2013年11月08日

P「千早の体ってさ・・」千早「はい?」

P「千早の体ってさ・・」

千早「いきなりどうしたんですかプロデューサー?」

P「良い意味で平らだよな!」


千早「・・それはつまりどういう意味ですか?」

P「ははっ胸がないってことだよ!」

千早「フンッ!」ドゴオッ   

P「あべしっ!」・・・バタッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373457543

千早「言おうとしたことはなんとなく分かったけどこんなにもはっきりと言われたのは初めてです・・」

P「ダメだ千早・・裏拳でみぞうちはダメ・・」

千早「プロデューサーはそれほどのことを言ったのです」

                 
P「話をちゃんと聞いてくれ・・俺は{いい意味}で平らって言ったんだよ」

千早「いい意味・・?」

P「うん!俺気づいちゃったんだ、千早の体ってさ・・」





P「絶対に女体盛りしやすいよな!」




千早「・・・・・は?」

P「だ〜か〜ら、女体盛りだよ!女体盛り!」

千早「え〜と、女体盛りってあの、裸の女性に刺身やら何やらを盛り付けるっていう?」

P「他に何があるんだ?」

千早「ポウッ!」ドゴオッ

P「ひでぶ!」・・・バタッ

千早「いいたいことはそれだけですかプロデューサー?」

P「千早・・顎に回し蹴りはダメだ、脳が揺れる・・」

千早「加減はしたから大丈夫です、じゃ、私はこれで」

P「まて!千早!せめて俺の話を聞いてくれ」

千早「もう充分すぎるほど聞きましたが」

P「い〜やまだだね、なんでお前の体が女体盛りに適しているか話してないもん」

千早「では、私が帰った後、思う存分語ってください」

P「ま、待てって!・・・・千早お前は俺に観客のいないステージで歌えというのか?」

千早「例えがうまいですね」

P「じゃあ、お前は観客のいないステージで歌って楽しいか?」

千早「・・・・・・」

P「楽しくないよなぁ〜お前は歌を大勢の人に聞いて欲しくてアイドルになったんだから」

千早「・・ま、まぁ確かに」

P「で、お前がここまで大きくなれたのは誰のおかげなんだろうなぁ〜」

千早「くっ・・聞くだけですからね・・」
P「よっしゃ!じゃあさっそく・・千早って胸が平らだから料理が盛り付けやすいと思ったんだ」

千早「・・・・・」

P「おっぱいという障害物がないじゃん?だから普通の皿に盛り付けるのと同じ感覚なんじゃないかと」

千早「・・・・・」

P「千早・・ここまで聞いてどう?ずっと目を瞑って黙ってるけど」

千早「不快感しかありませんけど・・」

P「俺は褒めてるんだよ、千早はどんな骨董品の名器にも負けないと思うんだけどなぁ、どんな名器にも」

千早「セクハラで訴えたら勝てますね」
P「で、ここからが本題なんだが・・やってみない?」

千早「・・・は?」

P「だから、女体盛り・・やってみない?」

千早「や、やるわけないでしょう!」

P「千早ぁ!」ガシッ

千早「ヒィッ」ビクッ

P「俺はしってるぞ!お前、若干あがり症だろう!」

千早「な・・なぜそれを///」カァー

P「俺はプロデューサーだお前の事は何でも知っている!それにしてもお笑い種だ!人前で歌いたいのに人前に出るのが恥ずかしいとは!」

千早「うぅ///」

P「俺は考えた!人前にでることなんか屁でもないくらい恥ずかしい経験をすれば、お前の歌はさらに良くなるだろうと!」

千早「そ、そんな戯言・・」

P「俺の目を見ろ千早!この目にウソ偽りはあるか!」ズイッ

千早「ち、近///・・・み、見当たりません!」

P「そうだ!俺はウソはいっていない!・・ここまで聞いてどうだ、千早?」

千早「・・・プ、プロデューサーが私のことをよく考えてくれているのは分かりました」

P「じゃ、じゃあ」

千早「しかし、それとこれとは話が別です・・別に女体盛りでなくてもいいのでは?」

P(ぐう正論・・・・・しょうがないあれをつかうか)

P「千早、これな〜んだ?」

千早「・・ビニールのヒモですか?妙に分かれてますが・・それが何か」

P「ブッブー、こ〜れ〜は〜千早の次の仕事、初グラビア撮影で着る水着です!」(ウソだけど)

千早「は、はぁ?こ、こんなの着れるわけないでしょう//そもそもグラビアなんて//」

P「千早ぁ!!」ガシッ

千早「ひゃあ//」

P「アイドルは歌を歌うだけが仕事ではぬぁい!」

P「最近の春香を見てみろ!あいつも最近グラビアデビューしてから仕事がどっと増えただろ」ズイッ

P「グラビア撮影はいわばお前の思い描く理想のアイドルの土台なんだ!」ズズィッ

P「俺が何が言いたいのか分かった?」

千早「わ、分かりましたから離れてください・・」

P「ふぅ、さて、ここで千早に選んでもらう。女体盛りをするかこの水着でグラビア撮影するか」

P「ちなみに女体盛りを選んだ場合、このグラビアの仕事は俺が責任を持って断ります」

P「次はいたって普通の水着の仕事を入れるから安心してくれ」

P「さてどうする?俺一人に恥ずかしい姿を見られるか?より多くの人に恥ずかしい姿を見られるか?」

千早「くっ・・・」

しばらくの沈黙・・

千早「・・プロデューサー、本当に私の歌は今よりも良くなるのですか、そ、その、女体盛りを経験することで・・」

P「・・・ああ、俺が保障する」

千早「・・わ、分かりました、プロデューサーを信じます・・」

P「え、マジ?・・よっしゃあ!」

千早「ただし!条件があります!さすがに全裸ははずかしいので上半身だけということで・・」

P「・・・まぁいいでしょう」 (千早の平らな胸で女体盛りするのが目的だからな・・)
P「じゃあ始めようか」

千早「・・・え、え〜とそれじゃあ何から・・」

P「まず服を脱がないと・・」

千早「そ、そうですね///」

P(あれ、なんだろう・・いざとなったらちょっと恥ずかしくなってきたぞ)

千早「あ、あの//できれば目を瞑って欲しいです///」

P「あ、ああ、そうだよな、ごめん//」

P(これぐらいで恥ずかしがってどうする俺!これからもっとすごいことするのに)
千早「プロデューサー///ぬ、脱ぎました///」

「お、おう、じゃあ目を開けるぞ・・」

静かに目を開けるとそこには上半身裸の千早がモジモジしながら立っていた・・

P「千、千早、お前ブラまでとったのか・・」

千早「えっ///だ、だって女体盛りってそうゆう・・もの・・なん・・ジャ//」モゴモゴ

P「い、いや合ってるんだけどさ」

P(ブラをはずさせるのは鬼門だと思っていたが、まさか自分から脱ぐとは・・)

P「かわいいな、千早は・・」ボソッ

千早「えっ//」

P「あ、いや、なんでもない//」

千早「プロデューサー//早く終わらせましょう・・恥ずかしすぎて死にそうです//」

P「そ、そうだな、じゃ、じゃあそこに横になってくれ」

千早は胸を手で隠しながら横になる・・顔が真っ赤だ

P「え〜とじゃ、じゃあ手をどかしてくれるか?」

千早はかすかに頷くと少しずつ手をずらしていく・・そこには確かにおっぱいがあった

P(俺は勘違いをしていた・・千早の胸は平らではない、あるじゃないか立派なおっぱいが)

千早「プ、プロデューサー///やるなら早く///」

P「よし・・始めるぞ」
P「まずは海老から・・」

俺は甘エビで千早のうすピンクの乳首の周りを囲んだ、千早の体に電流が走る

千早「んんっ///」

P「千早!痛かったか?」

千早「いえ//甘エビの尻尾がちょっとささっただけ//つ、続けてください//」

P「そ、そうか、じゃあ、次はマグロの赤身を・・」

マグロの赤身を千早の首筋に盛り付け・・・

千早「あっ//冷たい・・//」

P(あ、やばいこれ、はまりそう)
P「さて、マグロも終わったし次は・・お腹だな」

そういった俺は千早のおへちょの穴を中心に回りにフグの切り身を盛り付けた・・

P「ふぅ、上半身だけではこれが限界かな・・」

俺は最後におへちょの穴に醤油をたらす・・

千早「んんっ///くぅっ//・・・ハァ・・ハァ・・プ、プロデューサー//?終わりですか//」

P「あぁ、がんばったな千早」

お腹にふぐ刺し、おっぱいに甘エビ、首筋にマグロを盛り付けられた千早・・

P「プロデュース・・完了・・」
千早「で、ここからどうするんですか」

P「・・・もちろん食べますよ、千早盛り」

千早がひとつため息を漏らす・・

千早「ですよね・・」

千早「ここまできたらめいっぱい恥ずかしい思いをしておきます。それで私の歌が良くなるなら」

強いな・・千早は・・

P「よし、じゃあ食します!」

俺はふぐ刺しに箸を伸ばす、そして千早のお腹の上で箸を滑らせ大量のフグを取る・・

千早「あ//ちょっとくすぐったい//」

千早も慣れてきたのか余裕がでてきたらしい・・

そして俺は千早の肌で若干暖かくなったふぐ刺しをほお張る・・

P「・・う、うまい、今まで食べてきたどのフグよりもうまい!」

P「フグから香るかすかな磯の香りに負けずついてくる千早の香り・・たまらん」

千早「プ、プロデューサー、さすがに実況されると恥ずかしい//」

千早は顔を手で隠してしまう・・
しばらく千早盛りに舌鼓をうっていた時、ある考えが浮かんだ

P「では、次はマグロを・・・・あ、そうだ」

千早「どうしたんですか//」

千早は指の間から俺の顔を見ている・・

P「ほら、千早、あ〜ん」

千早「ふぇ!え、え〜と//」

P「いや〜さすがにこの量は一人じゃきつくて、できれば千早にも食べて欲しいんだ、ダメか?」

千早「い、いや//ダメではないです!ただまさかプロデューサーからあ〜んしてもらえるなんて//」

P「ん?あ〜ん、なんてして欲しければいくらでもしてやるぞ、減るもんじゃないし」

千早「私には特別なんです!」

P「お、おう、そうか。じゃあ、はい、あ〜ん」

千早「あ、あ〜ん」

俺は千早の口にマグロをゆっくりと入れる。

P「ど、どうだ」

千早「こんな状況じゃ・・味なんてよく分からない」

P「そ、そうだな」

その後も俺は千早と一緒に千早盛りを楽しんだ・・
千早と一緒に食べ終わった後、千早はそそくさと服を着てしまった。

P「どうだ、千早もうあがり症は治ったんじゃないか?」

千早「それは実際にステージに立ってみないと分かりません」

P「そうか、でもな千早これだけは言えるぞ」

P「お前の歌に対する執着は相当なものだ」

P「歌のために女体盛りをするなんてそうそうできるもんじゃない」

P「お前の歌はこれからも成長する。どのアイドルにも負けないほどにな」

P「俺が保障する」

千早「・・ありがとうございます。プロデューサー」

千早「私も今回女体盛りをして素直に良かったと思っています」




________プロデューサーと二人だけの秘密ができましたから・・ ボソッ



P「え・・今なんて?」

千早「ふふっ何でもありません。プロデューサー・・これからも私のプロデュースよろしくお願いします」

P「・・あぁ、もちろんだ!」
___

________

____________


春香「ねぇねぇ千早ちゃん」

千早「何?春香」

春香「最近千早ちゃんの歌が前よりも良くなったんじゃないかって噂がたっているらしいよ」

千早「へぇ・・そうなの。プロデューサーのおかげかしら」

春香「えっ!千早ちゃんまさかプロデューサーと秘密の特訓を・・」

千早「春香も頼んでみたら・・・あ、ちょっと待って」

春香「ど、どうしたの千早ちゃん・・・私の胸をまじまじと見て」

千早「ああ〜これじゃあ難しいかもしれないわね〜ざ〜んねん」

春香「えぇ!どういうこと?ねぇ教えてよ千早ちゃん」

千早「ふふっ、自分の胸に聞いてみたらいいんじゃないかしら?」

のワの「ふぇ〜ん・・全然わかんないよぉ〜」 fin
最後まで読んでいただきありがとうございました

急に千早って女体盛りがしやすそうって思いつきまして・・

とりあえず埋まってきますね!

12:16│如月千早 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: