2016年06月24日

橘ありす「雪美さんのお姉さんになります」

ありす「なります」



凛「………」



ありす「本気です」





凛「………」





凛「なんでそれを私に言うの」



ありす「誰かに宣言しておきたかったので。自分を奮い立たせるためのいい方法だそうです」



凛「ふーん……がんばって?」



ありす「やります」フンス







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466097187



ありす「私も日々成長しているので、お姉さんらしくふるまえるはずです」



凛「たとえば?」



ありす「そっと手を引いてあげるとか」



凛「お姉ちゃんっぽいね」



ありす「でしょう?」フフン



ありす「私が本来の力を発揮すれば、そのくらいはわけないです」



凛「そのあとは?」



ありす「あとは流れでなんとでもなるはずです」



凛「ふーん」





ガチャ



泉「おはようございます」



雪美「………おはよう」←泉に手を引かれている



ありす「………」



ありす「どうしましょう、先手を打たれました。プラン崩壊です」



凛「早いね」



ありす「泉さん……やはり侮れません。強敵です」



ありす「私たちの中では一番のお姉さんですし」



凛「ん?」



ありす「え?」



凛「私は?」



ありす「………」



ありす「あ」



凛「ありすが私のことをどう思っているのか、ちょっと気になる」ジロ



ありす「あ、あわあわ」ワタワタ





雪美「………けほっ」



泉「雪美ちゃん、風邪?」



雪美「………」フルフル



泉「単にせきが出ただけ?」



雪美「………」コクン



泉「そう……ならいいけど」







ありす「これは冷えピタとタオルを持っていってベッドまで連れて行ってあげるべきでは」



凛「風邪じゃないって言ってるのに大げさすぎ」



ありす「で、でも。お姉ちゃんですし、心配ですし」



凛「本人が首を振ってるのに、ムリに世話を焼いたら逆効果だと思うけど」



ありす「むむ……凛さんが正論を言っています」



凛「普段は正論を言っていないような言い方に聞こえるんだけど」





凛「ほら、見て。たぶんあれが正しい対応」







泉「熱は……うん、ないみたい」ピト



雪美「………」



泉「でも、のどは大事にしたほうがいいから……はい、のど飴」



泉「雪美ちゃんの好きなイチゴ味」ニコ



雪美「………ありがとう」フフ



泉「ふふ、どうぞ」









ありす「……お、お姉さんです」



未央「うーむ、あれはお姉ちゃん指数346はありますなあ」



さくら「ありますねぇ!」



凛「どこから出てきたのふたりとも」



未央「おはよう!」



さくら「ございまぁす♪」



未央さくら「いぇーい!」ハイタッチ



ありす「朝からえらく元気ですね」



未央「ここに来るまでに昨日のドラマの話題で盛り上がってさー」



さくら「意気投合でぇす♪」



凛「へえ」



未央「なんなら妹になるかーい?」



さくら「なりまぁす!」



未央「よし、今日から君は私の妹だ!」



さくら「お姉さん!」



未央「チョココロネ買ってきたまえ!」



さくら「はぁい!」ダッ



凛「ちょっと待って」



ありす「それは使い走りというものです」



さくら「あっ」



未央「私もそこまで素直に乗ってくるとは思わなかったよ」







凛「それで、お姉ちゃん指数ってなに」



ありす「346といっても、どのくらいすごいのか基準がわかりません」



未央「しまむーが150くらいかな」



凛「なるほど。だいたいわかったかも」



ありす「わかるんですか、今のだけで」



さくら「ちなみにわたしはどのくらいですかぁ?」



未央「………」



凛「………」



ありす「………」



さくら「ちょっとぉ! わたしだってお姉ちゃんらしいところあるじゃないですかぁ!」



さくら「ぷくーっ」



未央「いやあ、あんまりかわいいもんだからさ」



凛「かわいい印象が強いから、お姉ちゃんって感じはしないよね」



ありす「なるほど。かわいい系はお姉ちゃんのイメージがつきにくい……」



ありす「なら私は大丈夫ですね、おそらく」



凛「え」



未央「え?」



ありす「はい?」



雪美「………」



泉「本を読んでいるの?」



雪美「………」コクン



泉「結構難しい内容ね……読めない漢字、ない?」



雪美「………」ンー



泉「……このあたり、代わりに読んであげるわ」



雪美「………」コクン



泉「はい、じゃあ――」



雪美「………」ポスン



泉「……私の膝の上?」



雪美「………」ジーー



泉「ふふ、いいよ。この体勢で読んであげる」



雪美「………」コクン



卯月「お姉ちゃんらしさって、どうすれば磨けるんでしょうね?」



亜子「アタシはなんとなくわかるよ?」



未央「おおっ! 知っているのかつっちー!」



凛「すごく自然に混ざってきたけど、卯月と亜子はいつ来たの?」



卯月「ついさっきです!」



さくら「おはようございまぁす!」



ありす「それで亜子さん。お姉さんらしさとは」ズイッ



亜子「財布の気前がいい人!」



ありす「なるほど。だいたいいくら出せば……って、それは単に都合のいい女じゃないですかっ!」



亜子「ナイスノリツッコミ!」



ありす「まったく、もう……私は真面目にやってるんですよ」



亜子「あはは、ごめんごめん」



凛「……そもそも、どうしてそんなに雪美ちゃんのお姉ちゃんをやりたがってるの?」



さくら「そういえば、そこ聞いてなかったね。どうして?」



未央「いずみんに勝ちたい!とか?」



ありす「いえ、そうではなくて……」



ありす「………」



卯月「ありすちゃん?」



ありす「………」



ありす「雪美さん、放っておけませんし……ちゃんと支えてあげなきゃって思って……それなら、優しいお姉さんとして」



ありす「ごにょごにょ……」



凛「………」



卯月「か」



亜子「か」



未央さくら「かわいい〜〜〜っ!!」



ありす「は、はいっ?」



卯月「いじらしい!」



さくら「雪美ちゃんのためにそんなことを……」



亜子「感動した!」



凛「………」ウンウン



未央「思わずなでなでしちゃうぞ〜っ」ナデナデ



ありす「きゃあっ!? ちょ、ちょっと、こんなのお姉さんらしく」



卯月「私も!」



さくら「わたしも〜」



亜子「ならアタシもっ」



ありす「ちょっと、みんなしてどうしたんですかいったい……!?」ワタワタ



凛「………」ジーー



ありす「り、凛さん」



凛「……なでなで?」



ありす「凛さん!!!」







泉「かくして、かの騎士は王女に………あら?」



雪美「………」ウトウト



泉「眠くなった?」



雪美「………」ウツラウツラ



泉「いいよ、このまま寝ても。レッスンまで少し時間があるから」



雪美「………」



雪美「……すぅ……すぅ……」



泉「もう寝ちゃった……ふふ」



泉「子守唄を歌う必要もなかったみたいだね」



ありす「………」プクー



さくら「あはは……さっきのわたしと同じだ」



凛「少しかわいがりすぎちゃったね」



未央「ごめんごめん、ありすちゃん。おわびに、お姉さんらしくなるコツ教えてあげるから」



亜子「未央さんわかるん?」



未央「そりゃあわかるよ。だって私、リアルにお姉ちゃんなんだから」



亜子「あ、そういえば弟が」



未央「そうそう。ニュージェネのお姉ちゃんといえば、この未央ちゃんのことですよ!」



凛「え?」



卯月「え?」



未央「え?」



未央「お姉ちゃんでしょ?」



凛「いや……だってさ」



卯月「プロデューサーさんと一緒にいる時とか……」









未央『プロデューサー! アイス買ってきたから食べようよ!』



未央『プロデューサー! 暇だからおしゃべりしようよ。ねえねえっ』



未央『プロデューサー! 途中まで一緒に帰ろ?』







凛「割とべったりくっついてるよね」



卯月「どっちかというと、お兄ちゃん大好きな妹?」



未央「だ、だだだ大好きっ!?」



未央「そ、そこまでじゃないよ!? うん、そりゃ好きだけどさぁ、でもさ……」カアァ





さくら(かわいい)



亜子(かわいい)



ありす(かわいい)



数日後







ありす「どうぞ、雪美さん」



ありす「雪美さんのために、腕によりをかけて料理しました」



雪美「………」



ありす「雪美さんの大好きなイチゴ」



雪美「………」キラキラ



ありす「を、パスタにトッピングしたイチゴパスタです」



雪美「………!」キラキラキラ



ありす「タチバナ・ザ・パスタG(グレート)4です。さあ、めしあがれ」ニコッ



雪美「………!!」キラキラモグモグ









さくら「お料理かぁ。たしかにお姉ちゃんっぽいよね! 未央さん、ナイスアイデア♪」



亜子「いいなあ、アタシも食べてみたいわ。おいしいって評判なんやろ? ありすちゃんのイチゴパスタ」



さくら「最初はあんまりおいしくなかったらしいけど、イズミンとか凛さんと一緒にたくさん練習したら」







ありす「どうですか」



雪美「………美味」グッ



ありす「えへへ」







さくら「すごく上達したって言ってたよ」



亜子「なるほどー。継続は力なりってやつやね」



泉「へえ。ありすちゃんがそんなことを」



凛「泉のお姉ちゃんぶりを見て自信をなくしかけていたみたいだけど、なんとかやる気になったみたい」



泉「……私、そんなにお姉さんぶってますか?」



凛「うん。結構」



泉「そっか……そうなんだ」



凛「……というか、ありすを甘やかしすぎっていう話が前にあったと思うんだけど。あの後も結局、なんだかんだで甘々になる時が多いよね」



泉「うっ……いえ、あれはですね。ついつい甘くしすぎてしまうときがあると言いますか、そのぶん勉強を教える時は厳しめにいっていると言いますか……」



凛「ふーん」



凛「まあ、いいんじゃない。そういう優しいところ、泉のいいところだと思うから」



泉「凛さん……」



凛「私には、なかなかできないことだから」



泉「そんなこと、ないと思いますけど」



凛「あるよ、きっと。だから、そっち方面は泉に任せる」



泉「……ふふっ」



泉「はい、任されました」



凛「よろしい」フフ





未央「………」



卯月「なんていうか……泉ちゃんの前だと」



未央「しぶりん、お姉ちゃんだねえ。姉御肌っていうか」



卯月「ですね。なんだかかっこいいです」



未央「うんうん、わかる」







卯月「まあ、私のほうがお姉ちゃんなんですけどね!」



未央「え?」



卯月「え?」











雪美「ありす………あーん……」



ありす「えっ……くれるんですか?」



雪美「………」コクリ



ありす「では……あむっ」



ありす「うん、我ながらおいしいですっ」



雪美「………」フフッ











おしまい







21:30│橘ありす 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: