2013年11月05日

春香「春香と」千早「千早の」「「はるちは放送局!!」」

春香「いやー、ついに始まったね、千早ちゃん!」

千早「どうしたのよ? 初っ端からエンジン全開じゃない」

春香「だって嬉しいんだもん! こうやって千早ちゃんと一緒にラジオができるの」

千早「そうね、私も嬉しい気持ちは同じよ」

春香「千早ちゃん、なんかテンション低くない?」

千早「私は割りと普段どおりよ? あなたが異様に高いだけで」

春香「そんなこと言わずに、もっとテンションアゲアゲで行こうよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382023790

千早「私はスロースターターなのよ。そういうことにしておいて」

春香「いやいや、ここは千早ちゃんにも頑張って頂かないと」

春香「記念すべき第一回放送なんだから、これから聴いてもらうリスナーさんを惹きつけるためにも」

春香「このラジオは面白いんだよ〜ってアピールしていかなきゃダメだよ」

千早「その辺りは別段心配はしていないわよ?」

春香「ほう。と、言いますと?」

千早「だって、春香のラジオは、大体どれも面白いじゃない」

千早「私程度の私風情が、あなたのラジオでアピールしなくとも、リスナーの方は着いてきてくれるわよ」

春香「あんまり自分を卑下しすぎるのも、どうかと思うけど」

千早「ちょっと、自虐ネタにしては、分かりにくかったかしら?」

春香「若干ね」
春香「まぁ、その辺りはリスナーさんに助けていただきながら、番組を盛り上げていってもらいましょうか」


春香「それじゃ、タイトルコール行きますよ?」

春香「春香と!」

千早「千早の」


 「「ラジオ・ブルースプリング! in はるちは放送局!!」」


春香「はーい!始まりました!ラジオ・ブルースプリング!」

春香「メインパーソナリティの天海春香です!」

千早「ラジオをお聴きの皆様、こんばんは」

千早「同じくパーソナリティを勤めさせていただきます、如月千早です」

春香「ちょっと堅いよ、千早ちゃん?」

千早「始めと終わりは肝心なのよ、あいさつってそういうものでしょう?」

春香「いや、まぁ、そうなんだけれど」
春香「この番組は、日々お仕事や勉強でお疲れの皆さんに」

春香「少しの癒しと少しの笑いをお届けする番組なんだよ?」

春香「もっとフランクに、ラフな気分で行こうよ?」

千早「癒しとフランクって、中々隣り合うことのない言葉だと思うのだけれど」

春香「そういう細かいことは気にしないってことだよ」

千早「それに、少しの笑いを提供するとは、大きく出たものね」

千早「所詮これはSS、素人が書いてるのに、面白いわけがないじゃない」

春香「千早ちゃん、それだと、本当に面白いものを書いてる人達に失礼だから!」

千早「べ、べつにアンタのために面白くしてるわけじゃないんだからね!」

春香「キャラ崩壊が早いっ!」

千早「まぁ、それはそれとして」

春香「どれをどれとしたんだ?」
千早「本SSは、筆者が指の赴くまま、徒然なるままに、のべつ幕無く、各方面への毒を分泌していくSSです」

春香「違うから! 断じて違うから!」

春香「本SSは、ラジオの形式に則り、それとなくフリートークを広げていく、ほのぼの系SSの予定なんだよ」

千早「予定は未定とは良く言ったものね、開始から間もなく路線変更してるじゃない」

春香「誰のせいか!」

千早「仕方ないじゃない、本当に指の赴くままに書いているのだから、私だってキャラ崩壊のひとつやふたつ…」

春香「ここまでの流れで、完全にボケとツッコミのポジションが確立したね…」
春香「と、とりあえず、番組開始を祝って、たくさんのメールが届いてるから、どんどん読んでいこう」

千早「SSにメールが届くわけないでしょう。嘘も大概にしておきなさいよ春香」

春香「ラジオの形式に則るって言ったばかりでしょうが!そういう体なの!」

千早「だから、私があなたの進行を乗っ取っ…プッ…フフフ…」

春香「あ、ゲラの設定は生きてるんだ」

千早「自分のギャグで笑ってしまって、最後まで言い切れないとは…」

千早「私もまだまだ二流ね…」

春香「笑った内容は、ド三流もいいところだけどね…」
春香「では、早速読んでいきたいと思います!」

春香「記念すべき第一号は、R/N『N64のCボタン』さん」

千早「意外と使用頻度の高かった、黄色の十字ボタンね」

春香「確かに、よく使った気がするね。ショートカットとかに設定されてるケースが多かった印象だけど」

千早「恥ずかしいながら、スマッシュブ○ザースで、スマッシュ攻撃のショートカットになってたのには、かなり後半まで気づかなかったわ」

春香「嘘っ!? 私、いつも弾いてたのに!」

千早「説明書に書いてあったと思うのだけれど」

春香「ス○ブラやるのに、説明書なんか読んだことないよ〜」

千早「春香、そうやって伏せると、スポブラになるわよ?」

春香「へ? 私スポブラは着けたことないよ?」

千早「いや、そういうことではなく……あなたスポブラ着たことないの?」

春香「ないねぇ〜、昔からスタンダードしか着けなかったから」 〜〜>ブース外

春香「へ?なんですか?……あっ!」///

千早「そうね、あまりアイドルらしい話題ではなかったわね」

春香「スタッフさん!お願いします、つまんでおいて下さい!」

千早「ウチの事務所なら、OKにしてしまうんじゃないかしら?」

春香「あぅ〜…」///

千早「R/Nだけで脱線したものね。まだメールの本文を一文字も読んでいないのだけれど」
春香「もうなんだかくちゃくちゃになってきたなぁ」

春香「…よし!では、気を取り直して」

春香「R/N『N64のCボタン』さんから頂いたメール」

春香「『お二人とも、新番組開始おめでとうございます!』」

春香「ありがとうございます!」千早「ありがとうございます」

春香「『いつも仲の良いお二人を、いくつかのアレやソレで拝見してきましたが、』」

春香「『お二人のラジオが始まると聞いて、早速お便りさせていただきました。』」

春香「『新番組開始といえば、やっぱり『あいさつ』の話題は外せないと思います!』」

春香「『番組特有の特徴的な特別製のあいさつを考えてみてはいかがでしょうか?』」

春香「『ちなみに、僕が考えたのは『セイシュンわ〜』です!』」

春香「『お二人なら、どんなあいさつにしたいですか?』」

春香「『これから、お二人のトークを聞いて、ニヤニヤさせていただいますね!』と」

春香「だって」
千早「確かに、新番組といえば、あいさつの話題は定番と言わざるを得ないわよね」

春香「『セイシュンわ〜』か、これって『ブルースプリング』を和訳したんだよね」

千早「漢字にすれば、『ブルー=青』『スプリング=春』だからね」

春香「まぁもちろんのこと、私達は青春真っ只中の高2コンビですから!」

千早「もちろん、それもあるのだけれど、お互いのイメージからも引用されているのよね?」

春香「それもあるね。『青』は言わずもがな、千早ちゃんのイメージカラーで」

春香「そこから連想される熟語の中から、私の名前にも含まれる『春』を繋げて、『青春』」

春香「それを分割の英語読みにして、『ブルースプリング』ですよ!」

千早「安直を絵に描いたような安直さ加減ね」

春香「構成作家さんに謝って!あと、プロデューサーさんにも謝って!」

春香「番組名を決めるために、10分くらい会議くれたんだから!」

千早「・・・10分なの?」

春香「やっぱり安直じゃねーか!!」

千早「これは、これは、どうやら言葉を誤ってしまったみたいね」プフフ…

千早「それと春香、あなたまでキャラ崩壊は止めて頂戴。私のアイデンティティがなくなってしまうわ」

春香「千早ちゃんのアイデンティティって、キャラ崩壊だったの?」
春香「えーと、ちなみにですけど、同内容のメールが、他に数十件届いていました」

千早「皆、考えることは一緒なのね」

春香「まぁ、語呂はいいよね、『セイシュンわ〜』って」

千早「何か違う案はなかったの?」

春香「他にはね〜、私達二人だから『はるちはわ〜』とか、青春っぽいって感じで『押ッス!』とかあったね」

千早「『はるちはわ〜』はないわね」

春香「ゲストが来ることを考慮してない感じが、減点ポイントだね」

千早「あとは、何があったのかしら?」

春香「あとはね、『あふぅ』『にょわー』『うっうー』に、それぞれ六票ずつ入ってますね」

千早「さすがにパクるのは頂けないけれど、『うっうー』を入れたことは評価するわ」

春香「『にょわー』は特にまずいよね・・・、他所の事務所だし」

千早「今、スタッフさんからもらった資料だと、『闇に飲まれよ』ってのにも三票入ってたらしいわ」

春香「うん、だから他所の事務所」
千早「でも、どうなのかしらね」

春香「何が?」

千早「こういう、番組独自のあいさつを決めようって話題、正直もう皆飽き飽きなのではないかしら」

春香「えぇー、そんなことないよー」

春香「こういうのは、番組の開始当初にしかできない話題の定番なんだから、やっぱりやるべきだと思うんだよ」

千早「定番って言葉に弱い、今時の女子高生みたいね」

春香「いや、今時の女子高生なんですけど・・・」

千早「せっかくだから、そういった定番ってものを打ち壊していくような番組にしたいとは思わない?」

春香「まぁ、それは分からいでもないけれど・・・」
千早「定番・定石・常識・法則・法律を打ち破るような番組制作を目指して行こうじゃない」

春香「常識と法律はマズイよね・・・」

千早「では、キャラ崩壊とパロディをふんだんに盛り込んだ番組製作を目指すの?」

春香「千早ちゃんはキャラ崩壊を抑えた方がいいと思うよ」

千早「ではパロディに関しては抑えなくとも良いと?」

春香「なんだろう・・・、千早ちゃんの喋り口って、誰かに似てる気がするんだよね」

千早「私の喋り口なんて、そこいらのSSでは、右往左往してるんだから、今更気にするものでも無いと思うけれど」

春香「禁則事項に、キャラ崩壊とメタ発言を加える必要がありそうだね・・・」
千早「現状では、まだメタ発言が禁則に加えられていないことを加味して、ここで少しだけ言わせてもらいたいのだけれど」

春香「・・・わかった、じゃぁここまではヨシとしましょう」

千早「私の登場するSSなんて、基本私の性格が面倒臭くなっているパターンが、もはやお約束じゃない?」

春香「まぁね〜、もともと面倒な性格のキャラ設定なのに、さらに4段くらいギアが上がってるのが多いよね」

千早「そうでしょう? 面倒な性格か、もしくは従順な性格の犬状態になってるかの二択なのよ」

春香「犬千早ってやつだね」

千早「誰が犬かって話よ、私は渋谷凛ではないのよ」

春香「凛ちゃんも、別に犬そのものってわけじゃないけどね」

千早「まったく冗談じゃないワン」

春香「まぁ、犬か猫かで例えられたら、犬っぽい性格だと思うけどね〜」

千早「・・・・・・・・・」

春香「・・・・・・・・・スルーされたのがお気に召さない感じで?」

千早「大丈夫、何で言ったのか自分でも分かって無いから・・・」
春香「なんだか、まだ一通しか読んでないのに、えらい時間だよ」

春香「あと、ここから先は、メタ発言は禁則事項に追加しますので、そのつもりで」

千早「なん…だと…」

春香「もう十分メタ発言したでしょ? これ以上何を言うつもりなのさ」

千早「でも、メタ発言を注意するのも、メタ発言に含まれるのよね?」

春香「いや、そりゃ、そうかもしれないけれど・・・」

千早「私のメタ発言を注意する春香もメタ発言をしているなら、それをさらに注意する私もメタ発言な訳で」

千早「メタ発言にメタ発言を重ねることで、さらにメタはメタになるのならば、メタをメタとして―――

春香「あ"ー!!うrrrせっ!!!」

千早「メタガメタデメデタイナと」

春香「なにがめでたい・・・いや、何が言いたいのさ・・・」

千早「疲れたわ。今日の収録はここまでにして、翌日撮りなおさない?」

春香「千早ちゃん、さすがの春香さんでも、この流れは怒るよ?」
千早「何よ春香ったら、最近流行りの『オコ』ってやつかしら?」

春香「すでに第一段階なんかすっ飛ばしてるよ」

千早「ってことは、プンプン丸をインフェルノー!なのね」

春香「それだとプンプン丸が燃えてない?」

千早「何の罪も犯していないプンプン丸を魔女狩りに処すなんて、残酷なことをするわね・・・」

春香「いや、燃やしたのは千早ちゃんでしょ?」

千早「私はプンプン丸に贖罪の機会を与えただけよ」

春香「何の罪も犯してないって言ってたじゃん・・・」

千早「あんな頭の悪そうな言葉は有罪に決まっているじゃない」

千早「あ、でも、馬鹿は罪ではなく罰なのだから、既に贖罪は終わっているのか・・・」

春香「おぉ・・・すごい勢いで自己完結に向かってる・・・」

千早「QED!!・・・プンプン丸は馬鹿である!」

春香「証明終了ですか・・・そうですか・・・」
千早「なんだか、春香ってば疲れてきてない?」

春香「えぇ、既に疲労困憊だよ・・・。さっきの千早ちゃんの提案を受け入れたい程にね」

千早「では、各方面への毒を分泌していきましょうか」

春香「私の"さっき"と千早ちゃんの"さっき"には、随分と距離があるのね・・・」

千早「それはもちろんよ、私は過去を引きずる女なのだから」

春香「いや、誇るところじゃないって」

千早「そして、引きずり過ぎて、もう歩けないと座り込んでしまう私」

春香「どこかポエムっぽいんですけど・・・」

千早「だけど、そんな私に春香は、どこまでも優して力強くて温かい言葉を投げかけてくれた」

春香「・・・あぁ、ドア越しの・・・」カー///

千早「『千早ちゃん!お醤油取って!』って」

春香「なんでそのチョイスやねんっ!!!!!」
千早「あら?『とき卵お願い!』の方が良かったかしら?」

春香「いや、ゲロゲロキッチンから離れようよ!」

千早「取ったゲローーー!!!!」

春香「何をだっ!!!」

千早「ドロヘドローーーー!!!!」

春香「どうしたっ!!??」

千早「それはともかく、挨拶の話題だったわね」

春香「・・・ハァ・・・ハァ・・・」

千早「どうしたの春香?肩で息をしているなんて、少しセクシーじゃない」

春香「・・・ハァ・・・ハァ・・・・・・なんて日だ!!!!」

春香「厄日なんてもんじゃね!!今日は一体なんて日だよ!!!」

千早「10月18日は冷凍食品の日よ」

春香「おめぇ止まねぇな!!」
千早「そんなことより、春香? まだメールを一通しか読めていないわよ?」

春香「ここまでの流れを"そんなこと"で済ませられると思ってる?」

千早「ただの他愛ない世間話じゃない?」

春香「散々ボケ倒しておいて、言うに事欠いて世間話で片付けるとは・・・」

千早「さっさと次のメールを読んであげましょうよ」

春香「もぅ・・・えっと・・・じゃぁ私は一回読んだから、次の千早ちゃんが読む?」

千早「空気が読めない私に、さらにメールまで読ませようとするなんて、冷酷ね春香」

春香「いや、もう、だってね・・・喉痛い・・・」

春香「・・・・・・えーと、とりあえず、挨拶は『セイシュンわ〜』でいいのかな?」

千早「いいんじゃない? 他にまともなのがあれば随時検討ということで」

春香「では、暫定ということで」
春香「え〜、それでは・・・R/N『たらレバー』さんから」

千早「何を後悔しているのかしら?」

春香「まぁ、R/Nだから特に意味はないんじゃない?」

春香「え〜、『お二人ともセイシュンわー!!』」

千早「こんにちは!!」春香「あれ〜・・・」

春香「んと、『新番と言えば、呼び方の話題が定番ですよね?』」

春香「『お二人は、お互いのことを、春香・千早ちゃん、と呼び合っていますが、』」

春香「『番組内限定のニックネームを付けてみてはいかがですか?』と」

春香「あいさつの話題もそうだけど、呼び方の話題も定番だよね!」

千早「そうね、あまりに弩直球な定番の話題すぎて、むしろ新しさすら覚えるわ」
春香「千早ちゃんの呼び方を変えるね〜・・・ちーちゃん!」

千早「何かしら天海?」

春香「えっ!? 何この温度差!?」

千早「なによ、苗字で呼ばれるのがそんなに不服なの?」

春香「いや、違和感とでも言いますか・・・あれ〜・・・」

千早「あなたは気付いていないかもしれないけれど、苗字が付いているということは」

千早「それはそれは、とても高貴で裕福なことなのよ? 感謝しなさい」

春香「今が何時代だと思っているのさ!?」

千早「時は平成!」

春香「そうですよ!」

千早「二人は風邪!!」

春香「それは薬のCM!!」
千早「ちなみに、某風邪薬の半分は優しさで出来ているそうよ」

春香「まぁ、そういうキャッチコピーだからね」

千早「つまり、半分が優しさで出来ているもの服用すれば、それが何であれ、風邪が治るのよ」

春香「いや、薬の効能とか、色々あるじゃん?」

千早「ということは、春香を服用すれば風邪が治ると言うことよ!」

春香「私の半分って優しさだったんだ・・・あれ?褒められてる?バカにされてる?」

千早「ちなみに、春香のもう半分はリボンよ」

春香「本体どこ行った!?」

千早「でも、人間の70%は水分で構成されているのよね?」

春香「まぁ、一般的にはそう言われているよね。重量比だけど」

千早「地球の水分も70%、つまり、人間=地球なのよ!!!!」

春香「うわぁ・・・スケールはでかいけど、ただのバカだ・・・」
千早「でも、そうは言っても、やはり定着している呼び方を変えるのは抵抗があるわね」

春香「そうだね〜、決めたところで結局戻っちゃいそうだからね〜」

千早「今まで通りでいいでしょう、ね、天海?」

春香「・・・そっ、そうだね如月!」

千早「それでは、そろそろお時間です」

春香「スルーッ!?」

千早「正直ネタ切れなのよ」

春香「あぁ、ぶっちゃけちゃった・・・」

千早「また筆者の気が向いたら、続編を書くやもしれないわ」

春香「ラジオのシリーズSSって、何個かあるからね〜」
春香「では、締めましょうか」

春香「お目汚し失礼いたしました!ここまでのお相手は天海春香と!」

千早「あなたの心に小粒の山椒、如月千早でした」

 「「バイバイ!!」」



春香「ぴりりと辛いってこと?」

千早「一味違う、ということよ」




                          つづく?
思いついたものをそのまま詰め込んだもので、内容がひどいのです。
お目汚し失礼いたしました。また思いついたものがまとまれば、続編を書くやもしれません。

それではノシ

12:28│如月千早 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: