2016年11月08日

モバP「橘ありすとだらだらだら」

モバマスSSです。

地の分を含むのでご注意ください。

更新不定期。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476104729





 ◇



――おやすみの日にずっと家に籠もってて楽しいんですか?

時折、そんな不届きな台詞を吐く輩が居るが、それは違う。



俺は休日という貴重な時間を浪費している訳ではなく、これはこれで堪能しているのだ。



頂点近くで輝く太陽。

時間は正午に迫っているが、未だに俺は布団で転がる。



嗚呼、至福の時間よ。

至福……至福の時間なんだよ、なんだっての。



――だが、重い。

なにが重いって、『愛情、ですよぉ♪』とかウインクしながら言ってくれる美少女が居る訳でもなく、毛布が重い。



「……う゛ぅ」



変な声出た。

異様な寝苦しさになんともなしに、体を揺する。



「……あっ」



それと同時にどこか緊張の切れたような声。



声の主、へと視線を向ける。



そいつ――、橘ありすは、あろうことか寝ている俺の毛布、というか腹の上に腰掛けるように座っている。

むすっとした表情に不満げに細められた瞳。



「……むぅ。責任、取ってください」



俺の眼前にGAME OVERの文字の滲んだ液晶、携帯ゲーム機が突きつけられる。



……そんなん寝ている人の腹に腰掛けてでやんな!

あと帰れ!

というか、寝起きで責任取れとか心臓縮むわ。



 ◇

 ◇



ありすの整った顔付きがやけに目に入る。



「おは幼女」



反応は劇的だった。

幼女、もとい橘ありすは俺に蹴りを入れながらゲームみたいに無駄に華麗にバックステップを決めて俺から距離を取った。



「鳥肌が立ちました……。もう二度と言わないでください。次そういう気色悪いこと言ったら貴方を蹴ってしまうかもしれません……」

「さっき蹴ってなかったか」

「蹴ってないです」

「蹴ったよな」

「蹴ってないです。……あれは、その」



沈黙。

ありすはぱたぱたと手をあてどころなく揺らしており。

そして、俺からそっと目を逸らす。



「……私の脚を舐めろ、です」



顔がトマトのように赤い。

本当にそれでいいのか、橘ありす。



「……お前、遠いところへ行ってしまったな」

「すみません、嘘です。ごめんなさい」



許した。

しかし、でも……いや……。



「ちなみに、そっちのキャラとかやってみたくないか?」



ちっちゃい子に辛辣に扱われるというジャンルの可能性について語っても良いだろうか。



「……もうやめ、……ゆるして……」



ありすが死にそうな顔をしていた、

ダメそうだった。軟弱者め。



 ◇

 ◇



渋々布団から這い出す。

さらば、俺の惰眠よ。



俺の哀愁漂うオトナな背中になにか思うものがあるのか、ヤツは胡乱げな目をしている。



「そんなに沢山寝たいなら、早く寝ればいいだけじゃないですか」



分かってない、こいつは分かっていない。

深夜まで特に意味もなく、時間を無為に過ごし、昼頃まで眠りを貪ることの幸福さを。



「……別に、一生分からなくていいです」



俺が懇切丁寧にそれを説いてやるとありすは溜息を一つ吐き出してそっぽを向いた。



「ククク、我と共に惰眠を貪ろうではないか」



特に意味もなく吾輩っぽいキャラで言ってみる。



「……共に、……わたしと一緒に、ですか?」

「臆したか、ニンゲンの少女よ!」



なぜかありすは口を紡ぐ。

俺がいちいちスベってるバカだから唐突に黙るのやめて。



「……し、仕方ないですね。どうしてもというなら、わたしが一緒に―――」

「まぁ、お前のせいで目ぇ覚めちゃったからもう寝ないけどな」



ふぅ、息を吐いて毛布を畳む。

自然とくぁぁ、と欠伸も一つ出た。



「……てーいっ」



なぜか背中からありすの蹴りを受けて畳み掛けの毛布ごと布団に蹴り込まれる。

振り返った時に見たありすの瞳は冷たいものを秘めていた気がする。



 ◇

 ◇



「おのれ、マセガキめ」」



布団に突っ込んだ頭を引っこ抜く。

もはや眠気などどこかに忘れてきてしまったかのようだ。



ぐぬぬ……。



「マセガキじゃないです、橘です」

「おのれ、橘め」

「……やっぱり、ありすでいいです」

「おのれ、ありすめ」

「……あなたの、ありすです」



唐突な超展開に戸惑いを隠せない。

だが、ここで狼狽えるのは三流である。



「……俺のありすめ」

「……この子があなたの、娘です」



なんか、いつの間にか結婚してるぞ、俺。

しかも子持ち。



「おのれ……じゃなくて、おれの、ありすめ……いや、むすめ」



止まらない超展開に思わず噛みそうなる。

そこで、ありすは唐突に俯き、表情に影を作る。



「……あなたの、ありすでした。……さようなら。貴方と居た時間は楽しかったです……」



ありすは俺の水玉の柄の枕を引きずり……いや、俺の娘の手を取り、俺に背中を向けて歩き出した。俺の居ない、道を違えた明日へと向かって。

嗚呼、行かないでくれ愛しい我が妻、我が娘よ……。



伸ばした掌は行き先を失い、力なく床を掴んだ。







……。

…………。

………………。







「……なぁ、さっきの茶番、本当に楽しかったか?」

「わりと」



やたらと精神的に疲れた俺と違い、ありすは結構満足気だった。

なんでじゃ。



 ◇

 ◇



「お腹が空きました」

「そうか、帰れ」



我が惰眠貪る貴重な機会を奪った侵略者にくれてやる飯はない。

掌をひらひらと振って、それに応える。



橘は大げさな溜息をつく。



「……分かりました。せっかくです、わたしが腕を振るい――」

「よぅし、パパ、張り切ってズボラ飯作っちゃうぞぉ!」



ありすは俺がフライパンを振るっている間ずっと足元に纏わりついて、不満そうに脛に蹴りを入れ続けていた。



流石に冷蔵庫の貴重な食材を無残に討ち死にさせるのは気が引けたのだ。



「……あの、わたしが料理しようとしただけで、討ち死にとかそういう物騒な言葉使わないでください」

「他になんと言えと」

「……それは、その」



橘は少しの間むんむんと唸ってから、再び口を開いた。



「……に、二階級特進?」



俺の顔を正面から見て同じこと言ってみろ、橘。



 ◇

 ◇



昼食を終え、仕方なしに洗濯籠の中身の未洗濯の洗濯物を洗濯機に押し込み動かして、今度は掃除機を掛ける。

知り合いから安く借りているものだが、一軒家だけあって時々この広さを煩わしさを感じることがある。



ごくごくありふれた休日の日常。



……俺の背後をさっきから橘ありすがちょろちょろしていることを除けば。



「それ終わったらどこかに遊びに行きますか?」

「行かんわ」

「一日お家、でもいいですね」



ありすはどこかで聞いたような鼻歌を紡ぎながら大きめの椅子に座って楽しそうに脚をぶらぶらと揺らしている。

なにが嬉しいのやら分かりかねる。



なんともなしに窓のサッシに手を掛け、空を見上げると忌々しいまでの青空がいっぱいに広がっていた。



……ふむ。



「ありすよ」

「……はい?なんですか」

「今日は色街に繰り出してくることにする」

「……は?」



俺は二階の窓から外に飛び出した。

あいきゃんふらい、というか壁面の配管やら窓やらを伝って滑るように降りる、といった感じだったが。



『う、うわきも―――』



庭に降り立つと、家の中から叫び声と騒々しい物音がする。

近くの植え込みの影に隠れ、見ていると玄関からありすが飛び出してきて左右を見渡してから、居るはずもない俺の姿に苦い顔をしてからどこかへ駆け出していった。



俺はそんなありすを優しい目で見送り、普通に玄関から帰宅する。

清々しい気分で淹れたインスタントのコーヒーを口に含む。

……いつもより美味く感じた。







 ◇







「……あの、さっきの茶番、本当に楽しかったですか?」

「わりと」



一時間後、疲労困憊の状態で机に伏して息を荒らげるありすとは対照的に、俺は結構満足だった。



「そもそも靴がないんだから遠くに行くはずもなかろうに」

「……戯れに二階の窓から飛び降りる人間が常識を語らないでください」



ぐうの音も出なかった。



 ◇





「よくよく考えてみると、この貴方から色街とかいう表現が出て来るとなんか笑えますね。変な人という言葉が息吸ってるような人なのに」



先程まで荒い息をしていたありすは、息を整えると、半ば笑い飛ばすように言った。

失礼なやつめ。

というかコイツ、俺のことそんな風に思ってたのかよ。



「あ、あの、貶してるわけじゃないですよ」



ジトッとした目で見ていると、ありすは慌てたように取り繕う。

別に不機嫌になどなっていない。というか、絶対貶してる。



「……まぁ、俺くらいになると審美眼のレベルがカンストしてるからな。こう、ちょっとやそっとの美少女、美女だと心動かない」

「褒める気も失せました。まぁ、元々ないですけど」



シラっとした目が向けられる。



「……あの、好奇心で……好奇心で聞いてみるだけなんですけど、ちょっとそっとじゃない美少女とか美女ってどんな感じなんですか」

「ほら、俺の眼の前に一人」



テーブルを挟んで対面に座るありすは「ほぇ?」と間の抜けた声を漏らす。



「えっ、あっ……そうでしゅ、そうですか」



ふい、と俺から視線を逸らす美少女一人。



「これでお前が、二十代前半くらいで目元が柔らかくて、ぼんやり、おっとりとした性格で胸が大きくて寛容と母性が人の形を象ってる感じの女性でついで幼い頃からお互いを知っている幼馴染的存在だと思い込むと完璧な感じになる」



跳ねるように椅子から飛び降りたありすが俺に凄惨な笑みを見せるまで数秒。



「――もうそれ、原型残ってないじゃないですかッ!」



俺のどてっ腹に美しい飛び蹴りを浴びせるまでに更に数秒だった。

雑魚キャラのごとく無様に倒れ伏す俺。



「……そういうのは来世のわたしに期待しててください。ですから、今世はこんな感じなんですが、その……」



ありすががぼそぼそと何事が呟いている間、俺は腹を蹴られたせいで、昼食の親子丼が喉元で暴れ狂っていて死にかけていた。



 ◇

 ◇



「突然だが、もしかしてお前、友達居ないのか」

「なに言ってるんですか」



なんか最近、平日も休日も、コイツの顔ばっか見て暮らしてる気がする。

だというのに、学校の友人の話とか聞いたことない。



「いえ、まぁ、知的なクールな橘さんですよ。若干周囲との温度差を感じることもないこともないですけど」



やれやれ、と手をひらひらとしながら、首を左右に降るありすが微妙にムカつく。



「厨二病ガールだもんな」

「誰が厨二病ガールですか」

「教室にテロリスト」

「今のトレンドは教室に魔法陣でクラスまるごと異世界転移です」



凄い、最近のトレンド凄い。



「ちなみに、盗賊の襲撃で壊滅した村の生き残りの貴方が奴隷商の一派に攫われて檻の中で半死半生の状態で転がっているのを大魔道師たるわたしが助けるところで序章が終わります」



いや、序章ってなに。

そもそも、俺の設定ひどくないですか大魔導師様。



しかし……うむ、……嗚呼。



「……でも冷静に考えたら俺も、……俺こそが真っ直ぐに夢を追う偶像たちを導くなどと甘言を弄しながら使役する現代の奴隷商なのかもしれない」

「冗談に割りと本気目に思い悩むの罪悪感が沸くからやめてくれませんか!?」



どうせなら、設定とはいえサラッと俺の村を壊滅させたことにも罪悪感を持って欲しい。



 ◇

 ◇



「わたしってどのぐらいの歳くらいに見えますか」



真面目くさった顔でありすが言う。

どのぐらいの歳、どのぐらいの歳ねぇ……。



「いや、普通に小学生だろ」

「……それは事実を知っていることから来る先入観です」

「マジか」



どうしよう。すげぇどうでもいい。



「いや、でもやっぱ小学生だろ」

「……。む、わたしをきちんと見てください」



そう言われ、改めてありすを眺めてみる。

流れるような黒の髪、顔立ちのせいかどこか生意気そうな目元。

口元はどこか自信ありげな笑みの形。



「……ッ!」



なぜかありすが跳ねるように後ずさった。

頬はうっすらと紅をたたえている。



「そ、そんなにじっと見てはいけません!」



どうしろと。



 ◇

 ◇



「いや、でもやっぱ小学生だろ」

「……目が節穴なんですか。貴方にはがっかりです」



なんで俺、小学生にディスられてるんだろう。

意味分からなくて泣きそう。



「……」

「……本当に初学生に見えますか?答えは変わりませんか?」



謎の橘プレッシャー。なんなの、本当になんなのこれ。



「……いいんですか、それで、……本当に?」

















「いや、中学生くらいに、見えないことも……ないかもしれない」

「そうでしょう。そうでしょうとも」



俺は折れた。

一体なんなのだろうか、この敗北感は。



「この通り、わたしは成熟した精神性が滲み出ているのか、年齢より大人びた少女に見えるようです」



今、言葉の暴力と圧力とプレッシャーで「大人びた少女」の称号勝ち取らなかったか、お前。

本当にそれでいいのか、橘ありす。



 ◇

 ◇



「ともかく、ですよ」



ありすは握りこぶしを口元にあて、咳払いをひとつ。



「冷静で知的で大人びた橘さんに友達が少ないなんてことはありえないんです」

「……」



笑い飛ばすように語る橘。



「冷静」

「冷静ですよ」



静かに、問いかけるように俺は小さくそれを口に出す。



「知的」

「知的ですよ。……あの、ねっ?」



縋るような瞳が俺に向けられる。

俺はその瞳に、一瞬だけ痛ましいものを見るような目を向けてから静かに顔を逸らした。



「……ちょっと、盛りました」



素直に認められることはいいことである。



「と、とにかく友達なんて貴方に心配されるまでもなく、斬って捨てるぐらいいるんです!」



掃いて捨てるくらいで許してやれよ。



 ◇

 ◇



「面倒見られるより、面倒見る、そういう立場で居たいんです」

「ほう」



言いたいことは分からんでもない。



「要するに?」

「『貴方にはわたしが居てあげないと駄目ですね』っていうのがやりたいです」



ありすの瞳は期待の光に満ちていた。

俺には時々、欲望に正直に生きてるお前がひどく羨ましく見える時があるよ。



「だけど、お前ポンコツじゃん」

「ポンコツじゃないです」



身内の贔屓目で見てもポンコツな気がするんだが。



「そもそも、わたしだって学習しているんです」

「学習ってなにをだよ」

「ふっ」



ありすはなぜか俺を見て鼻で笑う。

なんだかムカついたので、来客用対応用の盆に盛っていたこんぺい糖の袋に手を突っ込み、コイツの口元にぐいぐいと押し付ける。



「まっへ……やめへっ。ごめっ、調子乗りまっ―――、砂糖は太っ――」



 ◇

 ◇



「なんか、お菓子のチョイスがお婆ちゃんみたいなんですけど、貴方の感覚ってよく分かりません。ふ菓子とか人生でも片手の指で数えられるくらいしか食べたことないんですけど」



開き直ったありすがこんぺい糖を噛み砕きながら言う。

というか、センスについては放っておいて欲しい。



「貴方のセンスについては今後の是正事項として、です」

「俺の嗜好を是正するのをやめて」

「そう、『貴方にはわたしが居てあげないと駄目ですね』を知るには、それを頻繁に発動するサブカルチャーのヒロインたちから学習するのが一番近いのです」

「無視か」

「なんと、驚くことにそれらの要素の大半をわたしは既に網羅していました」

「怪しい歴史番組みたいなフリだな」



ありすは静かに目を閉じ、沈黙を生み出す。



ひとつ。

ふたつ。

ゆっくりと瞼を開いたありすは静かに言葉を紡ぎ出す。



「女の子が朝、起こしてくれるアレです」



人が寝てる上に腰掛けて携帯ゲーム機で遊んでいるのを起こすと言っていいのか。



「目が覚めると、女の子の作ったお味噌汁のいい匂いが」



味噌汁っぽいなにかに苺ジャムぶちこんだ謎汁で我が家のキッチンを汚染地帯としたアレの話か。



「あと、ちょこちょこと犬のように貴方の後ろをついて回ります」



自覚あってやってたのかよ、それ。



「……貴方はわたしを自慢に思って、もっと、大切にしてたくさんかまってくれてもいいです。立派な資産ですよ」



どっちかというと不良債権だよ。



 ◇

 ◇



「貴方は子供の時のことってどのくらい憶えてますか?」



ありすはソファーの上で腹ばいになってタブレットを弄っている。

ぱたぱた、と時々ソファーの肘掛けにリズミカルに蹴りを入れながら。



「突然なんだよ」

「単なる興味です」

「ふーん」



思い返す。

……正直、あまり掘り起こせる記憶はなかった。

弔事とか人生に響くレベルの衝撃のものを除いてはそんなに覚えていない。



「高校生ぐらいの青春時代とかは割りと」

「割りと興味があります」

「語らないけど」

「いや、語ってくださいよ」

「……ケチ」



ケチとかそういう問題でもないような。

というか、面白い話でもないし。



「やっぱり、忘れちゃうもんなんですね」

「そういうもんだろ」



俺が相槌を打つと、ありすは不満そうにこちらに目を向けてくる。



「寂しい、とか思わないんですか」

「勿体ないとは思うけど、あんまり」

「……やっぱり、精神的に造りが単純なんでしょうか」

「なんか俺、凄い馬鹿にされかたしなかったか?」



ありすは俺の顔を見て、アンニュイな表情でボヤき、溜息を吐いた。



 ◇



 ◇



「……こう、なんでしょうか」



ありすはソファーに寝転びながらも、言葉を続ける。

というか、肘掛け蹴るのいい加減やめろや。生地が痛むだろうが。



「ケチ」

「これは、ケチとは違くないか」

「ここではなにをしてもいいんです」

「我が家、まさかの無法地帯かよ」

「本日よりこの家をタチバナ領とします」

「へへぇ、領主様ぁ、おらにここを一時お貸しくだせぇ」

「許可します。年貢は最新機種のタブレットです」

「地味に重税だな」

「冗談です」

「知ってた」



ありすはタブレットをスリープにすると再びの溜息。



「……十年後のわたしはどのくらい今を覚えていて、それは今のわたしなのでしょうか」

「なんか哲学してるな」

「そうです、哲学してるんです」



まぁ、そんな時もあるだろう。

『厨二病ガール、再び』とか弄ってやろうかとも思ったが、そんな空気でもなさそうだった。



 ◇

 ◇



「悩め、わかうどよ」



盆から取り出したふ菓子を齧る。

黒糖のシンプルな甘みが脳天に響く。



「……わたしはそれ、あんまり美味しくないと思います。味が単純ですし」

「現代っ子にはこの美味しさが分からんか」

「ただの砂糖じゃないですか、こんぺい糖も、ふ菓子も。舌がお子様なんじゃないですか」



まったく、失礼なやつだ。



「まぁ、好物とか好きなものとかは滅多なことじゃ変わらないからな」

「……え?」

「こんぺい糖も、ふ菓子も流行で味が変わるでもないっていうのもある」



期間限定のポテトチップで気に入ってたやつが市場から消えるともう二度と出会えないこともザラだし。



「好きなものは変わらない、ですか」



ありすは噛みしめるように繰り返し、呟いている。



「いや、変わるかもしれんぞ」



食べ物に限った話だから変わらなかっただけで、大人になって好きだったものから嫌いになったものなんて山ほどある。



「大丈夫ですよ。きっと好きなままです。それに、ツバつけてますから」

「……そうか?」



なぜかありすは俺を見て、ふっと相好を崩す。

珍しく、年相応の可愛らしい笑みだった。



ありすはソファから起き上がり、服装を整える。







「さて、帰りますよ」



 ◇

 ◇



てきぱきと服装を整えたありすは帰り支度を整える。



「見送りは不要です」



俺が口を開こうとした矢先、ありすは先手を打ってきた。



「さよか」

「はい」



ありすは玄関でこつこつと靴のつま先を打つと満足気に息を吐く。



「貴方は――」

「ん?」



ありすは途中まで言いかけて、言葉を止める。

少しだけ躊躇うような間。

そして、ありすは再び口を開いた。



「貴方は、うん。ふ菓子みたいな人でいればいいと思います。そうしたらわたしがきちんと迎えに行ってあげます」

「日焼けサロンに通ってもあそこまで黒くはなれんわ」



なぜか俺の言葉にくっくと小さくお腹を抱えて笑うありす。



「ふふっ、そうですね」



ありすは俺に背を向けて玄関のドアに手を掛ける。

ドアがゆっくりと開いていく。



「ありす」



その背中に、特になにも考えていなかったが、声を掛けた。



「……はい?」



半ば開いたドアを片手で支えながらありすは応える。



「また明日」



ありすは一瞬、きょとんとした目をした。

そして、優しい微笑みを浮かべてから、くるりと半回転。

ドアを背中で支えながら、俺を正面に見据えて言った。



「また明日っ!」



明日も騒々しく、楽しい日でありますように。



 ◇











 モバP「橘ありすとだらだらだら」 END



21:30│橘ありす 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: