2013年11月07日

亜美「兄ちゃん、もうやめようよ」

亜美「むりだよ、入るわけないっしょ。サイズ考えてよ!」

P「いや、まだいけるはずだ」

P「あきらめなければどうにかなる!」


亜美「んにゃ、そーゆー精神論じゃなくて物理的に入らないっぽいよ」

P「ゆっくり押し込めばきっといけるだろ」

亜美「兄ちゃんやめて!」

亜美「力づくじゃ何も解決しないよ」

P「ほら、体勢を変えて先っぽからゆっくり入れれば」

亜美「無理!裂けちゃう!裂けちゃうよ、兄ちゃん」

P「大丈夫、結構頑丈に作られてるもんだって」

P「だから、な?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1379421745

亜美「だいたいこんなところ誰かに見られたらどうするの?」

P「まあ、少し恥ずかしいかもしれないけど問題ないさ」

亜美「兄ちゃん死んじゃうよ?社会的に」

亜美「兄ちゃんだけじゃなくて765プロ全体が変態事務所って思われるよ」

P「ん、それは少し困るな」

P「とは言ってもここには誰も来ないし防音もしっかりしてる」

P「あとは、な」

P「亜美さえ黙っててくれたら何も問題はないはずだろう」
亜美「……うぅ」

P「それとも亜美は765プロが変態事務所と言われ、仕事を受けられなくなってもいいのか?」

亜美「……それは亜美も困るけど」

P「だったら亜美はどうするべきか、解るだろう?」

亜美「……」

P「大丈夫、亜美さえ黙っててくれれば誰も不幸にならない」

P「亜美のことも俺がしっかり幸せにしてやるから安心してくれ」
亜美「もう、止めても無駄っぽいね……」

P「ああ」

P「今日この場所で、俺たちは一つになるんだ」

亜美「……できるだけ早く終わらせてね」

P「善処する」

P「亜美、ハンガー取ってくれ。服に皺がつくと困る」

亜美「亜美は手伝わないよ」

亜美「兄ちゃんが勝手にやればいいっしょ」

亜美「亜美は巻き込まれただけだもん」

P「そうか、じゃあ自分でとるよ」




P「な、入るもんだろ?」

亜美「……」

P「どうした、だんまりか?」

亜美「……」

P「おいおい、いつもの迷惑なくらいに元気な亜美はどこに行ったんだ?」

亜美「兄ちゃん……」

P「お?どうした?」

亜美「……動かないで、壊れちゃう」
P「うーん、見栄えが良くないな……」

P「毛、剃っちゃおうか」

P「薄い方とはいっても無いに越したことはないよな?」

亜美「好きにすればいいっしょ」

亜美「亜美に聞かないでよ」

P「いや、一応な」

P「強引に付き合わせちゃって悪かったとは思ってるんだよ」

亜美「じゃあ最初っからやんなきゃいいっしょ……」

P「ヤバいとは思ったけど欲望を止められなかった」

亜美「亜美はいつまで付き合わされるの?」

亜美「ねえ、兄ちゃん?亜美そろそろ限界だよ?」

P「なんだ、いきなり?」

亜美「なんで亜美なの!」

亜美「別に亜美じゃなくても兄ちゃんは構わないっしょ!」

P「そんなことない、俺は亜美以外考えられない!」

亜美「じゃあさ、兄ちゃんはなんでそこまで必死に……」

亜美「真美のステージ衣装を着るんだよ!?」
亜美「そんなに真美が好きなら真美を巻き込めばよかったっしょ?」

亜美「亜美は真美の代用品じゃないんだよ!」

P「そ、そんなつもりは全くない!」

亜美「もう亜美には兄ちゃんの本音がわかんない」

亜美「真美本人には何も言えないから亜美で我慢してるの?」

亜美「もしそうだったら亜美は兄ちゃんを許さない」

亜美「亜美も真美も別の人間なんだよ」

亜美「中学生の純心踏みにじんな、ばかやろー!」
扉<バタン

P「……行ってしまったか」

P「俺、何か間違ってたかなあ……」

P「ただ俺は真美になって亜美とずっと一緒にいたかっただけなんだけどなあ」

P「朝起きたら亜美の顔が隣にあって、夜寝る前に最後に見るのも亜美の顔」

P「そんな生活が送りたかっただけなんだけどなあ」

P「俺は真美にはなれないのか……」
_____翌朝

prrrrrrr

小鳥「……はあ、体調不良ですか?」

小鳥「いえ、こっちのことは大丈夫ですから今は自分の体のことを考えて下さい」

小鳥「ええ、お大事に」

真美「兄ちゃん今日お休みなの?」

小鳥「ええ、声に全く生気が無かったしかなり悪いんじゃないかしら……」

小鳥「亜美ちゃんも今日はお休みなのよね?」

真美「うん、昨日帰って来てからずっとベッドの中」

小鳥「心配ね……」

真美「真美もあんま体調良くはないんだよね」

真美「夜中にすすり泣く声が聞こえて寝不足気味……」

小鳥「それなら少し寝てきていいんじゃない?」

小鳥「今は美希ちゃんがいないからソファ空いてるわよ」

真美「うん、そーする……」
小鳥(真美ちゃんの聞いたすすり泣きって、どう考えても亜美ちゃんの泣き声よね……)

小鳥(昨日の亜美ちゃんの最後のスケジュールは……)

小鳥(あー、プロデューサーさんとレッスンね……)

小鳥(……ということは、もしやっ!)

<mousou>

P『ぐへへ、亜美ぃ、腰をもっとふるふるフューチャーせなあかんでぇ』

亜美『うあうあー、パッと舞って ガッとやって チュッと吸われるー』

P『げへへ、今夜はななないないしょのチャンスナイトやでぇ』

亜美『兄ちゃんは恋と欲望もてあそぶ詐欺師だー』シクシク

</mousou>

小鳥「……なんてことにっ!」

P「……来てしまった」

P(今、俺は立派な邸宅の前に立っている)

P(表札に書かれた苗字は『双海』)

P(亜美は事務所にいるのだから、会えるわけもない)

P(もし家にいたとしても、会ってくれるはずもないだろう)

P(それだけのことをしたのだ)

P(冷静になってみると、我ながら恐ろしい思考をしたものだ)

ケータイ<prrrr

P「ん?メール、誰だ?」
to:P<p-shaped-head765@codomo。ne。jp>

from:亜美

title:無題

本文
 何しに来たの
 入ってくればいいじゃん

_____________________

P(顔文字も記号もない、やっぱり怒ってるなぁ……)

P(って、いるのか!家に、今)

P(……入るか)

亜美「んで、なんかゆーことは?」

P「……昨日はごめん」

亜美「……それだけ?」

P「……ああ」

亜美「亜美が急に休んだから怒りに来たんじゃないの?」

P「昨日あんなことがあったからな、実は俺も今日は休んだんだ」

亜美「亜美と会いたくないから?」

P「正直な」

亜美「じゃあなんでわざわざ家まで来たの?」

P「謝りたいと、そうしないといけないと思いなおした」

亜美「亜美がいなかったらどうするつもりだったの?」

P「帰ってくるまで待ったよ」

亜美「……兄ちゃん、それストーカーっていうんだよ」

P「それくらいに愛してるんだよ」

あ、ID変わったけど>>1です
亜美「……」

亜美「兄ちゃん、冗談きついよ?」

P「本気だ、本気で俺は亜美を愛してるよ」

亜美「真美じゃなくて……?」

P「ああ、俺は双海亜美を世界の誰よりも愛してる」

亜美「じゃあ、なんで昨日あんなことしたの?」

亜美「亜美よくわかんないけど、そうゆーのって好きな娘のがいいんじゃないの?」

P「その知識誰に聞いた」

亜美「ピヨちゃん……」

P「あー、次からは聞き流していいからな」

亜美「あい」

P「えー、俺が真美の衣装を着た理由だが……」

P「真美っていつも亜美の隣にいるだろ?それが羨ましかったんだよ」

P「だから真美になりたいと思った」

亜美「兄ちゃんはときどき訳の分からない発想に至るよね……」

P「独創性がなけりゃ、この先生きのこれない業界だからな」

亜美「独走しすぎて誰もついてこれないっしょ……」
亜美「でも、亜美は兄ちゃんについていくよ!」

亜美「亜美も兄ちゃん好きだし」

亜美「ずっとずっと前から好きだったんだよ」

P「……本気か?」

亜美「じゃなきゃ昨日だって付き合わないっしょ」

亜美「『事務所の衣装室に、誰にも見つからずに来てくれ』なんて誘いに乗るわけないよ」

亜美「そしたらあんなびっくりファッションショーの観客にさせられて……」

P「いや、悪かったと思ってるよ」

亜美「ほんとに?」

P「ほんとに」

亜美「じゃあ亜美のお願い聞いてくれる?」

P「何でもするよ」

亜美「んっふふー、今なんでもするって言ったね?
P___数分後

「いや、いくらなんでもこれはアウトだろ」

亜美「でも昨日みたいな困難はないっしょ」

亜美「それに兄ちゃんの辞書にアウトなんて言葉あんの?」

亜美「昨日あんなことしておいて」

P「ちゃんと反省したよ、もう二度としないってご先祖様に誓ったわ」

亜美「そんなこと誓われてもご先祖様どうすればいいの?」

P「……あー、こいつはしっかりわしが監視しておかなきゃならぬ、とか?」

亜美「兄ちゃんの監視は亜美の役目だかんね!ご先祖様はお帰り下さい」

亜美「それとね、兄ちゃんは大事なことを見落としてたよね」

亜美「亜美と真美はいつでもお揃いなんだよ」

亜美「兄ちゃんは少し向こう見ててね」

  みなさんこんばんは、双海真美です
 
  こういうときどういう顔をしたらいいのか、真美にはわかりません

亜美「もー、兄ちゃんはー。さっきからはみ出しっぱなしじゃん」

P「あはは、亜美が可愛いからしかたないだろ」

  亜美と兄ちゃんがリビングでいちゃついているのを目撃してしまいました

  スクール水着のペアルックです

  二人とも、胸のゼッケンには『双海』と書いてあります

  恐らく兄ちゃんが着てるのは真美のスク水でしょう

  そっと真美は扉を閉じました

  亜美が寝ているかもしれないと思い、
  
  音をたてないようにしていたので二人はまだ真美の帰宅に気づいていません

  今日はいおりんにでも停めてもらおうと思います
  
お わ り

きっと俺は疲れてる

08:55│双海亜美 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: