません」



P 「は?だっていい加減にしろって…」



律子「見ることに関しては非常に眼福ですよ。ただ毎日毎日来る日も来る日も一級品の絶対領域を見せ付けられるとこっちだって我慢するの大変なんですよ!」



P 「律子、お前何言ってんの?」



小鳥「じゃあ、明日からタイツにしますね…」



律子「タ、タ、タイツ!!!!?」



P 「今度はなんだ」





律子「もうなんなんですか小鳥さん!そんなに私を誘惑してどうしたいんですか!?」



P 「律子がそもそもどうしたいんだよ?」



律子「どうしたいってそりゃタイツに包まれたムッチリとした足を舐めしゃ…」



P 「オーケー分かったストップだ。つまりアレだな、律子は脚フェチって奴なんだな」



律子「まぁ、そうですね。脚好律子(あしずきりつこ)とでも読んでください。」ドヤァ



小鳥「ドヤ顔されても…」



P 「うまくもねーし」





律子「いや、プロデューサー殿も男なら分かりますよね?綺麗な足でされたいでしょ?」



P 「さも当然の様に言わないでもらえる?」



律子「違うんですか」



P 「いや、まぁ、全否定するほどでもないけど…」



律子「やっぱり!」



小鳥「プ、プロデューサーさんもやっぱりそういう目で私の事を…」



P 「いや違いますって!そういう趣向を否定しないって意味でですね!」



小鳥「プロデューサーさんだったら別に…私は…」ゴニョニョ



P 「はい?」



小鳥「い、いえ!何でもありません!」





律子「だったらウチのアイドル達だったらどうです?」



P 「いやどうですって言われてもな」



律子「まずはあずささんから行きましょう。」



P 「話聞いてくれないかな〜って」



律子「あずささんって良いですよね」



P 「はぁ…。分かった、付き合うよ」



小鳥「私仕事に戻っても良いですか?」



P 「えぇ、ここは俺が引き受けますから」



小鳥「すみません、プロデューサーさん」



すたすた





律子「あずささんって、およそ女性として持ち得る全ての武器を持ってると思うんですよ」



P 「そうだな、何て言うか全体的に柔らかそうだよな。」



律子「お、ノってきましたねプロデューサー殿!」



P 「渋々な」



律子「やっぱり世の男性諸氏はあの豊満な胸に目が行きがちですけど



   さっきプロデューサー殿が言ってた様に“柔らかそう”ってのがポイントになるんですよね」



P 「ほほぅ」





律子「胸が大きい女性は数多くいますがそこに肉付きが足りないのが多いんですよね



   その点うちのあずささんは肉付きがいいですから。」



P 「ああ、なるほ…」



律子「脚が」



P 「…え、そこ?」



律子「はい」



P 「全体像の話じゃないの?」



律子「プロデューサー殿、今は脚の話ですよ?」



P 「いや、あれ〜?」



律子「それじゃあ次に行ってみましょう」





P 「次?」



律子「えぇ、次は真です。真もいいですよね」



P 「ん〜まぁ健康的だよな。」



律子「あずささんとは対照的に引き締まって余分な肉がなく、かつしなやかな筋肉」



P 「うん、空手とかやってるからな。あと自転車にも凝ってるみたいだしな」



律子「そう!自転車!」



P 「うぉ!どうした急に」



律子「あとダンス!」



P 「あ〜そうな。結構全身使うからかなり引き締まってると思うよ」





律子「真の自転車見たことあります?」



P 「いや、俺はないよ」



律子「結構本格的なのに乗ってるんですよ。ロードバイク?って言うんですかね」



P 「あぁ、そういうやつか」



律子「えぇ、たまに事務所に自転車で来たりしてますよ」



P 「そうなのか?最近昼間事務所にいないからなぁ……」



律子「サイクルウェア着てレーサーパンツも履いて」



P 「おぉ、ガチだな……」





律子「レーサーパンツがスパッツみたいな生地なのでぴっちりしてるんですよ」



P 「……ほう」



律子「だから引き締まった真の太ももにレーサーパンツがぴっちりと」



P 「やっぱそこに行き着くわけか」



律子「当然です!」



P 「(当然なのかよ)」



律子「太ももだけじゃないですよ、足全体が引き締まってますから



   膝から下、ふくらはぎのあのしなやかな筋肉、あれもたまりませんね」



P 「ねぇホント何言ってんの?」





律子「さて、お次は貴音です」



P 「まだやんのか」



律子「貴音もあずささんに次いで肉付きがいいですね」



P 「まぁ、上から二番目だからな」



律子「脚が」



P 「だと思ったよ!」



律子「貴音はですね、お尻が大きいじゃないですか」



P 「……あんまり本人の前で言うなよ?気にしてるみたいだし」



律子「大丈夫です、言いませんよ。それで貴音はその大きなお尻から太ももにかけてのラインがたまらないんですよ」



P 「はぁ」





律子「ふっくらしたお尻からスラリと伸びる脚、その付け根あたりにむっちりとした肉感……あぁぁぁぁぁ!!!」



P 「何だ何だ!」



律子「いえ、想像しただけでもう……」



P 「…」



律子「以前一度だけ貴音のグラビア撮影に同行したんですけど」



P 「ほう」



律子「水着での撮影で、女豹のポーズをするっていうのがあったんです」



P 「まぁグラビアならそういうのもあるだろうな」





律子「そう!そうなんです!女豹のポーズを一番楽しめるのは正面じゃないんです!背後なんですよ!!」



P 「力説されてもな……。世間一般的には正面か側面から見るもんだと思うぞ」



律子「背後>側面>正面ですね」



P 「あ、側面はいいんだ」



律子「いいですよ、あれはあれでラインを楽しめますから」



P 「あぁ、そう……」





律子「春香なんかも結構なポテンシャルを秘めてますよ」



P 「言葉だけ聞けばいいんだが……」



律子「脚に」



P 「台無しだわ!」



律子「春香ってよく転ぶじゃないですか」



P 「そうだな」





律子「その様子を後ろから見てるとですね、可愛いスカートからチラリと見えるんですよ」



P 「……何が?」



律子「太ももが」



P 「あぁ、そう……」



律子「そう、だから春香の背後は結構な穴場ですよ!穴場!」



P 「春香っぽく言ってっけどおかしいからな?」



律子「次は……」





P 「なぁ律子。もしかしてなんだけどさ」



律子「はい?」



P 「竜宮小町って、お前の…」



律子「はい、趣味です」



P 「マジかよ……マジかよ……!」



律子「何か?」キョトン



P 「キョトンじゃねぇよ!何?お前の脚の趣味であの三人売れたの!?」





律子「そうなりますね。やっぱり脚を制すれば芸能界を制すんですね」



P 「もう意味わかんない。亜美と真美の脚の違い教えてくれよ……」



律子「え?そんなことも分かんないんですか?」



P 「普通はわかんねぇよ!」



律子「仕方ないですね〜。いいですか?脚の肉付きやラインなんかは差異はないんです。



   亜美と真美の決定的な違いは姉であるか妹であるかです」





P 「……ん?うん、ん?」



律子「真美はお姉ちゃんだから亜美よりも少しだけ内面的に大人なんです」



P 「まぁ、大きな差はないがそうだな」



律子「だから、脚を出したりすることに多少なりとも恥じらいがあるんですよ」



P 「そうなのか……」



律子「そこが真美の良い点でもあるんですけどね。



   その点亜美はまだ抵抗が少ないですから平気で脚を放り出してます。楽屋とかすごいですよ」





P 「……伊織は?」



律子「伊織ってお嬢様じゃないですか、だからか知らないんですけどそこまで出したがらないんですよ。」



P 「出したがる奴がいるのか?」



律子「美希なんかは結構出してますよね、生足」



P 「あぁ、まぁ。なんで美希は入れなかったんだ?」



律子「はぁ。プロデューサー殿……。考えてもみてくださいよ



   あずささんという最強兵器がいて、てらいなく脚を放り出す亜美、そこに同じく抵抗のない美希ですよ!?」



P 「いいんじゃないのか?」





律子「あのですね、ご飯食べに行って焼肉とステーキと寿司が目の前に並んでたらどう思います?」



P 「……うぇ」



律子「そういう事です」



P 「いやどういう事だよ!」



律子「えぇ〜……?」



P 「その『言わなきゃわかんねぇのかよ』顔やめてもらえる?つーか分かんねぇから」



律子「だからですね?メインとなりうる食材ばかり集めてもダメなんです。そこに副菜やらなんやらがいないと



   そういうバランスを目指したのが竜宮小町なんですよ」





P 「伊織は副菜なのか」



律子「ええ」



P 「副菜がリーダー?」



律子「そこは適正です」



P 「変なトコ真面目だな!!」



律子「好みで選んだとはいえ、潰すわけにはいかないですから」



P 「お、おう……」





律子「それで伊織はですね、3人の中では肉付きは少ない。ともすれば事務所内でも肉付きはない方です」



P 「ふむ」



律子「一番はやよいですね」



P 「それは致し方ない面もあるだろう」



律子「次いで千早。その次に伊織という感じでしょうか」



P 「いや知らんけど」



律子「破壊力抜群のあずささんに奔放な亜美、そこに控えめな伊織が加わることによって



   全体のバランスがスッと取れるんですよ」





P 「なあ、もしかして衣装なんかも?」



律子「そうです、私の趣味が多分に反映されています」



P 「マジかよ……」



律子「パレスオブドラゴンなんかはあずささんの生足全面押しです



   まぁ、最初だからそういう方面でファンを引きつけようという狙いもありましたけど」



P 「伊織はそんなに出してないよな」



律子「そうですね、その分絶対領域に気を使いました。あれは良い絶対領域ですよ」





P 「亜美は左足だけ出してるな」



律子「えぇ、片方は生足、片方は絶対領域。一粒で二度おいしいです」



P 「私物化してんなぁ……」



律子「プリンセスメロディなんかはもう、たまらないわけですよ」



P 「足は出て無いじゃないか」



律子「甘いですよ」



P 「え?」





律子「あの衣装は下はタイツなんです、つまり締めつけで引き締められた脚のラインが見放題なんですよ!?」



P 「ホンット大概にしとけよお前?」



律子「いやぁ、あの衣装考えついた時は私は脚の神に愛されてるなと」



P 「脚の神ってなんだよ!」



律子「そうそう、響なんかも真タイプで引き締まったいい脚してるんです」



P 「聞けよ!」





律子「ただ真と違って趣味がインドアなんで肉付きが良いんです」



P 「あ〜、編み物とかだったよな」



律子「えぇ、だからこそ引き締まった部分と肉付きのいい部分とのコントラストが映えます」



P 「もう俺わかんねぇよ……」



律子「あの子は全体的にバランスがいいですよ、竜宮に入れるか最後まで悩んだくらいです」



P 「そんなにか」



律子「ただまぁユニットとしてのバランスを考えてやめたんですけどね」





P 「誰と迷ったんだ」



律子「伊織です」



P 「ほう」



律子「さっき言った理由に加えて一番大きな理由がまとめる人いないなって」



P 「響に謝れ!」





律子「忘れちゃいけないのが雪歩ですよ!」



P 「もう好きにして……」



律子「本人はひんちくだなんだ言ってますけどあの子も太もも結構むっちりしてますからね!」



P 「力説されてもなぁ……」



律子「あの子は自分の魅力に気づいてません!主に脚!」



P 「大半の人間はそこが魅力だなんて気づかねぇよ?」



律子「ホントもったいない!プロデューサー殿、その方面でのプロデュース頼みますよ!」



P 「やだよ!」





律子「宝の持ち腐れじゃないですか!」



P 「知らねぇよ!大体本人嫌がるだろ!」



律子「そこを上手くやるのがプロデューサーでしょう!」



P 「ただの騙し討ちじゃねぇか!」



律子「はぁ……。まぁ、それはいいです。それよりも分かって頂けました?」



P 「何がだ?」





律子「アイドルだけでこれだけ魅力的な脚があるのに小鳥さんのあの肉付きのいい太もも!



   そこに絶対領域ですよ!?どうします!?」



P 「どうもしねーよ!」



律子「もうね、我慢するのも大変なんですよ!気を付けないと舐めしゃぶ…」



P 「ヘイヘイヘイヘイストップだ」





律子「何ですか?」



P 「まぁ、なんだ。そういう個人の趣味を否定しようとは思わん」



律子「ありがとうございます」



P 「本当にキツいようだったら社長に掛け合ってパンツスーツにしてもらうとかさ」



律子「……そうですね。すいません、色々と取り乱しました」



P 「それにさ、経緯はどうあれ竜宮小町は売れて765プロは助かったんだし



   まぁ、是非はあるけどそういうプロデュースの仕方もあるんだって参考になったよ」



律子「プロデューサー殿……」





P 「あ、あとさ」



律子「何ですか?」



P 「さっき律子、雪歩は自分の魅力に気づいてないって言ってたけど



   それは律子にも当てはまると思うぞ」



律子「え?」



P 「たまにスカートスーツの時あるだろ?その時の黒タイツに包まれた脚は、いい物だって思ってた」



律子「な、な、何言ってるんですか!!?」





P 「ははは。欲望に忠実なのもいいけど体壊すなよ」



律子「む〜…………はい」



P 「よし。…おっとこんな時間か」



律子「これからまた仕事ですか?」



P 「仕事というか春香の迎えと送っていくだけだよ」





律子「そうですか、プロデューサー殿もほどほどにして体壊さないでくださいよ?」



P 「あぁ、肝に銘じるよ」



律子「それじゃあ、お疲れ様でした」



P 「あぁ、お疲れさん。じゃあ行ってくる」



ガチャ、バタン



律子「もう……。…………明日はスカートで来ようかしら?」









この日の会話がきっかけで、彼が趣味全開でプロデュースした美希、響、貴音の3人からなるプロジェクトフェアリーが大ヒットするがそれはまた別のお話である。





おわれ



20:30│秋月律子 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: