2016年07月04日

未央「RPGのゲームの主人公に私たちのうち誰かと言えば」

キャラ崩壊及び行き当たりばったりな頭の悪い内容です



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462782285



未央「しぶりんだよね。今どきの主人公って感じ」





凛「いや、卯月じゃない? なんだかんだで王道っぽいし」



卯月「それなら未央ちゃんの方が明るくてみんなを引っ張っていくリーダーシップがあって」



未央「いやいや!」



凛「違うよ」



卯月「こうだと思います」



未央「ふー……まさかここまで意見が分かれるとはね」



卯月「譲り合い精神にあふれてますね」



凛「このままだと話が並行線に……ん?」





???『まっしゅまろほっぺ〜♪』





未央「この歌は……!」



卯月「丁度いいですね! 行きましょう」



凛「そうだね。私たちで話してても仕方ないし」

P「指先でぷーにぷに♪ 楽しそうにかな子のお腹を突く、ぷにぷに〜♪」



卯月「プロデューサーさん!」



未央「今いいかな!?」



凛「聞きたいことがあるんだけど」



P「誤解だ! 悪意はないんだ! って何だNG三人組か。またかな子に叩かれるかと思った」



凛「そんな歌うたってるからだよ」



未央「ところで何さNG三人組って! 放送事故要因みたいじゃん!」



卯月「ちなみに事務所で一番の放送事故が多いのは愛梨さんの四回ですよ」



P「あいつは歩く放送事故みたいなもんだし。で、何か用か」



凛「実はかくかくしかじか」



P「主人公っぽいのは誰かだと」



未央「プロデューサー君の決定なら納得すると思ってね。さぁいいたまえー」



P「ふん。馬鹿だなお前ら。アイドルってのは謙虚じゃダメなんだ。誰もが主役になりたいと思っているんだ。なのにお前らと来たら主人公の座を譲り合う愚行に走るなんて何とも愚かしい、」



卯月「そう言うのいいので早く答えてください」



凛「説教臭い」



未央「捻りもないね!」



P「このガキども……!」

未央「はーやーく! はーやーく!」



P「やかましい! フン。いいだろうクソガキども。主人公が誰かって? そんなのは決まっている! 主人公はもちろんお」



卯月「ちなみに『主人公は俺だ』なんて誰も笑顔にならない面白くも肥しにもならない答えはいりませんよ。ですけど聡明なプロデューサーさんならそんなことは言わずにきちんと答えてくれると信じてます!」



P「……」



凛「ちなみにおの次は何なの? 『お』の次だよ。言いかけたじゃん。おの次は何? ほら、答えてよ。ドラムロールも鳴ってるよ」



未央「ダラララララララ」ダカダカダカダカ



P「こいつLMBGの太鼓をいつ持ち出しやがった……! えっと……そうだ! 主人公はもちろんお前だ卯月!」



凛「うまく逃げた」



卯月「わ、私ですか!? 照れますね」



未央「やったじゃんしまむー!」



P「いや、違う」



卯月「違うんですか……」



未央「前を向くんだしまむー!」



P「だから違うんだ。卯月のその主人公と言うより、ヒロインポジションと言うべきかと思ってな」



卯月「ヒロイン……ですか?」



P「それっぽいポジションだろう?」



凛「つまり……プロデューサーにとってのヒロインは卯月ってことなの? ふーん」



未央「おぉうマジか! つまりプロデューサーはしまむーのことを」



P「いや、別にそんなつもりで言ったんじゃないぞ」



卯月「そうですよ! えっと、凛ちゃんごめんなさい!」



凛「謝るんだ。ふーん」



未央「おぉ蒼いオーラが出てる。面白くなってきたね!」

P「まあ待て。ヒロインは卯月だ。だが主人公は俺じゃない。ヒーローポジションをお前たち二人から選出しようと思っている」



未央「つまり……しまむーの相方ってわけだね!」



P「ちょっと考えてみたんだけど、そのポジションに収まるのは未央がいいと思う」



凛「つまり……未央が主人公ってわけ?」



P「凛のポジションはあれだ。ゲームの中で人気の出るキャラと言うポジションで。スピンオフの主人公が約束されたポジションだと思う。ゲーム本編では卯月と未央と凛の三角関係があるかもしれん」



未央「うわぁ泥沼」



凛「何かヒロインがプレイヤーから反感持たれそうな設定だね」



卯月「つまり凛ちゃんと未央ちゃんから求愛を受けるポジションですか。なんかこう、どちらを選べと言われると選べませんね」



P「所詮設定だし深く考える必要もないぞ」



凛「でもさ。もし選ぶとしたらどっちと結ばれたい?」



P「え?」



卯月「な、何をですか?」



凛「だから、三角関係とか言われて最終的に答えを出すとしたらどうするかって聞いてるの」



卯月「え、えぇ! 選ぶんですか?」



未央「結構えぐい質問だ! でもあえて乗ろう! しまむー! 私としぶりんどっちを選ぶ!?」



卯月「そ、そんなの……難しいです……」



P「何か……本当に泥沼になってるぞ」



未央「迷うことはないよしまむぅ。私を選んだらいい。大丈夫だよ。私ならしまむーを幸せにできる」



卯月「未央ちゃん」



凛「待ってよ。そう言われて私も引くつもりはないよ。何か……負けたくない」



卯月「凛ちゃん」



P「こいつら何で設定でこんなに張り合ってるんだ」



未央「つまり、しぶりんも譲る気はないんだね。なら決着をつけるしかないね!」



凛「望むところだよ。卯月は渡さない」



卯月「何問うことでしょう。二人は私を巡って争おうとしています」



P「ちょっと、待て。お前ら何ムキになってんだよ。喧嘩事はやめるんだ」



未央「プロデューサー。これただの遊びだよ」



凛「うん。いつも三人でやってる三角関係ごっこ」



卯月「プロデューサーさんならわかってくれると思ったんですよ」



P「三角関係ごっこって、お前らもうちょっと女子高生らしい遊びをしろよ」

未央「とまあなんだかんだで私たちのポジションは決まった。主人公は私、本田未央! ヒロインはプロデューサー直々指名のしまむー。そして本人の希望から暗黒の意志をその身に宿した騎士ポジションのしぶりん。うーん。なかなかいいパーティじゃないかな」



卯月「暗黒の意志?」



凛「人気出るキャラならそれなりの設定が必要と思っただけだよ」



P「じゃあこれでRPG談義は終了な。パーティも立ち位置も決まったんだし、暇ならレッスンの一つでも」



卯月「戦うとしたら私はどんな技がいいですか?」



P「ダブルピースクロスチョップ辺りでいいんじゃないか。とにかくだ。俺も忙しいし、」



未央「じゃあパーティを組んだところで次はレベル上げのための敵を探さないとね」



凛「スライム的なの?」



未央「そうそう。じゃあ皆。レベル上げの冒険に行くよ!」



卯月「はい!」



凛「うん」



P「えぇこの遊びまだ続くのか」

未央「事務所歩いてるけど。こう、レベル上げに向いた敵キャラがいないねぇ」



卯月「そもそも何を持って敵と判断すればいいんでしょうか?」



凛「確かにそれを言われると難しいかも。どう思うプロデューサー?」



P「楓辺りでいいんじゃないか。きっと『私は敵キャラとして適しています』とか言ってくれそうじゃないか」



未央「言いそうだねかえ姉さま。でもあの人はむしろゲームで言う神秘的な女神ポジションじゃないかな」



凛「確かに。泉とかから出てきそう」



卯月「すっごい綺麗ですからね」



凛「と言うことでプロデューサー。別の人は?」



P「自分で考えろよ。そうだな……ん? この気配」



未央「ん? どったの?」



みく「今夜のおかずはハンバーグかな〜♪ ん? どうしたにゃ四人で固まって」



P「敵キャラだぁああ!」



みく「え?」



未央「序盤に出てくるイベント戦の敵だ!」



凛「しかも主人公一行をストーカーするタイプの敵」



卯月「物語の終盤まで何回も戦うタイプの敵です!」



みく「え、何言ってるにゃ。え?」



P「行くんだ三人とも! 倒して経験値を取ってくるんだぁ!」



三人「わぁー!」



みく「何!? 何なの!? にゃあー!」

未央「勝利!」



卯月「勝ちましたー」



凛「経験値も、まあ悪くないかな」



みく「なんでみく、いきなりわちゃわちゃにされたにゃ」



P「大丈夫かみく〜。俺が慰めてやるよ」



みく「さわんにゃハゲ! シャー! 全く。また四人で変なことしてるの?」



P「おいおい俺も巻き込まれたんだ。この三人の意味の分かんない遊びに」



卯月「でもプロデューサーさんも今どさくさに紛れてみくちゃんにちょっかいかけてたじゃないですか」



P「いや、出してないぞ! みくなら信じてくれるよな」



みく「うっさいにゃハゲ! みくはもうプンプンなの。もう行くにゃ」



未央「待ったみくにゃん。一つ聞きたいんだけど私たちの中でゲームの主人公っぴ乗って誰だと思う?」



みく「主人公? みくはあえて言わないにゃ。それに、アイドルなんだから自分が主役ーって自己顕示した方がいいと思うにゃ」



未央「ぐぉ! プロデューサーと一緒のこと言うんだ」



P「さすがみくだ。飴ちゃんあげる」



みく「それは杏ちゃんに揚げてにゃ。みくはもう行くにゃ」



P「待てよみく。じゃあ悪い。俺も仕事だしもう行くわ」



凛「二人とも行っちゃった」



卯月「一気に静かになりましたね」



未央「うーん。どうしようかな」

凛「……そう言えば菜々さんが言ってた。昔のゲームで世界を半分を上げるって魔王に言われるゲームがあるって」



卯月「そうなんですか?」



未央「もらったらどうなるの?」



凛「バッドエンドらしいけど。勇者ってあれだよね。使命か運命か知らないけど死ぬ思いで頑張ってるのに無給で働いて」



未央「確かにお金をもらうとかの話は聞かないけど、お願いの一つでも叶えられたらなぁ」



卯月「もし願いが叶うなら何をお願いしますか?」



未央「それはもちろん! トップアイドルになりたいかな」



卯月「RPGと何にも関係ないですね! でもいいと思います!」



未央「えへへ。そういうしまむーは?」



卯月「私は……みんなが笑顔でいられたら」



未央「やさしいねぇ。しまむーのやさしさは勇者級だよ。しぶりんは」



凛「プロデューサーとしゃぶしゃぶしたい」



未央「えぇ……」



卯月「お腹空いてきましたね」



凛「プロデューサーとしゃぶしゃぶしたいなぁ」



未央「……ならさ! 今度プロデューサーの家に上がり込んですればいいじゃん!」



卯月「いいんですか? そんなことして。お鍋持っていきますよ」



未央「しまむーもノリノリじゃん。プロデューサーだしいいよ。今度の休日プロデューサーの家でゲリラしゃぶしゃぶと行こう! ね、しぶりん」



凛「うん。いいね」

未央「あーあ。なんだか敵キャラ探すのも面倒になって来たなぁ」



凛「結局エンカウントの敵がどんな人かってわかんないし」



未央「うーん……みうさぎとか、エンカウントっぽくない?」



卯月「あー……なんとなくわかる気がします。敵キャラとして出てくるなら愛海ちゃんとかもありそうな気がします」



未央「あー! あつみん! 確かにあり得る」



凛「完全に襲い掛かってくるしね。ん?」



蘭子「瞬く瞳の時の再開。合間見えん新時代を担う子よ(三人とも、さっきぶりですねっ♪)」



未央「らんらん……はッ!」



凛「蘭子は……エンカウントキャラっぽくないね」



卯月「はい。むしろラスボスにも近いキャラだと思います」



蘭子「密偵の会合か(何を話しているのー?)」



未央「いや何でもないよ! ん?」



アナスタシア「蘭子。プロデューサーは、見つかりましたか?」



美波「こっちは見当たらなかったわ。どこ行ってるんだろう」



未央「あ、あぁ……! ラスボスだぁ!」



蘭子「ん?」



凛「確かに、ボス感あるよね」



卯月「はい! 若き魔王の蘭子ちゃんとその両翼に立つ側近の幹部。強そうです!」



美波「えぇ?」



未央「とうとう見つけた! ラストバトルだ!」



アナスタシア「ダー。よくわかりませんが、望むところです」



三人「わぁー!」



美波「何これ?」



蘭子「いとおかし!」

未央「負けた」



凛「ぼろっくそに負けたね」



卯月「レベルが足りませんでしたね」



未央「と言うよりアーニャ強すぎぃ! あの動きはヤバい」



P「負けたのかお前ら」



卯月「プロデューサーさん!」



凛「戻ってきたんだ」



P「お前らが誰彼に喧嘩吹っかけてないか心配になったんだ」



未央「そんなことしないよ!」



P「どうだかな。おわっ!」



時子「いつまでもくっちゃべってんじゃないわよ。私の断りなく立ち止まらない。いい?」



未央「時子様だー!」



凛「エクストラボス」



卯月「勝てません!」



時子「あぁん?」



P「いや、仕事サボってんの見つかってな。今から時子様のレッスンに付き添いなんだ。ぐぇネクタイ引っ張んないで」



時子「私に無駄な時間を使わせる気? とんだ愚図ね」



P「わかったって! 三人も、レッスンや資料に目を通しとけよー」



卯月「行っちゃいました……」



凛「どうする?」



未央「とりあえず、ゲリラしゃぶしゃぶについて話し合おうか」



凛「うん」



卯月「はい!」



未央「絶対にプロデューサーの家でゲリラしゃぶしゃぶを成功させよう!」



三人「わぁー!」





オチ無し!



22:30│本田未央 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: