2013年11月08日

幸子「サンタクロースって実は・・・・・・」

ーーー事務所ーーー


ガチャ

幸子「おはようございます!」

バタン

ちひろ「おはよう、幸子ちゃん」

幸子「あれ?ちひろさんだけですか?」

ちひろ「プロデューサーなら、打ち合わせよ」

幸子「せっかく寒いなか、カワイイボクが事務所まで来てあげたというのに」ハァ

ちひろ「今日は何か予定あったかしら?」

幸子「いえ、ありませんよ!それでもプロデューサーさんは、ボクの為に事務所に居るべきです!」

ちひろ「・・・・・・プロデューサーなら居ないけど、ほら」ユビサシ

幸子「ん?」チラッ


仁奈「だからここは、こうでやがりますよ」

薫「えー!そうかなー?」ウーン


ちひろ「暇なら、宿題みてあげたらどう?」

幸子「暇ではないですけど、カワイイボクが宿題をみてあげますよ!」テクテク

仁奈「あっ、幸子お姉さん。おはようごぜーます」ペコリ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368877392


薫「幸子お姉ちゃん!おはよう」ニッコリ

幸子「カワイイボクが宿題を教えてあげますよ!」

薫「わぁーい!」ニコニコ

仁奈「幸子お姉さんに教えてもらえれば、すぐに終わりです!」

薫「この問題を教えてくれる?」ユビサシ

幸子「どれどれ」


問)サンタクロースについて、好きなように書きなさい。


幸子「・・・・・・これは、なんの宿題ですか?」

薫「うーんとね、なんだっけ?」

仁奈「どーとくって授業でごぜーます」

幸子「道徳ですか。最近の小学生も大変ですね」

薫「幸子お姉ちゃんは、サンタさんをどう思う?」

幸子「どうもなにも、サンタクロースなんて実在しないんですよ!」ドヤァ

薫「ふぇ?」

仁奈「そんなわけねーです!」ガタッ

幸子「サンタクロースなんて、幻想なんですよ!信じているうちは、まだまだお子様ですね」フフン
幸子「カワイイボクがこう言うんですから、間違いありませんよ」

仁奈「去年、仁奈の家にはサンタさん来てくれたです!」バンッ

薫「かおるの家にも来てくれたよー!」ニコニコ


幸子「姿まで見たんですか?」ニヤリ

薫「うーん」ショボン

仁奈「に、仁奈は見たです!」アセアセ

幸子「へー。でもそれはきっと仁奈ちゃんのお父さんかお母さんですよ」
幸子「世の中にはサンタクロースの髭とかが、売ってますから」ニヤニヤ

薫「でもでも、かおるのプレゼントにはサンタさんからの手紙も入ってたよ?」

幸子「それは、おもちゃ屋さんの商品なんですよ。他の子も全く同じ手紙を持ってますよ」ドヤァ

仁奈「そんな事ねーです!幸子お姉さんは嘘つきでやがります!」ビシッ

薫「かおる、ずっといい子にしてたけど、プレゼントもらえないの?」ショボン

仁奈「そ、そんな事ねーです!幸子お姉さんが嘘つきなだけです!」ヨシヨシ
仁奈「ほら、かおるちゃんが悲しんでやがります!早く謝れです!」

幸子「・・・・・・嫌です!」キリッ

仁奈「それなら、来週のクリスマスに勝負しやがれです!」
仁奈「仁奈と薫がプレゼントをもらえたら、土下座して謝れです!」

幸子「受けて立ちますよ!まあ、カワイイボクが負ける事はありませんけどね!」ニヤリ
幸子「プロデューサーさんやちひろさんが用意するかもしれませんから、ちゃんと直筆の手紙ももらってくださいね」ニヤニヤ

仁奈「臨むところです!」

薫「だいじょーぶかなー?」ショボン




ーーー12月26日・事務所ーーー



仁奈「さあ、謝りやがれです!」ピラッ

薫「わーい!わーい!」

幸子「こ、ここんなはずは・・・・・・」
幸子「カワイイボクが間違っていたなんて・・・・・・」ガクッ


手紙「To dear Nina

Since my Nina was a child with one sufficient year, he raises a present.
It is made a good child next year also.

Santa Claus」


仁奈「早く土下座しやがれです!」

薫「幸子お姉ちゃんも、プレゼントもらえたの?」

幸子「」

仁奈「幸子お姉さんは、嘘をつく悪いお姉さんでやがりますから、もらえるわけねーです」ニヤニヤ

薫「来年は、きっと幸子お姉ちゃんのお部屋にも、サンタさん来てくれるよ?」ヨシヨシ


幸子「ぷ、プロデューサーさんが、仁奈ちゃんと薫ちゃんと結託したに決まってます!」
幸子「そうですよねっ?!プロデューサーさん!」

P「いや、俺は知らないぞ?」

幸子「カワイイボクに嘘をつくつもりですか!」

P「そんなわけないだろ。俺はこんな綺麗な筆記体なんて書けないぞ」

幸子「そ、それじゃあ、ち、ちひろさんですか!」

ちひろ「私がそんな一円にもならない事をするわけがないじゃない」

幸子「確かにそうですね・・・・・・」ウーン

P「大人組でも、こんな手紙書ける人はいないと思うけど?」

幸子「・・・・・・」

P「諦めて謝るんだな」

幸子「・・・・・・んなさい」ボソッ

仁奈「聞こえねーです!」

幸子「嘘をついて、ごめんなさい!」ペコリ ウルウル

仁奈「ふふん!分かればいいです。土下座は許してやるです」

薫「仁奈ちゃん、来年もサンタさん来てくれるように頑張ろうね!」ニコニコ



ーーー



ちひろ「それにしても、プロデューサーもなかなか粋なことをしますね」

P「ん?なんのことですか?」

ちひろ「とぼけなくてもいいですよ。仁奈ちゃんとか薫ちゃんの事ですよ」

P「あー、あの手紙ですか。アレは本当に俺は何も知らなかったんですよ」

ちひろ「・・・・・・え?」

P「きっと、サンタクロースが仁奈と薫のファンだったんですよ」



おわり
市原仁奈(9)
http://i.imgur.com/8p0lTb6.jpg

輿水幸子(15)
http://i.imgur.com/QfQffF1.jpg

龍崎薫(9)
http://i.imgur.com/HvMrqXK.jpg

今日は終わりです。こんな感じで短編をいくつか書いていこうと思います。
拙いですが、宜しくお願いします。



ーーー事務所ーーー



仁奈「妹が欲しいです!」

薫「あっ、かおるもー!」

幸子「・・・・・・急にどうしたんですか?」

仁奈「事務所だと、仁奈達は一番下でやがります!」

幸子「まあ、そうですね」

薫「かおるたちもお姉ちゃんしてみたーい」ニコニコ

幸子「あー、そういう事ですか」

仁奈「という事で妹が欲しいです!」

幸子「うーん、プロデューサーさんに頼んでみたらどうですか?」
幸子「あのプロデューサーさんなら、8歳の女の子をスカウトする事も容易いでしょうし」

仁奈「頼んできやがります!」タッタッタッ

薫「わーい!せんせぇー」タッタッタッ



ーーー



仁奈「お父さんとお母さんに頼みなさいって言いやがりました」

薫「ました!」ビシッ

幸子「それじゃあ、今日帰ってから頼むといいですよ!」




ーーー翌日ーーー



仁奈「やったです!仁奈にも妹ができやがります!」

薫「あー、仁奈ちゃんいいなー」

幸子「薫ちゃんは駄目だったんですか?」

薫「うーん、なんかよく分からなかった!」

幸子「お父さんとお母さんは、なんて言っていたんですか?」

薫「分からないって言ってた!」

幸子「・・・・・・まあ、そうですよね」
幸子「仁奈ちゃんは、上機嫌ですね」

仁奈「仁奈は、ちゃんと約束してくれやがりました!」

幸子「それは良かったですね!」

薫「でも赤ちゃんって、どこから産まれてくるの?」ハテナ

幸子「っ?!」ビクッ

仁奈「うーん」チラッ

薫「ねー、幸子お姉ちゃんは知ってる?」キョトン

幸子「う、うーん、し、知ってますけど、うまく説明できないので先生を呼んできますね!」アセアセ

薫「せんせぇ?」

幸子「プロデューサーさんじゃないですよ。もっとうまく説明してくれる人を呼びますね」ピッ
幸子「あっ、もしもし?カワイイボクですけど・・・・・・」




ーーー15分後ーーー



ガチャ

菜々「おはようございます!キャハっ!」

パチパチパチパチ

菜々「えっ?!えっ?!」キョロキョロ

幸子「さ、先生が来ましたよ」

菜々「あれ?プロデューサーが私を呼んでいるって・・・・・・」キョトン

幸子「呼んでいるとは言いましたけど、プロデューサーさんなんて一言も言ってないですよ」

菜々「・・・・・・じゃあ菜々は帰りますね」

ガシッ

薫「せんせぇ!せんせぇ!」グイグイ

仁奈「先生!訊きたい事がありやがります!」グイグイ

幸子「薫ちゃんと仁奈ちゃんが、菜々さんにどうしても訊きたい事があるらしいんですよ」

菜々「うーん。じゃあ少しだけですよ?」

薫「わーい!」

仁奈「教室はこっちです!」グイグイ

菜々「あっ、えっ?!ちょっ、と、引っ張らないで!」アセアセ




ーーー休憩室ーーー



菜々「こんなホワイトボード、どこから出してきたんですか」ハァ

幸子「さっ、遠慮なく質問するといいですよ!菜々さんは何でも知ってますから!」

薫「せんせぇ!」

仁奈「先生!」

菜々「・・・・・・なんだか本当に先生になれたみたいですね」ニッコリ
菜々「はい、じゃあ仁奈ちゃんから順番に聞きますね」

仁奈「先生!質問がありやがります!」ガタッ

菜々「はい、なんでも聞いてくれていいですよ!」ニッコリ

仁奈「赤ちゃんは、どこから産まれてきやがるんですか?」

菜々「・・・・・・」
菜々「えーっと、や、やっぱり薫ちゃんから先に訊きますね」アセアセ

薫「かおるもー!赤ちゃんはどうやってできるの?」キョトン

菜々「・・・・・・幸子ちゃんは、何か質問あるかしら?」アセアセ

幸子「ぼ、ボクも赤ちゃんが出来る仕組みを知りたいですね!」ニコニコ

菜々「・・・・・・」
菜々「え、えーっと、赤ちゃんはお母さんから産まれきます!」

幸子「・・・・・・え?終わりですか?」

菜々「こ、これ以上はどうやって説明すればいいんですかっ?!」

幸子「ぼ、ボクに聞かれても」アセアセ

仁奈「お母さんのどこから産まれやがりますか?」

菜々「・・・・・・うーん、お腹ですね!」

薫「ひゃっうっ!」ビクビク

菜々「ど、どうしたんですかっ?!薫ちゃん!」

薫「お、お腹から出てきちゃったら、お母さんのお腹どうなっちゃうの?」ビクビク

仁奈「」ゾォー

菜々「だ、大丈夫ですよ!お腹って言っても、こう、なんていうか、こう・・・・・・」ウーン
菜々「あっ!!そうですよ!仁奈ちゃん、薫ちゃん?いいですか?」

薫「ん?」ゴシゴシ

仁奈「んぐ」ウルウル

菜々「薫ちゃんと仁奈ちゃんは、おトイレする時があると思いますけど、そこから出てくるんですよ!」エッヘン

薫「」

仁奈「」

幸子「」

>ウワアアアアアアン

菜々「・・・・・・あれ?」



つづく



ーーー翌日・事務所ーーー



仁奈「そういえば、訊きそびれた事がありやがります!」

薫「どうしたの?仁奈ちゃん」キョトン

仁奈「赤ちゃんは、どうやって出来るか教えてもらってないです!」

幸子「君たちは懲りないですね」
幸子「昨日、あんなに大泣きしてたのに・・・・・・」

仁奈「あ、あれはちょっとビックリしただけです!」アセアセ

幸子「赤ちゃんがどうやって出来るかは、プロデューサーさんが詳しいと思いますよ」ユビサシ

仁奈「さっそく訊いてきやがります!」タッタッタッ

薫「おー!」タッタッタッ



ーーー



幸子「あれ?もう教えてもらったんですか?」

薫「せんせぇが、せんせぇを呼んでくれたよー」ニコニコ

幸子「まさか菜々さんを呼んだんじゃ・・・・・・」ボソッ




ーーー数分後ーーー



美嘉「おはよー★プロデューサーいる?」ガチャ

バタン

P「あー、来てくれたか」

美嘉「どうしたの?プロデューサーから呼び出すなんて珍しいね★」

P「そうだな。それよりも美嘉にどうしても教えてほしい事があるみたいだぞ」

美嘉「アタシに?」キョトン

P「そうだ。カリスマギャルの美嘉にどうしてもって・・・・・・」

美嘉「そっか。プロデューサーがアタシに用があるんじゃないんだ」ショボン

P「まあ、そう落ち込むな。お礼に今度、昼飯でも奢ってやるから、な?」

美嘉「ふ、二人っきりだかんね★」テレテレ

P「もちろんだ」



ーーー休憩室ーーー



ガチャ

美嘉「し、失礼します!」カチコチ

バタン

パチパチパチパチ

美嘉「っ?!」ビクッ

幸子「あっ・・・・・・」

薫「せんせぇ!」

仁奈「美嘉先生!」

美嘉「え?」キョトン


幸子「・・・・・・という事で、美嘉さんには仁奈ちゃんと薫ちゃんの質問に答えてもらいます!」

美嘉「はっ?」

幸子「落とした男は数知れず、振った男は更に多いという噂のカリスマギャル!城ヶ崎美嘉先生です!」パチパチ

薫「わー!」パチパチ
仁奈「おー!」パチパチ

美嘉「えっ、あっ、へへへ」テレテレ

幸子「さ、じゃあ薫ちゃんから美嘉先生に質問をどうぞ!」

薫「みかせんせぇ!」

美嘉「あっ、じゃあ、薫ちゃん!質問をどうぞ」ビシッ

薫「赤ちゃんって、どうやったらできるの?」キョトン

美嘉「・・・・・・へ?」

幸子「さあ、美嘉先生ならちゃんと答えてくれますよ!」

薫「・・・・・・」キラキラ
仁奈「・・・・・・」キラキラ

美嘉「え、えーっと、赤ちゃんってアノ赤ちゃんよね?」アセアセ

幸子「もちろんですよ!」

美嘉「そんなの決まってるよね★」


美嘉「コウノトリさんが、運んで来てくれるのよ!」ニッコリ


幸子「・・・・・・さて、美嘉先生?冗談はいいですから、薫ちゃんの質問に答えてください!」

美嘉「えっ?」

薫「ななお姉ちゃんは、ここから出てくるって言ってたよ?」ユビサシ

美嘉「えっ?!」
美嘉「コウノトリさんが運んできてくれるんじゃ・・・・・・」アセアセ

ガチャ

P「まったく、しょうがないな」バタン

美嘉「ぷ、プロデューサー」ウルウル

P「ここからは、俺が代わりに教えてやるぞ」ナデナデ

薫「わー!ホントのせんせぇ見たい!」パチパチ

仁奈「わー!」パチパチ

P「まず、赤ちゃんというのは、精子と卵子が・・・・・・」

幸子「最初からプロデューサーさんが説明すればよかったんじゃ」ボソッ




ーーー



P「・・・・・・であるから、ここがこうで」

仁奈「・・・・・・」ウトウト

薫「・・・・・・」ウトウト

美嘉「ふむふむ///」メモメモ

P「えー、それで次は実技だ」

幸子「えっ?!」

P「百聞は一見にしかず。幸子、前に出てきてくれ」

幸子「な、ななな何を言ってるんですかプロデューサーさんっ!」
幸子「ボクはまだ14歳で、そ、その、カワイイボクに欲情してしまうのは仕方ないことですけど」アセアセ

幸子「やややっぱりこういうのは、順序っていうのがあってですね」アセアセ

P「そうか・・・・・・。じゃあ美嘉、ちょっと来てくれるか?」

美嘉「ふぇっ?!あ、ああ、あ、あ、アタシっ?!」アセアセ

P「美嘉なら、もう手慣れたものだろ?」ニヤニヤ

美嘉「ああ、あ、当たり前じゃない!ちゃ、ちゃちゃんと見てなさいよね★」アセアセ

幸子「だ、駄目ですよっ!プロデューサーさんはナニを始めようとしてるんですか!」///

P「幸子・・・・・・。子どもにはしっかりとした性教育が必要なんだ」

幸子「いやいやいや!仁奈ちゃんと薫ちゃん、もうお昼寝モードですよ!」ユビサシ

仁奈「すーすー」
薫「むにゃむにゃ」

美嘉「プロデューサー、その、準備、できたよ」///

幸子「なっ、なんで美嘉さんは服を脱いでるんですか!」///

P「なんだ、幸子にも教育が必要だったか」
P「そこでちゃんと見ておけよ」

P「さ、美嘉。ゆっくりと深呼吸をして、体の力を抜くんだ」

美嘉「ふぁっ、ひゃい!」

ヒッヒッフー ヒッヒッフー

幸子「・・・・・・もしもし?警察ですか?」





短い間ですが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
次はもっとストーリー性のあるモバマスを書きます。

>>34
せっかくネタを提供していただいたのですが、自分にはそれ以上の顛末を妄想できませんでした。すみません。

15:09│輿水幸子 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: