2016年11月09日

奈緒「どーもー、トライアドプリムスでーす」


奈緒「どーもー、トライアドプリムスでーす」



加蓮「初めましての人もいるだろうから、今日は名前だけでも覚えて帰って欲しいな」





凛「略してTPだよ。よろしくね」



奈緒「いやー、それにしてもあたしらが漫才やるなんてなー。どうしてこうなったんだ?」



加蓮「確か、凛が言い出したんじゃなかったかな?」



凛「私じゃないよ。私はただ『この三人でお笑い目指したら面白そうだね』って言っただけで……」



奈緒「それじゃんかよー! はぁー、どうしてアイドルなのに漫才やらなくちゃいけないんだ」



加蓮「まぁまぁ奈緒、始まったものは仕方ないじゃん」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478317992



凛「ところで二人とも、アイドルとして生き残る為に、何か戦略は考えてる?」



奈緒「戦略ー?」



加蓮「へー、凛ってそういう事も考えてるんだ。凛は何か戦略考えてるの?」



凛「うん。私はこの厳しい芸能界で生き残るには、分かりやすいキャッチコピーが必要だと思うんだ」



加蓮「ちゃんと考えてるじゃん。例えばどんなの?」



凛「例えば私は『吹き抜ける蒼い風 渋谷凛』とかさ」



奈緒「おー、良いじゃん良いじゃん。あたしらのも考えてくれよ」



凛「二人の分も考えてあるよ。加蓮は『ガラス細工の箱入り娘 北条加蓮』」



加蓮「えー、ガラス細工ー?」



奈緒「あっはっは! 加蓮にピッタリだなー! なぁ凛、あたしのは?」



凛「『モジャ毛 神谷奈緒』」



奈緒「おいっ!」



加蓮「あはははは!」



凛「『モジャ毛 神谷奈緒』」



奈緒「なんで2回言うんだよ! 加蓮も笑い過ぎだー!」

加蓮「良いじゃーん。奈緒にピッタリだと思うよー?」モフモフ



奈緒「どう見てもあたしだけ変だろ! なんであたしのキャッチコピーが『モジャ毛』なんだよ!」



凛「奈緒の特徴って髪の毛だと思うんだ」



加蓮「うんうん。やっぱ奈緒といえばこのモジャモジャだよねー」モフモフ



奈緒「さーわーるーなーよー! だからってキャッチコピーで『モジャ毛』はないだろー!」



凛「じゃあ奈緒は、どんなキャッチコピーが良いの?」



奈緒「だから凛の『吹き抜ける蒼い風』みたいなさー」



凛「『吹き抜ける蒼いモジャ毛 神谷奈緒』」



奈緒「ちーがーうー! なんでそうなるんだよ! だいたい、あたしの髪は青くないだろー!」



凛「『ガラス細工のモジャ毛 神谷奈緒』」



奈緒「だーかーらー!」



加蓮「痛っ! ガラスの毛が指に……」



奈緒「刺さらねーよー! ガラス細工じゃないんだからさー!」

凛「そんなに言うなら、奈緒が自分で考えなよ」



奈緒「えー、急に投げやりだなー。そんなんだったら別にキャッチコピーいらないんだけどなー」



加蓮「だったら奈緒だけキャッチコピー無しにする?」モフモフ



奈緒「まぁ……別に良いけど……」



凛「キャッチコピー無しなら……」



凛「『モジャ毛』」



奈緒「なんで名前を削るんだよ! いらないのはキャッチコピーだって言っただろー!」



加蓮「まーまーそう怒らないでよ奈緒ー」モフモフ



奈緒「加蓮はどこに話し掛けてるんだよ! それはあたしの髪の毛だぞ! あたしはこっちだー!」



凛「だから奈緒、モジャ毛が嫌ならちゃんと自分で考えなよ」



奈緒「どういう理屈だよそれー……。えー、そーだなー……」



加蓮「ほらほら奈緒ー。モジャ毛の? モジャ毛の何?」



奈緒「なんでモジャ毛は決まってるんだよ!? モジャ毛が嫌だからこうして考えてるんだろ!」



加蓮「ほらほら早く早くー」モフモフ



奈緒「えー……うーん……」



奈緒「ボ、『ボーイッシュ乙女』……とか?」



凛「……ふーん」



加蓮「へー、奈緒って自分の事そんな風に思ってるんだー?」



奈緒「な、なんだよー! 別に良いだろー!? それに、これはあくまで客観的なあたしのイメージっていうかだな……」



凛「『ボーイッシュ眉毛』」



奈緒「やめろー!」



加蓮「『モジャ毛眉毛』」



奈緒「あたしが考えた要素全部消えてるじゃないか! なんだよ『モジャ毛眉毛』って! あたしは毛の塊なのか!?」

凛「落ち着きなよ奈緒。大丈夫だよ。続けて言ってみたら違和感ないはずだから」



奈緒「本当かー? 絶対変だと思うんだけどなー」



加蓮「まぁまぁ、適当なポーズ決めてやってみようよ。ほら凛から」



凛「うん、それじゃいくよ」



凛「吹き抜ける蒼い風、渋谷凛」バッ



加蓮「ガラス細工の箱入り娘、北条加蓮」ババッ



奈緒「モジャ毛眉毛、神谷奈緒」バババッ



加蓮「………」



奈緒「………」



凛「決まったね。じゃあ私たち三人はこれからこのキャッチコピーで……」



奈緒「おいっ!」



加蓮「もー、どーしたの奈緒ー?」



奈緒「どーしたもこーしたもないよ! 違和感バリバリだったよ!」

凛「そうかな? 私は何も感じなかったけど」



奈緒「違和感バリバリだ! どう考えてもあたしだけ面白キャッチコピーだろ!」



加蓮「あー、奈緒、自分だけキャッチコピー違うの寂しいんだー?」



奈緒「へ? い、いや、そうじゃなくてだなー!」



凛「なんだ、そういう事だったんだ。わかったよ奈緒、私たちのキャッチコピーも奈緒に合わせてあげる」



奈緒「い、いやだからあたしのキャッチコピーを二人に合わせて欲しいんだけど……」



加蓮「任せなって奈緒」

凛「それじゃいくよ」



凛「遅れてきた厨ニ病、渋谷凛」バッ



加蓮「三度の飯より四度死ぬ、北条加蓮」ババッ



奈緒「モジャ毛眉毛、神谷奈緒」バババッ



加蓮「………」



奈緒「……なぁ、これアイドルのキャッチコピーなんだよな?」



凛「決まったね。じゃあ私たち三人はこれからこのキャッチコピーで……」



奈緒「いやダメだろ!? いい加減にしろー!」



加蓮「どうも、ありがとうございましたー」







終わり





17:30│神谷奈緒 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: