2016年08月22日

P「AVに出演させる洗脳方法?」輝子「フヒ……」

キャラ崩壊注意







P「そんなものが存在したなんて……」





ちひろ「あれっPさん知らなk――とても怖いことですね。私からも、アイドルの皆さんに呼び掛けておきます」



P「ありがとうございます」



P「さて……みんなからの質問に答えられるよう、俺もよく知っておかないとな……」



















幸子「先日撮影した輝子さんのAV、完成しましたよ!」



小梅「早くっ早く見よっ」フンフンッ



輝子「うぅ……」



乃々「逃がさないんですけど?」ガシッ



美玲「それじゃ、主演女優様の部屋で試写会だー」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471619639



P「まず、事務所関係者ばかり会わせ、家族や友人への連絡を遮断するそうだ」



ちひろ「第三者の中立な視点を排除するんですね」















――

――――



小梅「輝子ちゃんって、実家と連絡とってるの?」



輝子「え? いや、特に……」



幸子「輝子さんって、マイペースなんですね」



輝子「今が楽しいから、そういうの、忘れるんだ」



輝子「えっと……した方が、いいのかな?」



小梅「……その分、私に構ってほしい……かな?」ポフッ



輝子「フフ……そうだな、妹には構ってやらないとな」フフヒ...



幸子「ならボクはお姉さんですね!」



輝子「いや年齢的に次女だろ(マジレス)」



――――

――

P「その代わりに、事務所の指定した占い師とは何度も会わせるらしい」



ちひろ「占い師ってボロい商売ですよね」ギリッ...!















――

――――



朋「あ! 輝子ちゃ〜ん!」タッタッタ



輝子「と、朋さん……」



朋「輝子ちゃんと作ったキノコ占い、バッチリ当たるって評判だよ!ありがとう!!」



輝子「私のキノコが役に立って、う、嬉しいな……」



朋「また今度教えてくれる? 毒キノコバージョンを作ってほしいって声がスゴイの!」



輝子「分かった……良さそうなやつを、探しておく」



朋「ありがと〜!」



朋「私、これから仕事だから! またね!」ノ



輝子「またな……」ノ



――――

――

P「あと『考え方がポジティブになるノート』を繰り返し書かせるそうだ」



ちひろ「ポジティブとか前向きとか、宗教にはもってこいの単語ですから」















――

――――



輝子「幸子、今日のノート……」



幸子「ではチェックしますね」パララ



幸子「……」



小梅「どう?」



幸子「うん! 大丈夫でしょう!」



輝子「良かった……」ホッ



幸子「良いですか? こうして普段から意識することが大事なんです!」



幸子「ボクのいう事を聞いていれば、カワイイアイドルになれますよ!」



輝子「でも……カワイイを見つめなおすって、むずかしい……」



小梅「そのための『考え方がカワイイになるノート』だよっ」



幸子「さあ今日もカワイイを探して、ノートにしたためてください!」



輝子「おー……!」



――――

――

P「ブログには『今、楽しくてしょうがない』などを、自分に言い聞かせるように書かせるらしい」



ちひろ「小さなことですが、洗脳しやすい状態にするのにうってつけですよ」















――

――――



輝子「うーむむむ……」



小梅「またブログの文章悩んでるの?」



輝子「そうなんだ」



小梅「困ったときはアレだよ」



輝子「そうか、アレか」



輝子「『今、楽しくてしょうがない』っと」カタカタ



小梅「今楽しい?」



輝子「楽しいな」



小梅「本当に?」



輝子「本当に楽しい」



小梅「私といるのが?」



輝子「小梅と一緒にいるのは楽しいぞ」



小梅「……えへへ///」ニヘラ



――――

――

P「『周りから過去にヌードになった女優や議員を引き合いに出して、こういうポジションを俺なら目指す、などとずっと言われ、メモを取らされる』……なんだこれ」



ちひろ「同調圧力ですね。周りが良いと言うから自分も良いと言わなきゃいけない――そう思わせているんです」















――

――――



幸子「……とまぁ、ボクの注目している方たちは、このあたりですかね」カキカキ



輝子「これ、大丈夫か?」



小梅「みんな、ヌードになった人たちばかりなんだけど……」



幸子「ボクはトップアイドルを目指していますが、決して落ちぶれた時を想定していないわけではありません」



輝子「用意が良いんだな」



幸子「たとえアイドル失格になっても、たとえヌードになってでも……最低でもカワイイボクであり続けたいんです」



小梅「幸子ちゃんはしっかり未来を見据えて、えらいと思う」



小梅「私だったら、セミヌードで限界かも……」



輝子「私もだ……」



小梅「ね、ねぇ輝子ちゃん! もし私がヌードを撮ることになったら、代わりになってくれたり……しないよね、さすがに」



輝子「小梅が? ……いや、それなら頑張る」



小梅「えっ」



幸子「えっ」



輝子「幸子でも同じ……私が脱いで解決するなら、わ、私に手伝わせてほしい……」



幸子「輝子さん……///」トゥンク...



小梅「輝子ちゃん……///」トゥンク...



――――

――

P「つまるところ、飴とムチを使い分けるのがポイントらしいな」



P「たとえば、基本的に優しいけれど、たまに『このままババアになって一生誰にも相手にされないぞ、それでいいのか』と脅すそうだ」



ちひろ「ちょっと屋上に来い」



P「雑誌の中の言葉ですからね?!」















――

――――



小梅「それはダメだよ輝子ちゃん!」



小梅「私と目があった記念日はちゃんと覚えておかないと!」



幸子「細かっ」



輝子「ご、ゴメン……」



小梅「そうやって記念日を忘れてたら、友達がいなくなって、またボッチになるよ!?」



小梅「そうしたらすぐお婆ちゃんになって、誰にも相手にされなくなっちゃうよ!?」



輝子「そ、それはイヤだ……!」オロオロ



小梅「……大丈夫、私はずっと一緒だからね」ギュ...



輝子「小梅……小梅ェ……!」ギュウ!!



小梅「よしよし……フヒヒ」ナデナデ



幸子「ひどいマッチポンプを見ました」



――――

――

P「AV発売直前に『やっぱり嫌です』と言っても『ふざけるな。ここまでお前にどれだけ(金が)かかってるんだ』と言われたそうだ」



ちひろ「話が進む前に辞める、これが一番ですね」















――

――――



小梅「ダメだよそんなの!!」



小梅「ちゃんと説明もしたし、途中で辞めないって約束もしたじゃない!!」



輝子「そ、そうだけど……」



輝子「やっぱり、恥ずかしくて……」



小梅「ダメ!! 絶対ダメ!! せっかくここまで準備してきたのに!!」



小梅「どれだけかかってると思ってるの!?」



輝子「うぅ……」



小梅「泣きたいのはこっちだよ!!」



小梅「とにかく、そのお願いだけは絶対に聞けないから!! 良い!?」



輝子「……分かった」グスッ



美玲「おーこわ……」



――――

――

P「一方で、たまに泣き出して『お前が必要なんだよ』と言ってみたりするそうですよ」



ちひろ「ダメ男もそう言うんです、周知させておきますね」















――

――――



小梅「ゴメンね……ゴメンね……」グスグス



輝子「別に、いいんだ」ナデナデ



小梅「輝子ちゃんのこと、怒りたいわけじゃないのに……」ギュウゥゥ



輝子「分かってる……小梅は優しい子だからな」ナデナデ



小梅「でもね、今度の撮影には、輝子ちゃんが必要なの……」グスグス



輝子「知ってる……だから私、頑張るから」ナデナデ



小梅「ありがとう……本当に、ありがとう……」ギュウゥゥ



輝子「よしよし……」ナデナデ



小梅「うぅぅ……フヒヒ」グスグス



乃々「おお、こわいこわい」



――――

――

P「これら洗脳を行ってきた事務所社長Aは、自己啓発セミナーに通い、そのノウハウを彼女たちで実践していたらしいぞ」



ちひろ「その勉強熱心さをもっとマシなことに使うべきですね……」フッ















――

――――



講師M『それじゃ、いつ病むの?』



講師T『今でしょ!』







小梅「幸子ちゃんも、こういうセミナーに参加するんだね」メモメモ



幸子「後学のためですよ」カキカキ



幸子「小梅さんはどうしてこのセミナーに?」



小梅「人間心理に、興味があって」



幸子「小梅さんらしい理由ですね」



小梅「幸子ちゃんは、どうして?」



小梅「洗脳したい相手でもいるとか?」



幸子「まさか」



幸子「ボクは、いつかのドッキリで騙されないようにするためです」



小梅「なるほど」



――――

――

P「う〜む……ますます許せないな」



ちひろ「私たちでアイドルのみなさんを守りましょう!」



P「えぇ!!」



















幸子「ボクはぜひ、輝子さんの生コメント付きで見たいと思っていたんですよ」



小梅「いいから早く見よっ」フンフンッ



輝子「あ、あんな私を見られる……なんて……///」



乃々「私と美玲さんもでてますから、腹をくくってくださいよ……」



美玲「さぁ、輝子のAVデビューだッ!」ピッ



















『カワイイクインテット企画』





































『星輝子といっしょ! あにまる☆こみゅにけーしょん』











輝子『よぉしよしよし……』ナデナデナデナデ



美玲(イヌミミシッポ)『くぅ〜ん……♪』ハッハッハ



輝子『しっぽを振ってるのは、心を許してくれてる証拠……フヒ』ナデナデナデナデ



美玲『わんわん♪』シッポフリフリ



輝子『今日は……お、お友達も一緒』ナデナデナデナデ



乃々(リスシッポ)『あぅぅ……』プルプル



輝子『震えているな……なでなでで落ち着かせよう』ナデナデナデナデ



美玲『ほら、落ち着けって』ペロペロ



乃々『ひえぇぇ……』ナミダメ

幸子「みなさん、とてもカワイイですよ!」



小梅「いい……」フンフンッ



幸子「小梅さん、すっかり夢中ですね」



乃々「突然『輝子さんのAV(アニマルビデオ)を撮影するから出演してほしい』と言われたときは、何事かと思いました……」



美玲「ウチらがアニマルだから、疑似AVだけどな」



幸子「ボクも最初は本物の犬を呼ぶものだとばかり思っていたんですが、小梅さんたっての希望で……」















小梅「仲良しのはずの親友を畜生扱いする輝子ちゃん……いい……」フンフンッ













美玲「まさか小梅が、特殊な性癖持ちだったとは……」

乃々「……」ムスッ



乃々「だんだん腹が立ってきたんですけど……」



幸子「どうしました?」



乃々「私だって、あんなに恥ずかしい思いをして、撮影に挑んだのに……」



乃々「小梅さんの目には、輝子さんしかうつってないんですよ?」















輝子『美玲、一緒にペロペロだ……!』ペロペロ



美玲『ホラ乃々……もっと楽しんだらどうだ?』ペロペロ



乃々『あうぅぅ……』ガクブル















小梅「飼い犬のように親友を顎で使う輝子ちゃん……いい……」フンフンッ















幸子「……ボク、甘やかしすぎたんでしょうか……?」



美玲「時間の問題じゃね?」

美玲「まぁ、気持ちは分かるぞ? 輝子って、カワイイだけじゃなくて、格好いいもんな」



乃々「それは同感ですけど……」



幸子「……とどのつまり乃々さんは、ちょっと小生意気な小梅さんに一矢報いたいんですね?」



美玲「ざっくりとしたとらえ方だなぁ」



乃々「その通りですッ!!!!!!!!」



美玲「鼓膜が痛いッ!!」キーン...!



幸子「分かりました。それなら、ボクに任せてください」

幸子「良かったですね小梅さん、ボクたちがスタッフで」



小梅「……え?」



幸子「だってボクたちが出演者だったら、小梅さんは乃々さんのポジションですよ?」



小梅「私が――?」















幸子(イヌミミシッポ)『カワイイボクと一緒に堕ちましょうね〜♪』スリスリペロペロ



輝子『幸子、小梅をたっぷり可愛がるぞ』ナデナデペロペロ



幸子『身も心も、輝子さんのペットになりましょう?』ハムハムペロペロ



輝子『私の従順なペットに、してあげるからな』モミモミペロペロ



小梅(ネコミミシッポ)『なるっ……なりゅっ……ひょうこひゃんのペットになりゅぅ〜……///』ビクンビクンッ















小梅「輝子ちゃんの犬にされちゃう私……いいっ……///」ドキドキ















幸子「ね?」



美玲「それ悪化させただけだからッ!!」



乃々「性癖に燃料注いだだけなんですけど!?」

幸子「でも、よく見てください」















小梅「あぁぁ……あのカワイイ舌が、私の体に……」



小梅「んっ……あ、どうしよう、ウズウズしてきて……///」ソォ...



小梅「あ、ダメ……ここじゃ見られちゃう……///」



小梅「うぅ……ヒクヒクが止まらないよぉ……///」モジモジ















乃々「……」



乃々「小梅さんを許してあげても良いと思います」



美玲「だな」



乃々「でも心配なので、ずっとそばで見てあげようと思います」



美玲「だな」



乃々「この素晴らしい光景を用意してくれた幸子さんには感謝してもしきれません」



美玲「だな」



幸子「でしょう?」ドヤァ

美玲「次はいつ撮影するんだ?」ワクワク



幸子「あらら、ハマりましたか?」



美玲「結構楽しかったぞ///」



幸子「ご安心ください、第9弾まで撮影予定ですので」



美玲「やったっ」



幸子「次はネコミミ美玲さんとインコ乃々さんの予定です」



美玲「乃々が自分の羽根でこしょばされるプレイかッ!?」



幸子「乃々が自分の羽根でこしょばされるプレイです!!」



乃々「ひえぇ……!」ガクブル







小梅「記念すべき第10弾は私も一緒に……いや、でも……」ブツブツ















輝子(……)



輝子(もしかしたら私は、とんでもない安請け合いをしてしまったのかもしれない)フヒィ...







終わり



22:30│星輝子 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: