2013年11月06日

凛「プロデューサーって変わってるよね……」

卯月「そうかな?」

凛「うん。悪いひとじゃないんだけどさ」


未央「でも確かにいろいろとスゴイ人だよね!」

卯月「事務所のほとんどを一人で回してるし」

未央「ね!いつ休んでるの?って感じだし!」

卯月「ああいう人を人間離れしてるっていうのかな?」

未央「お、言うねしまむー!」アハハ




凛「『ヒト』じゃないんじゃないかな、本当に………」

未央&卯月「「え゛?」」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382961470


未央「し、しぶりんってば冗談きついなー!」

卯月「そ、そうだよ!あんまりそういうこと言っちゃかわいそうだよ!」

凛「だってさ……」


ガチャッ


P「おはようございます」バサッ


凛「一年中ロングコートと帽子とサングラスだし」


ちひろ「プロデューサーさん、おはようございます」

P「おはようございます、ちひろさん。
  今日も暑いですね」バサッ

ちひろ「むぅ、いつみてもうらやましくなるお肌ですね……」


凛「めっちゃ色白だし」


P「はは。男として素直に喜べませんね。
  あっ、おはよう、凛、未央、卯月」

卯月「あっ、ぷ、プロデューサーさん……」

未央「や、やっほー☆」

凛「……おはよ」

P「おう!今日も頑張ろうな!」ニカッ

卯月&未央「「!!」」


P「さて、じゃあ俺は営業に行ってくるから。また後でなー」スタスタ



凛「……どうだった?」

未央「…………めっちゃ犬歯長かった……」

卯月「ライオンのキバみたいでした……」

凛「ね?おかしいでしょ?」

未央「で、でもそれだけじゃ証拠にはならないんじゃないかなー?」

凛「そう言うと思って事務所の皆から証言をもらってきました」

卯月「凛ちゃん、いつの間に……」

凛「いくつか読んでみるね」



………

……………

…………………

  ≪CASE�  鷺沢文香の証言≫

 ……えっと、今日は何をお話すれば……



 プロデューサー……?変わったこと……ですか?

 ………これと言って、とくに……まだ事務所に来て日も浅いですし……

 …………あ……………

 いえ………たいしたことでは……

 この間の、オフのことなんですが………



――――数日前 鷺沢古書店


文香『…………』パラッ

??『こんにちはー』

文香『……はい、いらっしゃいま……』

P『よっ』

文香『プロデューサー………?』


P『悪いな、折角のオフに邪魔して。
  外回りの途中で文香の叔父さんの店がこの辺だったの思い出してな』

文香『いえ………私は構いませんが』

P『そうか。今日は日差しがきつくてな。ちょっと休憩させてくれ』

文香「はい……あ、何か飲み物を……」

P『ああ大丈夫大丈夫!気ィ遣わなくていいから。
  あぁー生き返る。すずしー』ハタハタ

文香『……今日は、そんなに暑いんですか?』

P『ああ。こんな日に外回りなんてやってられないぜ』

文香(………コートを脱げばいいのでは……)

P『いい店だな、ここ』

文香『……そうですか……?』

P『ああ。大学の近くにあった本屋を思い出すな。
  この適度に暗い感じが懐かしいんだよ』

文香『………それは、叔父のこだわりでして……』

P『へぇ?』

文香『……直射日光は、本を傷めるので。
   直接日が差さないように、設計したそうです……』

P『ほう!それはいい!!』

文香『!』ドキッ

P『さすが文香の叔父さんだな!すばらしい慧眼だ!』

文香『……あの』

P『……ああ、興奮してすまない。
  でもそうか、こういうところなら毎週でも通いたいな』ウキウキ

文香『はぁ……』



――――

 ………と、そんなことを話した後、

 立読みをしたり、私とお話しして時間をつぶして……

 ……日が傾き始めたころに、帰って行きました……


 ……すみません……要領を得なくて……

 お役に……立ちましたか……?


………

……………

…………………


凛「……こんな感じ」

未央「日の光が苦手なんだね」

凛「どう考えてもき吸k(ry」

卯月「き、きっと敏感肌なんだよ!」

未央「食い下がるね、しまむー」

凛「じゃあ、次の証言に」

未央&卯月「「まだあるの!?」」


………

……………

…………………


  ≪CASE� 結城晴の証言≫


  あれ?どうしたんだよ、凛ねーちゃん。


  今から渚ねーちゃんにバスケ教えてもらうんだけど、凛ねーちゃんも混ざるか?

  は?プロデューサー?

  ヘンな奴だよな。っつーか変態?

  オレにカワイイ服なんか似合わないっつーのに……


――――数週間前

晴『ホントに恥ずかしかったんだからな!』プンスコ

P『でもかわいかったぞ?』

晴『だからヤだったんだよ!
  もう二度とあんな恥ずかしい衣装着ないからな!』

P『まあまあ……あっ、そうだ!
  晴のおかげでイベントも成功だったし、ゴホービに何か買ってやるよ』

晴『!』

P『何がいい?お菓子か?あ、新しいサッカーボールでもいいぞ!』

晴『………ホントに何でもいいのか?』

P『もちろん!』

晴『そーだな……あ』

P『どした?』

晴『……ちょっと来て!』ダダダッ

P『あっ、おい晴!』タタタッ


――――アクセサリーショップ


晴『これ、コレにする』ジャラッ

P『!!
  こ、これか……?』ギクッ

晴『カッコイイだろ?モスクワのホンダが雑誌でつけてたんだ、








  このクロスのペンダント!』


P『え、えーと……他のじゃだめか?
  晴はまだ小学生だし、あんまり高い装飾品は……』タラーッ

晴『んだよ、何でもいいって言ったのはプロデューサーだろ』

P『それはまあそうなんだけど……』ダラダラ

晴『ほらよく見ろよ、シルバーだけどそんな高くないし』ホラホラ

P『ち、近づけたらアカン………
  クロスはまだしも銀はアカン………』ヤメテー


―――――

 ……っつって結局買ってくれなくてさぁ。

 代わりに買ってもらったのがこのブレス。

 ………ま、嬉しくなかったって言ったらウソだけどさ。

 あっ、な、何でもねーよ。渚ねーちゃんも何ニヤニヤしてんだよ!

 もうっ、早くバスケやろーぜ!!

………

……………

…………………



凛「晴くんからは以上です」

未央「うーんこれは……」

凛「ちなみに蘭子から聞いた話だと、
  魔物は総じて十字架と銀で出来た製品を恐れるって。
  代表的な例はやっぱり吸けt(ry」

卯月「き、きっと金属アレルギーか何かだよ!
   私の友達にもいるし!」

未央(しまむー、ナイス!)

凛「……やっぱり、認めないんだね。卯月」

卯月「あ、当たり前でしょ!?」

凛「……この証言書は出したくなかったんだけどな」

卯月&未央「「………えっ?」」



………

……………

…………………

  ≪CASE�  篠原礼の証言≫

 あらぁ?私に何か用?

 時間があるなら、お姉さんと遊んで行かない?

 パンはパンでもオトコノコが喜ぶパンは……あら、違うの?

 プロデューサーくん?

 そうね、面白いコだと思うわ。

 おかげで、お姉さんも退屈しないですむもの……


―――― 一か月前 事務所


礼『プロデューサーくん、準備できたわ』

P『あ、着替え終わりました?』

礼「ええ。入ってもいいわよ」

P『失礼しまーす……』ガチャッ

礼『どうかしら?似合う?』
http://i.imgur.com/KTaFRUK.jpg

P『うひょーーーー!!!最高っす礼さん!!』フンフン


礼『ウフフ……ありがと』

P『まさに、魔性の女って感じですね』

礼『そう?ハロウィンならこれくらい普通よ』

P『いやいや…ハァ…これならむしろイタズラされたいって感じで』

礼『じゃあ、してみる?』

P『!』ドキッ

礼『……トリックオアトリート♪』

P『れ、礼さん……?』ドキドキ

礼『プロデューサーくんなら……いいわよ?』

P『…………』ハァハァ

礼『……してくれないの?




  お姉さんに、イ・タ・ズ・ラ♪』

P『』バッ



ッッガァンッ!!!



礼『…………』

P『フーッ……フーッ……』ハァァァァ

礼『………随分と刺激的なイタズラね』

P『礼さん……俺……』

礼『フフフ……強引なのも嫌いじゃないわ』

P『礼さん………!!!』クワッッ











??『ちぇりおーーーーー!!!!』ヒュッ



ガツーーーーンッツ!!!



P『あばっ!!』ドスッ

礼『………プロデューサーくん?』

ちひろ『ふうっ!危ないところでしたね、篠原さん!』

礼『ちひろちゃん?』

ちひろ『まったくこの万年発情犬はうなじと見ればすぐにかみついて……』ズルズル

礼『あの』

ちひろ『すみません、お騒がせしました!』ガチャッ


  バタムッ


礼『…………』


――――

 とにかくあっという間だったわね。

 結局何がどうなったのかはサッパリ分からなかったけど、

 今思い出しても熱くなるわ。

 どこが、ですって?

 ………触ってみる?


………

……………

…………………


凛「……終わり」

未央「」

卯月「………///」

凛「一見ただプロデューサーが暴走しただけに見えるけど、
  前の二人の証言を踏まえるとこれはもうどう考えても吸血衝動としか」

卯月「/////」ポーッ

未央「しぶりん、しまむーってばフリーズしちゃってるよ」




杏「うるさいなー、全然眠れないじゃん」

凛「杏。今日は来たんだ」

杏「来るつもりはなかったんだけど気が付いたらね。
  そんなことより蘭子知らない?輝子でもいいけど」

未央「今日は見てないと思うけど……」

杏「えー?じゃあ誰があんなのもってきたんだろ」

凛「あんなの?」

杏「仮眠室になんかおっきな荷物が置いてあってベッドまで行けないんだよ。
  多分蘭子か輝子のだと思うから見かけたら片づけるように言っといて」

卯月「に、荷物?」

未央「あ、復活した」

杏「じゃ、杏は終業時間までソファで寝るから。
  うるさくしないでね」ポテポテ

未央「仮眠室に、荷物?」

卯月「杏ちゃん以外あそこに私物を置いてる子はいなかったと思うけど……
   それに何で蘭子ちゃんか輝子ちゃんのだって分かったんだろう?」

凛「………行ってみよう」

未央「えぇ!?」

卯月「やめようよ凛ちゃん!」

杏「」ジロッ

未央&卯月「「」」

杏「………ぐぅ」

未央&卯月「「ホッ」」

凛「じゃあ、行くよ」


―――― 仮眠室

NG「「「………」」」



         ____
       /´  _    ヽ
        /   / /     /|
      / / ̄   ̄/ /..:|
     /  ̄/ / ̄  /..:::|
      /    ̄    /..:::/
    r " ̄ ̄ ̄`゙ヽ/.::::/
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |.::::/
    |::::::::::::::::::::::::::::|.::/
    |______|/




凛「…………」

卯月「かかかかか棺桶だよ凛ちゃん!!」ガタガタ

未央「やばいって!これ以上はやばいって!!」



ガタッ



NG「「「!!!」」」ビクッ



ガタガタガタガタッ



卯月「あ………あぁ………」

未央「ほ、ほら、何かいるよ!
   だから帰ろうってば!!」

凛「………!!」



ギィイーーーーーーーッ………



未央&卯月「「いやあああああああああっ!!!!!」」



P「……ぁああああああーーーーーっ……よく寝た」ノビーッ






卯月「」

未央「」

凛「」



P「すっげ。ピッタリ30分しか経ってない。疲れも取れてるっぽいし。
  やっぱり晶葉って天才だわ」



卯月「」

未央「」

凛「」

P「うん?おう、どうした3人とも。休憩か?
  つってもベッドはそんなにデカくないから俺がどいても3人はきついんじゃ…」

卯月「」

未央「」

凛「」

P「………どしたの?」

………

……………

…………………

P「あっははははははははははは!!!!」ケラケラ

NG「「「////」」」

P「それで、俺が、吸血鬼だって………クククッ!!ハハハハ!!!」

凛「だ、だって、あからさまにプロデューサーが怪しいから!」

P「俺が色白なのはオーストリアのクウォーターだからだよ!
  あと敏感肌なのも、金属アレルギーなのも本当だ」

未央「じゃ、じゃあ礼さんのあれは!?」

P「………俺ってば、首フェチだから……
  特に礼さんの首筋が最高すぎてつい……」

卯月「そ、そんなテキトーな嘘じゃごまかされませんよ!!」

ちひろ「本当ですよー」

凛「ちひろさん?」

ちひろ「まったくこの人はうなじやら鎖骨やら首回りがやたら好きで。
    『至高の首を見つけた!』とか言って誰彼かまわずスカウトしてくるんですから」

P「………恥ずかしいが、そういうことだ」

凛「じゃあ、仮眠室のアレはどう説明するの?」

P「ああアレ?すごいだろ?晶葉が作ってくれた安眠カプセルだ!」

未央「あ、安眠カプセル?」

P「ああ。高濃度の酸素を充満させたカプセルで仮眠をとることで、
  30分で6時間分の睡眠をとることが出来るんだ」

卯月「じゃあなんで棺桶型なんですか!?」

P「あれか……蘭子にデザインを任せたらああなってさ。
  晶葉が機能的には問題ないからっていうから、そのまま採用したんだ」

NG「「「………」」」

P「ほらほら、もういいだろ?
 はやくレッスン行ってこい」

NG「「「はーい」」」



ガチャッ



………

……………

…………………


未央「まったく人騒がせだよね、プロデューサーもさ!!」

卯月「うん。本当に吸血鬼だったらどうしようかと思った……」

未央「あれれー、しまむーってば信じてなかったんじゃないの?」

卯月「え?……あっ、違、その」

凛「…………」




凛(………おかしい)



凛(さっきプロデューサーが出て行ってから、私たちはずっと事務所にいた。
  その間誰も事務所には出入りしてない。
  『もちろんプロデューサーも』)

凛(だけど、仮眠室には玄関から『事務所を通らないと』入ることはできない)

凛(それにさっきの杏の態度……)



杏『来るつもりはなかったんだけど気が付いたらね』



凛(そりゃ、たまには仕事がなくても事務所にくることがあるかもしれない)

凛(だけど杏の場合、『自分の足で家から移動する』こと自体がありえない)


凛(………そういえば、蘭子に借りた漫画に描いてあった)

凛(高位の吸血鬼は、体を霧に変化して建物に侵入したり、
  魅了した異性を意のままに操ることが出来るって……)

凛(……………まさか、本当にプロデューサーは―――)



トンッ



凛「うっ……」フラッ

ガシッ

??「全く、私の専門は、荒事ではないのだけど……」ボソッ

未央「あれっ、しぶりん!?」

卯月「凛ちゃん!」

??「慌てなくていいわ。軽い貧血みたい。
   私が仮眠室まで運んでくるわ」

未央「そう?……じゃあ、まかせるね」

卯月「凛ちゃんのことお願いします、







   マキノさん」

マキノ「任せておいて」クスッ




………

……………

…………………


ちひろ「面白かったですね、三人とも」

P「ええ。100年分くらい笑いましたよ。
  よりにもよって俺が吸血鬼だなんて……」クククッ





P「どうしてバレたんでしょうね?」







ちひろ「普段から迂闊すぎるんですよ、プロデューサーさんは」

P「だったら人間のプロデューサーを雇えばいいのでは?」

ちひろ「だめですよ?人間がこんな激務に耐えられるわけないじゃないですか」

P「本当に鬼かこの人………いや、
  吸血鬼を調伏してプロダクションの社員としてコキ使ってる人に何をかいわんや、ってハナシですね」

ちひろ「じゃあこれからもがんばってくださいね?
    ………会社と主人(わたし)の為に♪」



P「御意、我が主よ(Yes, My m@ster.)」




おしまい

ここまでです。
読んでくださってありがとうございます
ほら、もうすぐハロウィンだしね?

では、HTML化依頼出してきます。

※本日の作業用BGM
http://www.youtube.com/watch?v=24kxUhe8GZg
今季のイチオシ
姫柊ちゃんがクッソかわいい(ステマ)

11:39│渋谷凛 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: