2013年11月08日

モバP「加蓮が再び病弱になってしまった」

加蓮「ねぇ、見てPさん。今度新しいショッピングモールができたんだって」

加蓮「今日の仕事帰りに一緒に見て回ろうよ」

P「いやダメだろ。アイドルと二人きりで回るなんて―――つまりデートってことでしょ」


P「しかも人通りの多い新しいモールでなんて……パパラッチのいい標的になっちゃうじゃないか」

加蓮「大丈夫だって。私、変装するし」

P「いやいやダメ! 加蓮は総選挙でもTOP10に入った人気アイドルなんだから! リスクが高すぎるから絶対ダメ!」

加蓮「そんな………考え過ぎだよ! いいじゃない! デートの一つぐらい!」

P「ダメだったらダメなの!!」

加蓮「…………」



加蓮「ブホォ!!!!」プッシャァ


P「!?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370515289

加蓮「が……はっ………ゲホォ!!」

P「か、加蓮!? だ、大丈夫か!?」

P「血……血が………大量に………ちひろさん!! 救急車!! ああ、そうだ買い出しでいないんだった!!」

P「は、早く電話―――」

加蓮「P……Pさん………」

P「加蓮!! しっかりしろ!! 救急車呼ぶから!! 気をしっかり持っていてくれ!!」

加蓮「も、モールで………で、デート………」

P「ああ、デートでもなんでもする! だから死なないでくれぇぇぇ!!!!」

加蓮「本当?」ケロリ

P「え」
加蓮「夕方の○○モールの入り口で待ち合わせね。遅刻したらダメだよ?」

P「あ………はい………」

P「あ、あの……加蓮?」

加蓮「なに?」

P「具合は………大丈夫なのか? さっき物凄い量の血を吐いたのに………」

加蓮「なんか治った」

P「なん………だと………!?」

加蓮「じゃあ、約束だからね。ちゃんとデートしてよ?」

P「は、はい………」





P「休日だけどやることないし……今日は引き籠ってネットサーフィンでもやるか」

P「ん、なんだ? しばらく見ないうちに新しいサイトが……」

P「うほっ! こりゃなんと素晴らしい……早速俺のおかずフォルダに保存と♪」

P「ふっふっふっ……いいぞぉ……俺のムスコがどんどん高まって来た!!」

P「ふぁーふぁふぁふぁふぁふぁふぁふぁwwwwwwwwwww」


ドンドン!


P「ファ!?」



加蓮「Pさ〜ん、いる〜? 加蓮だけど」

P「か、加蓮!?」
P「ど、どうしたんだ!?」

加蓮「私もオフで暇だからさ。遊びに来ちゃった♪」

P「いやいやダメだろ! アイドルが男の家に遊びに来ちゃ―――」

加蓮「ドア開けるね」ガチャ

P「ちょおま!? そしてなぜカギを開けられる!?」

加蓮「Pさんおはよー☆」

P「おはよー………じゃない!!」

P「男の家に入るなんて!! パパラッチに見られたら絶好のフライデーメシウマコースだぞ! なにやってるんだ!!」

加蓮「まぁまぁいいじゃない。暇でしょ? どっか遊びに行こうよ♪」

P「お前な〜」

加蓮「―――ってなにそれ………?」

P「え……あっ!!」

P(しまった!! PCのおかずフォルダがそのままだった!!)


加蓮「………なにこのHな画像の数々………」

P「いや……その……敵情視察というか、参考資料というか………」

加蓮「参考資料? へぇ……Pさん、私にこんな格好をさせたいんだ………」

P「い、いや! そのようなことあろうはずがございません!!」

加蓮「……消して」

P「へ?」

加蓮「そのフォルダの中身をPCから削除してって言ったの」

P「」
P「そ、それは勘弁してくれよ加蓮〜!」

P「これがないと……その……色々困るというか………」

加蓮「消して」

P「いいじゃないか〜俺個人で使ってるだけなんだし〜」

加蓮「消して」

P「もう閉鎖されたサイトのもあるんだよ〜」

加蓮「消して」

P「た、頼むよぉ〜〜〜〜〜!」

加蓮「……………」



 バタリ

P「!?(加蓮が急に倒れた!?)」

加蓮「う………あ………」
P「加蓮――――ッ!! 大丈夫か!?」

ピタッ

P「って熱ッ!! なんだこれ………手が火傷するぐらい熱いぞ!?」

加蓮「く、苦しい………」

P「待ってろ!! 今病院に連れてって―――」

加蓮「………フォ……ルダ……」

P「え?」

加蓮「Hな………画像………消し……て……」

P「いや、今はそんな場合じゃ……」

加蓮「消して……早く……」

P「いやいや。それとこれとは関係ないし」

加蓮「ああっ〜〜〜〜!!」カァァァァァァ

P「いっ!? 更に熱くなっただと!?」
P「わかったわかった!!」

カタカタカタカタカタ

P「ほら、この通り全て消去したぞ!!」

加蓮「バック………アップ………」

P「へ? なんだって?」

加蓮「バックアップも………消去して………」

P「そんなものはないよ! ほら、病院に―――」



加蓮「消して………三段目の引き出しの中にあるUSBの中のバックアップを……消して……」

P「……………」





P「………なんで知っているんだ!! ちくしょう〜〜〜!!」

 グシャ!←USBを踏み潰した
P「こ、これでいいだろう……?」

加蓮「うんOK。じゃ、どこか遊びに出かけよっか?」ケロッ

P「あ、あれ……?」

P「か、加蓮? 熱は?」

加蓮「なんか治った」

P「ええぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

P「あっ、本当だ。熱が下がってる………」ピタッ

加蓮「ほら、行こう行こう♪」

P「あ………うん………」



P「それはそうと………ううぅ………俺のおかず………グスッ」

加蓮「もう〜いじけないでよ。あとで私のHな写真撮っていいから♪」

P「!?」


P「えっ、出張ですか!?」

社長「うむ。急だけど、早速明日から行ってくれたまえ」

P「しかも明日から!?」

社長「確かに急すぎると思うが、大事な案件なのだ。頼むよ君ィ」

P「いや………しかし……これは………」

社長「どうしたのかね? なにか問題でも?」

P「はい………ちょっと心配事が」

社長「どんな心配事なのかね?」

P「そうですね………下手したら死人が出るかもしれないようなやつです」

社長「死人!?」
P「加蓮………ちょっといいか?」

加蓮「どうしたのPさん。私に何か用?」

P「ちょっと話があるのだが……………その前に、体調はどうだ?」

加蓮「うん、今日は調子いいよ。朝ごはんも全部食べれたし」

P「そ、そうか………」

加蓮「で、話って何?」

P「え〜と……じ、実はな………なんというか………その………」

加蓮「もう〜なんなの? 歯切れが悪いな〜。言いたいことがあるならハッキリ言ってよ」

P「そ、そうだな……じゃあ言うぞ!」

加蓮「うん、いいよ」

P「実は明日から海外に出張に行くことになった」

加蓮「」

P「期間は一か月!」

加蓮「」

P「その間、加蓮の担当は別のプロデューサーに頼んであるから」

加蓮「」

P「という訳なんだけど………大丈夫? OK?」

加蓮「」

P「か、加蓮…………?」

加蓮「」


加蓮「」



プシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ


P「!?」

加蓮「あーあーあー」プシュウウウ

P「ひぃぃぃぃ!? く、首から血が―――ッ!! 加蓮の首から血が噴き出てる―――ッ!!」

P「いや、首じゃない! 頸動脈だ!! 加蓮の頸動脈から噴水みたいに血が噴き出てる―――ッ!?」

加蓮「あー、なんかダルいー。それに眩暈もしてきたー」プシュウウウウ

P「そりゃそうだ! 血がどんどんと抜けてきてんだから!!」

P「首を押さえて止めないと!!」ギュウウウ


加蓮「うっぐぐぐぐぐぐ! ごぼぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

P「な、なんだ!? さっきより苦しそうな表情になっただと!? 一体どうして……」

P「そ、そうか! 頸動脈押さえてるせいで血が脳に回ってこないんだ!」

P「このままでは気絶してしまう! は、離さないと」パッ

加蓮「うぇ――――」プシュウウウウウウウ

P「ああぁぁ―――ッ! 離したからまた血が噴き出た――――ッ!!」

P「どうすりゃいいんだ――――!!??}


P「救急車―――ッ!! 救急車を――――ッ!!」

加蓮「あーPさん………」

P「か、加蓮! しっかりしろ!!」

加蓮「さっきの話聞こえなかったから、もう一回言ってくれない?」

P「えっ、だから明日から出張で―――」

加蓮「」プシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ


P「血の勢いが増した!?」

P「か、加蓮! 一か月なんてすぐだよ! あっという間さ! だから、そう深刻に考えるな!!」

加蓮「ちなみに……海外ってどこに行くの?」

P「え〜と、ハワイです……」

加蓮「レジャー施設、金髪水着美女、現地妻―――」プシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ

P「浮気しない!! 浮気しないからぁぁぁぁ!!!!」


P「毎日スカ○プで会話するから!!」

P「お土産も買って来るし!!」

P「だから! なっ? なっ?」

加蓮「…………」

ピタッ

P(血が止まった……? 納得してくれたのか?)

ブシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!

P「ギャアアぁぁぁ!!?? 今度は手首から血が――――ッ!?」

加蓮「い、意識が………もう―――」

P「あかん!! もう致死量の血液を出しちまってる!!」

P「わ、わかったよ加蓮! 社長を説得して出張は別の人に行ってもらうから!!」

加蓮「ほ、本当―――?」

P「本当さ!!」

加蓮「どこにも―――行かない?」

P「ああ、ずっと一緒さ!!」

加蓮「よ、よかったぁ〜…………嬉しい………うっ!」

P「か、加蓮!? どうした!?」

加蓮「あ―――あぁぁぁぁ」

P「ま、まさか! あれだけの量の血を噴出したから………」

P「加蓮――――ッ!! 死ぬなぁぁぁぁ!!!!」

グゥゥゥゥゥゥゥゥ!!


P「へ?」

加蓮「お腹空いちゃった……///」

P「!?」

加蓮「Pさん、ご飯食べに行こう♪」

P「か、加蓮? か、体の方は……?」

加蓮「なんか大丈夫」

P「大丈夫なの!?」

P「てかあれだけ血を噴出したのに…………」

加蓮「そうだね。じゃあ、ステーキハウスでお肉をたくさん食べなきゃ」

P「そんなんでいいの!?」

加蓮「ほら、行こ行こ♪」

P「あ……はい………」

―――――――――――――――――――――

――――――――――――――――

―――――――

ちひろ「社長、お気をつけて」

社長「なんで社長である私が出張に……」シクシク



P「もう六月か………あっという間ですね」

ちひろ「六月と言えばジューンブライド! 結婚式が多く行われる時期ですね」

ちひろ「プロデューサーさんは結婚するとしたらどんな人がいいですか?」

P「う〜ん……そうですねぇ………」

ちひろ「年代はどの辺りがいいですか?」

P「同年代か、年上がいいですね」

ちひろ「なるほどなるほど。年下は対象外なんですか?」

P「まぁ、そうですねぇ………ハッ!!」


加蓮「……………」ジーッ


P(か、加蓮!?)
P(まさか今の話聞かれてた!?)

加蓮「…………」

P(い、いや……聞かれてないようだな…………)

ちひろ「しかし、年上とは意外ですね。加蓮ちゃんを担当してるからてっきり年下だと……」

P「だからですよ。加蓮を担当しているからこそ、俺が年下をストライクゾーンに置いてはいけないんです」



加蓮「ゲホッ! ガハッ!!」プシャアア

P「!?」
P(また吐血した―――ッ!! やっぱり聞こえていたのか―――ッ!!)

P「ちひろさん、やっぱり俺は年下がいいです」キリッ

ちひろ「えっ……なんで急に宗旨替えを?」

P「年下サイコー!! もう、俺は年下と結婚する以外の選択肢はありません!!」

ちひろ「!?」

P(どうだ加蓮!! これでいいだろう?)チラッ


加蓮「グボハァ!!」ドパシャア

P「!?(更に大量の血を吐き出しただと!?)」

P「ちひろさん、俺は結婚するなら十歳年下の子がいいです!」キリッ

ちひろ「はい?」

P「俺は二十六歳なので、十個下………つまり十六歳の子がいいです!」

ちひろ「は………はぁ……」


P(どうだ、これでいいだろう?)チラッ

加蓮「ブロボハァァァァァァァァァッッ!!!!」プッシャア

P「!?(ええぇぇぇ!? まだダメなの!?)」

P「うちのアイドルで言うなら、イニシャルK・Hな子がいいです!!」

ちひろ「あの、別にそこまで聞いてはいないんですけど………」

P「K・Hですよ! K・H!!」

ちひろ「二回も言った!?」


P(加蓮・北条。これでわかっただろう?)チラッ

加蓮「おぐふぉあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ドボファ

P「!?(これでもダメなのか!?)」



P「加蓮です!! 加蓮がいいです! 結婚するとしたら加蓮オンリーです!!」

ちひろ「ちょ、何とんでもないことを大声で叫んでいるんですか!?」

P「加蓮サイコー!! 加蓮、お前がナンバー1だ………!」

P「加蓮加蓮加蓮加蓮!! 北条加蓮!! それしかありえません!!」

ちひろ「」


P(どうだ! ここまでハッキリ言えば………)チラッ


加蓮「オロロロロロロロロロロロロ」ドボボボボォ

P(ひぃぃぃぃ!? まだ吐いてる!!)

P「ええいこうなったら!!」



P「加蓮!!」

加蓮「なにPさん………今はちょっと話しかけないでもらうとありがたいんだけど………」


P「愛してる!! 結婚してくれ!!」

加蓮「!!」

ちひろ「ちょ!?」


加蓮「Pさん………本当………?」

P「本当だ!! 俺はお前の事が、誰よりも好きだ!!」

加蓮「あ………う………///」

P「こんな俺でよければ、ずっと一緒にいて欲しい………」

加蓮「う、嬉しい………///」


加蓮「私もPさんのことが………」


加蓮「誰よりも大好き!!」
加蓮「Pさん……今日は人生で最高の日だよ///」ギュウウウ

P「ははは、俺もそう思うよ」

P「ところで………加蓮。吐血は収まったか?」

加蓮「吐血?」

P「ほら、さっき盛大に吐いてたじゃないか」

加蓮「私、血なんて吐いてないよ?」

P「え、でもさっき―――」

加蓮「私が吐いたのはこれだよ。はい、トマトジュース」



P「え…………」
加蓮「喉が渇いたから、冷蔵庫にあったトマトジュースを飲んだんだ」

加蓮「そしたらそれ凄く不味くてさ〜思わず吐いちゃったんだよね」

P「じゃあ……あれは血じゃなくてトマトジュースって……オチ!?」

加蓮「オチかどうかは知らないけど、とにかくあれはトマトジュース」

P「」


加蓮「それよりさ、今日にもうちの親に挨拶しよう!」

加蓮「式の事も決めなくちゃ! 私は海辺の教会でやるのがいいなぁ〜」

加蓮「新居も探さなきゃね! まぁ、当分Pさんのアパ−トで二人きりでもいいけど……///」

P「」

P「」





P「」


☆数日後☆


ちひろ「あれからプロデューサーさんと加蓮ちゃんは、とんとん拍子に話を進めて、無事ジューンブライドに式を間に合わすことができました」


加蓮「結婚とかはまだ実感ないなぁ。Pさんに見つけてもらうまで人生諦めてた私だし。あはは。でも人生でウェディングドレスを着られるなんて思ってなかったから、…嬉しいな…」

P「せ、せやな……」トオイメー

P「と、ところで加蓮……」

加蓮「なに?」

P「体の具合は……どう?」

加蓮「この前の健康診断でね、心臓に毛が生えてるんじゃないかって言われちゃった♪」

P「そ、ソウナンダー……」

加蓮「これもPさんのおかげだね。ありがとう………Pさん大好き♪」

加蓮「これからの人生、ずっとよろしくね♪」

P「あ、アハハハハハ…………」



P「どうしてこうなった………」


おしまい
終わりです。
加蓮ちゃんのSRがまったく手に入らないのでムシャクシャして書きました。
補足ですが、加蓮が吐いたのは全て本当の血です。最後だけトマトジュースということで。

駄文失礼しました!

17:06│北条加蓮 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: