2013年11月07日

モバP「李衣菜をロックなアイドルにしてやりたい」

P「はぁ……」

P「どうするかなぁ……どうすればいいんだ……」

P「どんなふうにプロデュースしたら、李衣菜をロックなアイドルにしてやれるんだろう……」


P「そもそもロックってなんだ……? 一体、なにをもってしてロックと言うんだ?」

P「うーん……分からない」


P「ロック……ロックンロール……ロックロック……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377870919

P「あ、そういえば」ティン

P「ロックンロールってスラングで性交の意味だったな……」

P「性交……性欲……性癖……」ブツブツ


P「…………俺の性癖は太もも萌え」



P「……よし」ガタッ




P「か た ぐ る ま だ !」
次の日、事務所―――


がちゃっ

李衣菜「おはよーございまーす!」

P「おう、おはよう李衣菜!」

李衣菜「あ、プロデューサー。はい、おはようごz……って」

李衣菜「なんで背中向けて屈んでるんですか?」



P「肩車だ」

李衣菜「え?」



李衣菜「……え?」
P「もう一度言う、肩車だ!」

李衣菜「え、いや……肩車ですか? なんで――」

P「俺はな、李衣菜」

李衣菜「へ? は、はいっ」

P「……俺は、李衣菜をトップアイドルにしてやりたいんだ。どんなことをしても!」

P「だから、たくさん考えた。たくさんたくさん……李衣菜にしてやれることを」

李衣菜「プロデューサー……」ジーン





P「だから、李衣菜を肩車したい」

李衣菜「ごめんなさい、意味分かんないです」
―――


ちひろ(おはようございます。千川ちひろです)

ちひろ(朝出社したら、プロデューサーさんが担当アイドルに背を向けて懇願していました)


ちひろ(……肩車させてくれ、と)


ちひろ(訳が分かりませんでした)

ちひろ(押しに押された李衣菜ちゃん。結局プロデューサーさんにまたがってしまいました)

ちひろ(そして、そのまま……)
―――


P『おおお、おおおおお! 李衣菜、李衣菜の太もも! おほほおおおおおっ!』スリスリスリスリ

李衣菜『あああそんなすりすりしないでっ、あ、あはははくしゅぐったははははは!』

P『うおおおおお! 李衣菜ぁ! このまま営業行くぞおおおおお!!』

李衣菜『えっちょ、えええ!? ま、待って待って! はず、恥ずかしいですってぇ!』

P『いや、この羞恥心を耐えればきっとロックになれる! 俺のプロデューサー魂がそう言ってる!』

李衣菜『行きます!!』キリッ

P『いい返事だ! 行くぞっ、しっかり掴まってろ!』

李衣菜『はいっ!』ギュッ

P『うほおおおおん李衣菜のすべすべ内ももおおおん!! じゃあちひろさん、行ってきまーす!』

李衣菜『まーす!』

ちひろ『あ、はい』

だだだだっ がちゃっばたーんっ


―――
ちひろ(……というわけです)

ちひろ「はぁ……どうしましょ、今日の打ち合わせ……」


―――
――

駅前通り―――


がやがや……

  ざわざわ……


「うわ……なんだあれ、見てみろよ」

「女の子を肩車して……変な人」

「わからないわ」


李衣菜「……あの、プロデューサープロデューサー?」

P「どうした李衣菜。高いところから見る街は、また違って見えるだろう?」テクテク

李衣菜「や、そうじゃなくて……やっぱり恥ずかしいですよぅ……」モジモジ

P「はふぅん、もちもち太ももぉ……おぉん……」

李衣菜「き、聞いてます?」

P「……はっ!? 聞いてる聞いてる、大丈夫だ」

李衣菜「ならいいですけど……」
P「それで、恥ずかしいって?」

李衣菜「あ、当たり前ですよ! こんな公衆の面前で肩車なんて……」

P「はっ、そんなんじゃロックなアイドルになんてなれっこないな」

李衣菜「なっ!?」

P「当然だ。こんなことで恥ずかしがって、なにがロックだよ。まったく……」

李衣菜「う、うぅ……でも、でもぉ……!」
P「李衣菜、根性見せろ。顔を上げて、周りを見渡してみるんだ」

李衣菜「周りを……?」

P「そうだ。今、李衣菜は世界の中心にいる。ここならお前の声はどこまでも届く」

P「私はここにいるんだーって、叫んでみろ! 大丈夫、俺もついてるから」

P「お前を信じてるよ、李衣菜!」

李衣菜「プロデューサー……!」






ちひろ(でも街なかで女の子を肩車してる変態なんですよね……)←心配でついてきた
李衣菜「……分かりました! 私、やります!」


ちひろ(やっちゃうんだ……)


P「いい返事だ!」

李衣菜「ここで、プロデューサーの頭の上で! やってやりますよ!!」

P「おう! 一発かませ、李衣菜!!」


ちひろ(あーあーあー……私どうなっても知りませんよ……)ハラハラ
わいわい……

  がやがや……


「なんだなんだ?」

「あの人たち、なんかやるみたいだけど……」

「つか、なんで肩車?」



李衣菜「――皆さんッ! 聞いてください!!」



李衣菜「私の名前は! 多田李衣菜ですッ!!」
「りーな? 聞いたことあるような、ないような」

「あー……あのアイドルの?」

「え、アイドル!? ……アイドルがなんでおっさんにまたがってんの?」

「いや知らねーけど」



李衣菜「私はいずれ、すっっっごくロックなアイドルになってみせます!」


李衣菜「見ててください! 退屈なんてさせません!!」


李衣菜「どんなふうに思われてもいい!」


李衣菜「どんなに笑われても! どんなに貶されても!」


李衣菜「私はッ!!」



李衣菜「夢を!! 諦めませんッ!!!」





P(あっやべ、李衣菜が叫ぶたびに太ももに挟まれて幸せだわ……ちょっと汗に濡れてしっとり……ぬふぅ)
李衣菜「はぁっ……はぁ……っ」



……ぱち

ぱち  ぱち

   ぱち

 ぱちぱち……



李衣菜「……!」
「……すげぇ」


ぱちぱちぱち!


「多田李衣菜ちゃんか……覚えとこ」

「いい声だったなー」


ぱちぱちぱちぱち!


「頑張れよー! 応援するぞー!」

「あんたのロック感じたぞ!」

「だからなんで肩車なの?」


わぁぁぁああああ……!


李衣菜「あ……!」



李衣菜「ありがとう、ございますっ!!」
李衣菜「プロデューサー! 私、私っ! やりました!」ムギュッ

P「うっ。……ふぅ」

P「……ああ、よくやった李衣菜。これでお前も、トップアイドルの階段を登り始めたんだ」

李衣菜「はいっ! プロデューサーのおかげです、ありがとうございます!」

P「はは、まだまだ感謝するには早いぞ。もっともっと精進しなきゃな。ついてこれるか?」

李衣菜「もちろんです! プロデューサーに一生ついていきますからっ」

P「おー、言ったなこいつめー」

李衣菜「えへへー♪」





ちひろ(なんでちょっといい話ふうになってるのかしら)
―――
――



ちひろ(これが後に、『ロックアイドル誕生秘話』として語られる出来事です)

ちひろ(当時は無名に毛が生えた程度の知名度だった李衣菜ちゃん……)

ちひろ(しかしその名は、またたく間に日本中に轟いたのです)

ちひろ(そして……)
―――


P「李衣菜! 新しい仕事がきたぞ!」

李衣菜「ホントですかっ? へへ、じゃあさっそく行きましょう、Pさん!」

P「よしきた!」スッ

李衣菜「んしょ、んしょ」ヨジヨジ



P・李衣菜「よしっ!」ガシーン



ちひろ(なぜかプロデューサーさん込みで仕事がくるようになりました)

ちひろ(……ひとつ訂正です。『ロックアイドル誕生秘話』ではなく……)

ちひろ(『肩車アイドル誕生秘話』、でした)
P「それじゃ、ちひろさん。俺たち仕事に行ってきますね!」

李衣菜「行ってきまーすっ」

ちひろ「はいはい、いってらっしゃーい」

がちゃ ばたんっ

ちひろ「……どうしてこうなったんでしょう……」



P「でゅひょひょひょ、李衣菜の太もも気持ちいいなーうへへへ」グリグリペロペロ

李衣菜「もーっ、くすぐったいって言ってるじゃないですかぁ♪」



P「あれ、そういえばロック……ま、いっか!」



おわり
というお話だったのさ
Cool Jewelriesジャケットのだりーなの太ももprpr
>>11
だりーなはそんなはしたないこといわない!

08:57│多田李衣菜 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: