2016年11月04日

高森藍子「料理を教えて欲しい?」橘ありす「はい」

SS初投稿

かなり短め

ヤマなしオチなし



脳内事務所の妄想を誰かに伝えたくなったのでSSに



でも文字にするとキャラがイマイチつかめない……でも、可愛さを少しでも伝えたかった



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477673863



藍子「ありすちゃん急にどうしたの?」



ありす「この前、プロデューサーさんに私の手料理を食べてもらったんですが」



藍子「手料理って……『あの』いちごパスタ?」



ありす「『あの』というのがどのような意味なのか気になりますが……そのいちごパスタです」



藍子(自覚はあるのかな……?)

ありす「プロデューサーさんはその場では美味しいと食べてくれたんですが、その、明らかに顔が青ざめてて……」



藍子「あぁ……」



ありす「どうやらプロデューサーさんの口には合わなかったようなので、他のものを作ろうと思ったのですが」



藍子「作り方がわからない?」



ありす「はい……お恥ずかしながら、いちご料理しか作ったことがなくて……」



藍子(それはそれですごいような……)



ありす「せっかく食べてもらうなら美味しいものを食べて欲しいですから……」



藍子(可愛い)

藍子「でもどうしてプロデューサーさんに料理を?」



ありす「あ、あのそれは……えっと、その……」



藍子「?」



ありす「……昔の私は、その、素直じゃなくてプロデューサーさんに失礼なことを言ってて」



藍子「ふふっ、昔のありすちゃんはプロデューサーさんにいつも『橘です!!』って言ってたもんね」



ありす「///……ごほん!それでですね!その罪滅ぼしといいますか、普段の感謝の気持ちといいますか、なにかプロデューサーさんにお礼をしたいと思いまして」



藍子「それで料理を?」



ありす「はい、でもいちごパスタは口に合わなかったようなので」



藍子(あくまでも口に合わなかった……いちごパスタ自体は美味しいということは曲げないんだ……)

ありす「私も意地といいますか、お礼を料理で決めたのだからそれをやり遂げたいと思って……それで、その」



藍子(可愛い)



ありす「あ、藍子さんならプロデューサーさんとの付き合いも長いですし、好きな料理とか知ってるんじゃないかと思って」



藍子「そっか、プロデューサーさんにお礼をしたいんだ……うん、それならお姉さんがお手伝いしてあげる!」



ありす「ほんとですか!」



藍子「〜と言いたいところなんだけど……」



ありす(ガクッ

藍子「実は私もプロデューサーさんの好きな料理は知らなくって……カフェで頼むコーヒーやスイーツなら分かるんだけど……」



ありす「そ、そうなんですか……」



藍子「だから私よりも詳しい子に聞いた方が「お呼びですかぁ?」」



藍子「きゃっ!」

ありす「」



??「Pさんのことなら何でも知ってますよぉ」

藍子「ま、まゆちゃん……びっくりしました……」



佐久間まゆ「うふふっ、ごめんなさぁい」



ありす「」



藍子「まゆちゃんいつからいたんですか?」



まゆ「『ありすちゃん急にどうしたの?』あたりからいましたよぉ」



藍子「最初からいたんですね……」



まゆ「それで?Pさんの好きな料理ですかぁ?」



藍子「はい!ありすちゃんに教えてあげて……ってありすちゃん?」









まゆ「……気絶してますね」



藍子「ありすちゃん!!」



ーーーーーーーーーーーーーーーー





ありす「まゆさんはいつも!いつもそうやって私をからかって!!!」



まゆ「ごめんなさい」(からかったわけじゃないんですけどねぇ……)



藍子(可愛い)



ありす「まったく……まぁ、許してあげますけど」



まゆ(可愛い)

藍子(可愛い)



藍子「それでまゆちゃん、プロデューサーさんは何が好きなんですか?」



ありす「そう!それです!」



まゆ「ふふっ、プロデューサーさんの好きなものはですね……」



ありす「好きなものは?」



まゆ「…………」



藍子(あっこれもしかして)



まゆ「……なんなんでしょう」



ありす(ガクッ

藍子(やっぱり)



ありす「ど、どういうことですか……まさか、私には教えたくないとか……」



まゆ「!?、ち、違いますよ!そうじゃなくて……えっと、そう!Pさんの好きなものはですね……えっと……」



藍子(知らないんだろうなぁ……)



まゆ[藍子ちゃん……助けて……]



藍子(まゆちゃん……直接脳内に……!)



ーーーーーーーーーーーーーーー



ありす「知らないなら知らないとそう言ってください」



まゆ「うぐ……」



藍子「ま、まぁまぁ……でもまゆちゃん?どうして知らないんですか?確かまゆちゃんプロデューサーさんにお弁当作ってあげたりしてますよね?」



まゆ「Pさんのお弁当に入ってるのは栄養を考えて作ったもので、その、好みのものとかは考えてなくて……」



藍子(少し抜けてるのがまゆちゃんらしいというか……)



ありす「でもどうしまょう……プロデューサーさんの好きなものをなんとか調査しないと……」



藍子「じゃあ次に事務所に来た人に聞いてみる?みんなプロデューサーさんと仲良いから誰か知ってるかもしれないよ?」



ありす「……そうですね、藍子さんが言うならそうしましょう」



まゆ「まゆも協力しますよぉ」



ありす「まゆさんは別にいいです」



まゆ「藍子ちゃーん!ありすちゃんが反抗期ですぅ!」



藍子「あはは……」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



ガチャ(課金じゃないよ)



??「おはようございまーす」



藍子「誰かきたみたいですね」



ありす「やめましょう」



まゆ「え?」



??「なになにどしたん?」



ありす「周子さんに聞いてもロクなことになりませんから」



塩見周子「え?何?なんであたしいきなりdisられたん?」

ありす「いえ、なんでもありません、周子さんはレッスンですか?早く行った方がいいんじゃないですか?」



周子「シューコちゃんは今日はオフでーす」



ありす「じゃあなんで事務所に来てるんですか」



藍子まゆ(それはありすちゃんも同じなんじゃ……)



周子「んー暇だったから?ここにいると退屈しないからね」



まゆ「ふふっ、確かに皆さん楽しい人達ですからねぇ」



周子「そーそー、んで?ありすちゃんなにしてんの?」



ありす「橘です」



藍子(周子ちゃんは名前呼びしちゃダメなんだ……)



まゆ「実は……」



ーーーーーーーーーーーーーーーー



周子「ほープロデューサーさんの好きなものねぇ……」



ありす「な、なんですか」



周子「いーやぁ?お礼に好きなものを手作りしようなんてありすちゃんは可愛いなぁって!」



ありす「からかわないでください!!それと橘です!!」



藍子(可愛い)

まゆ(可愛い)

周子(可愛い)



藍子「えっと……それで、周子ちゃんはプロデューサーさんの好きなもの知ってますか?」



周子「いやーそれが知らないだなー、残念ながらシューコちゃんにも知らないことはあるんですよ」



ありす「そうですか……」



周子「そう気を落とさない!かわりといってはなんだけどいいことを教えてあげよう」



ありす「いいこと?」



周子「この前ありすちゃんいちごパスタプロデューサーさんにあげてたでしょ?あの後プロデューサーさん結構喜んでたんだよ?」



ありす「え?でも……」



周子「プロデューサーさんは忙しいからねぇ、いつもドリンクで済ませてるし、手作りのものなんてまゆちゃんのお弁当くらいでしょ?だからありすちゃんから手料理をもらったのすごく嬉しかったみたいだよ」



ありす「……」



周子「ま、そういうわけでシューコちゃんからのいいことはおわりー!頑張ってねー」



まゆ「ふふっ」



ありす「まゆさん?どうかしたんですか?」



まゆ「なんでもないですよぉ」

ーーーーーーーーーーーーーーーー



ありす「………………」



藍子「ありすちゃん考え込んじゃってますね……」



まゆ「そうですね……」



周子「そんなに難しいことじゃないんだけどねー」



藍子「そういえばまゆちゃん、一つ聞きたかったんですけど」



まゆ「なんでしょう」



藍子「どうしてありすちゃんに協力してるんですか?その……プロデューサーさんへのアピールにもなるかもしれないのに……」



まゆ「ふふっ、ありすちゃんはいい子ですから」



藍子「え?」

まゆ「Pさんへの感謝の気持ちを伝えたい……すごく健気でいいことじゃないですか、きっとPさんはありすちゃんがしたことならどんなことでも喜びます、Pさんが喜ぶことならまゆは協力しますよぉ」



周子(素直じゃないなぁ……もしプロデューサーさんのことなくてもありすちゃんに協力するくせに)



藍子「……そうですか、なんだかまゆちゃんらしいです」



まゆ「ふふっ」







ありす「…………」



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌日



藍子「ふふふっ、ありすちゃん嬉しそう……プロデューサーさんも!」



まゆ「本当ですねぇ……少し妬けちゃうかも」



周子「で?ありすちゃんは最終的になにを作ることにしたの?」



藍子「プロデューサーさんのお昼ご飯用に、おにぎりを作ってあげたみたいです」



まゆ「プロデューサー好きなものよりも、自分の作れるもので気持ちを込めて……ということみたいですよぉ」



周子「ほーなるほどねー」



藍子「ふふふっ、撫でられてるありすちゃん可愛い……写真に撮っておこうかな」



まゆ(まゆも撫でて欲しい……)



周子「今日も事務所は平和だねー」



おわり





08:30│橘ありす 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: