2013年11月06日

渋谷凛「大好きだよ」

事務所―――


がちゃ


凛「おはようござ――」

未央「しぶりんきたーっ!」タタタッ

卯月「凛ちゃーんっ!」

凛「って、え? な、なに二人ともっ」

未央「確保ー☆」ダキッ

卯月「ぎゅっ!」ムギュ

凛「え、え、えっ?」

未央「しぶりーん♪」

卯月「えへへへー♪」

ぎゅうぎゅう


凛「……なにこれ」

http://i.imgur.com/9SMRjRw.jpg
http://i.imgur.com/WiEPPWb.jpg
http://i.imgur.com/8PkYuA5.jpg


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376102551

卯月「♪」ギュー

未央「♪♪」ギュー

凛「え、えっと……未央、卯月? 暑いんだけど」

未央「そうだね、アツアツだよ私たち!」

凛「そうじゃなくて……」

卯月「じゃあラブラブかな? きゃっ♪」

凛「あぁもう埒が明かない」
P「おー、騒がしいと思ったら」スタスタ

P「おはよう、凛」

凛「あ、プロデューサーおはよ。早速だけど助けて」

卯月「凛ちゃ〜んっ」スリスリ

未央「しっぶりーん♪」コシコシ

P「うわぁ暑苦しい」
凛「事務所に来たらいきなりこうなったんだけど……」

P「なんだ、なにも言わずに抱きついたのか?」

凛「え?」

未央「いやぁ、だってしぶりんってばふっかふかで気持ちよくてさー」モフモフ

卯月「髪の毛なんてさらさらなんです! 羨ましいなぁ」ナデナデ

凛「も、もうなんなの……暑いし恥ずかしいってば!」
P「うんうん、仲良しでなによりだ」

うづみお「えへへー♪」

凛「い、いい加減教えてよ、全然分かんないよっ」

P「あはは、あんまりいじめるのも可哀想だ。未央、卯月」

未央「うん!」

卯月「凛ちゃん!」

凛「は、はい!」



うづみお「誕生日、おめでとうっ!」
凛「あ……」

P「思い出したか? 今日はお前の誕生日だろ」

卯月「ダメだよ凛ちゃん、自分の誕生日忘れちゃ」クスクス

凛「べ、別に忘れてたわけじゃ……だって抱きつかれただけじゃ分かんないよ!」

未央「んもう、それくらい察してもらわないと☆ 私たちの仲じゃん?」ツンツン

凛「どんな仲なの……つんつんしないでよっ」
卯月「ふふっ、凛ちゃん照れてるー♪」

凛「照れてない!」プイッ

未央「てれりんだね☆」

凛「てれりん!?」

卯月「えへへ、てれりんちゃん可愛い!」

P「てれりんか……新しい売り方でも考えるかな」

凛「やめて。絶対やめて。やめて。やめて」
未央「そんなてれりんに、豪華プレゼントがありますっ!」

凛「だからやめてって――プレゼント?」

卯月「うん、プレゼント。私と未央ちゃんで選んだんだ!」

凛「……私に?」

卯月「凛ちゃんは他にいないでしょ? ふふふっ」

未央「真面目に選んだからさ。受け取って、凛」

凛「未央……」
未央「……いやん照れくさいっ! うづきんにバトンたーっち!」

卯月「え、私っ? もう、未央ちゃんも照れ屋さんなんだから……よぉし」

卯月「えっと、凛ちゃん。誕生日、ホントにおめでとう!」

凛「う、うん……ありがと」

卯月「これからもずーっと仲良しで、一緒にアイドル頑張っていこうね?」

未央「……一生親友だかんねっ」ボソッ

凛「……うん」

卯月「……ふふ。凛ちゃんと、未央ちゃんと、私」

卯月「ずっとずっと、三人一緒だよ?」

凛「…………うん!」
卯月「そんなわけで、はいっ! これがプレゼント!」スッ

凛「わぁ……開けてもいい?」

未央「いいに決まってるでしょー」ボソボソッ

卯月「み、未央ちゃん、私の背中から離れよ?」

未央「恥ずかしーもんっ」ギュー

凛「未央も、ありがとね」

未央「うむっ」
凛「うん、じゃ開けるね――しょ、っと」パカッ

凛「……あ。これ、ピアス?」

卯月「正解っ♪ 凛ちゃんの誕生石が付いてるの!」

凛「確か……アイオライト、だっけ?」

未央「そそ、この誕生石の人は大胆さと繊細さを併せ持ってるんだよ!」

凛「……って、店員さんに聞いたんだね」
未央「ちょっとしぶりーん! せっかくカッコつけたのにー!」

凛「ごめんごめん。今度ご飯奢ってあげるから許して?」

未央「ほんとー!? やったー! ……ってなるかぁ!」ビシッ

凛「ふふ、いいツッコミ」

卯月「あははっ♪」

未央「てれりんめー!」

凛「だ、だからそれはやめてって――!」



P(いい子たちだなぁ、本当に……)ホッコリ
未央「あ、ちょっとプロデューサー! ずっと黙ってると思ったら、不審者みたいな顔してる!」

P「おま、なんてことを」

卯月「えぇっ、プロデューサーさん不審者なんですか!?」

P「違うっての!」

未央「まぁ冗談として、プロデューサーもしぶりんを祝ってあげなよ」

P「ん、あぁ……三人の邪魔しちゃ悪いと思ってさ」
凛「……ううん、そんなことないよ。私、プロデューサーにもおめでとうって言ってほしいな」

P「そうか?」

凛「うん。一番お世話になった人だしね」

P「よし、分かった。それじゃ、凛」

凛「はい」

未央(わくわく)

卯月(どきどき)

P「誕生日おめでとう。これからもよろしくな」

凛「……ありがと、プロデューサー。私の方こそよろしくね」

P「ああ」
未央「…………」

卯月「…………」

P「…………」

未央「…………」

卯月「…………」

凛「……? え、なにこの沈黙」

P「さ、さぁ」

うづみお「えっ、それだけ!?」

凛「えっ」

P「えっ」
卯月「プロデューサーさん、それだけですか!? ホントに!?」ユッサユッサ

P「なにが!? 他に言うことあったか!?」

凛「すごく自然な会話だと思うんだけど……」

未央「たくさんあるよ! 『凛、一段と綺麗になったな。好きだよ』とか!」

卯月「『嬉しい、私も好きだよプロデューサー』とか!」

P「おかしいじゃんそれ! アイドルとプロデューサーの関係じゃないじゃん!」
凛「そ、そんなこと……た、確かにだいゴニョゴニョ……だけど……」モジモジ

P「凛落ち着け、こいつらのペースに飲まれちゃいけない!」

凛「う、うん」

未央「しぶりん、私のこと大好き?」

凛「え? うん、大好きだよ」

卯月「私のことは?」

凛「もちろん大好き」

うづみお「じゃあプロデューサー(さん)は?」

凛「大好きだよ。…………あ」

凛「」ボッ

うづみお「やったああああああ!!」

P「」
凛「ち、違う違う! 好きじゃない、プロデューサーなんて好きじゃないから!」

P(それはそれで傷つく……)

未央「ダメダメしぶりん、あんなにポロッと出ちゃうくらいなんだから」

卯月「素直な気持ち、伝えられて良かったね♪」

凛「良くない! ぷ、プロデューサーなんてどうでもいいから!」

P「り、凛……」

凛「あ、ご、ごめんプロデューサー! そうじゃなくて、あのそのっ、嫌いなわけないでしょ! でも――」



未央「じゃあプロデューサーは私がもらおっかなぁ?」

凛「え」
未央「私だってプロデューサーのこと、大大大好きだもん☆」

凛「ちょ、ちょっと!」

未央「しぶりんがそう言うんじゃ、私がプロデューサーのお嫁さん候補になろっと!」

卯月「あ、じゃあ私もー! プロデューサーさんと一緒にいると、とっても楽しいし♪」

凛「卯月まで!?」

P「俺抜きでそういう話進めるのやめてくれませんかね」
卯月「えへへ、プロデューサーさん♪ 卯月をお嫁さんにしてください♪」ギュッ

未央「私だって負けないぞー! それっ☆」ダキッ

P「お、おいおいおい! 洒落にならないからやめろってお前ら!」

未央「やーめなーい☆」

卯月「やめませーん♪」

P「こら放せー!」

きゃいきゃい


凛「…………」

凛「…………」

凛「…………」ムスッ
P「り、凛! こいつら剥がしてくれ!」

未央「抱きつき未央だぞー♪」ムギュ

卯月「同じく卯月ですよー♪」ギュー

凛「……私だって」

P「え?」

卯月「あ」

未央「お」

凛「私だって……好きだもん」

P「り、凛ちゃーん?」



凛「プロデューサーのこと大好きだもん!」
P「凛お前なんてことを!?」

未央「やったー☆ これでニュージェネレーション制覇だよプロデューサー!」

卯月「おめでとうございますプロデューサーさん!」

P「めでたくないよね!? というか離れろよホント、暑いし!」

凛「そうだよ離れて!」

P「お、おお凛、言ってやれ言ってやれ!」

凛「プロデューサーはこれから私とデートするんだから!」

P「ダメだった!」
凛「ほら行こうプロデューサー、私の薬指に指輪嵌めてくれるんでしょ」ギュ

P「!?」

卯月「あ、いいなぁ凛ちゃん。私にも指輪ください♪」

未央「私は給料三ヶ月分がいい!」

凛「ダメ! 今日は私が主役なの! プロデューサーは私の!」

卯月「ううん、私のプロデューサーさんだよっ♪」

未央「一番愛してるのはこの未央だー☆」

私! 私♪ 私☆

P「ああああもおおおお!」ギュギュギュウ

P「お前ら正座ぁ!!」



おわり
というお話だったとさ
しぶりん誕生日おめでとう!

20:05│渋谷凛 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: