2017年01月13日

渋谷凛「ラブレター」

アイドルになる前、私はラブレターをもらったことがある。



『いきなりこんな手紙を書いてごめんなさい。迷惑だったらすみません。自分勝手だとはわかっていますが、これだけは伝えたくて書きました。あなたのことが好きです。付き合ってくれとは言いません。あなたのことが好きです。読んでくれてありがとうございました』



 ただそれだけが書かれた手紙。青いラインの入った洋封筒に、罫線だけが引かれた便箋。





 それが私にとって、初めてもらったラブレター。



 それをもらった時、私は意味がわからなかった。



 どうしてこんな手紙を送るんだろう。



 誰にでも書けそうな文章だし、悪戯かな。



 でも、どうしてそんな悪戯をするんだろう。



 そんなことを思ったけど『もし本当なら』と考えると捨てることはできなくて、今も机の引き出しにしまっている。



 あの手紙には差出人の名前が書いてなかった。



 結局、あれは誰が書いたものだったんだろう。



 それは今もわからない。



 ただ、その手紙をもらった日。



 その日の空が、やけに綺麗だったことを覚えている。





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483691451







      *





 アイドルになって、私はファンレターをもらうようになった。



 ファンレターには色んなことが書かれていた。イベントでのこと、その思い出、それからちょっと面白いことが書かれてあることもあって、そんな時は思わずくすりと笑ってしまった。



 アイドルを続けていくにつれて、ファンレターの数も増えていった。



 ファンレターを読むと元気が出た。良かった、と思った。胸がいっぱいになることもあった。色んなファンレターがあった。



 中には、ただ『応援しています』といったことだけが書かれているものもあった。



 そんなファンレターを読んで、失礼なことだけど、私は思うことがあった。



 この人は本当に私のことが好きなのだろうか。他のアイドルに送る時、ついでに書いただけなんじゃないか。



「それは確かに失礼だな」



 プロデューサーが笑った。実際、自分でもそうだと思うから反論できない。



 でも、他のファンレターに比べると、明らかに適当なんだよ。



 誰にでも書けそうな、定型文みたいな。



 だから、もしかして……って。



「うーん……まあ、そう思うこともあるのかもしれないな。だが……凛は、ラブレターってもらったことあるか?」



 ラブレター?



「ああ。まあ、この時代にラブレターをもらう、なんてことはなかなかないのかもしれないが」



 確かに、ほとんどないだろう。私もほとんどそんな経験はなかったから、ないと答えようとした。



 でも、そこで昔もらった手紙を思い出した。悪戯だと思っていた手紙。あれがラブレターに入るのなら……。



「悪戯? 悪戯って、封筒とか便箋に折れ目が付いてたり、変なものが入ってたりしたのか? それか、呼び出されて誰もいなかったとか、馬鹿にされたとか……」



 そうじゃないよ。というか、プロデューサー、そういう経験あるの?



「……ノーコメントで」



 あるんだ……プロデューサーが遠い目をしている。聞かなかった方がよかったかな?



「お、俺のことはどうでもいいんだよ。それで、その手紙をどうして悪戯だと思ったんだ」



 差出人も書いてなくて、ただ『好き』ということしか書かれてなかったから。相手が私じゃなくても同じように書けそうな文章だったし、結局誰が出したのかもわからないままだから。



 私が答えると、プロデューサーは「あー……」と呆れたような声を出した。……それ、どういう意味?



「いや、何と言うか……凛、ラブレターとか書いたこと、ないだろ?」



 私はうなずいた。ラブレターを書いたことなんてない。



「なら、もしラブレターを書くとすればどうする? ちょっと、考えてみろ」



 ラブレターを書くなら……? 私は考える。……なかなか、思いつかない。



「だろ? つまり、そういうことなんだよ」



 ……どういうこと?



「ラブレターを書くのは難しい、ってことだよ。『好き』という気持ちを伝えたことがなければ、『好き』という気持ちを伝える方法もわからない。どういう言葉を使えば自分の気持ちが伝わるのかわからない。……もしかしたら、その手紙を出した子は初恋だったのかもしれないな。それか、初めてのラブレターだったのかもしれない。いや、この時代だ、手紙を書くことすら初めてだったのかもしれない。……そんな状態で、洒落た文章なんて書けるか?」



 ……書けない、と思う。



「だから、そういう文章になったんだと思うよ。まあ、俺も凛の学校生活までは知らないからな。本当に悪戯じゃないのかどうかまではわからない。……でも、俺はラブレターだと思う。つたなかったかもしれないが、その子なりに気持ちをこめた手紙だったと思うよ」



 そう、なのかな。



「たぶん、な。それで、ファンレターの話に戻るが……ここまで言えば、俺の言いたいこともわかるんじゃないか?」



 ……ファンレターも、書き慣れていない、から?



「そうだ。俺も初めてファンレターを書いた時は全然上手く書けなかったよ。でも、俺なりに考えに考えて、その上で出した手紙だった。俺も手紙なんてほとんど書いたことはなかったからな。どうすれば上手く気持ちを伝えられるのか、悩みに悩んで、ありがちな、誰にでも書けそうな文章になった」



 ……。



「凛、お前はさっき、本当に好きなのか信じられない、って言ってたよな」



 ……うん。



「そう思うことは仕方ないかもしれない。初めてファンレターを書くような人間の文章なんて、そんなもんだ。自分の気持ちを整理することすらきちんとできなくて、読んでいるお前にそんなことを思わせてしまう。でも、ファンレターを出している時点で凛に対する想いは本物だよ。わざわざファンレターを書いて送るなんて、よっぽど強い想いがないとしない。凛。ファンレターは、ファンの想いそのものだ。つたないものもあるかもしれないが、それはわかってあげてくれ」



 ……わかった。でも、そこまで言われると、ファンレターがすごく重く感じるようになってくるね。



「実際重いからな。……凛がそう思って大切にしてくれたら、きっと、それを出した人も報われるよ」



 ……プロデューサー。



「なんだ? 凛」



 ありがとう。



「どういたしまして」







      *





 その日の夜。



 私はファンレターをもう一度読み返していた。今までにもらったファンレター。そのすべてを読み返していた。



 その量は思っていたよりもずっと多くて、読み終わった頃には窓の外から日の光が差し込んできていた。



 ファンレターをそれまでよりも大事にしまって、私はカーテンを開いて、窓の外の空を見た。



 その空は、とても綺麗で――私は、ある手紙を思い出した。



 机の引き出しを開けて、底の方にある手紙を取り出して。



「……あっ」



 読んでいると、どうしてか、涙がこぼれた。



 どうしてだろう。



 どうして、涙がこぼれたんだろう。



 どうして、私はこの手紙を悪戯だなんて思ったんだろう。



 ……どうして、信じられなかったんだろう。



 便箋の上に、一滴だけ涙が落ちた。



 私は便箋を洋封筒にしまって、丁寧に封をした。



 そして、その手紙を机の引き出しに入れようとして、ふと、視界の隅にファンレターをしまった箱が入った。



 少しだけ悩んで、手紙はそのまま机の引き出しにしまった。







      *





 アイドルになる前、私はラブレターをもらったことがある。



 その手紙は、今も机の引き出しにしまっている。













21:30│渋谷凛 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: