2013年11月07日

奈緒「加蓮が幼児退行しちまった!」

モバP「はいはいわろすわろす」

奈緒「ちょ、もっと真面目に聞いてくれよ!」

モバP「いや、だってなぁ……奈緒の頭がおかしくなったとしか思えん」


奈緒「何だよ、アタシの言ってることが信用できねぇってのかよ!」

モバP「うん」

奈緒「即答!?」

モバP「お前、加蓮が幼児退行しましたーってアホかと。アニメの見過ぎで脳が二次元にぶっ飛んだとしか思えん」

奈緒「ぐぬぬ……! 好き放題言いやがって! じゃあ、直接本人に会ってみな! それで、アタシが言ってることが本当だってわかるからさ」

モバP「わーったよ。どうせ俺をまた嵌めようって魂胆」

加蓮「ぷろでゅーさーーーーー!」ダキイイイイイッ

モバP「…………は?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378386956

加蓮「ぷろでゅーさーのにおいがするー!」スリスリ

モバP「いや、いやいやいやいやいやいやちょっと待て待ってくれ」

モバP(何だ何が起こっているんだ、あの加蓮が幼児退行とかおいおいマジかよちょっと訳わかんねーよわかるわけね−だろ殺すぞ)

モバP「ちょ、おい加蓮」

加蓮「どうしたの? わたしなにかへんなことした?」キョトン

モバP「ああ、現在進行形で変なことしてやがんよ。とりあえず、ちょい離れててな」

加蓮「うん!」ニッコー

モバP「よし、いい子だ。……で、どういうことだ?」

奈緒「だから言った通りだって。わかれよっ」

モバP「わかるか、ボケっ! で、何があったんだ」

奈緒「……加蓮が、常備薬と間違えて晶葉の幼児退行の薬を飲んだ」

モバP「これ以上ないくらいにわかりやすいなっ! コナンの逆バージョンとかもうマジさぁ!」

奈緒「んで、どうすんだよ? まさか、あんな純真無垢で慕ってくれる女の子を放置なんて天下のプロデューサーがする訳ねーよなぁ」

モバP「クソファッキュー」

奈緒「それがアイドルに向ける言葉かよ!?」

モバP「うっせー! 第一なんだよ、お前や凛が面倒見ればいいだろ」

奈緒「アタシ達よりも大人であるプロデューサーの方が信頼感あるじゃん」

モバP「もっともなこと言いやがって……くそっ、後で奈緒の秘蔵映像は売っぱらってやる」

奈緒「やめろよ!? つーか、何だよ秘蔵映像って!」

モバP「毎日大変お世話になっております」

奈緒「へ、変なコト言うのやめっ! 仮にも、担当アイドルだろ!」

モバP「だって、奈緒可愛いし−」

奈緒「そういうことを真顔で言うなよ!」

モバP「っけ。厄介なこと押し付けるんだ、これぐらいの役得がなくてどうするんだ。なぁ、加蓮」

加蓮「うん! よくわからないけど、ぷろでゅーさーのいうとおりだよー」」

モバP「だろ?」

奈緒「だろ? じゃねーーーーし! もういい、しっかり面倒見ろよ! プロデューサー!」ドタドタ

モバP「……行ってしまったか」

加蓮「ぷろでゅーさー? どうかしたの?」

モバP「ああ、何でもねーよ。それよりも、今日はお前フリーだろ?」

加蓮「うん! ぷろでゅーさーとずっといっしょなんだ!」

モバP(はぁ……キラキラした目で見やがって……)

加蓮「?」

モバP(さすがに今の状態の加蓮を放置はできないか……。
    だからといって、ずっと事務所だとなぁ。一部ヤバイお婦人方が来たら……考えたくもねぇ。
    とりあえずは――)
モバP「なぁ、加蓮。あー、その、な……」

加蓮「なに?」

モバP「気分転換も兼ねて、どっか外に出ねぇか?」

加蓮「いいよっ。これってでーとかな? やったぁ!」

モバP「デートじゃないっちゅーの。とりあえず、ほら。離れると面倒でダルいからさ、手、握っとけ」

加蓮「ありがとう、ぷろでゅーさー。それで、どこにいくの?」

モバP「あー……どうすっか……」

モバP(さすがに家に入れるのはやべーしなぁ。一応、アイドルだし。
    まあ、手を繋いで外出るんだったらんなこと考えてもしゃーねーか)

モバP「どっか行きたいとことかあるか? 遠慮することはねーぞ?」

加蓮「んー。じゃあね、わたし、はんばーがーがたべたい!」

モバP「バーガーか……ま、加蓮らしいっちゃあらしいけど」

加蓮「ぷろでゅーさーはきらい?」

モバP「嫌いじゃねーけど。最近はご無沙汰だな。値上げだったりメニュー表なくしたりだったり」

加蓮「そうなんだ。でも、わたしはぷろでゅーさーといっしょならどこでもいいよ?」ニッコー

モバP「お、おう」

モバP(ちくしょおおおおお! 無駄に、可愛さ百倍増しじゃねえかよ! 普段も可愛いけど、ロリ加蓮もやべーーよ!!)

モバP「とりあえず、外に出るか。ま、歩きながら考えよう」

加蓮「そうだね! えへへ、いっしょにおでかけだよ!」

???「そうはさせないにゃ! ストーーーーップだにゃーーーー!」
モバP「……悪いが、今日の俺はみくにゃんジョークに付き合ってる暇はないぞ」

みく「にゃにゃにゃ!? Pチャン冷たい! いつものホットなPチャンは何処に行ったんだにゃ!」

モバP「にゃーにゃーうっせー……ともかく、かくかくじかじかでな」

みく「ふんふん。にゃんにゃんにゃごにゃごってことでおけー?」

加蓮「ぷろでゅーさーとおでかけなんだよー」

みく「ぐにゅにゅ……何故かラブ臭がするにゃ……みくの鼻はごまかせないにゃーーー!」

モバP「アホか。んな訳ねーから。アイドルとプロデューサーが恋愛とか俺の首がマッハでズンバラリンだっつーの」

みく「それでも、愛ある限り!」

モバP「ねーって!」

加蓮「……」クイクイ

モバP「ん? どうかしたか?」

加蓮「ぷろでゅーさーってれんあいだめなの?」

モバP「駄目っていうか、体裁があるからな。一応は境界線超えちゃあやべーってこと」

加蓮「じゃあれんあいがだめならけっこんすればいいんだよ! わたしと!」

モバP「――――」

みく「にゃ、にゃにゃ? おかしいにゃ……いつもの加蓮チャンじゃにゃい……」
みく「み、みくも、恋愛が駄目にゃら結婚だにゃ!」

みく「いやいや、でも、いきなり結婚は早すぎるというか」ヨシッ、カレンイマノウチダ

みく「ふにゅにゅにゅにゅ! そんにゃ! Pチャン、いきにゃりプロポーズだにゃんて!」ワカッター

みく「でも、どうしてもというんにゃら、いいよ?」

みく「きゃーーーーーーーーー! みくにゃん電撃結婚引退待ったなしにゃああああああああああああ!!!」

みく「みっくみっくにしてやるにゃー! Pチャンもみっくみっくにゃーーー!」

みく「新婚旅行は、何処がいいかにゃ! やっぱり、外国とか?」

みく「やっぱり日本かにゃ!! ねぇ、Pチャンは――!」

ポツーン

みく「…………」

みく「にゃ、にゃんで……誰も居ないんだにゃーーー−!!!!!!!」



加蓮「だいじょうぶなの?」

モバP「大丈夫だ、アイツはアレぐらいじゃへこたれないから。それよりも、さっさと離れるぞ。
    変なやじを飛ばす奴等が来る前にさっさと行かないと」

加蓮「じゃあ、あんしんだね」ダキツキーッ

モバP「ひっつくな、暑苦しい」

加蓮「えー、このほうがいいよ」

モバP「バッカ、カップルじゃあるまいしするか。手を繋ぐだけで我慢しろ」

加蓮「いじわるー! はくじょうー! おにー! てんねんたらしー!」

モバP「幼児化したっていうのに言葉は知ってんのな!」

加蓮「ふーんだ! こうなったらむりやりだきつくもん」

モバP「だから、やめろっつーーーの!!!」




突然の睡魔が襲ったので一旦寝ます。明日の夜にでも再開します。
ハンバーガーショップの後は、デートですが適当に案でもぶん投げてくれると拾ったり拾わなかったり。

後、加蓮誕生日おめでとう! いつまでも、夢を追い続けるアイドルでいてください!
病弱な過去を夢への想いの強さで乗り越えた彼女に惚れた身としては、魅力的で応援したくなるのです。
モバP「久し振りだな、前はよく行ってたもんだ。なつかしーもんだ」

加蓮「わたしはすきだよ? こういうとこ?」

モバP「ま、人それぞれ好みはあるからな。さっさと食ってどっか行こうか」

加蓮「はーいっ、いただきまーす」ハムハム

モバP(いい食べっぷりなもんだ。見てて子供みてーだ……って今は子供か)

加蓮「ん? どうしたの、ぷろでゅーさー?」

モバP「何でもねーよ。さっさと食え食え」

加蓮「そういうぷろでゅーさーはなにもたべてないじゃん」

モバP「俺はコーヒーだけでいいんだよ。食べんのダルいし」

加蓮「そういうのはよくないよ! はい、あーんして」

モバP「いや、」

加蓮「ぽてとはいや? それじゃあ食べかけでいいならはんばーがーもあるよ?」

モバP「そういう問題じゃなくて、俺はだな」

加蓮「……いやなの?」ジワッ
モバP「あー、わーったよ。食べるからそんな顔すんなよ」パックリパクパク

加蓮「えへへ、こういうのってでーとみたいだね!」

モバP「アホか! アイドルとプロデューサーの関係なんだからちげーよ!」

加蓮「むー……」

モバP「膨れても駄目だ。ったく、幼児退行しちまってるせいか、いつもよりストレートに感情表現しやがんな」

凛「全くだね、そもそも薬を間違える加蓮も悪い」

モバP「そうだな、凛。それと、ちゃっかり隣に座ってんじゃねぇよ」

凛「別にいいじゃん、減るもんじゃないし。それよりも、ちゃんと加蓮のこと面倒見てる?」

モバP「見てる見てる、超見てるからこれ以上厄介な面倒を起こさないでくれ。かったりぃから」

凛「それが担当アイドルに対して言うセリフ?」

モバP「仕事では締めるとこきっちり締めてるからいいんだよ」

凛「……ま、仕事はちゃんとやってるんだし、文句はないけどさ」
モバP「本来こうして仲良くすんのもどうなのかって思ってるしな。
    やっぱり、プロデューサーとアイドルなんだからある程度線引きは必要だとは思うんだわ。
    今の所は問題が起こってないからこうしてるけどさ」

凛「また、そうやって正論ではぐらかす。加蓮もそう思わない?」

加蓮「うん、ぷろでゅーさーはもっとすきんしっぷがだいじだよねー」ダキツ

モバP「凛ブロック!」

加蓮「ふきゃっ」

凛「…………何で私が抱きつかれてるのかな」

モバP「役得役得」

凛「その役得はプロデューサーが受けるべきだと思うけどね」

モバP「だから、線引きはちゃんとしろってさっき言っただろ。
    手を繋ぐぐらいならまだしも、抱きつきなんてやってみろ。
    俺がファンにフルボッコにされるわ、まだ死にたくねーっての」

凛「逆に祝福してくれるかもしれないじゃん」

モバP「そういう善良でお優しいファンだけとか限らねぇから。
    ま、心配するにこしたことねーって」

凛(はぁ……これは先行きが思いやられるね)

加蓮「ねー、たべおわったからはやくでようよ、プロデューサー」

モバP「……あー、そうだな。つーことでだ、凛。この後はお前に」

凛「一度引き受けたことを他人に投げるのは」

モバP「最低ですね、わかってますって。今日一日は王子様もどきでいさせてもらいますよっと」

加蓮「はやくはやく!」テヲギューッ

モバP「それじゃーな。また、事務所でな」




凛「……はぁ、付いてきたはいいけど、全く色っぽい感じはしないね」

凛「これじゃあ、加蓮もキツイかな……?」

モバP「そんで、今度は屋上の乗り物乗り場的な何かに来た訳だけど」

加蓮「これ、のろう!」

モバP「乗らね−から! さすがに乗らせねーよ!?」

加蓮「えー」

モバP「えーじゃねぇよ! アホか、アホかっ!」

加蓮「……だめなの?」

モバP「さすがに駄目だ。アイス買ってきてやっからそれで我慢しろ」

加蓮「しかたないなー」プンスカ

こずえ「……こずえのもー」

モバP「お前はなんでいるんだ」

こずえ「ふわぁ……」

モバP「聞いちゃいねぇよ、おい」
加蓮「♪」

こずえ「あいすのじかんだよー」

モバP「……ったく、何やってんだか、俺は」

モバP(アイドル二人のお守りだなんて、いつから俺は子連れプロデューサーになったんだっつーの)

こずえ「ぷろでゅーさーたち、なにやってたの……?」

加蓮「デートだよ!」

モバP「……デートじゃねぇっての」

加蓮「また、そういういじわるをいう」プックリ

モバP「事実を言ったまでだ、事実を」

こずえ「ふぇ…なかよしさんなの…?」

モバP「そら、担当アイドルなんだ、それなりに仲良くないと仕事でもやっていけねーだろ」

加蓮「じゃあ」

モバP「抱きつくなよ、こずえガードで防ぐからな」

加蓮「……」ションボリ

モバP「そんな顔をしても、無理なもんは無理だ」

こずえ「…こわがりー」

モバP「何か言ったか、おいっ」

加蓮「…………はぁ」

モバP(…………ま、そうなんだろうな。わかりやすいっていうか)
こずえ「また…あとでー……」

モバP「さてと、二人きりだな」

加蓮「それじゃあ、つぎはねっ」

モバP「………………もういいだろ、こずえもいなくなったし“普通”に喋れ。」
    お芝居は何時になったら終わるんだ? まだ、続けるのか?」

加蓮「……やっぱ気づいてた?」

モバP「そりゃあ、な。なんつーか、ハンバーガーの時からちょいちょい素が出てたし。
    つーか、似非子供だ、似非子供。本当の子供はもっと考えなしだっての」

加蓮「あっちゃー……ちょっと甘く見てたかな?」

モバP「甘く見過ぎだっつーの。つーか、あの屋上の乗り物の時とか恥ずかしくなかったのか?
    もし、俺が止めなかったらヤバかったんじゃねーの?」

加蓮「そこは止めてくれるって信じてたから……それに、恥ずかしかったよ! でも、幼児退行なんだから……その頑張ろうかなって」

モバP「はぁ……で、何が目的だったんだよ。わざわざこんな回りくどいことして」

加蓮「……モバPさんとデートしたかった」ボソッ

モバP「デートなら……好きにはできねーか。アイドルだし。ま、手頃な野郎で下手に勘ぐられないっていったら俺だろうな」

加蓮「それだけじゃないよ、私はっ」

モバP「……あのなぁ、加蓮」

加蓮「わかってる、私の夢とモバPさんとずっと一緒にいることが両立できないのも。それでも、伝えたいんだよ」

モバP「答えのわかる問題にわざわざ突っ込む程、お前は馬鹿じゃねぇだろ」

加蓮「女の子は理屈じゃないんだよ?」
モバP「なぁ」

加蓮「もう、そんな顔しないでよ。私だってわかってる。今が大事な時期で、これから先、競争も激しくなって。
   生き残るのも大変になっていくんだろうし」

モバP「そうだな、だから――やめとけ。秤に掛けて重い方は一目瞭然なんだ。迷わず、そっちを選べ」

加蓮「…………」

モバP「まぁ、さ。とりあえず、夢は今だけしか追えないんだから」

モバP「そんで、夢を追い続けて、叶えて。全部、アイドルも終えちまってさ」

加蓮「……へ?」

モバP「その後、お前がまだその気持を持っているなら……聞くだけ聞いてやる」

加蓮「それって……!」

モバP「あーもう! こういう恥ずかしい事言わせんなよな! マジ、顔赤くなって恥ずいわ!」

加蓮「うん、私諦めないから。夢も全部叶えて、モバPさんのことも、手に入れるから」

モバP「俺もとっくに結婚してる可能性があるけどな」

加蓮「そしたら、無理矢理にでも奪っちゃおうかなーなんて」

モバP「略奪愛かよ……」

加蓮「ま、それは冗談なんだけどさ。でも、頑張る理由はできたかな」









「私――――諦めないから」











おしまいです。html依頼出してきます。

09:09│北条加蓮 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: