2016年08月02日

千秋「佐城さんと夏祭り」

チャラ男「ねーちゃん一人? だったら俺と一緒に楽しまない?」



千秋「嫌よ」



チャラ男「そんなこと言わずにさぁ。絶対退屈させないから」





千秋「現時点で退屈なのだけど?」



チャラ男「ワンチャンお願い! ワンチャン!」



千秋(何よコイツ。このままじゃ佐城さんとの待ち合わせに遅れてしまうじゃない……)



千秋(大体、こういう輩ってワンナイトカーニバルしたいだけでしょう? だったら、尚更ごめんだわ)



千秋「それに今日は一人じゃないのよ」



チャラ男「うぇい!? まじで!?」



千秋「まじよ。彼も一緒に来ているわ。今は焼きそばを買いに行ってもらっているの」



チャラ男「そっか……。じゃあ、俺に乗り換えない?」



千秋(しつこいわね……。どうしたら諦めてくれるのかしら……)







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469612526



雪美「ママ……」



千秋(佐城さん助けに来てくれたのね……! でも流石に親子は無理があると思うわ)



チャラ男「こ、子持ちだったのか!?」



雪美「パパ……呼んでる……。一緒に……いこ……」



千秋「え、ええ……。一緒に行きましょう。さじょ……、雪美ちゃん」



チャラ男「そうか……。幸せに暮らす家族の邪魔はできねーな」



千秋「ごめんなさいね」



チャラ男「潔く去るのもいい男の条件ってやつさ……。あばよ、美しき人」



千秋(う、うわぁ……)



雪美「千秋……?」



千秋(私ってそんなに老けて見えるのかしら……)



千秋「な、何でもないわ……」





雪美「千秋……モテモテ……ね……」



千秋「モテモテもそんなにいい事だらけじゃないわよ。さっきみたいな輩に絡まれることもあるし……」



雪美「その時……また……千秋……助ける……。だから……安心……して……?」



千秋「それは頼もしいわ」



千秋(でも、その度に親子に見られてしまうのはちょっと複雑ね……)





千秋「さて、色々屋台を巡っていきましょう。佐城さん、どこか行きたいところはある?」



雪美「あれ……!」



千秋「いちご飴……。へえ……今はこういうのもあるのね」



雪美「これ……、ひとつ……」



リンゴ飴屋の店主「あいよ! 200円ね!」



雪美「はい……」



リンゴ飴屋の店主「まいど! はい、いちご飴二つ」



雪美「一個……多い……」



リンゴ飴屋のおっちゃん「そっちお姉ちゃんと一緒に食べな!」



千秋(……! ありがとうリンゴ飴屋の人……)



雪美「ありがとう……!」



千秋「すいません……。そんなことしてもらって……」



リンゴ飴屋の店主「いいってことよ! 嬢ちゃんたちが可愛いからおまけってやつさ!」



リンゴ飴屋の嫁「ちょっとアンタ! 何勝手なことしてんのよ!」



リンゴ飴屋の店主「いいじゃねえか! どうせ売れ残るんだからよ」



子供「すいませーん。リンゴ飴一つ下さい」



リンゴ飴屋の店主「はいよー。一個300円な!」



千秋「もしもし、白井? さっきのリンゴ飴店の商品全部買い占めてもらえるかしら」



千秋「今ブームになったの。祭りが終わってから、買い占めなさい!」



千秋「買った商品は事務所の子たちに配るわ。だから、冷蔵庫に保管しておいて。分かったわね?」



雪美「電話……終わった……?」



千秋「ええ、終わったわ」



雪美「これ……一緒に……食べよ……」



千秋「そうね。他に買いたいものはないかしら?」



雪美「………」フルフル



千秋「それじゃ、一緒に食べましょう。どこで食べようかしら……」



千秋(人多すぎよ……。座る所もないじゃない……)



雪美「こっち……」



千秋「佐城さん?」



雪美「いいとこ……知ってる……」







雪美「ここ……」



千秋「こんな所に神社なんてあったのね。知らなかったわ……」



雪美「前に……Pと来た……その時……見つけた……」



千秋「そうだったの……。中々いいところね」



雪美「ふふっ……。私も……ここ……気に入ってる……」



千秋「これ美味しいわね」



雪美「うん……甘い……」



千秋(こういう時に食べるものってどうしてこんなに美味しく感じるのかしらね……。不思議だわ……)



ヒュ~ン バーン



千秋「綺麗ね……」



雪美「千秋……のほうが……綺麗……」



千秋「ふふ、佐城さん。私を口説くつもりなのかしら?」



雪美「……? Pが……こう……言う……と……女の子……喜ぶ……言ってた……」



千秋(Pさんはあとで説教ね)



千秋「ええ、とっても嬉しいわ。佐城さん」

雪美「綺麗……」



千秋「佐城さんの方が綺麗よ」



雪美「ふふっ……。何だか……不思議……胸が……ドキドキ……」



千秋「」



雪美「嘘……だよ……」



千秋「も、もう佐城さんったら……。吃驚したじゃないの……」



雪美「ごめん……なさい……」



ヒュ-ン バーン



千秋「本当に綺麗ね……」



雪美「うん……綺麗……」





―翌日―



翠「千秋さん! 聞きましたよ! 昨日、雪美ちゃんと一緒に夏祭りに行ったそうですね!」



千秋「ええ、翠さんも事務所の冷蔵庫にリンゴ飴が入ってるから食べるといいわ」



翠「ありがとうございます! じゃなくて!」



千秋「何よ?」



翠「どうして私も誘ってくれなかったんですか!?」



千秋「どうしても何も……翠さん昨日仕事だったじゃない」



翠「そうですけど……。誘うくらいしてくれても……」

千秋「それなら再来週の日曜日は空いてるかしら?」



翠「確か空いていたと……」



千秋「それなら、その日佐城さんと一緒に出掛ける予定なのだけど、翠さんも一緒にどうかしら?」



翠「是非ともご一緒させていただきます」



千秋「それじゃ再来週の日曜日よ。忘れないでね」



翠「はい!」



千秋「どこに行くかは、また連絡するわね。私は今からレッスンだから失礼するわ」



翠「頑張って下さいね!」



翠(再来週かぁ……。どんな服着ていこうかな……)



―終わり―





相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: