2016年08月16日

島村卯月「そろそろタメ口でいくか」

(CPルーム)



卯月「プロデューサーさん。何してるの?」



武内P「えっ」





卯月「何してるの?」



武内P「……あ、ああ……いえ。次のライブに向けて資料の整理を」



卯月「ふぅん。そっかそっかー」



武内P「…………?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470838365



卯月「なに?」



武内P「い、いえ……別に」



卯月「ふぅん」



武内P「…………」



卯月「……叱らないの?」



武内P「えっ」



卯月「口調」



武内P「! ……叱る……つもりはありません」



卯月「…………」



武内P「貴女以外にも、私に対してそうやってくだけた口調で話される方は多いですから」



卯月「そういえばそっか。凛ちゃんとか未央ちゃんとかね」



武内P「はい。……ですが」



武内P「島村さんがそのような口調で話されることは今までなかったものですから……率直に言って、少し驚きました」



卯月「…………」

武内P「何か心境の変化など……あったのでしょうか」



卯月「……んー、別に深い理由は無いよ」



卯月「ただほら、私って誰に対しても丁寧口調だったから、そういうのはもうそろそろいいかなって」



卯月「それだけ」



武内P「そう……ですか」



卯月「…………」



武内P「ただ、私は別に気にしませんが……目上の方や社外の方に対しては、これまで通りに丁寧な口調で話されるようにお願いいたします」



卯月「もちろん。私もそこまで非常識じゃないよ」



武内P「すみません。一応、念の為にと」



卯月「もう、心配性だなあ。プロデューサーさんったら」



卯月「別に口調が変わっても、性格まで変わったわけじゃないんだから」



武内P「それもそうですね」



武内P「出過ぎたことを言いました。ご容赦下さい」



卯月「…………」

武内P「―――では会議がありますので、私はこれで」



卯月「あ、うん。じゃあまたね。プロデューサーさん」



武内P「ええ。では」



卯月「…………」



 ガチャッ



凛「あれ? 卯月だけ?」



卯月「凛ちゃん。おはようございます!」



凛「プロデューサーと打ち合わせの予定だったんだけど……」



卯月「プロデューサーさんなら、たった今出て行っちゃいましたよ?」



凛「えっ? ……あ、しまった。打ち合わせ、10時からだと思ってたけど11時からだった……勘違いしてた」



卯月「ふふっ。凛ちゃんったら、うっかりさんですね」



凛「ちぇっ、仕方ない。ここで時間潰すか……ところで、卯月」



卯月「? はい。何でしょう?」







































凛「なんで、―――そんなに顔、真っ赤なの?」

























20:30│島村卯月 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: