2016年06月23日

モバP「ある人が今日誕生日なので、お祝いしたいんですが」高垣楓「はい」

モバマスssです



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465914390



P「どうやってお祝いすれば、喜んでもらえるでしょうか」





高垣「そうですね……やっぱり、サプライズとか」



P「サプライズ、ですか」



高垣「はい。誕生日なんて覚えてないようなふりして、その人がちょっと悲しそうにしたところで『おめでとうございま〜す』、なんてどうでしょう?」



P「それは喜んでもらえるかもしれませんね。でも、厳しいかな」



高垣「なぜですか?」



P「その人は、僕が誕生日を覚えてるのを知ってるはずなので」



高垣「あら、それは残念」

高垣「あとは、プレゼントとか」



P「やっぱりそうですよね。ちなみに楓さんは何をもらうとうれしいですか?」



高垣「私はその人とは物の好みが違うかもしれませんよ?」



P「あくまで参考ですよ」

高垣「ふふっ、そうでしたね。……私は、お酒が好きなんですけれど」



P「それは知ってます」



高垣「日本酒、梅酒、焼酎……そうそう、最近はビールをたくさん飲みました。グビールっ、とジョッキをあおるのがいいですね。でも――」



P「でも?」



高垣「――それよりは、ずっと残るものがいいかもしれません」



P「形に残るもの、ってことですか?」

高垣「それもありますけど、それだけじゃなくて……その人がお祝いしてくれる、楽しい時間とか、お祝いしよう、おめでとう、っていう気持ちとか、ですね。そういうものも、心に残る宝物になると思います」



P「心に残るもの……」



高垣「ええ。私だって、一緒に頑張ってきたアイドルの仲間や、観に来てくれるファンの皆さんや、ずっと支えてくれるプロデューサーと過ごす時間――そういう宝物があったから、今までやってこられたんですから」



P「楓さん……」



高垣「あっ、今のは『たからもの』と『あったから』が掛かってて」



P「……今のはなかなか上手いですね」



高垣「ありがとうございます」

高垣「そういうわけで、プロデューサーの気持ちが一番大事だと、私は思います。プロデューサーは、その人のことをどう思っているんですか?」



P「……俺は、その人を、とても大切な人だと思っています」



高垣「……」



P「仕事が辛くても、その人がそばにいてくれて、笑ってくれるなら、頑張ろうと思えます」



高垣「……」

P「本当に、かけがえのない存在ですね。だから、生まれてきてくれてありがとう、という気持ちを込めて、お祝いするつもりです」



高垣「……それだけ想われているなんて、その人は幸せ者ですね」



P「喜んでもらえるでしょうか?」



高垣「ええ、それほどの気持ちがあれば、もちろん」

高垣「そうそう、すごい偶然なんですが」



P「どうしました」



高垣「私も今日、誕生日なんですよ。知ってました?」



P「はい。誕生日プレゼントも用意してますよ。どうぞ」



高垣「ありがとうございます。……あら、これは……」



P「ペンダントです。メイプルの形の……なんて、気障すぎましたか?」



高垣「いえ、うれしいです。本当にありがとうございます」



P「形には残るようにしました」



高垣「心にも残りましたよ、ちゃんと」

P「じゃあ、そろそろ飲みに行きましょうか。いいところが押さえられたので」



高垣「ええ。……あっ、そういえば」



P「なんでしょうか」



高垣「プロデューサーが今日誕生日を祝いたい大切な人の名前、まだ聞かせてもらってませんね、ふふっ」

P「恥ずかしいので秘密です。……不満ですか?」



高垣「ちょっとだけ。でも……」



P「でも?」







高垣「私が幸せ者なのはわかったので、許してあげます」



おわり



08:30│高垣楓 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: