2013年11月06日

杏「最近プロデューサー来ないね」きらり「そうだにぃ」

杏(でも、プロデューサー何やってるんだろうね)

杏(あんだけドリンクやらガチャやらで多々買ってたのに)

きらり「杏ちゃん!アレPちゃんじゃ無いかにぃ?!」


杏「え、どこどこ?」

きらり「あの建物に…」

杏「あれは…横浜鎮守府?」
ちひろ「横浜鎮守府は最近できたばかりです」

ちひろ「同業他社に近いような遠いようなところです」

あんきら「?」

ちひろ「何でも、世界中の海に繰り出して怪物と戦っているそうです」

ちひろ「そこで指揮を執る人のことを提督と呼びます」

杏「…アタラシイゲームカナニカカナ?」

ちひろ「戦艦の代わりに艦むすという女性が前線に出ているそうです」

きらり「なんだか凄い話だにぃ…」
ちひろ「どうやら金づ…プロデューサーをとられたようですね」

きらり(金づる…)

杏(ファッキューチッヒ)

ちひろ「こうなったら仕方ありません」

杏「どうしようもないね」

ちひろ「二人には横浜鎮守府に乗り込んでもらいます」

あんきら「ふぇっ?」
ちひろ「書類はこちらで偽造します」

杏(できるのかよ)

きらり(ちひろちゃん怖いにぃ)

ちひろ「あとは、晶葉ちゃんに頼めば…」ブツブツ

杏「じゃ、杏は帰るから…」

きらり「そうだにぃ。帰ってはぴはぴするにぃ」

ちひろ「日程が決まり次第連絡しますからね!」
横浜鎮守府

------提督が鎮守府に着任しました

P提督(俺がこの鎮守府に着任して早○週間)

P提督(はじめは戸惑ったが、艦むす達とも打ち解けてうまくやっている)

五十鈴「遠征から帰ったわよー」

P提督「おかえり。よく頑張ってくれたな」ナデナデ

五十鈴「ちょ/////」

P提督(五十鈴、イムヤを手に入れる時に活躍してくれた心強い仲間だ)
赤城「提督、そろそろお昼の時間ですよ」

P提督「そうだったな。じゃあ、食堂に行くか」

-----食堂

天龍「俺も早く改になりたいぜ」
龍田改「天龍ちゃんならすぐなれるわよ」

龍譲「最近、ハンバーガーショップで勧誘されるんや…」
千代田(そう言われれば…)
千歳(確かに似てる…)

電「叢雲ちゃんいいなー改になって第1艦隊だよ」
雷「駆逐艦みんなのあこがれだよー」
叢雲改「そ、そう。ありがとう//」

長門「駆逐艦達はやはりかわいいな…フフフ」
陸奥「あんた最近そればっかね」

赤城「提督、この席空いてますよ」
P提督「ここにするか」
五十鈴「失礼します」
赤城「私、何故か大食いキャラにされてるんですよ」

P提督「そりゃ意外だな」

五十鈴「赤城さんは正規空母だから?」

赤城「どうやら入渠時間の長さやボーキサイトの消費で噂を流されたようです」

P提督「うちはどっちかという空母組より戦艦組だからな」チラッ


長門「おかわりを」
陸奥「あたしもー」

P提督「大和がいたらどうなっていたか…」
P提督「重巡組はまだ遠征か」

赤城「今回の遠征は日をまたぎますから」

五十鈴「そろそろ五十鈴も遠征の時間ね」

P提督「いつもすまんな」

五十鈴「これも五十鈴のお仕事ですから♪」

五十鈴「行ってきます!」

P&赤城「行ってらっしゃい」
------執務室
P提督「平和だなぁ…」

加賀「どうされました?」

P提督「いや、平和だと思ってさ」

加賀「今この瞬間にも戦っている子だっているんですよ?」

P提督「そうだけどさ、つかの間の休息ってやつだよ」

加賀「あなたはまったく…」

P提督「加賀さんだってあんまり休んでないでしょ?たまには休暇も必要だよ」シミジミ

加賀「は、はぁ…」

加賀(凄い説得力を感じます)
P提督(俺は今こうして提督をやっている)

P提督(プロダクションを離れ、また同じことになるのかと思っていた)

P提督(アイテム屋を見た俺は愕然とした)

P提督(ガチャがないのだ)

P提督(資材は毎日ある程度補給される)

P提督(艦むす達は建造で、装備は開発で資材を使用し作り出される)

P提督(ウン十万でやっと一人のSRアイドルと違う…)

P提督(お金を使わなくていいんだぁ……)ボロボロ
加賀「そうでした。提督、明日より新しい艦むすが配備されます」

P提督「あれ、聞いてないな」

加賀「どうやら上の方で急遽決まったそうでして…」

P提督「分かった。で、どんな子なの?」

加賀「駆逐艦と戦艦の子のようです。二人とも新型だそうです」

P提督「それは楽しみだ」アハハ

加賀「そうですね」ウフフ
--------次の日

双葉「駆逐艦、双葉。よろしく〜…」

諸星「超弩級戦艦、諸星だにぃ☆みんなハピハピするにぃ」

P提督「」

赤城「知らない子ですね」

長門「私もだ。一体どこの所属だったんだ?」

双葉「あー双葉達は、最近開発された新造艦なんだ」

諸星「だから諸星達のことはまだ誰も知らないにぃ」

陸奥「へぇーそんな艦むすが送られてくるなんて凄いじゃない」

P提督(\(^o^)/オワタ)
とりあえずここまで

続きは明日以降でーまったりやります
>>22
オウフ
間違えてた


長門「では、彼女たちを加えて軽く2-2を流してくる」

陸奥「大丈夫だって、双葉ちゃん旗艦だし」

諸星「諸星は戦艦だから大丈夫だにぃ☆」

P提督「お、おう…」

双葉「え、出撃するの?」

加賀「そのために配備されたのでは?」

赤城「では、行ってきます」
------海域

赤城「今日はいきなりボスルートか」

双葉「えー…まだ新人なんですけど」

加賀「私たちが倒すから大丈夫ですよ」

赤城「全機、発艦!」

陸奥「やっぱり開幕爆撃は強いねぇ」

諸星「ボスだけになったにぃ☆」

双葉「え、何で杏狙われてるの?」ヒュルルルルドーン

加賀「杏?」
双葉「なにこれ…痛いしボロボロ…」

長門「旗艦は沈まないから大丈夫だ」ドーン!ミス!

諸星「あn…双葉ちゃんボロボロだにぃ…敵を討つにぃ!」ドーン!ミス!

陸奥「今日は当たらないわね」ドーン!ミス!

加賀「敵のレベルが上がった?」ヒューン!ミス!

赤城「おかしいですね」ヒューン!ミス!

ル級「……!」ドーン!クリティカル!

双葉「ちょ、反撃が諸星に!?」
諸星「にょわー☆」

陸奥「ちょっと、いきなり轟沈!?」

長門「しっかりしろ!傷は浅いぞ!!」

諸星「危なかったにぃ☆」ダメコン!

赤城「ダメコンですか…?」

加賀「提督が持たせたのでしょうか。珍しい」

双葉(あきえもんの発明万歳)
--------鎮守府

赤城「艦隊が帰投しました」

P提督「ちょっ、二人ともボロボロじゃないか!」

諸星「調子が悪かったにぃ」

双葉「ブラックだー…」

P提督「急いで入渠するんだ!」

双葉「何それ?」

赤城「こっちです」
--------工廠
双葉「お風呂?」

赤城「さあ、身体を癒してください」

諸星「にょわ〜…」01:00

双葉「あ、時間制なんだ」00:05

赤城「諸星さん、そこのバケツを使ってください」

諸星「?」ザバー 00:00

双葉(そう言うシステムなんだ…)
--------執務室

P提督「無事で何よりだけど何でダメコンを持ってたんだ?」

諸星「ここのボタンを押すと出るにぃ」

双葉「サンキューアキハ」

P提督「oh....」

双葉「で、本題なんだけどさ」

P提督「ギクッ」

双葉「なんでこんなところにいるの?」
P提督「深いわけがあって…」

諸星「みんな寂しがってるにぃ…」

諸星「きらりも早く帰ってきて欲しいにぃ」

双葉「副業ってレベルじゃないよね」

P提督「うっ…」

諸星「ちひろさんも待ってるにぃ」

P提督「俺は帰らないから」キリッ

双葉(そういうことなのか)

諸星(Pちゃん…)
双葉「そんなにきついの?」

P提督「…向こうのアイテム屋を見れば分かる」

諸星「いろんなアイテムがあるにぃ☆」

双葉「資材のセット?あとは…ダメコンと…家具職人?」

P提督「このティーセットとかを作るのに使うんだよ」

諸星「家具は…コインで買うにぃ?」

P提督「コインは出撃や遠征で手に入るんだ」
双葉「攻撃力が上がったりするの?」

諸星「きらりんパワーが上がるにぃ☆」

P提督「ただのインテリアだ」

双葉「……マジで?」

諸星「300マニーだにぃ」

P提督「結構買う提督はいるぞ」

双葉「ガチャは?」

P提督「無い」
諸星「にょわっ、イベントは?」

P提督「バケツは遠征で手に入るし自分のペースで」

双葉「ここは天国か」

P提督「俺、ひょっとしたら課金のしすぎで今涅槃のかもな」

諸星「Pちゃん…」ホロリ

P提督「ちゃんとした事情もあるんだけどな」

双葉「誰かスカウトしようとでもしたの?」

P提督「赤城さんに声をかけたんだよ…」
モバP『すみません。私、こういうものですが』

女性『CGプロのプロデューサー?』 

モバP『はい、あなたが魅力的なので是非アイドルに』

女性『すみません。私、そういうのは…』

モバP『そんな、お話だけでも。そこのファミレスで』

女性『お話だけですよ?』

--------ファミレス

モバP『どうしてこうなった』

女性『このケーキをもう一つください』

モバP『』
今日はこの辺で

きらりの口調…むずい…

相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: