2016年07月14日

まゆ「来ないでください!」輝子「フヒ…」

※キャラ崩壊注意



小梅「ま…まゆさん落ち着いて…」



幸子「そうです!早まったマネはしないでください!」





まゆ「動かないでください!まゆは本気です!」



乃々「あわわわ…」



美玲「くそっ!まさかまゆがこんなことを…」



まゆ「いいですか…動かないでくださいね…もし一歩でも動いたら…」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467896675







まゆ「輝子ちゃんのアホ毛を…切ります!」



輝子「フヒ…?」



まゆ「まゆは本気です!」



幸子「くっ!輝子さんのアホ毛を人質にするなんて!」



小梅「こ…これじゃ手を出せない…」



乃々「あわわわ…」



美玲「まゆ!どうしてこんなことをしたんだ!」



まゆ「動かないで!」



幸子「わかりました…」



美玲「幸子!」



乃々「あわわわ…」



幸子「要求を聞きましょう。話してください、まゆさん」



まゆ「いい心がけですよ幸子ちゃん。よく聞いてくださいねぇ…」



小梅「ごくりっ…」



まゆ「まゆは……へ、へくちっ!」チョキン



輝子「あ…」



幸子「あ…」



小梅「あ…」



乃々「あ…」



美玲「あ…」



まゆ「あ…」





小梅「て…輝子ちゃんのアホ毛が…」バタリ



美玲「小梅が倒れた!」



輝子「フヒ、しょうこだぞ…」



乃々「まゆさんは酷いです…おにです…あくまです…ちひろさんです…」



まゆ「あわわわ…ま、まゆそんなつもりじゃ…」



幸子「まゆさん…」





幸子「ボクは信じてました…」



まゆ「はわわ…」



幸子「きっとこんなことをしてるのは気の迷いで本当はいつもの優しいまゆさんなんだって…」



輝子「フヒ…刺しても戻らない…収穫したきのこと一緒だな…」



幸子「でも輝子さんのアホ毛を切るなんて…もうボクの知っているまゆさんじゃないんですね…」



まゆ「あわわ…」





美玲「幸子!チャンスだ!」



乃々「キノコさんのアホ毛亡き今、まゆさんには人質がいない…!」



幸子「抑えますよ!二人とも!」



まゆ「来ないでください!」





美玲「!」



乃々「!」



幸子「!」



小梅「」



まゆ「いいですか…そこから一歩…一歩でも動いたら…」





まゆ「輝子ちゃんのほっぺを思いっきりツンツンします!」



輝子「フヒ…?」



小梅「輝子ちゃんのほっぺ!?」ガバッ



美玲「あ、小梅が復活したぞ」



まゆ「まゆは本気です!」プニプニ



幸子「くっ!輝子さんのほっぺを人質にするなんて!」



小梅「こ…これじゃ手を出せない…」



乃々「あわわわ…」



美玲「まゆ!どうしてこんなことをしたんだ!」



まゆ「動かないで!」プニプニ



幸子「わかりました…」



美玲「幸子!」



乃々「あわわわ…」



幸子「要求を聞きましょう。話してください、まゆさん」



まゆ「いい心がけですよ幸子ちゃん。よく聞いてくださいねぇ…」プニプニ



輝子「あ、あのまゆさん…さっきからほっぺくすぐったい…」





幸子「あ…」



小梅「あ…」



乃々「あ…」



美玲「あ…」



まゆ「あ…」プニプニ





小梅「て…輝子ちゃんのほっぺが…」バタリ



美玲「小梅が羨ましさで倒れた!」



輝子「フヒ、しょうこだぞ…」



乃々「まゆさんは酷いです…おにです…あくまです…ちひろさんです…」



まゆ「あわわわ…ま、まゆそんなつもりじゃ…」プニプニ



幸子「まゆさん…」



幸子「ボクは信じてました…」



まゆ「はわわ…」プニプニ



幸子「きっとこんなことをしてるのは気の迷いで本当はいつもの優しいまゆさんなんだって…」



輝子「フヒ…あ…あの…そろそろ止めて…くすぐったいので…」



幸子「でも輝子さんのほっぺを無遠慮にツンツンするなんて…もうボクの知っているまゆさんじゃないんですね…」



まゆ「あわわ…」プニプニ



美玲「幸子!チャンスだ!」



乃々「キノコさんのほっぺが凌辱されつくした今、まゆさんには人質がいない…!」



幸子「抑えますよ!二人とも!」



まゆ「来ないでください!」



美玲「!」



乃々「!」



幸子「!」



小梅「」



まゆ「いいですか…そこから一歩…一歩でも動いたら…」



まゆ「輝子ちゃんのおなかを思いっきりこちょこちょします!」



輝子「フヒ…?」



小梅「輝子ちゃんのおなか!?」ガバッ



美玲「あ、小梅が復活したぞ」





まゆ「まゆは本気です!」



幸子「くっ!輝子さんのおなかを人質にするなんて!」



小梅「こ…これじゃ手を出せない…」



乃々「あわわわ…」



美玲「まゆ!どうしてこんなことをしたんだ!」



まゆ「動かないで!」





幸子「わかりました…」



美玲「幸子!」



乃々「あわわわ…」



幸子「要求を聞きましょう。話してください、まゆさん」



まゆ「いい心がけですよ幸子ちゃん。よく聞いてくださいねぇ…」



輝子「あ、あのまゆさん…お手洗い…」





まゆ「あ…ごめんね輝子ちゃん、まゆ気が利かなくて…」



輝子「フヒ…おかまいなく…ちょっと行ってきます…」



小梅「あ、私も行く…」





まゆ「マダカナー…」



幸子「マダカナー…」



美玲「マダカナー…」



乃々「マダカナー…」



輝子「戻りましたよ…フヒ」



小梅「ただいま…」



幸子「あ、お帰りなさい二人とも」



まゆ「輝子ちゃんこっち!こっちですよぉ!」



輝子「あ、はい…」



小梅「えへへ…私も…」





まゆ「まゆは本気です!」



幸子「くっ!輝子さんのおなかを人質にするなんて!」



乃々「こ…これじゃ手を出せないんですけど…」



乃々「あわわわ…」



美玲「まゆ!どうしてこんなことをしたんだ!」



まゆ「動かないで!」





幸子「わかりました…」



美玲「幸子!」



小梅「輝子ちゃんのおへそ…」



輝子「小梅ちゃん…じっと見られると恥ずかしい…」



幸子「要求を聞きましょう。話してください、まゆさん」



まゆ「いい心がけですよ幸子ちゃん。よく聞いてくださいねぇ…」



まゆ「まゆは…」



小梅「えい」ガシッ(←まゆの両手をつかむ)



まゆ「あら…?」



幸子「抑えますよ!二人とも!」



美玲・乃々「了解」



まゆ「…あらら?」



こうして白坂小梅の活躍によって佐久間まゆの机の下立てこもり事件は終結した。



まゆには罰として全員分のハンバーグとホットケーキを作る刑が言い渡され、



スーパーでちょっといいお肉と卵を買った。



切られた輝子のアホ毛は小梅の不思議な祈りで3日で元に戻った。





おしまい。





08:30│星輝子 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: