2013年11月06日

P「響の誕生日なぁ……」

P「んーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー……ん!」

小鳥「どうしたんですか、プロデューサーさん」

P「あー、すいませんうるさくて。いや今日響の誕生日じゃないですか」


小鳥「そうですね。みんなからお祝いして貰って、響ちゃんも喜んでましたよ」

P「ええ。ファンからもたくさんプレゼントや手紙が届いてました」

小鳥「段ボール箱いっぱいになってましたね。ふふっ、響ちゃん小さいから持つの大変そうでした」

P「可愛かったですねぇ」

小鳥「可愛かったですねぇ」

P「……違うんですよ。そうじゃなくてですね」

小鳥「はい」

P「音無さんやアイドルのみんな、そしてファンからもたくさんのおめでとうを響は貰ったわけです」

小鳥「プロデューサーさんだってプレゼントあげてたじゃないですか。料理用のミトンでしたっけ?」

P「ええまぁ。でもこう、もっと"なんかあるんじゃないかなー"とも思うんですよ」

小鳥「響ちゃんに特別なプレゼントをあげたいと?」

P「はい」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381402481

P「……いえ、あのですね」

小鳥「なんでしょう?」

P「ちが、そうじゃないんですよ」

小鳥「何がですか?」

P「えーと、いえ、違いませんけど……」

小鳥「ふふっ」

P「かないませんね。いいやまぁ、とりあえずそんなこんなで悩んでるんですよ」

小鳥「もういい時間ですものね。響ちゃんも帰ってますし」

P「何か追加で贈るっていうのも違う気がしますし、第一もう店が間に合わない」
小鳥「もういっそ響ちゃんに聞いてみればいいんじゃないですか?」

P「なんて聞くんです?」

小鳥「"大切な響の為に、俺から何かしてやりたいんだ(キリッ)"とか言えばいいんじゃないですか?」

P「え、それ俺の真似ですか? 俺そんなキャラじゃないですよ?」

小鳥「だからいいんじゃないですか。ねぇ、聞いてみたいわよね、響ちゃん」

響「うん」
P「……。ふゎぁっ!? 響、いつから居た!!?」

響「ぴよ子が"響ちゃんも帰ってますし"って言ったあたりだな」

P「あれそう言う意味か!!」

小鳥「何も嘘は言ってませんよ? プロデューサーさんが取り違えただけです」

響「えーと、ただいま」

小鳥「お帰りなさい、響ちゃん」

P「ああ、お帰り、響」
響「……」

小鳥「……」

P「……」

小鳥「あ、そっか。プロデューサーさんから響ちゃんへの特別なプレゼントだから、あたしが居ちゃだめよね」

P「え!? さっきのあれを言うんですか!?」

響「言ってくれないのか?」

P「ぐふっ」

小鳥「まぁまぁ。あたしはちょっと今夜のパーティーの買い出しに行ってきます」

P「え、いや俺が行く予定じゃ」

小鳥「今日の主役は響ちゃんですから響ちゃんのおもてなしが第一です。違いますか?」

P「そりゃ、そうですけど」

小鳥「響ちゃん、パーティーの準備の間プロデューサーさんと応接室の方に居て貰っていい?」

響「わかった。楽しみにしてるからなっ!」

小鳥「ええ。じゃ、行ってきます」

響「行ってらっしゃい!」

P「気を付けて」

バタン
響「……」

P「あー」

響「……」

P「コホン。……。"大切な響の為に、俺から何かしてやりたいんだ"」

響「///」

P「ああああ!! うわあああ!! 真顔で照れるの止めてくれ!!!!」///

響「ぷ、プロデューサーだって顔真っ赤じゃないか!」///

P「恥ずかしいんだよ仕方ないだろ! なんだこれ! うーわ、なんだこれ!! あっつい!」

響「言われる方も恥ずかしいんだぞ!」///

P「そりゃあ言う方だけ恥ずかしかったら不公平だろ!」

響「なにそれ!?」
P「はーあっつい。まぁいいや、それで何か欲しいものとかして欲しいこととかあるか?」

響「うーん、実は特にないんだー」

P「そうなのか? なんだっていいぞ?」

響「でもプロデューサーにはいつもお世話になってるし、ファンレターだってこんなにいっぱい貰えるようになったし」

P「それは響が頑張ってるからだろ」

響「でもプロデューサーのおかげなのは間違いないからさ。これからもよろしくお願いします」

P「ああ、こちらこそ」

響「……あ」

P「なんだ? 何か思いついたか?」

響「うん。プロデューサーのおかげでこんなにたくさんファンレター貰えるようになったでしょ?」

P「だからそれは響が……って言うと話が進まないな。まぁ今はそういうことにしておこう」

響「うん。だからプロデューサーにファンレター読んで貰いたいなって」

P「……それはあれか、音読しろってことか」

響「だめ?」

P「ッ! わかった。お易いご用だ!」(そんな上目遣いで小首傾げられたら断れるわけ無いだろ……!)

響「やった! じゃぁまずこれね!」
P『"いつも元気いっぱいの響ちゃんが大好きです! 私も踊りの練習してます!" えーと小学生の女の子だ』

響『おー! いつか一緒に踊れるといいなぁ』

P『"ちっちゃくても所狭しとステージを駆け回る姿に感動しました。これからも頑張ってください" 大学生かな』

響『自分ちっちゃくないぞ! ……んー、でもありがとう』

P『"けっこんしてください"』

響『ふぇ!?』

P『いや、ファンレターに書いてあるんだって!! えーと5歳の男の子だ』

響『な、なんだびっくりしたぞ』
美希「なんなの!? 響ずるいの!」

千早「準備できたから呼びに来たはいいけれど、あれは何をしているのかしら?」

春香「響ちゃんへのファンレターをプロデューサーさんが読んであげてるんだって」

美希「なんかすっごくうらやましいの!」

千早「まあまあ、今日の主役は我那覇さんだから」

美希「でもずるいの」

春香「そうだよ美希。でも準備出来たし、呼びに行かなくちゃ、ネ……?」

千早「は、春香? なんか黒いわよ……?」

美希「! そっか、次は美希の番なの……!」
P『えーと、"響は俺の嫁"』

響『なぁっ!!!?』///


おわり
やべ、言い忘れてた。
響、誕生日おめでとう。

13:24│我那覇響 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: