2016年07月06日

モバP「ありすのタブレットを壊してしまった」

チュンチュン…



モバP(以下P表記)「おはようございます!」ガチャ



P「よし!いい天気だな!こういう日こそ仕事日和だな!」カタカタ





P「ここ最近現場に付き合ってそのまま直帰することが多かったから、久しぶりの事務所での作業だぜ」カチカチ







※短いです。ありす少なめ。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467472602



P「ふぅ!スタドリでも飲むか…確か冷蔵庫にちひろさんから買った分がまだ…」





<ラ○ーン!!



P「あれ、こんなところにタブレットが?オレ持ってないし誰のだ?」



<ラ○ーン!! ラ○ーン!!



P「ったくラ○ンラ○ンうるせえな…多分うちの事務所の子の誰かのだろうし…」マッタクサイキンノワカイコハ…



<rrrrrラ○ーン



P「…どんなスタ爆だよ…ん?これ…」







リンゴマークの上にいちごシールが貼られたタブレット「やあ」



P「シャベッタアアアアアア!!!…じゃなくて、」



<タチバナデス!



P「ありすのか。忘れてったのか、あいつ」



P「まあいいや、明日事務所に来た時にでも渡せばいっか。そんなことより仕事仕事…スタドリスタドリ…」ゴクゴク



P「ぷはー!これだよこれ!ちひろさんのスタドリはいっつもおいしいなあ!」



P「よーしお仕事頑張っちゃうぞ〜資料資料…」テクテク







\ パ キ ッ /







P「……‥ん?」



P(なんか嫌な予感が‥)足元チラー







踏まれて画面がバキバキになったありすのタブレット「」チーン





P「」









P「……ヤヤヤヤバイヤバイ!!割っちまった!!ヤバイ!!ヤバイ!!!!」



幸子「まったく朝からうるさいですねぇ!なんですかまったく!」ガチャ



P「ささささ幸子か!おおおおはよう!!」



幸子「…おはようございます。どうしたんですか?顔真っ青ですよ?」



P「あーはは、いや、なんもないよ、ほらお仕事行った行った」



幸子「何言ってるんですかプロデューサー!ボクのお仕事は、この前のアフリカロケのおかげでお休みもらって一週間お休みじゃないですか!」



P「あ…あぁ、そうだったな…ごめんなさっちー…」アハハ



幸子「新しい言葉作らないでください…で、今度は何やらかしたんです?カワイイボクが相談に乗ってあげますよ!」



P「い、いや!大丈夫だ!オレは大丈夫だから!な、な…!」



幸子「あれ?これは何です?」



バキバキになった挙句セロテープで貼り付けて治そうとしたありすのタブレット「」チーン





幸子「」







幸子「ななななにやってるんですかプロデューサー!!ありすさんのタブレットを!!」



P「もももうダメだ…オレはおしまいだぁ…」



幸子「ありすさん、いつもこれで写真とか撮ったりアニメ見てたりしてましたよね…大事なデータが…」



P「ああああ!ヤバイヤバイ!!」



幸子「…どうするんですかこれ。ありすさん、確か今日レッスン入ってましたし、確実に今から…」ゴクリ



P「そうなんだよ…バレたら終わる…オレまだ死にたくないよぉ…」



幸子「いや、殺しはしないと思いますけど…」



P「と、とにかく隠すぞ!どこかいい場所は!!」



幸子「いやいや!治しましょう!ほら、上から保護シート貼っちゃえばいいんじゃないですか!」



P「そうか!じゃあオレすぐ買ってくる!幸子、これ隠しておいて!!」



幸子「えええボクがですか!?買ってる間にありすさん来ちゃったらどうするんですか!」







まゆ「何を隠してるんですかぁ?」ガチャ



P・幸子「ギャアア!!!」



P「な、なんだまゆか…」



まゆ「なんだってひどいですねぇ…おはようございます、あなたのまゆですよぉ」



幸子「まゆさんで安心しました…」



P「そ、そうだ、まゆも幸子もオフだろ?なんで今日事務所に…?」



まゆ「私はいつもPさんと一緒ですからぁ…」



幸子「ボクも今日輝子さんと小梅さんとでご飯食べいくので!」



P「おお、そうかそうか」





P(なんとかまゆに気づかれずに…)







まゆ「あら?そのタブレット…」





P(いかなかったッーーー!)

セロテープでは足りず保護シートを貼るまでの応急措置としてガムテープでグルグルになったありすのタブレット「」チーン





まゆ「」







まゆ「な、なんてことしてるんですかぁ…ありすちゃん、怒りますよぉ…」



幸子「ボ、ボクのせいじゃないですからね!?」



P「わ、わざとじゃねーし!地面に落ちてたのが悪いんだし!」



まゆ「ケンカする男子小学生みたいな口調になってますよぉ…」



幸子「まゆさん!なんとかして治す方法知りませんか!」



まゆ「そうですねぇ…」



まゆ「ほら、鉄とかって、温めると溶けてくっつきますよねぇ。つまり、温めればいいんじゃないですかぁ?」



P・幸子「そ の 手 が あ っ た か !」





P「そうと決まれば早速行動だ!幸子、なんか温めるもの持ってないか?」



幸子「ふぇ!?いや、手持ちにはないですけど…」



まゆ「それだったらぁ、給湯室に電子レンジがあるじゃないですかぁ」



P「それだ!流石だなぁまゆ…!」



まゆ「ふふ、Pさんのためなら何でもしますよぉ…」







タブレット「」チーン



P「よし!チンするぞ!!」



幸子・まゆ「はい!!」



ありす「おはようございまーす…って、あれ?どうしたんですか?みなさん集まって」ガチャ





P「よろしくお願いしまあああああああああああす!!!!」



レンジ「まかせとけ」ピッ







\ \ \ ド ッ カ ー ン ! / / /







P「」



幸子「」



まゆ「」



ありす「」





木っ端微塵になったタブレット「」チーン



---





ありす「で、私のタブレットをレンジでチンしたと」



P「滅相もございません…」



幸子・まゆ「ごめんなさい…」



ありす「………気に入ってたんですからね、あれ」



P「ごめん、本当にごめん、ありす」



ありす「…橘です。まあ、写真とか動画はクラウドに保存してあるので無事でしたけど…」



P「そ、そうなのか?」



ありす「でもっ!Pさんには罰として買い物に付き合ってもらいますよ!」



P「…それで許してもらえるんでしょうか橘さん」



ありす「…今から!一日!ですよ!」



P「…わかった。今すぐ行こう!」



ありす「もう…じゃあよろしくお願いします!」





ドアガチャ― ブロロロロ







幸子・まゆ「…」









ちひろ「」ゴゴゴゴゴゴ



幸子「きょ、今日はボクたちオフですから、ボクたちもお買い物しにいきましょうか!ね、まゆさん!」



まゆ「う、うふふ、いいですよぉ幸子ちゃん…」



幸子・まゆ「じゃ、じゃあお疲れ様でs」



ちひろ「ちょっと待たんかいゴラアアアアアアアアア!!!!」





幸子・まゆ「」







木っ端微塵になった電子レンジ・事務所の壁「」チーン



---





ありす(あれからPさんと一緒にランチして、電器屋さんに行って新しいタブレットを買いました)









ありす(………Pさんに買ってもらったタブレット、大事にします!)













17:30│橘ありす 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: