2016年11月07日

高垣楓さんのちょっとえっちな話






楓「プロデューサーって、やっぱりおっぱいの大きな娘がお好きなんですか?」









P「あの」



楓「はい」



P「ええとですね、言いたい事は色々とあるんですが、とりあえず」



楓「はい」



P「昼下がりの事務所はちょっとあれなので、後ほど場所を変えましょう」



楓「すみません、気を遣わせてしまって」



P「いえ」



P「乾杯」



楓「かんぱーい♪」



P「……」



楓「んく……んくっ……ふぅ♪」



P「いつ見ても惚れ惚れする飲みっぷりですね」



楓「惚れちゃっても大丈夫ですよ?」



P「残念ながら大丈夫じゃないんですよこれが」



楓「世知辛いですね」



P「全くです」



楓「私は辛口も好きですけどね」



P「それで、何の話でしたっけ」







楓「プロデューサーって、やっぱりおっぱいの大きな娘がお好きなんですか?」



P「一応、聞き間違えだった事を祈ってはいたんですけどね」







P「そうですね、順番にいきましょうか」



楓「はい」



P「まず、『やっぱり』って何ですか?」



楓「えっ?」



P「えっ?」



楓「だってプロデューサー、お好きじゃないですか。おっぱい」



P「いえ、そう言われても根拠が」



楓「お嫌いなんですか、おっぱい?」







P「…………いえ」



楓「ほら」



P「楓さん。これ世間では誘導尋問って言われてるんですよ」







楓「根拠ならありますよ」



P「ほう」



楓「ウチ、アイドル事務所ですし、水着グラビアの撮影もよくありますよね」



P「そうですね」



楓「プロデューサー、他の娘を見過ぎです」



P「……」



楓「水着だけに」



P「言うと思いました。いえ、そりゃ見ますよ。仕事ですし、参考とか」



楓「あれはガン見のレベルだと思います」



P「……」



楓「脚とかは程々に、もっぱらおっぱいを」



P「……」



楓「……」







P「好きです…………」



楓「思ったより早かったですね」







P「いいじゃないですか……別に」



楓「よくないです」



P「何でですか」



楓「何で……って……」



P「……?」



楓「……プロデューサー」



P「はい」



楓「今日はプロデューサー持ちですからね」



P「えっさっき割り勘って」



楓「プロデューサー持ちです」



P「はい」



楓「大吟醸頼んでいいですか?」



P「はい」



楓「すみません、この寒梅さけ武蔵の冷やを二つ」



P「……美味しいですね、これ」



楓「はい。飲みやすいのに吟醸香が後を引いて……」



P「肴も何か頼みましょうか」



楓「ところでプロデューサーって、どんな娘がお好みなんですか?」



P「俺はモツ煮にしますけど、楓さんはどうします?」



楓「ところでプロデューサーって、どんな娘がお好みなんですか?」



P「……」



楓「……」



P「え、この話まだ続けるんですか」



楓「もちろん」



P「今日はどうしたんです、楓さん」



楓「思う所があったんです。私と、プロデューサーの関係について」



P「……聞きましょう」



楓「プロデューサーと私の仲は、良好だと思っています」



P「俺も同意見です」



楓「でも、それだけだとも思っていて」



P「……」



楓「これからも二人三脚を続けていく以上、もっと踏み込むべきなんじゃないかな、って」



P「……一理、あるかもしれません」



楓「気の置けない間柄というのは、さっきみたいな……」



P「ええ」



楓「その、あまり品のよろしくない……下世話な話も出来るような、そんな関係じゃないかなと」



P「そういう事、でしたか……」



楓「すみません、もし気を害されたのなら」



P「いえいえ、構いませんよ。俺と楓さんの仲じゃないですか」



楓「よかった……それで、どんな娘がストライクゾーンど真ん中なんですか?」







P「楓さん」



楓「はい」



P「余韻に浸る時間も大切だと思うんですよ」



楓「すみません」



P「いえ」







楓「それで、どうなんでしょうか」



P「……ええと」



楓「順番にいきましょう。じゃあ、年上と年下、どちらがお好みですか?」



P「そうですね……どちらかと言うと」



楓「プロデューサー」



P「どうしました?」



楓「私たち、生まれ年が同じで、誕生日も一日違いですけれど」



P「そうですね」



楓「これって、けっこう運命的な出会いだと思いませんか?」



P「確かに。最初は惜しい! ってはしゃぎ合いましたよね」



楓「じゃあ次の質問ですけど」



P「はい……ん?」



楓「どうかしましたか?」



P「いえ、まだ答えていませ」



楓「プロデューサー」



P「はい」



楓「運命的ですよね」



P「そうですね」



楓「ふっくらしている方とすらっとしている方では、どちらが?」



P「あぁ、それならすらっとしている女性の方が、断然」



楓「プロデューサー」



P「はい」



楓「やっぱり今日は私が持ちます」



P「いいんですか?」



楓「はい。それで、次の質問ですけれど」



P「どんと来てください」



楓「高垣楓とそれ以外では、どちらが?」



P「……」



楓「……」



P「……」



楓「高垣楓と、それ以外」



P「……」



楓「高垣楓」



P「……」







楓「やっぱり今日はプロデューサー持ちでお願いします」



P「はい」







楓「話題を変えましょうか」



P「是非とも」



楓「私たち、年頃の男女じゃないですか」



P「そうですね」



楓「眠れない夜や、つい身体を持て余す夜だってあるじゃないですか」



P「楓さん」



楓「何ですか?」



P「話題を変えるっていうのにも色々あって」



楓「はい」



P「これは俗に悪化と言われています」



楓「なるほど」



P「はい」



楓「それで、自分を慰める夜もありますよね」



P「楓さん」



楓「何でしょう」



P「もう俺が折れるので、オブラートだけしっかりお願いします」



楓「分かりました」



楓「寂しい夜に手慰みをする事もありますよね」



P「……まぁ、いいでしょう」



楓「ぶっちゃけた話、そういう際にどなたを思い浮かべますか?」







P「……」



楓「肴、無くなっちゃいましたね」



P「そうですね」



楓「頼みましょうか、肴」



P「はい」



楓「私は鶏皮を。プロデューサーはどうされますか、肴?」



P「ほっけでお願いします」



楓「ほっけって、おかずにもぴったりですよね」



P「そうですね」



楓「どなたですか?」



P「……」



楓「あ、すみません。ほっけ一つと鶏皮を二本。あとこれのお代わりを」



楓「答えにくいですか?」



P「……まぁ」



楓「分かりました」



P「分かって頂けましたか」



楓「じゃあ、ウチのアイドルさんを一人ずつ挙げていきますね」



P「楓さん」



楓「私が観察しているので、特に反応する必要はありませんから」



P「楓さん」







楓「蘭子ちゃん」



P「楓さん」







楓「ふざけすぎました」



P「そうですよ」



楓「真面目に挙げていきますね」



P「うん、やめませんよね。分かってました」



楓「奏ちゃん」



P「あ、ほっけはこっちです。どうも」



楓「茄子ちゃん」



P「醤油、醤油……」



楓「あ」



P「……」



楓「じゃあ、美波ちゃん」



P「けっこう塩利いてるなこれ」



楓「……美優さん」







P「……うん。美味しい」



楓「そうですか。なるほど……」



P「……」







楓「この線を辿るなら……レナさん」



P「……」



楓「留美さん」



P「……」



楓「高垣楓」



P「……」



楓「私」



P「……」



楓「プロデューサーの担当アイドル」



P「……」



楓「そうですか」



P「……」



楓「プロデューサー、箸が止まっていますよ」



P「……塩、利き過ぎかなこれ」



楓「プロデューサー」



P「はい」







楓「どうぞ、お構い無く」



P「…………はい」







楓「そうですか……なるほど」



P「……楓さん」



楓「はい」



P「楓さんこそ、どうなんですか」



楓「私ですか?」



P「そうですよ。俺ばっかじゃ……」



楓「……?」



P「……」



楓「プロデューサー?」



P「……よく考えたらこれ、完全にセクハラじゃないですかね」



楓「女性の谷間ガン見については議論が必要、と?」



P「……」



楓「まぁ、私は気にしませんので」



P「……はい」



楓「そうですね……例えば、肇ちゃんの担当さん」



P「……」



楓「凛々しくて、ちょっとだけ危ない雰囲気もあって、魅力的ですよね」



P「……」



楓「夕美ちゃんの担当さん」



P「……」



楓「絵に描いたような美男子ですよね。実は元アイドルだったりして」



P「……」



楓「卯月ちゃんの担当さん」



P「……」



楓「人当たりが素晴らしいですよね。隣に居ると安心出来そうです」



P「……」



楓「美優さん達の担当さん」



P「……」



楓「最初は少し軽そうな人に見えましたけど、本当はとても誠実な人でしたね」



P「……」



楓「プロデューサー」



P「……」







楓「飲み過ぎじゃないですか?」



P「……」





 ― = ― ≡ ― = ―





 「プロデューサー……」





この世の全てが揺れていた。





視界は時たま思い出したように揺れる。

背負った楓さんが揺れる。

あるべき矜恃が僅かに揺れる。

胸の内側が狂ったように揺れる。





 「プロ……デュー、サー」





楓さんは普通に飲んで、普通に酔って、普通に潰れた。

酔い潰れる楓さんを見るのは出会ってから初めてだった。





 「プロデューサー」





一段、また一段とマンションの階段を昇る。

麻薬なんて打った事も無いし、吸う予定だってない。

ただ、この香りには到底及ばないだろう事だけは何となく分かった。





五階の一番奥。

誤解だ何だといいようにしてやられた一件が蘇る。

楓さんの鞄から拝借した鍵を差し込んで、そっと扉を開けた。



 「お邪魔します」



 「プロデューサー……」



足だけで靴を脱ぐ。

ガラスの靴でももう少し慎ましく散らばっただろうが、そこには目をつぶった。

居間のソファーへ歩み寄って、山になった洗濯物に溜息をつく。



 「楓さん、着きましたよ」



 「プロデューサー」



寝室に失礼し、ベッドの横でそっと膝を折る。

楓さんを静かに寝かせると、不意に強く身体を引かれた。

重力に逆らえず、揺れていた視界が横倒しに固定される。



 「……」



神秘の雫を湛える二粒の瞳が、俺の奥底を覗き込んでいた。

アルコールともまた違う、空気ごと酔わせるような匂いがした。





 「プロデューサーの番、ですよ」





 「何が、ですか?」



 「質問を。さっきは私からだったので、今度は貴方の番です」



 「……」



 「今夜は無礼講ですから、何でも構いませんよ?」



言うべき事も訊くべき事も幾らだってあった。



楓さん、貴女はアイドルじゃありませんでしたか。

火遊びがお好きなんですか。

シンデレラを目指しているのでは。



 「楓さん」



俺は、一番重要な事を訊いた。







 「お酒くさくても大丈夫ですか」







返答が空気を振るわせる事は無かった。

少しだけ乾いた体温が唇に触れて、それに納得するしかなかった。





 「ん……っん、ぅ……」





酔っていたんだと思う。

場に、酒に、彼女に。

苦さと後悔と甘さとがちゃんぽんになって、胃の奥底に沈んでゆく。





 「……は、ぁっ……プロ、デューサー」





頬に触れる。

首筋を伝う。

肩を抱いた。



 「……」



吐息がいちいち熱くて、いちいち酒の匂いがした。

これじゃあ、ひどく酔ってしまうのも仕方が無かった。



抱き寄せると、ただ柔らかさだけが感じられた。

キャミソールの裾から手を差し入れて、シルクじみた肌を撫でる。

温泉巡りの効果、なのだろうか。





 「……っ」





指先が膨らみに掛かって、楓さんの身体が震える。

静かに沈み込ませた指が心地良い弾力を感じていた。





 「んっ、っう……ん……」





彼女の声をこの夜にすら聴かせたくなくて、再び唇を塞いだ。

五感が伝えてくるのは、もう甘さと柔らかさだけだった。





 「は、ぁ…………」





楓さんが長く息をついて身を起こす。

上気した頬に笑みを浮かべると、俺の顔を間近で見つめてきた。

そして、言葉を紡ぐ。





 「今度は、私の番ですね」





キャミソールの裾に手を掛けて、頭から引き抜いた。

緑なすボブカットが揺れて、健康的なおへそが月の光に晒される。





 「プロデューサー」





ぷつり。





精緻な刺繍の施された、黒。

フロントホックを解いて、後は指を離せば落ちるだけだった。





楓さんが笑う。





その笑みは信じられないくらい蠱惑的で。

その問いは、答えなんて決まり切った誘導尋問で。







それはきっと、女神の戯れだった。











 「プロデューサーって、やっぱりおっぱいの大きな娘がお好きなんですか?」







おしまい。







08:30│高垣楓 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: