2016年09月14日

拓海「おい夏樹、そろそろライブのコール練習やっとかねぇか?」


[事務所]





ガチャ







李衣菜「おはようございまーす」



李衣菜(今日は久しぶりになつきちとの仕事だから、浮かれてはやく来ちゃったなあ)



李衣菜「って、あれ。誰もいない?」





フゥフゥフゥフゥ





李衣菜「……なんか声は聞こえるけど」



李衣菜「あの、すいませーん――」







夏樹「スキスキスキ!!」アナタガスキー



拓海「ドキドキドキ!!!」ムネガナルノー







李衣菜「ちょっ、なにしてんの!?」











SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473416010







夏樹「ん? おお、だりーか」フキフキ



李衣菜「いい汗かいてる場合じゃないよ、なつきち。何やってるのさ!」



拓海「おい李衣菜。なぁに、コールの邪魔してんだ!? あぁ!?」



李衣菜「ひぃぃぃいいい」ブルブル



夏樹「まあ、そんな怒るなよ拓海」



李衣菜「なつきちぃぃいい」ガシッ



夏樹「まあ、あれだ。いまは今度のライブに向けてコールの練習やってんだ」



拓海「ちっ、せっかくイイカンジだったのによぉ」



李衣菜「え、でもさっきのって確か――」



夏樹「……ああ、小日向美穂ちゃんのNaked Romanceだ」グッ



李衣菜(いや、グッじゃないよ)



李衣菜「なんで、美穂ちゃん……」



夏樹「んー。まあ、熱心なファンがいてな……」チラッ



李衣菜「え、そんな美穂ちゃんファンがどこに――」チラッ



拓海「ああ? 何見てんだよ」ギラッ



李衣菜(いや、アンタかい)











李衣菜「というか、美穂ちゃんは一緒の事務所なんだからすぐ会えるじゃん」



夏樹「あっ、だりーお前……」



李衣菜「えっ?」



拓海「……おい、李衣菜。テメェふざけてんのか?」バンッ



李衣菜「えっ」



拓海「そんな真似して会っても意味ねえだろうがよ!」



拓海「ファンなら、真っ向からステージにいるアイドル応援するのが筋だろうがァ!!」グイッ



李衣菜「わわっ、ちょっ、タンマタンマ!!」



夏樹「拓海は、美穂ちゃんのことになるとすぐに熱くなるな」



李衣菜「けほっ、けほっ、し、死ぬかと思った……」チラッ



拓海「……なんだよ」



李衣菜(よく見たら、上着の下に美穂ちゃんがプリントされたTシャツ来てるよこの人……)



夏樹「ああ、これは前のライブで買った奴だな」



拓海「ああ、小日向さんのTシャツか? いいだろコレ」



李衣菜「小日向さんってなに!?」











夏樹「拓海はな、いまだに美穂ちゃんの名前が恥ずかしくて呼べないんだ」



李衣菜「いや、そんなキャラだったっけ」



夏樹「ちなみに、アタシが前まで小日向って呼んでたのを知ってガチギレした」



李衣菜「だから、そんなキャラだったっけ!?」



夏樹「廊下ですれ違うと、いつも後から顔が強張ってなかったかアタシに聞いてくるな」



李衣菜「乙女すぎない!?」



夏樹「まあ、拓海も真っ直ぐな性格だからな……」



李衣菜「恐ろしい位に真っ直ぐだね、ホント」





李衣菜「――でも、まさか、拓海さんが美穂ちゃんの隠れファンだったなんて夢にも思わなかったよ……」



夏樹「まあこの間、バイクに”熊本”って刻もうとしてたのを見て、それはさすがに止めたな」



李衣菜「自分の持ち物に出身地を刻むファンってどうなのさ」



夏樹「代わりに、”趣味はひなたぼっこ”って刻んでたな」



李衣菜(余計に酷くなってない……?)











李衣菜(いやー、それにしても拓海さんがねえ……。久しぶりにビックリしたなあ)



李衣菜(まあ、でも、なつきちはそんなことないよね……)



李衣菜(うん。だって、なつきちはかっこいいし。ロックだもん! ……だよね?)





拓海「おい、夏樹。島村卯月がTVに出てるぞ」



夏樹「――」ガタッ



李衣菜「……な、なつきち?」



夏樹「嘘だろ……。今日、卯月ちゃんの特番組まれてるとか聞いてないぞ……。さ、サプライズゲストォ!? い、今から帰って、録画か……? いや、いまからだりーと仕事が……。くそっ、こうなりゃいっそのことバックレるか!?」



李衣菜「なつきちぃ!?」











拓海「ちなみに夏樹の日課は、島村卯月の出演作品のチェックだ」



李衣菜「ガチファンじゃんか……」ガクッ



拓海「この前の握手会では、島村卯月の笑顔をおかずに焼き肉食べてたな」



李衣菜「もう良く分かんないよ!?」



拓海「そのときの夏樹は『ヤバイ、うづうづしてきた』しか言わなかったな」



李衣菜「うづうづってなんなの」



拓海「今の、あんな感じだ」スッ



李衣菜「え?」チラッ



夏樹「え!? ちょ、可愛すぎねぇか!? やばい、やばい。落ち着け……。落ち着け、よし、落ち着い――てない! 無理無理! 今日の服は薄いピンクが基調でキュートましましじゃねえかよ! アッハー! たまんねぇな! ……え!? 今日は頭にリボンもつけてねえか!? マジかよ……、あれどこのブランドだ? くそっ、良く見えねえ! やっぱり録画誰かに頼んどくんだった!」



李衣菜「ああ、うん……」



拓海「まあ、ああなったらアタシにも止めらんねえ」



李衣菜(思ってたより、うづうづしてたよ拓海さん)











―数分後―





夏樹「悪いな、ちょっと取り乱しちまったみたいだ」ハハッ



李衣菜「あれでちょっとだったんだ……?」



拓海「それより、夏樹。前に言ってた話覚えてるか?」



夏樹「ん? なんの話だ?」



拓海「ほら、コンサートライトの話だよ」



李衣菜「コンサートライトって、あのライブでキラキラ光ってるやつ?」



夏樹「ああ――って、前に言ってた話ってもしかしてアレか!」



拓海「ついに手に入ったんだ」コクリ



李衣菜「えっと、さっきから何の話してるの?」



拓海「李衣菜にもせっかくだから見せてやるよ、ホラあれだ」スッ



李衣菜「えー、どれどれ?」チラッ





デデーン





拓海「超強力投光器だ!!!」



李衣菜「バカなのこの人!?」











李衣菜「え、なに、このデカさ」



夏樹「やべぇなコレ」



拓海「まあな、ダチに用意してもらったんだ」ヘヘッ



李衣菜「でも、これ何に使うの?」



拓海「ああ? ライブに決まってんだろ?」



李衣菜「ちょっとは常識考えようよ……」



夏樹「……まあ、遠くにいてもこれ付けとけば気づいてくれそうだな」



拓海「ああ、小日向さんもビックリの明るさだな」



李衣菜「美穂ちゃん卒倒しちゃうよ、きっと」



拓海「ああ!? おめぇ、小日向さんをなんだと思ってんだよ!?」



李衣菜「そっちこそ、美穂ちゃんをなんだと思ってるのさ!?」



拓海「え? お前、そりゃあ……アタシにとっての生きがいってやつだよ」ヘヘッ



李衣菜「いや、そういうことを聞いてるんじゃなくてね」



夏樹「ちょっと待ってくれ」



李衣菜「……なつきち?」



夏樹「アタシにも、卯月ちゃんについて語らせてくれ」



李衣菜「なんなのもう!!!」











李衣菜「もう、二人のファンっぷりは分かったよ! それよりこの投光器、どうするのさ!」



拓海「ちっ、なんだよ。なんか文句あんのかよ」



李衣菜「文句しかないよ! そもそもこれレギュレーション違反だよね!?」



夏樹「まあ、確かにな……」



拓海「まあ、細かいこと気にすんじゃねえよ」



李衣菜「拓海さんにとって、それは細かいことなんだ……」



夏樹「……なあ拓海。コレ一回つけてみないか? 試しにってことで」



拓海「ああ? なんでココでつけんだよ? 初めての投光は小日向さんの前でって決めてんだよ」



李衣菜「いや、でも、コレどれだけ明るいか分からないし……。ちょっと試しといたほうがいいんじゃない?」



拓海「……まあ、それもそうか」



夏樹「ものは試しってやつだな」



拓海「ああ、それじゃあつけてみるぞ――っと」カチッ





ビカッッッッッ!!!!!!





拓海「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!!!!」



夏樹「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!!!」



李衣菜「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!!!!!」











―数分後―





李衣菜「思ったよりヤバかったね……」ゼエゼエ



拓海「……ああ」グッタリ



夏樹「拓海、アレはもうやめだな」ガクリ



拓海「いや、アタシはやめねえぞ!」



李衣菜「なんでそんなに強情なの!?」



夏樹「拓海、アレで美穂ちゃんの気が引けると思ってるのか?」



拓海「……」



李衣菜「そうだよ! あんな目つぶしみたいな投光器使っちゃダメだよ!」



拓海「……でもよ」



夏樹「……拓海。最初の頃の自分を思い出せよ」



拓海「夏樹?」



夏樹「美穂ちゃんのために、拓海だって今日まで頑張って来たじゃねえか……」



拓海「最初の頃の、アタシ、」





――――



拓海『こいつ、なんでこんなクソダサい服着てるんだ?』



拓海『ちっ、また今日もクソダサい服着やがって……』



拓海『あ? 熊本はなんでこんなクソダサい服ばっか売ってんだよ!! 素材が台無しだろうが!』



拓海『……クソダサい服でも、まあ可愛いな』



――――





李衣菜「なんで執拗に一点攻めしてるの!?」











夏樹「熊本から上京してきた美穂ちゃんのあどけなさにクラッとやられちまったんだろ?」



拓海「……」



夏樹「あの頃の、熱い思いを忘れちゃダメだろ」



拓海「夏樹……」



李衣菜「そうだよ! 拓海さんなら、そんな投光器なんかなくっても美穂ちゃんを笑顔に出来るよ! ほら、スマイルだよ!」



拓海「李衣菜……」



李衣菜「――だよね、なつきち?」



夏樹「ん? ああ、S(mile)ing!は名曲だな」



李衣菜「……どうしても卯月ちゃんの話したいんだね、なつきち」



拓海「ちょっと待て」



李衣菜「拓海さん?」



拓海「アタシも小日向さんの話をさせろ」



李衣菜「さっきと一緒じゃんかこれぇぇぇええええ!!!!」









―数分後―





夏樹「まず、何が可愛いかと言うとさ。はは、悪い。一個じゃないんだけどな、まあ、あえてあげるとするならさ、やっぱり笑顔だな。ホントいい顔してんだよ、卯月ちゃんは。ライブ会場で見せるあの笑顔見ちまったら、もうこっちには帰って来れないっていうかさ。ロックな魂があの笑顔には詰まってるんだよ、きっと。じゃなかったらこの胸のときめきが説明できないな。ああ、声ももちろん好きだ。あのキュートに極振りしたボイスにはもうメロメロなんだけどな。ほら、ダイヤモンドみたいな輝き放っちまってるというかさ。とにかく、もうアタシの中にあるRockin’ Emotionがburn burn burnしちまうよ」



李衣菜「……」



拓海「小日向さんの良いところはよぉ、とりあえずは……。ちっ、とりあえずで済まそうと思ってるアタシが許せねえ。そんなもんじゃねえんだよ。とりあえずで終わらせるもんじゃねえんだ……! でも、それでも。小日向さんの良いところを話そうと思ったらな、まあ、まず絶対あがってくるのはあの恥ずかしがり屋な所だ。ステージにあがろうと勇気を振り絞ってきてくれてんだ。それに応えたいっていうのがファンのやることだろ? だから、アタシは声を最後まで振り絞って応援するんだよ。もう、一生喋れなくなってもいい! そんな意気込みで精いっぱいコールすんだよ」



李衣菜「……」



夏樹「さっきも言ったけどな。なにより、S(mile)ing!がな。ホントに卯月ちゃんの良さが込められてんだよな。あっ、勿論はにかみdaysも買ったからな? まあ、アタシは好きなCDは3つ買うからさ。だりーも今度、うちにきたときはどっちも貸してやるよ。なんなら、アタシが歌っても良いぜ? ……いや、悪い。アタシなんかが卯月ちゃんの歌を歌うなんておこがましかったな。忘れてくれ。代わりに、CDを聴いてくれ。何回聴いてもいいんだぞ? 聴けば聴くほど味が出るって言うかさ。はあ、アタシの口で説明できる良さなんて1%も伝わんねえな。あ、M@STER PIECEのソロもかなりいいぜ……」



李衣菜「……」



拓海「Naked Romanceは、もはや恋でしかなかったな。聴いた瞬間に、トリップしたんじゃねえかってくらい、アタシの胸の奥深くまで刺さって仕方なかった。なんだ、あれは。再三再四五臓六腑七転八倒に染み渡る歌声って言うかよ。もう、悠久の時を越えて紡ぎだす天使の歌声みたいな。いや、違うな。……透き通る伸びやかな空に虹をかけ海は澄み渡り人類に平和をもたらす歌声というかさ。遍く衆生が頭を垂れ救いが齎されるような歌声みたいな、まあ、そんな遥か彼方から魂のみならず近くにいた犬猫さえも救済してくれそうな慈悲深い釈迦のような歌声がさ、すげぇ良いんだよ」



李衣菜「……」



夏樹「でさ、それでな、」ペチャクチャ



拓海「でよぉ、ここが、」ペチャクチャ



李衣菜「……」



李衣菜「……」



李衣菜「……」カチッ





ビカッッッッッ!!!!!!





拓海「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!!!!」



夏樹「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!!!」



李衣菜「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!!!!!!」











李衣菜「もう!!!!」



李衣菜「――二人してなんなの!! 卯月ちゃんも美穂ちゃんも、良いところ一杯あるの私だって知ってるよ!!」



夏樹「だりー……」



拓海「李衣菜……」



李衣菜「自分の好きなことばっかり喋って! それで本当にファンなの!!?」プンスカ



夏樹「……悪い」



拓海「……すまねえ」



李衣菜「本当のファンなら、他の人にその良さを広めるっていうならさぁもっと、やりかたとかあるんじゃないの!?」



李衣菜「そもそも――」



ペラッ



夏樹「……ん?」



拓海「……なんか落ちたな」スッ



李衣菜「あっ……それは、」



拓海「……コレ、五十嵐響子のブロマイドか?」



李衣菜「あ、えっと、あの」



夏樹「だりー、お前……」



李衣菜「……黙っててごめん」



夏樹「……なんだよ、だりーもアタシたちと一緒だったのか!」



李衣菜「え?」



拓海「ちっ、それならそうとさっさと言えばいいのによ」



李衣菜「拓海さん……?」



夏樹「それなら、今度のピンクチェックスクールのライブ行こうぜ!」グイッ



拓海「ま、それがよさそうだな」ガシッ



李衣菜「えーと、あの……」



拓海「コールの練習、一緒にカラオケボックスでやるんだよな?」ニヤッ







李衣菜「なんでこうなっちゃうんだよぉぉぉぉぉおおお!!!」





おわり









相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: