2016年05月27日

奈緒「加蓮がなおかれんもののエロ本隠し持ってた……。」

奈緒「加蓮がぁ、加蓮が怖いぃ!」ガタガタ



加蓮「誤解だから!誤解だから!」



奈緒「加蓮に犯されるぅ!」ブルブル





加蓮「やめて!」

加蓮「ご、誤解なの!」



奈緒「そうなのか……?」



加蓮「うん」



奈緒「じゃああの本、加蓮のじゃないのか?」



加蓮「いや、それはまぁ、私のなんだけど……」



奈緒「犯されるぅ! 加蓮に犯されるぅ!」ガタガタ



娘「ち、違うのぉ!」



奈緒「あの、加蓮も年頃だから、そういう事に興味を持つ事自体はアタシも全然否定しないよ」ビクビク



加蓮「……うん」



奈緒「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」ブルブル



加蓮「……あの、奈緒」



奈緒「な、何だ!?」ビクゥッ



加蓮「な、なんで距離とってるの?」



奈緒「怖いじゃんか!犯されるもん!」ガタガタ



加蓮「やめて!」

奈緒「超マニアックな方法で犯されるもん!」



加蓮「しないよそんなの!」



奈緒「普段みんなが使ってるソファに寝かされて『普段使ってるソファでこんなに濡らすなんて、奈緒は変態だね……』とか言いいながら犯すんだろ!?」



加蓮「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」



-



奈緒「なんかレズ特有のマニアックな言葉責めとかするつもりなんだろ!」



加蓮「しないよ!やめて!」



奈緒「『奈緒を女の子に目覚めさせてあげる』とか言いながら犯すつもりなんだろ!」



加蓮「抜粋やめて!音読やめて!」



奈緒「加蓮がマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」

加蓮「て、ていうかいつもの赤面症はどうしたの!」



奈緒「差し迫る身の危険を前に引っ込んだ……」



加蓮「身の危険とかやめて!」



奈緒「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんだろ……?」



加蓮「違うから!そういうんじゃないから!」



奈緒「さ、さらにマニアックな……?」



加蓮「違うよ!ていうかさっき奈緒が言ったみたいのはレズものでは全然マニアックの範疇じゃないよ!」



奈緒「……え?」



加蓮「……あ」

奈緒「……あ、あれくらいは、基本なんだな?」



加蓮「なんでもない!さっきのなんでもない!」



奈緒「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……。」



加蓮「聞いて!さっきのは間違いだから!」



奈緒「もうあれくらいじゃ、満足できないんだな……?」



加蓮「やめて!」

奈緒「加蓮がどんどん遠くに行く……」



加蓮「遠くに行ってるのは奈緒だよ……物理的に距離とってるじゃん……」



奈緒「だ、だって犯されるじゃん……」



加蓮「しないよ!」



奈緒「付き合いが悪かったのかな……

知らず知らずの内に、加蓮に寂しい思いをさせていたのかな……」



加蓮「やめて!重い感じにしないで!」



奈緒「信頼できる親友だと思ってたのに……」



加蓮「聞きたくないよ!この場面では一番聞きたくないタイプの奴だよそれ!」



奈緒「で、でもプレイ的な見地から言えば無垢な友情も興奮ポイントに……?」



加蓮「やめて!嗜好を探るのやめて!」



奈緒「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんだろ?」



加蓮「間違いでした!さっきの無しで!」



奈緒「とすると調教とかそっち系に行かざるを得ないじゃんか……?」



加蓮「っていうか何でちょっと協力的なの!?

さっきまで犯される!とか言ってたよね!?」



奈緒「さ、逆らったらもっとひどい目にあう……」



加蓮「そ、そういうことか!いや、しないから!」



奈緒「じゃ、じゃあ面と向かって言ってくれよ……」



加蓮「何を?」



奈緒「『私は奈緒を犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」



加蓮「何その宣言!?」



奈緒「言わなきゃ信用できないじゃん!獣と共に同じ事務所にはいられないだろ!」



加蓮「ケモノとか言わないで!」



奈緒「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」



加蓮「……うーん……」



奈緒「や、やっぱり虚偽の申告はできないか?」ビクビク



加蓮「虚偽じゃないから!」



奈緒「いいんだ!アタシは加蓮を嘘つきにしたいわけじゃないないから!」



加蓮「その感じやめて!」



奈緒「加蓮にその場限りの嘘をつかせるくらいなら、アタシ加蓮の嗜好と向き合うから!」



加蓮「言うから!言うから重い感じやめて!」

加蓮「え、な、なんだっけ……『私は』……」



奈緒「『私は奈緒を犯したいと思っていないし』



加蓮「そ、そうだね。『私は奈緒を』……」



奈緒「……ど、どうかしたのか?」ビクビク



加蓮「あ、あのー、一応、一応確認ね?」



奈緒「な、なんだ?」



加蓮「こ、この『犯す』の範囲って……?」



奈緒「!!」



加蓮「い、一応だよ!!」

奈緒「そ、それはつまり範囲によっては……」



加蓮「一応だって!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃん!」



奈緒「範囲によってはありえるってことか?」



加蓮「いやだからその確認!」



奈緒「そ、そうだな。加蓮の基準はちょっとアレだもんな」



加蓮「アレとかやめて」



加蓮「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」



奈緒「う、うん。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」



加蓮「……うん」



奈緒「加蓮がさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけだな」



加蓮「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね!!」



奈緒「そうだよな!」



加蓮「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」



奈緒「まずは『キス』!」



加蓮「えッ!?」



奈緒「えッ!?」

加蓮「ストップで! 一旦ストップで!」



奈緒「怖い怖い怖い怖い!!」



加蓮「違うって! 普通にするじゃん! キスってするじゃん! 親友同士で!」



奈緒「しないしないしない怖い怖い怖い」



加蓮「私がするかどうかじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、親友同士でキスはセーフだよ!」



奈緒「しないよぉ……」



加蓮「アレだよ? キスって唇同士の奴だよ? 『下の口同士で』とかそういうんじゃないよ?そのつもりで私はOKにしたんだよ?」



奈緒「当たり前だよ……。ていうか今言った方OKにしてたら本当にTP解散してたよ……」

奈緒「あの、ていうかじゃあさ、キスが基準だとアウトなのか?

 だよね?あの、言わなくていいけど」



加蓮(心底屈辱的……)



奈緒「うーん……ていうかもう、聞くな……

 ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるんだ?」



加蓮「……えー?」



奈緒「か、加蓮が決めてくれていいよ。それを聞いて対処するから」



加蓮「……う、ん・・・…」



(五分後)



加蓮「……」



奈緒「……」ドキドキ



加蓮「……あの」



奈緒「ひっ!?」ビクゥッ



加蓮「そ、そこまで怯えなくても!」



奈緒「ご、ごめんな? 驚いちゃっただけだから。ごめんな?犯さないで?」



加蓮「やめて!」



奈緒「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」



加蓮「言うから!今すぐ言うから!」



加蓮「え、えーと……」



奈緒「言ってくれていいから!ドンと!」



加蓮「えーと……」



奈緒「もう驚かないから!」



加蓮「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」



奈緒「え」



加蓮「あの、だって、したいし……」



奈緒「うわああああああやっぱりガチじゃんかぁぁぁぁぁぁ!!!」



加蓮「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でもしたいのぉぉぉぉ!!」

奈緒「最初ので合ってたじゃんかぁぁぁぁ!! 最初のリアクションでむしろ正解じゃんか!!!!」



加蓮「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」



奈緒「それは聞いてないだろおおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」



加蓮「し、静かにしてよぉ!! 犯すよッ!?」



奈緒「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」



奈緒「事務所のソファプレイは?」



加蓮「基本」



奈緒「親友と書いて?」



加蓮「ペット」



奈緒「調教は?」



加蓮「極上」



奈緒「背徳感は?」



加蓮「正義」



奈緒「こわいよぉぉぉ! 加蓮が怖いよぉぉぉ!」



加蓮「う、うるさい! 下着口に詰めるよ!?」



奈緒「なんだそれ!?」



加蓮「よくあるんだよ!」



奈緒「よくあるのかよ!?」

加蓮「色々装着したままライブさせたりしたい!」



奈緒「なんだ急に!?」



加蓮「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」



奈緒「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」



加蓮「プロデューサーと話してる時にリモコンでいじりたい!」



奈緒「やめろ怖い!」



加蓮「こういう時プロデューサーは奈緒をひたすら褒める!」



奈緒「細かな設定とか怖い!」

加蓮「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」



奈緒「落ち着け! もうやめてくれ!」



加蓮「他の子に見られない事務所の死角でキスしたい!」



加蓮「仕事の連絡するために事務所に電話してる後ろから胸揉みたい!」



加蓮「奈緒をシンデレラガールにしてあげたい!」



奈緒「最後のは良いこと言ってるはずなのに怖い!」

加蓮「そういうことだから!よ、よろしくね!」



奈緒「何をヨロシクするんだ?」



加蓮「……じゃ、じゃぁ私帰るから!もう帰るから!」



奈緒「このタイミングで引き上げられるとより怖い!

  ていうかなにをヨロシクすればいいんだ?」



加蓮「お疲れ様!」ダッ



奈緒「ええー……絶対明日から何か仕掛けてくる……」

奈緒「本当にヤダ本当に怖い……」

奈緒「なんであんな本見つけちゃったんだろ……」

奈緒「凛たちにはなんて言おう……いや、言えないかぁ……こんな稀有な悩み……」



〜〜〜〜〜



凛「!奈緒のエロ本!?勝手に読んじゃお……」

凛「……アレ?」



おわり



相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: