2016年07月05日

モバP「三船さんが結婚!?!?」

ちひろ「…」コクッ



P「嘘だーーーーーーーーーッッ!!」ズシャアァァッ!!



ちひろ「残念ですが、現実です」





P「なんでだよぉ…!三船さんは俺と結婚するはずなのにさぁ…!?」グスグス



ちひろ「それは妄想です」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467369614



P「あぁぁぁぁ………なーんてね」ケロッ



ちひろ「?」



P「やれやれ、今時そんな嘘に騙されるとお思いですか?この!このプロデューサー様がよぉ!!」



ちひろ「…」



P「エイプリルフールはとっくに過ぎましたよ?いきなりどうしたんですかちひろさん?あはははは!!」



ガチャッ



美優「…おはよう、ございます」



P「おっ、噂をすれば。三船さん、聞いてくださいよ今ちひろさんが三船さんが結婚するなんて戯言を」



美優「っ………」サッ



P「えっ」

美優「……」



ちひろ「……」ギリッ



P「ちょ、ちょっと待ってくださいよ。冗談も大概に…」



美優「…今日はこれを提出に来たんです」スッ



P「?」



【退所届】



P「」



美優「……そういう、事ですので…」



P「あ、え?ちょっ、え?待ってください、何ですかこれ」



美優「……っ」



P「三船さん!」ガシッ



美優「…離して、ください」ポロポロ



P「あ……」パッ



美優「……さよならです、プロデューサーさん」タッ

P「」



ちひろ「……」



P「…あ…あぁ……」



ちひろ「……」















P「……」トボトボ



ちひろ『…今日は、もう帰って休んでください』



P「…………」ハァ



「…てください…!」



P「?」



「やめてください…!」



P(この声は!)









美優「…約束が、違います…!」



「あぁん?お前はもう俺の物なんだよ!逆らうんじゃねぇ!」ギュッ



美優「…っ!」







P「三船さん!!」



美優「ぷ…プロデューサー…さん!?」



P「お前…三船さんに何を」ダッ



美優「…っ」バッ



P「三船、さん…?」



美優「…違うんです。この人は、この人は私の夫になる…人です。……行きましょう?」



「最初っからそうしろよグズ女が…」グイッ



美優「あ…っ」



P「……………」

数日後





【招待状】





P「…………」



ちひろ「これは…?」



P「今朝、うちに届いていました」



ちひろ「……中身は」



P「…三船さんの……っ!」



ちひろ「……」



P「ちひろさんは、知ってたんですか?」



ちひろ「……」



P「あんな、あんな男が三船さんの…!」



ちひろ「……最初は、驚きました。でも、それが美優さんの幸せになると思ってたんです……!」



P「……」



ちひろ「でも、まさか、あんな事になるなんて…っ!!」



P「何が、あったんですか」



ちひろ「美優さんは346を守るために…プロデューサーさんを守るために、自らを犠牲にするつもりなんです…」グスッ



P「な……そんな、ばかな。ちひろさんすら手が出ない相手なんて…」



ちひろ「あの男は、346事務所の出資元にあたる資本家です。その莫大な権力と財力は芸能界だけじゃなく世界中にまで影響がある…私なんかじゃとても太刀打ちできなくて…」



P「……それで、どうして三船さんが…!?」



ちひろ「本人は説明してくれなかったので…勝手に調べました。そうしたら……あの男に気に入られて…『結婚を断れば事務所とあのプロデューサーを潰す』と言われた、らしいです…」



P「……………!!!!!!!」



ちひろ「私、どうしたらいいのか分からなくて…!だから、だから先日プロデューサーさんに、!」





P「……もういいです…分かりました」ガクッ



ちひろ「プロデューサーさん…」



P「そんな大物に、理不尽な現実に俺なんかが敵うわけない…無謀すぎますよね……」



ちひろ「………」





P「だから……」











.











P「だからこそ俺は三船さんを。いや、美優を救い出す」











.









ちひろ「そんな、ダメですプロデューサーさん!勝てっこないです、折角美優さんが自分を犠牲にしてまで…私たちを」



P「確かに、俺たちは今まで通り平和で幸せな生活を送れるかもしれない」



ちひろ「そうです!だから」



P「でも、美優はどうなるんです」



ちひろ「…それは……」



P「珍しく臆病ですね、ちひろさんらしくない」



ちひろ「勝てない戦いと勝てる戦いの区別くらいつきます!今回は分が悪すぎます!」



P「そうですか?案外そうでもないような気がするんですよ」



ちひろ「え…?」









P「だって俺は、本気で美優を愛してるんです」







ちひろ「……」



P「たったそれだけですが、それだけで俺は彼女のために何でもできる。そう確信を持っている」



ちひろ「………」



P「…行ってきます」



ちひろ「……プロデューサーさん」



P「……」



ちひろ「絶対に、美優さんを連れ戻してきてくださいね」



P「…!」グッ



神父「汝、この者を妻とし愛することを誓うか」



「誓うぜ」



神父「よろしい。汝、この者を夫とし愛することを誓うか」



美優「………」



「…オイ」



美優「…っ」ビクッ



「言えよ、誓うってよ」



美優「…ち……ち、か……」ポロポロ







バァンッ!!!



P「その結婚待った!!!!」ゼーゼー

「!?」



美優「!」



P「うわ三船さん綺麗……じゃなくて!そんな結婚やめろ!そんなの、三船さんの幸せに繋がるわけがない!」





美優「プロ、デューサー…さん…」



「オイてめぇ!俺を誰か分かってて」



P「知るかボケ!黙ってろハゲ!!どうして投資家とゲス野郎はハゲばっかりなんだよハゲ!!!」



「こ、この野郎…!!!!!!」プルプル



美優「ダメです…プロデューサーさん…!この人は…!!」



P「……知ってます。でも、俺は貴女が好きだから!美優のことが好きだから!俺はそいつから貴女を取り戻したいんだ!!!」



美優「……っ!!」ブワッ



P「今そいつをぶっ飛ばします。だから、そいつとじゃなくて…その、なんていうか……あぁぁぁもう!!!」











P「─────────────────!!」











.



美優「プロデューサーさん…っ!!」



「誰かそいつを捕まえろ!!」



P「うおおぉぉぉぉぉ!!!!!」













『はい、カットー』







P「ほ?」

ちひろ「はい、みなさんお疲れ様でしたー」スタスタ



\オツカレサマデシター/



P「は?何これ、ちょっと!ちひろさん!?」



ちひろ「まさかこんなフィクションみたいな話が本当にあると思ってたんですか?ぷーくすくす」ニコニコ



P「」





ちひろ「はいっ!もちろんドッキリです♪」



デデーン



P「ちょっ…もー…!もおぉぉぉぉぉぉ!!!数日かけてこんな茶番をやってたんですか!?」



ちひろ「プロデューサーさんの恥ずかしい決めゼリフ、なかなかよかったですよ?」



P「マジかよ…全部嘘かよ………あれ?じゃあ…」



美優「…すみません」テヘ



P「………よかったーーーーーー!…ちひろさん!本当に人騒がせな…」



ちひろ「元はと言えばいつまでたっても美優さんに気持ちを伝えないプロデューサーさんに問題があったと思います」



P「それとこれとは…!」



ちひろ「だ・か・ら、仁奈ちゃんにも協力してもらって美優さんにちゃんと気持ちを伝えられるようにこのドッキリを企画したんです」



P「……え?仁奈がいるんですか?どこに?」





「ここでごぜー」モゾモゾ



仁奈「ます!」ピョンッ



P「うぉぉぉ!?この男キグルミだったのかよ!!」



仁奈「えっへん!ニナもプロデューサーと美優おねーさんのために頑張ったでごぜーます!」



ちひろ「えっへん。ボイスチェンジャーをつけて私がそのキグルミの喉にあるスピーカーから声を出してたんです」



P「あ、あなたたちねぇ……!!」プルプル



美優「…プロデューサーさん」



P「あっ、は、はい…その、なんでしょう?」



美優「……」プクー



P「うっ……」



美優「言って…くれないんですか…?」ウルッ



P「ううっ……」









P「………俺は美優の事が好きです!世界で1番愛してます!俺と結婚してください!!これでいいですか!!!!」









美優「…不束者ですが、よろしくお願いします♪」





P「…というか、俺さっき言いましたよね?そういうの」



美優「…あれとこれとは…別です」



P「ええぇぇぇ」



ちひろ「あ、ちゃんと録音してますよ?」



P「ええぇぇぇ!?」



仁奈「ニナが気を利かせたでごぜーます!ちひろおねーさんにお願いしたですよ!」



ちひろ「今再生しますね」

P「ちょっ、やめてくださいよ恥ずかしい!」バッ



ちひろ「あっ」



P「あぁっ!」



ピョーン



仁奈「キャッチでごぜーます!」パシッ



ちひろ「押してください!!」



P「やめてくれになぁぁぁぁぁぁ!!恥ずかしいからぁぁぁぁぁーーー!!」



仁奈「えへへっ!ポチッとなっ!」











P『美優ゥ!結婚しろオォ!!』



















.

終焉





23:30│三船美優 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: