2013年11月07日

あずさ「皆の洗濯物」 貴音「私達が片付けましょう」

あずさ「と、言う訳で、今私達は次のライブに向けての合宿の為某長野県に来ています」

貴音「隠しているようでまったく隠れておりませんね」


あずさ「で、もちろん合宿所ですから炊事洗濯は自分達でやります」

貴音「料理は現在、春香とやよいとでやっております」

あずさ「他の子達は、元気よねぇ〜、近くの沢に遊びに行っています」

貴音「そこで、私達はやよいの手助けになればと思い、今洗濯をしております」

あずさ「流石に洗濯機はあるのよ〜、さて、まずは皆の洗濯物を放り込みましょー」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382606722


貴音「この籠は春香の物ですね」

あずさ「うふふっ、春香ちゃんらしい可愛いキャミソール。あら、ブラジャーのカップも結構大きいのね〜」

貴音「あ、あの、あずさ?あまりジロジロと」

あずさ「春香ちゃんってば、ショーツもブラもリボンがついてて、好きなのねぇ〜」

貴音「…色使いも、如何にも春香らしいと言う感じですね」

あずさ「うふふっ、でもね貴音ちゃん、こういう所も春香ちゃんらしいわよねぇ」

貴音「タオル?…近くのコンビニの開業記念のですね」

あずさ「女の子らしいものを用意する割には、こう言うのは家から持ってきて適当な物なのよねぇ」

貴音「そうですね」


貴音「続いては、これはやよいのですね」

あずさ「うふふっ、やっぱりやよいちゃんらしいわねぇ。可愛い」

貴音「年相応と言った所でしょうか?」

あずさ「でも、これでやよいちゃんがレースのショーツとかだったらそれはそれで」

貴音「…以前、プロデューサーがその様な事を言っていて律子に叩かれておりましたね」

あずさ「うふふっ、ブラもまだ、スポーツブラなのねぇ」

貴音「私、この様なものは初めて見ました」

あずさ「貴音ちゃんも、昔から大きかったの?」

貴音「はい、おもえば…何を言わせるのですか?!」

あずさ「あら〜」

貴音「…さあ、次の籠を」

あずさ「あら〜、千早ちゃんのだわ〜」

貴音「ほぅ、しかし思ったよりも」

あずさ「ええ、可愛らしいわね。私もっと地味な物を想像してたの」

貴音「ええ、春香に選んでもらっているのでは?」

あずさ「ああ、そうかもしれないわね〜。春香ちゃんのセンスとよく似てるわ〜」

貴音・あずさ((そういえば、ブラジャーなんだ(なのですね))

貴音「し、しかし、流石に14人分となると凄い量ですね」

あずさ「汗もたくさんかくものねぇ」


貴音「これは、雪歩の物ですね」

あずさ「…あら〜。このショーツ、意外に際どい…」

貴音「い、意外ですね。あの雪歩が…」

あずさ「こんなにレースが…あらあら、これじゃ透けちゃうわぁ」

貴音「妖艶な///」

あずさ「…それと、このショーツ何だか少しぬr」

貴音「あずさ」

あずさ「…あ、あらあら、何かの冗談よね。うふふっ」

貴音「…あずさ、これを」

あずさ「あら?真ちゃんの?やっぱりスポーツブラなの…か…」

貴音「…私、この様にフリルのついた下着は初めて見ました」

あずさ「凄いわ〜。合宿にこういうのを付けてくるあたりもだけど、このデザインがまた」

貴音「…乙女、ですね」

あずさ「ええ、乙女ね」

貴音「そう言えば、雪歩と真は相部屋、でしたよね」

あずさ「ええ」

貴音「…」

あずさ「貴音ちゃん、深く考えちゃ駄目よ〜」

貴音「…そう、そうですね。さて…おや?これは」

あずさ「律子さんのだわ〜。淡いグリーンで、あら、でも結構可愛いわぁ」

貴音「しかし、私達は人の下着を見て何を…」

あずさ「これは美希ちゃんのねぇ〜。あら?このショーツとブラ、律子さんと似てる…」

貴音「一緒の店で買ったのでは?」

あずさ「ということは、あの2人でオフの日に遊びに行くこともあるのねぇ〜」

貴音「ああ言いながら、律子は美希の事を、大分気にかけているようですから」

あずさ「結局、律子さんもまんざらでもないのよねぇ」
貴音「…これは、あずさのですね」

あずさ「ええ」

貴音「…やはり」

あずさ「あら?どうしたの?」

貴音「こ、この様なは、はれんちな!」

あずさ「あらあら〜。この位普通よ〜…それにしても貴音ちゃん」

貴音「はい」

あずさ「貴音ちゃんも割と」

貴音「こ、これはあずさが選んでくれたから」

あずさ「あらあら〜、嬉しいわ〜」

貴音「…伊織もらしいといえば、らしいですね」

あずさ「ええ、お上品な感じだわ〜」

貴音「しかし、響も真と似ていますね、流石にブラジャーは大きいようですが」

あずさ「そうねぇ、亜美ちゃんと真美ちゃんも、最近大きくなってきて、あわないって言ってたわ〜」

貴音「あの2人は、身長もすごい勢いで伸びておりますからね」

あずさ「二人ともお揃いのショーツとブラ〜、でも、これでどっちが自分のって、分かるのかしら?」

貴音「…気配、でしょうか」

あずさ「…下着から、気配がするの?」

貴音「…さあ」

あずさ「そうねぇ…さて、と、これで全員…あら?誰のかしら、この籠…は…」

貴音「あの…その殿方の下着は…」

あずさ「落ち着くのよあずさ、この合宿所は765プロの貸切、管理人の御爺さんは明後日まで戻らない。昨日の合宿所にいた男性は」

貴音「…プロデューサーのみ」

あずさ「…そして、目の前には」

貴音「殿方の下着ですね」

あずさ「…」

貴音「…」


あずさ「…ボクサー(ボソッ)」

貴音「あ、あずさ?」

あずさ「…ねえ、貴音ちゃん」

貴音「何でしょう」

あずさ「洗う前だからかしら?まだこう、ね。形状がね」

貴音「…あずさ、それ以上は」


あずさ「大体…この位?」

貴音「///」

あずさ「あらあら〜、真赤になっちゃって〜」

貴音「あ、あの、あずさ、さすがにそれ以上はその」

あずさ「うふふっ、凄いわね〜男の人の下着をこんなに間近で見るの初めて〜」

貴音「…し、しかし、これをプロデューサーが穿いていたという事ですか」

あずさ「…うふふふふふふっ」

貴音「あ、あずさどこへ!?」

あずさ「うふふふふふふふふふ」

貴音「…深く詮索するのは、危険ですね…洗濯、してしまいましょう」


P「いっけね、自分の下着くらい自分で洗おうと思ったらどこに…お、あったあった」

パンツ\やあ/グッチョリ

P「…なんじゃこりゃ…?!まさか、俺ってば中学生じゃあるまいし!?いや待て、でも昨日脱いだだろ?あれ?おかしいな…疲れてるんだな、とっとと洗おう」

あずさ「あら?プロデューサーさん、どうされたんですか?」

P「え?!あ、ああ、いや、自分の下着くらい自分で洗わなきゃなーって!あはははははっ」

あずさ「うふふふっ、言ってくだされば、洗っておいたのに」

P「い、いえ、大丈夫です!それでは!」

あずさ(うふふっ、慌てちゃって…うふふっ)



終わり

酷いね、うん。
あずささんが使ってた汗拭きタオル下さい。

相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: