2016年11月28日

モバP「背伸び盛りな子猫たち」

デレマスSSです。

日常感があるような無いような脚本形式です。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476609711







1、ダーリン



メアリー「ねぇ、ダーリン♪」



モバP「メアリー? どうした?」



メアリー「あーモウ! だからちがうワ!」



モバP「違う?」



メアリー「ダーリンって呼んでるんだから、ハニー♪って言ってヨ!」



モバP「メアリーは蜂蜜じゃないだろ?」



メアリー「そのハニーじゃない!」



モバP「まぁまぁ」



メアリー「まったく、ダーリンはレディの扱いがなってないワ!」



モバP「これはこれは……手厳しい評価だ」



メアリー「ダーリンのいけずぅ」



モバP「いけずとか……どこで習ったんだ?」



メアリー「そ・れ・は・乙女のひみつヨ♪」



モバP「う〜ん……可愛いから許そう」ナデナデ



メアリー「えへへ……って、もー! またコドモあつかいして!」



モバP「嫌だった?」



メアリー「い、いやじゃないワ」



モバP「良かった。あ、そろそろレッスンの時間だな」



メアリー「行ってくるわネ! 上手にできたらゴホウビほしいなぁ〜」



モバP「考えておくよ」



メアリー「うん♪」





モバP「ってことが、この前あってさ」



ありす「それをなんで私に言うんですか?」ジトー



モバP「いやぁ、同世代の子に意見を聞くのが早いと思って……」



ありす「そうですか。あいにく私は読書で忙しいので……」



モバP「そうかぁ……残念だなぁ。ありすはお姉さんだからメアリーのこととか質問出来ると思ったのに」



ありす「また名前で呼んでる……まぁ、少しだけなら……お時間をあげてもいいです」



モバP「お、いいのか?」



ありす「と、特別です」



モバP「ありがとう。で、やっぱりハニーとか言われるのって嬉しいのか?」



ありす「それは個人によると思います」



モバP「ちなみにありすは?」



ありす「わ、私は……」



モバP「どうしたんだい? ハニー♪」



ありす「ッ!」



モバP「……あんまり嬉しくない感じかな?」



ありす「そ、そ、そうですね……わ、私には、そ、そんなに……」



モバP「その割には落ち着きが無くなってるけど?」



ありす「コホン……大丈夫です」



モバP「そうかぁ、じゃあ、ありすにはいつも通りあr」



ありす「橘です」



モバP「ありすだな」



ありす「……プロデューサーさんは本当に強情ですね」



モバP「プロデューサーってな、担当アイドルに似てるらしいぞ?」



ありす「私は柔軟な対応も出来ます」



モバP「じゃあ、他の子に似てしまったのだろうか……」



ありす「……」



モバP「どうした?」



ありす「何でもないです!……そんなことより、時間はいいんですか? 向こうでちひろさんが探してますよ?」



モバP「はぁ、仕方ない。会議に行きますか」



ありす「お仕事はちゃんとしてください」



モバP「そうだな。可愛いありすとお話できて英気を養ったし、行ってくるか」



ありす「!……その……いってらっしゃい」



モバP「行ってきます!」





2、お嬢様



桃華「Pちゃま?」



モバP「どうした?」



桃華「お茶の時間ですわ♪」



モバP「ん?……あぁ、もう3時か」



桃華「では、いつも通りお願いしますわね」



モバP「俺よりも美味く淹れる人居るだろうに」



桃華「わたくしは、Pちゃまの淹れた紅茶だからいいのですわ!」



モバP「さいですか……」



桃華「今日の茶葉はこちらでお願いしますわ」



モバP「えっと……アッサムのオータムナル?……う〜む」



桃華「どうかいたしまして?」



モバP「オータムナルだと渋みや苦みがちょっと強めだな……ミルクティーでもいいか?」



桃華「Pちゃまが淹れてくださるのであれば、かまいませんわ♪」



モバP「さいですか……えっと冷蔵庫に……よし、牛乳もあるな」



桃華「では、わたくしはここで待っていますわ」



モバP「いや、俺を見てても楽しくもないだろ?」



桃華「いえ、楽しいですわ」



モバP「そう?」



桃華「Pちゃまが立派な執事に見えますもの♪」



モバP「そういうもんかねぇ」



桃華「Pちゃま、わたくしをお嬢様って呼んでくださいません?」



モバP「う〜ん、それはパスかなぁ」



桃華「な、どうしてですの!?」



モバP「俺は桃華のプロデューサーで居たいから……かな」



桃華「……なら、仕方ありませんわね♪」



モバP「さて、もうちょっと蒸らすからソファーで待っていてくれるか?」



桃華「わかりましたわ♪」





モバP「っていうことが、この前あってだな」



ありす「またですか……って、桃華さんのお茶を淹れているんですか?」



モバP「まぁ、ちょっと喫茶店でバイトしてた経験があったからな」



ありす「……そうですか」



モバP「ちなみに夏場、みんな用にアイスティーが冷蔵庫にあったの、アレは俺が作ったんだぜ?」



ありす「え?……そんな」



モバP「ありすはいつも水筒を持って来てたんだよな〜」



ありす「……」



モバP「じゃあ、今度機会があったら読書の時間に紅茶を用意してあげよう」



ありす「本当ですか!?……ぁ、その……ありがとうございます」



モバP「そんなわけで、また雑談に付き合ってほしい」



ありす「……分かりました。で、今回はどんな内容なんですか?」



モバP「執事っぽく『お嬢様』とか言われるのって、嬉しいのか?」



ありす「前のメアリーさんのときじゃないですけれど、それも人それぞれかと」



モバP「ちなみにありすは?」



ありす「……どうでしょう?」



モバP「ありすお嬢様?」



ありす「んッ!!」



モバP「あれ? 気持ち悪かった?」



ありす「い、いえそんな、とてもカッコよk……ううん! 悪くないですね」



モバP「そうか〜。やっぱり俺はプロデューサーだな」



ありす「そ、そうかもしれませんね」



モバP「さて、そろそろ会議だな」



ありす「今回は億劫じゃないんですね」



モバP「今回はウチのメンバーの仕事が関わる打ち合わせだからな」



ありす「プロデューサーさん!」



モバP「どうした?」



ありす「お仕事、頑張ってください」



モバP「ありがとう。行ってくるな」



ありす「はい、いってらっしゃいませ」





3、おまけ



メアリー「まったく、ダーリンったら……」



桃華「まったくですわ!」



ありす「……」



メアリー「さっきからありすがだまっているけド……」



桃華「ありすさんはPちゃまへの不満はありませんの?」



ありす「え?」



メアリー「ダーリンって言ったらハニーって言われたいわ」



桃華「わたくしもティータイムのときには少し特別にしてほしいですわ」



ありす「……」



メアリー「ありす……あやしいわネ」



桃華「奇遇ですわね、わたくしも同じことを考えていましたの」



ありす「えっと……私は文香さんのところへ本を……」



メアリー「ありすはタブレットで読んでるでショ?」



桃華「お話するまで、ティータイムは続きましてよ?」



ありす「ぁぅ……えっと……」





ありす「あの……文香さん」



文香「ありすちゃん?」



ありす「ロミオとジュリエットってありますか?」



文香「ありますが……」



ありす「ちょっと、そういう気分なので……読んでもいいでしょうか?」



文香「わかりました。本棚から探してきますね」



ありす「1週間……プロデューサーさんを独占しちゃダメ……なんて……」



文香「ありす……ちゃん?」



ありす「あ、いえ、こっちの話ですので……」



文香「きっと……そのロミオさんは、誰にも構わずジュリエットさんに話しかけそうですね」



ありす「……そうかもしれません」



文香「なら、きっと大丈夫かと……」



ありす「文香さん」



文香「はい」



ありす「ありがとうございます。私、待ってみます……その……文香さんが選んだ本を読みながら」



文香「では、読書の秋に似合いそうな本にしますね」



ありす「はい♪」





終われ



17:30│モバマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: