2017年01月25日

輿水幸子「暇ですね」

アイドルマスターシンデレラガールズです。?

キャラ崩壊。?

誤字脱字。



幸子とPとかが喋るだけ





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482964351



モバP「年の瀬だから忙しいはずなんだけどな」



幸子「昼までに終わらせるとかどういう身体してるんですか」



モバP「スタドリで徹夜したからな」



幸子「徹夜って…そんな生活してたらいつかポックリ逝きますよ」



モバP「怖いこと言わないでくれよ」



幸子「そうなったら困るのはボク達もなんですから、体には気をつけてくださいよ」



モバP「善処します」



幸子「全く…」



モバP「忙しいのは嬉しい限りだけど、たまにはこうやってゆっくりするのもな」



幸子「そういえばちひろさんは?」



モバP「アダルト組が今日は飲むらしいから、買出しに」



幸子「ちひろさんも大変ですね」



モバP「ここで飲まれたら片付け大変だっていっつも言ってるんだけどなぁ」



幸子「お酒は大人に必要だって楓さんが言ってましたよ」



モバP「あの人何言ってんだよ」

モバP「時に幸子よ」



幸子「はい?」



モバP「おぬしに食えないものはあるのか?」



幸子「何言ってるんですか…」



モバP「色んなことさせてきてなんだけど、なにかないのかなって」



幸子「そうですねぇ、わかりませんけど嫌いなものはないですよ!」



モバP「それは偉いな」



幸子「フフ-ン、もっと褒めてもいいんですよ!」



モバP「毒キノコとかは無理、だよな?」



幸子「当たり前です!ボクをなんだと思ってるんですか!」



モバP「だよな、虫とかは?」



幸子「食べれるものなら。でも好んで食べはしませんよ?」



モバP「食べれるのかよ」



幸子「食レポでイナゴの佃煮を食べましたよ。プロデューサーさんも美味しいって食べてたじゃないですか」



モバP「美味かったな」



幸子「そうですね」

二宮飛鳥「やぁ」ガチャ



幸子「おはようございます飛鳥さん!」



モバP「おはよう」



飛鳥「おはよう幸子にプロデューサー」



モバP「飛鳥は幸子と同じ時間帯にレッスンだな。来るの早くない?」



飛鳥「ボクはボク等の居場所にいる。それだけだよ」



幸子「どういうことですか?」ヒソヒソ



モバP「ひとりが寂しかったんだろうよ」ヒソヒソ



飛鳥「聞こえてるんだが?」



モバP「時に飛鳥よ」



飛鳥「改まってどうしたんだ?」



モバP「お前食べれないものとかある?」



幸子(誰にでも聞くんですか…)

モバP「んー」



幸子「なんですかジロジロ見て」



飛鳥「フフ…ボクらのカラダに欲情でもしてしまったのか?」



モバP「そうだ」



幸子「え?」



飛鳥「は?」



モバP「誘うようなことを言ってきて、どうなるかわかるよな」



幸子「ちょっプロデューサーさん何言ってるんですか!?」



飛鳥「…わかった。キミにならなにをされても…」



幸子「飛鳥さんまで!」



モバP「なら遠慮なく」



幸子「」



モバP「なんてな、大人をからかうなよ」



幸子「」



飛鳥「……」



モバP「幸子?飛鳥?」



飛鳥「するなら…はやくしてくれ…」プルプル



モバP「すまん、大人げなかったな」



幸子「大人げないで済みませんよ!」



飛鳥「…」プイッ



モバP「悪かったって」



幸子「まぁあんなの言った後に冗談で片付けられたらそうなりますよ」



飛鳥「幸子、言わないでくれるか?」



幸子「あ、ごめんなさい」



モバP「あの、飛鳥さん?」



飛鳥「次のオフ、荷物持ちをしてくれたら、赦さないこともない」



モバP「喜んで!」



幸子「はぁ…」

幸子「で、プロデューサーさんはなんでボクたちを見てたんですか?」



モバP「ああ、それはだな。アダルト組のオモチャにされそうだなと」



飛鳥「もしかして今日は」



モバP「察しがいいな」



幸子「どうしてオモチャにって思ったんですか?」



モバP「からかいやすいし、いいストッパーだからな」



飛鳥「からかいやすい…ボクらはそんな風に見られていたそうだよ幸子」



幸子「心外ですねー」



モバP「おふたりさん、なんで横につくんですかね」



飛鳥「僕が右側にくっくき幸子が左側にくっつく。これでキミは身動きとれないだろ?」



幸子「なんでこんなことしてるんでしたっけ」



飛鳥「馬鹿な大人へのお仕置きさ」

千川ちひろ「ただいま帰りましたー」



三船美優「こんにちは」



モバP「おかえりなさい。美優さんは今日オフでしたよね?」



美優「オフだったんですけど、瑞樹さんに誘われまして」



ちひろ「そこで私が。手伝ってくれるということでしたので迎えに言ったんですよ」



モバP「あはは…おつかれさまです」



ちひろ「ところで、その2人は?」



モバP「こいつらですか?横に来たあと寝ちゃったんですよ」



美優「両手に花というやつですね」



モバP「まだつぼみですよ」



ちひろ「ところで2人のレッスンは?」



モバP「もうそろそろですか。2人とも、起きろよ」



幸子「ふぁああ…」



飛鳥「んん…っ」

モバP「それじゃ、行ってきますね」



幸子「いってきます!」



飛鳥「いってくるよ」



ちひろ美優「いってらっしゃい」



幸子「飛鳥さん?」



飛鳥「どうかしたのか」



幸子「寝ちゃいましたね」



飛鳥「仕方ないことだろう、欲求には抗えんさ」



幸子「でも、寝顔見られたんですよ?」



飛鳥「それは…、過ぎたことを気にしても仕方ないだろう?」



幸子「それもそうですね」



モバP「おまえらの寝顔可愛かったぞ」



幸子「あ、あたりまえじゃないですか!僕はカワイいんですよ!」



飛鳥「ふっ、キミという奴は…」



モバP「ほら送ってくから、乗った乗った」

飛鳥「つ、疲れた…」



幸子「今日は、ハードでしたね…」



モバP「お疲れ様、相当厳しかったみたいだな」



飛鳥「キミは笑ってないでボク達を連れていったらどうだ?」



幸子「そうですよ!背負うなりしてくれてもいいじゃないですか」



モバP「それやったらスキャンダルだよ、はやく着替えてこい。駐車場で待ってるから」

飛鳥「ようやく憩いの場へと…」



幸子「ヘトヘトですよ…」



モバP「お疲れ様、お前ら2人とも女子寮でいいよな?」



幸子「あ、待ってください。事務所に忘れ物をしてしまいました」



モバP「事務所かぁ、明日じゃダメ?」



幸子「ダメです」



モバP「なら飛鳥は先に女子寮いくか?」



飛鳥「いや、一緒でいいよ。手間になるだろう」



モバP「ふーん、お前ら明日なにもないよな?」



幸子「ボクはなにもないですよ」



飛鳥「ボクも幸子と同じだが…何故?」



モバP「いや、なんでも。とにかく事務所へいこうか」



モバP「ついたぞ」



幸子「ありがとうございます!すぐ戻ってきますね」



モバP「いや、俺らもいくよ」



飛鳥「え?」



幸子「どうしてですか?」



モバP「だって、戻ってこれないだろうからな」



幸子「なに言ってるんですか?」



飛鳥「すまないプロデューサー、言ってることがさっぱりだ」



モバP「まぁ行けばわかるさ」



ワイワイガヤガヤ



幸子「あの、プロデューサーさん?」



モバP「中に入ったら戻ってこれないだろうな」



飛鳥「さながら地獄…かそれ以上といったところか」



幸子「忘れ物、明日でもいいかなーって」



モバP「そうだよな、帰るか」



ガチャン

川島瑞樹「あらー幸子ちゃんじゃない。1杯どう?」ガシ



幸子「いやボクはまだ14歳」



瑞樹「ちょっと飲んだってバレないわよ。それにノンアルコールもあるんだから」



幸子「えぇ…」



飛鳥「帰ろうか…」



モバP「幸子、後で迎えに来るから」



幸子「ちょっと二人共!見捨てるんですか!」



瑞樹「プロデューサーくん、いいわよね?」



モバP「可愛がってやってください」



幸子「ちょっと!お二人共!」ズリズリ



飛鳥「犠牲はつきもの、とよく言ったものだな」



モバP「んー、犠牲ねぇ」

飛鳥「よかったのか?」



モバP「なにが」



飛鳥「幸子をおいてきて」



モバP「瑞樹さん、酒入ってたろ。そういう時は従っとけ」



飛鳥「…そうか」



高垣楓「あら、飛鳥ちゃんじゃない。それにプロデューサーも」



モバP「おつかれさまです」



飛鳥「ど、どうも」



楓「皆さんもうはじめてますか?」



モバP「さぁ、それっぽい感じでしたけど」



楓「なら早く行かないと。あ、そうだ飛鳥ちゃん」



飛鳥「なにか?」



楓「一緒にどうですか?大人への1歩ですよ」



モバP「あの、未成年を誘うのは少し」



楓「でもご飯もまだでしょうし、ソフトドリンクもありますから」



モバP「ですが」



飛鳥「いや、ボクもいこう」



モバP「えっ?」



楓「やった。じゃあお姉さんと手を繋いでいきましょうね」



飛鳥「フフ…」



モバP「ちょっと、待ってください」

楓「どうもー」



飛鳥「こんばんは」



瑞樹「あら、楓ちゃん遅かったわね。ようこそ飛鳥ちゃん」



幸子「あれ、飛鳥さん?」



飛鳥「誘惑には勝てなかっただけさ」



美優「オレンジジュースでも持ってきましょうか?」



飛鳥「お願いします」



楓「瑞樹さん、飲んじゃいましたか」ションボリ



瑞樹「えぇ、でも1口よ」



美優「あとは菜々さんに早苗さんですね」



安部菜々「どーも、菜々と早苗さん到着です!」



片桐早苗「やっほーって子供捕まえて飲ませようとしてるの?」



楓「いえ、こういう体験も大事だろうと」



早苗「ふーん、まぁそんなのもいいかもね」



ちひろ「料理できましたよー」



瑞樹「美味しいものも来たところで、カンパーイ!」



早苗「プロデューサーくんは飲まないの?」



モバP「飲みませんよ。片付けをしないといけないんですから」



瑞樹「飛鳥ちゃん、いっぱいどう?」



飛鳥「えっ、いや、あの」



モバP「こらこらこらこら」

モバP「みんな酔いつぶれちゃったな」



幸子「うぅ、すごく弄られちゃいました」



飛鳥「エクステ…エクステ…」



モバP「ほら、送ってくから用意してくれ」



幸子「瑞樹さん達どうするんですか」



モバP「戻ってきたら後片付けするさ」



幸子「手伝いますよ!」



飛鳥「ああ、手伝わせてくれ」



モバP「まぁ、良いけど。ならこの人達仮眠室へ運んでくれ」



幸子「瑞樹さん、仕返しです!」パシャ



飛鳥「なにしてるんだ?」



幸子「寝顔を撮ってるんですよ」



飛鳥「悪いやつだな。まぁボクも…」パシャ



モバP「見せて回ったりするなよ」

幸子「ふぅ…結局皆さんの寝顔撮っちゃいました」



モバP「おいおい」



飛鳥「キミはボクらがなにをされたのか知ってるだろ」



モバP「それもそうか」



モバP「ところで2人とも、楽しかったか?」



飛鳥「楽しかったよ、大人と触れ合う機会もないからね」



幸子「ボクもです!弄られましたけど、それ以上に!」



モバP「そうかそうか、ならあの大人達も満足だろうよ」



幸子「ところでプロデューサーさん?」



モバP「どうした?」



幸子「なんで瑞樹さんに捕まった時に見捨てたんですか?」





おわり



23:30│輿水幸子 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: