2016年12月29日

佐久間まゆ「プロデューサーのおうちに」

アイドルマスターシンデレラガールズです。?

キャラ崩壊。?

誤字脱字。







SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482597410



まゆ「いきたいんですよねぇ」



モバP「ダメだ。いくらアンダーザデスクの御褒美につっても」



まゆ「いきたいですよねぇ?輝子ちゃんに乃々ちゃん?」



輝子「私は、ベニテングダケのシャツが欲しいけど…親友の家も興味ある」



乃々「森久保は辞めたいんですけど…」



モバP「家も無理だし、辞めるなんて言うなよ森久保ォ!」



まゆ「プロデューサーさんのおうちに連れてってくれないなら、まゆアイドルやめます」



モバP「そこまでして?」



まゆ「はい」



モバP「はぁ、わかったよ」



まゆ「わーい」



まゆ「おふたりもそれでいいですよね?」



輝子「まゆさんがいいなら、私はいいぞ」



乃々「森久保も、キノコさんと同じですけど…」



まゆ「ならきまりですね!」

まゆ「意外とおっきい一軒家ですねぇ」



モバP「家のこと褒められても嬉しくないな」



まゆ「ふふっ、将来はプロデューサーさんと2人で…」



輝子「まゆさん、なんだか楽しそうだな」



乃々「はぁ…やっぱり帰りたい…」



モバP「まぁなにもないけど、どうぞ」ガチャ



まゆ「おじゃましまぁす」



輝子乃々「おじゃまします」



まゆ「色々お部屋がありますねぇ」



輝子「プロデューサー、見て回ってもいいか?」



モバP「別にいいけど、そこの部屋には入らないでくれよ」



輝子「ありがとう…キノコが喜ぶ場所、探してくる…」



乃々「じゃあ森久保はキノコさんについていきます…」



モバP「おう」



まゆ「プロデューサーさん、寝室は?」



モバP「えっ」

まゆ「ベッドダーイブ」ボスッ



まゆ「プロデューサーさんの匂いがしますねぇ」スンスン



モバP「そんなに臭うか?」



まゆ「いい匂いですよぉ。まるで、プロデューサーさんに抱きしめられてるような」



モバP「おいおい、ウトウトしてるなよ」



輝子「なんだか気持ちよさそうだな」



乃々「まゆさん…なにしてるんですか?」



まゆ「プロデューサーさんにだかれてまぁす」



乃々「えぇ…」



モバP「キノコにいい場所見つかったか?」



輝子「あんまりなかった…」



モバP「それは残念だな」



乃々「べっどだーいぶ」ポスッ



輝子「ヒャッハー」ポスッ

モバP「夕飯の時間だな、お前ら帰らなくて大丈夫か?」



まゆ「時間までに帰れば大丈夫ですよぉ。まゆがなにかつくりましょうか?」



モバP「客人にそんたことさせるのはなぁ」



乃々「でも、わがまま言って来てますし…手伝えることはしたいです…けど」



輝子「私にも、出来ることあったら、言ってくれ」



モバP「うーん、食料がないからなぁ、なに作るか決めてくれたら買ってこようか」



まゆ「プロデューサーさんはなにか食べたいものありませんか?」



モバP「特にないかなぁ」



まゆ「ハンバーグなんてどうでしょう」



乃々「賛成です…」



輝子「まゆさんのハンバーグ…美味しそうだな」



モバP「わかった。ちょっと買ってくるから、留守番よろしくな」

まゆ「暇、ですねぇ」



乃々「机…机…」



輝子「親友が言ってた、入るなって部屋、なにがあるんだ…?」



まゆ「まゆ達にまで隠したいこと…はっ」



まゆ(えっちなもの!?)



乃々「流石に、見せたくないものを詮索するのは…どうかと思うんですけど」



輝子「気になる…」



まゆ(えっちなもの…まゆに隠す…)



乃々「例え気になっても…」 



まゆ「プロデューサーさんのいけずぅ」ダッ



乃々「まゆさん!?」



輝子「やばいよな…フフ」



まゆ「プロデューサーさんの全て受け入れてあげますよぉ」ガチャ



輝子「まゆさん、開けちゃったのか…」



乃々「ああ…プロデューサーに怒られる…」



まゆ「」



輝子「まゆさん?」



乃々「どうかしたんですか?」



まゆ「」



輝子「ただのしかばねのようだ」



乃々「殺しちゃダメですよ」 



輝子「まゆさんは何を見たんだろ…」



乃々「あっキノコさんまで」



輝子「なんだこれ…写真か?」

乃々「ヒイッ!」



輝子「大丈夫かボノノさん?」



乃々「もうむーりぃ…はやく閉めて…」



輝子「あ、あぁ…」バタン



乃々「あれ、ホラーじゃないですか…」



輝子「サスペンスで見たことあるぞ、ストーカーのやつだろ…フヒ」



乃々「部屋中にびっしり…あんなの見ちゃいけないやつですよ」



まゆ「はっ」



輝子「おお、まゆさん、生き返ったか」



乃々「はやく…リビングに」



まゆ「そ、そうですね」

輝子「親友はストーカーだったのか…なんだか辛いな…」



乃々「森久保もです…なんだか複雑…」



まゆ「……」



輝子「まゆさん、大丈夫か?」



まゆ「うん…」



乃々「無理しない方がいいですよ」



モバP「ただいまー」



3人「!」ビクッ



モバP「おかえりくらい言ってくれよー」



3人「お、おかえりなさい…」



モバP「よっしゃーまゆのハンバーグだー!」

乃々(会話がない…ハンバーグは美味しいです…)



モバP「ごちそうさまでした。美味しかったよ、ありがとうまゆ」



まゆ「お粗末さまでした」



モバP「毎日食べたいくらいだよ」



まゆ「言ってくださったら毎日お弁当作りますよぉ?」



モバP「ありがたいけど、お前の負担になるだろ」



まゆ「でも…」



モバP「こうしてると、なんだか家族みたいだな」



まゆ「あう」



輝子「家族か、そういうのもいいな」



乃々「あはは…」

モバP「食後になにか飲むか?」



まゆ「おかまいなく」



輝子「私も…いい」



乃々「森久保も…」



モバP「そうか」



モバP「ところで」



3人「!?」ビクッ



モバP「部屋入っただろ」

まゆ「ごめんなさい。どうしても気になったんです」



輝子「すまない親友。でもまゆさんは悪くないぞ…言い出したのは私だからな」



乃々「止められなくてごめんさない…」



モバP「素直に謝れて偉いな」



乃々(このままじゃ監禁される…うう)



モバP「ついてきなさい」



乃々(詰んだ)

モバP「ほら」ガチャ



乃々「ヒッ…ってあれ?」



輝子「…?」



まゆ「…」



モバP「どうした?」



乃々(写真の代わりに部屋を埋め尽くしてるのは大量のスケジュール表?それでも充分怖いですけど…)



乃々「いえ、なんでも…ないです」



モバP「ほら!今度のライブで着るアンダーザデスクの衣装だ!」



まゆ「かわいい衣装ですね!」



輝子「おお、フリフリだな」



乃々「森久保には可愛すぎて…むーりぃー」



モバP「あれ?お前達見たんじゃないの」



まゆ「あの…開けただけというか…」



モバP「そういうことか。ドアがしまってなかったからてっきり…」

モバP「事務所においてたらバレると思ってこっちで保管してたんだが…プレゼントだよ」



まゆ「ありがとうございます。プロデューサーさん」



輝子「ありがとう親友…」



乃々「ありがとう、ございます…でも、むーりぃ」



モバP「気に入ってくれて何よりだ」



輝子「あの…親友?」



モバP「どうした?」



輝子「私が見たのは、スケジュール表じゃなくて写真…だったんだけど?」



モバP「ちらっとしか見てないんなら、写真に見えなくもないんじゃないか?」



乃々「でも、なんでそれを壁に貼ってるんですか…?」



モバP「これはただ単に忘れないようにっていう…」



まゆ「家でも仕事ですかぁ、まゆたちのことを思って…」



輝子「仕事しすぎはダメ、だぞ」



乃々「凛さん主演のドラマ…楓さんが出てる映画…色々持ってるんですね…」

モバP「触ってもいいけど、ちゃんと直してくれよ」



まゆ「アルバムに写真集に…」



輝子「まゆさんのも…あるぞ」



乃々「あれ…これ、字体が違う…」ペラッ



乃々「」



モバP「ん、乃々、なにかあったか」



乃々「いえ!なにも!」



輝子「変なボノノさん、だな…フヒ」



乃々(言えない…裏にびっしりプロデューサーのこと書いてあったなんて…)



まゆ「うふふ」





おわり



17:30│佐久間まゆ 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: