2013年11月09日

プロデューサー争奪戦

ガガガガガガ

まゆ「ヘリの機関銃から連射とは・・・。」

幸子「ふふふ、まゆさん、どこに隠れてもボクの攻撃から逃げることはできませんよ!」


まゆ「さすがは空の帝王、このままでは勝ち目は無い・・・。」

幸子「まゆさんはっけーん!打ち抜いてカワイイボクが打ち抜いてあげましょう!」

まゆ「くっ!」

パパパパ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368271352

まゆ「それでもまゆは・・・、Pさんのために・・・。」

バッ

まゆ「負けません!」カチャッ

幸子「な、バズーカ砲!?」

まゆ「これで終わりです。」バゴォ

幸子「っ馬鹿なぁー!」ドガァン

まゆ「はぁ、はぁ、Pさん・・・まゆは、勝ちましたよ・・・。」
菜々「ウサミンパワー!」ピロピロピロ

裕子「くはっ・・・。」

菜々「ウサミーンプリズム!」パァアアア

裕子「ぐほっ・・・。」

菜々「裕子ちゃんの超能力はその程度ですか?」

裕子「な、舐めないでください。私はまだ本気の能力を使っていないです!」
菜々「そう、まだ本気は出していないんですか・・・。」

裕子「エスパーユッコの実力はこんな物じゃあない!」

菜々「だとしたら、ずいぶんと甘く見られたものですね!!!」グォングォン

裕子「グギュッ。」

菜々「ほら、早く本気を出してください。その程度じゃプロデューサーは渡せませんよ?」
裕子「プロデューサー、そうです、私は約束しました。プロデューサーに奇跡の瞬間を見せるって!」

菜々「なら見せて下さい。その上で、叩き潰してあげます!」

裕子「プロデューサー、私に力を!ユッコサイキック!!!」グニョグニャグニョ

バキィ

菜々「ぐふっ、ぐほっ、さ、さすがですよ裕子ちゃん。でも、プロデューサーを思う気持ちはナナのほうが上です。」

裕子「え?」

菜々「ウサミーンカノン!!!」ビビビビ

裕子「」ドガァン

菜々「なかなか強かったですよ。プロデューサーのことは任せてゆっくり眠りなさい・・・。」
凛「奈緒は左、加蓮は右から回り込んで!」

奈緒「分かった。」

加蓮「うん。」

凛「私は正面から突っ込む!!」

ドドド
留美「ふ、数で押そうとするなんてね・・・。」

凛「何とでも言いなさい!」

奈緒「あたし達の結束で越えられない壁なんて無い。」

加蓮「プロデューサーの下へ行くためにもアタシ達は負けない!」

留美「そう、ならばこちらも本気で行かなければ失礼ね・・・。やりなさいGORORI!」

GORORI「グォオオオ!」

ドガッ バギッ 

奈緒「ぐ・・・。」 バタッ

加蓮「エグッ・・・。」ドサッ

凛「奈緒・・・?加蓮・・・?」

GORORI「わくわくさーん!」

凛「何、この化け物・・・。」

留美「化け物・・・。あなたにはそう見えるのね。この子はGORORI。私の相棒よ。」


凛「相棒?」

留美「ええ、私と一蓮托生。私の指示を忠実に守り、敵を殲滅する。」

凛「そんな・・・。こんなの相手に勝てるわけが無い・・・。」

留美「心が折れればそれで終わりよ。出会った相手が悪かったわ、あとは任せてゆっくり眠りなさい。」

凛「いや・・・。」
留美「諦めないの?」

凛「諦めない・・・。私は絶対諦めない!!!」ザッザッ

留美「そう、でも諦めなければ勝てるわけでも無いわよ?私とGORORIにかつ方法でもあるの?」

凛「あなたは一蓮托生だと言っていた。この世界のルールではあなたとGORORIどちらかを倒せば良いはず。」ザッ

留美「どちらかだけでも勝てるのかしら?」

凛「ある!」カチャッ

留美「あっ・・・。」

バキューン

留美「けん、じゅう・・・」ドサッ

GORORI「わく、わ、く、さ・・・」シュワァ

凛「確かにあなたもGORORIも強大な存在、でもその力に溺れ過ぎたわね!」

凛「もっとも、プロデューサーではなくあんな化け物を相棒だと言う時点であなたの敗北は決まっていた。」

凛「奈緒、加蓮、2人の分まで私頑張るからね!」
拓海「行けぇええ!」

チュドーン チュドーン チュドーン

早苗「すごい爆発ねぇー、でも当たらなければお姉さんは痛くもかゆくも無いのよ。」

拓海「くそ、これでもか、これでもか!」

チュドーン

早苗「無駄撃ちはだめよ?武器は無限なわけじゃないんだから。」
拓海「はぁ、はぁ、てめぇ・・・。」

早苗「疲労が溜まって来たかな?」

拓海「くそ、次こそ当ててやる!」

早苗「ふふふ、お姉さんもそろそろ反撃しちゃうわよ?」

拓海「なに!?」
チュドーン

拓海「くほっ。」

早苗「お姉さんも同じ物持ってたんだよね!」

拓海「手榴弾・・・。」

早苗「次の一撃で決めてあげる!」ヒュッ

拓海「くそがぁ!」ヒュッ

ドガァーン

パラパラ

早苗「相打ち・・・。にはならなかったね?」
パチパチパチ

ちひろ「さすが大人の余裕ですね、早苗さん?」

早苗「ちひろさん・・・。」

ちひろ「で、どうですか?調子のほうは。」

早苗「上場、なんですけど、拓海ちゃんの前にも何人かと戦ってたせいで手榴弾がもう品切れです。」

ちひろ「そろそろ強豪の子達しか残ってませんから武器なしは厳しいですよね?」

早苗「戦利品も手に入らないルールですからね・・・。」


ちひろ「今なら追加の武器が10000モバコイン!」

早苗「欲しいですが、他の子にも売ってあげてるんですか?」

ちひろ「もちろんですとも!」ニコニコ

早苗「私にだけだったら遠慮するところですけど、皆にも売ってるとなれば買っても罪悪感はありませんね。」

ちひろ「でしょう?」

早苗「まるで死の商人みたいですね!」

ちひろ「失礼なこと言うと売りませんよ?」

早苗「ぜひとも売ってください。」

ちひろ「良いでしょう、契約成立です。プロデューサーさんを得るため頑張ってくださいね?」
チャポン

まゆ「ふぅ、久々の休息ですか・・・。」ゴクゴク

まゆ「幸子ちゃん以降誰とも会いませんし後何人ぐらい残ってるんでしょうかねぇ・・・。」

「まゆちゃん。」

まゆ「はっ!」カチャッ

ちひろ「私ですよ。」

まゆ「なんだぁ、ちひろさんですかぁ。」
ちひろ「お得な武器を売ってあげようと思って来ました。」

まゆ「武器なら、まゆにはこのバズーカが。」

ちひろ「持ち運び辛いでしょ?それに懐に隠していた拳銃で勝った人も居ますから。」

まゆ「たしかに、ヘリなんかには無力でしょうけど、隠し持つ武器もあったほうが良いですねぇ。」

ちひろ「ええ、ですからこの拳銃を10000モバコインでお譲りしましょう。」


まゆ「ありがとうございます。」

ちひろ「いえいえ、プロデューサーさんのために頑張ってくださいね?」

まゆ「もちろんですよぉ。Pさんと私は運命の赤い糸で結ばれてるんですから。」

ちひろ「では私はこれで。」

まゆ「はい。」
ガサガサ

菜々「誰も居ませんね?」

菜々「ふぅ、やっと人心地つけますよ。」

菜々「それにしても静かになりましたね。最初の騒がしさが嘘のようです。」

菜々「なんにせよ、裕子ちゃんを倒してぐっと優勝に近づきましたね。」

菜々「ウサミンエナジーが効き辛い人はあと、小梅ちゃんと留美さんですね・・・。」

菜々「あの二人は得たいの知れないものを召還しますからね。」

凛「留美さんならもう倒したわよ。」

菜々「誰!?」
凛「それに、小梅ちゃんは留美さんが倒したといっていました。」

菜々「そうですか・・・。ではここからはウサミン無双の始まりです!」

凛「そうはさせない!」パァンパァン

菜々「ウサミンバリア!」カキンカキン

凛「なっ!?」

菜々「ウサミンプリズム!」

凛「ぐっ。」
菜々「特殊な力を持たないあなたではナナを倒すことは不可能です!」

凛「そんなこと、無い!」パァン

菜々「ムダァ!!」カキン

凛「あのバリアのせいで攻撃が届かない・・・。」

菜々「さあ、諦めて消えなさい!」
凛「プロデューサー、プロデューサー・・・私を助けてぇ!」

ちひろ「凛ちゃん、新しい銃よ!」バッ

凛「これは・・・。」

ちひろ「この銃ならウサミンバリアを破れるわ!」

菜々「ちょ、ちひろさん・・・」

凛「ありがとうございます!」

菜々「ま、まってそんなのひきょ・・・。」

凛「行けぇ!!!」パァァン

菜々「ギェー!!」ドサッ
凛「なんとか・・・勝った・・・。」

ちひろ「良かったですね!」

凛「いえ、ありがとうございます・・・。」

ちひろ「菜々さんに渡したウサミンエナジーはあまりも強すぎましたから。」

凛「私もウサミンエナジーーがあったらなんて思っちゃいました。」

ちひろ「まあ、無理ですねこの世界からログアウトした人の武器は消滅しますから。」

凛「だからGORORIも消えたんですね。」

ちひろ「そうです。」

凛「ともかくありがとうございました。私はこれで行きます。」

ちひろ「待って、凛ちゃん。」

凛「何ですか?」

ちひろ「さっきの拳銃の代金だけど200000モバコインだから。」

凛「え!?」

ちひろ「ここから帰ってからで良いですよ?」
早苗「購入した機関銃は確かに強力なんだけどねぇ・・・。」トテトテ

早苗「このでかい機関銃じゃ発射する前に距離つめられちゃうかな?」トテトテ

早苗「何か良いもの無いかなぁ?」ガサゴソ

早苗「こ、これは・・・。」

まゆ「見つけましたよぉ?」

凛「それはこっちのセリフよ?」

まゆ「ふふふ、Pさんは渡しませんよ?」カチャ

凛「それもこっちのセリフ!」カチャ

パァーン パァーン
まゆ「ちぃっ、」パーンパーン

凛「このぉ、」パーンパーン

まゆ「避け損ねた!?」

凛「喰らぇ!!」パァーン

まゆ「受けてたまるかぁ」スカッ

凛「この体勢でかわすなんて。」

まゆ「ほらほらほらぁー」パン

凛「ぐぅ、足が・・・」

まゆ「ふふふ、とどめよぉ?」

凛「私はぁ、負けるものかぁ!」バッ
まゆ「やはり、やりますねぇ・・・。」

凛「そっちもね。」

まゆ「でも、次はありませんよぉ・・・?」カチャッ

凛「次で決めてあげる。」ジャキッ

「「いざ!」」

ガガガガガ
まゆ「な!?」

凛「誰!?」

早苗「最後の2人、見つけたわよー!」

ガガガガガ

凛「上空から機関銃!」

まゆ「幸子ちゃんのヘリですね!」

早苗「ええ、良い拾物をしたわ、上空からの一斉掃射で2人まとめて始末してあげる!」

凛「でも撃つためには乗り出さなきゃいけない、そこを狙えば!」パァーンパァン

早苗「当たらないわよ!」キンキン

凛「ちっ」
まゆ「なら、このバズーカで!」バゴーン

早苗「よっこいしょっと、ヘリごとかわしちゃえばバズーカも怖く無いわ!」

まゆ「そんな・・・。」

凛「まゆさん。」

まゆ「何?」

凛「このままではどっちも負けてしまいます。」

まゆ「だからぁ?」

凛「手を組みましょう、あんなボディコンBBAにプロデューサーさんは渡さない!」

まゆ「わかったわぁ。」
凛「バズーカでヘリを下に追い込んで、私が乗り込んで早苗さんを倒す!」

まゆ「わかりましたぁ。」

早苗「さあ、お祈りはすんだ?」

まゆ「あなたのために祈っといてください。」バゴンバゴン

早苗「当たらない、当たらない!」ヒョイヒョイ

凛「遠距離から当たらなければ、至近距離から当てるだけよ!」

早苗「な!」

グッ

早苗「乗り込まれ・・・」

凛「これで終わりよ!」パン

早苗「ぐはっ」ドサッ
ドガァーン

パラパラ

まゆ「ヘリごと自爆しましたか・・・。」

凛「ま、私は脱出したけどね。」ザッ

パァン

まゆ「油断、しましたか・・・。」

凛「これでプロデューサーは私の物ね?」

まゆ「こんな・・・、結末が・・・・。モバP・・・さ、ん。」パァァァ
凛「・・・勝った、私は勝った。勝ったんだぁー!!」

凛「やったー、これでプロデューサーと1日イチャイチャする権利を手に入れたんだぁー!」

凛「何しようテーマパークとかに一緒に行けるかな?」

凛「ふふふ。」

「ボクだったら一緒に買い物に行きたいですね!」

凛「はい?」
幸子「ウォータージェットエクストリーム!!!」

ザバアァン

凛「な、がぼごぼべ」サァァァ


幸子「まゆさんに撃墜される瞬間になんとか脱出できてよかったですね!」

幸子「あのあとちひろさんから水を操るウォーターエナジーを購入して・・・。」

幸子「最後の1人になるまで隠れて優勝できましたよ!」

幸子「これでボクが1日プロデューサーさんとイチャイチャできる!やったー!」
モバP「ちひろさん、様子はどうですか?」

ちひろ「はい、幸子ちゃんが優勝しましたよ!」

モバP「幸子か、最近絶好調だな。」

ちひろ「はい、もう幸子ちゃんフィーバーですね。」

モバP「あいつのことだから買い物にでもつき合わされるのかな?」

ちひろ「きっとそうですね。」
モバP「でも、この企画を晶葉が提案したときには驚いたよ。」

ちひろ「1日プロデューサーさんとイチャイチャする権利を掛けてのバーチャル世界での勝負。」

モバP「アイドルがやることだとは思わなかったけど全員乗り気だったからな。」

ちひろ「私も大分稼げて大満足ですよ。」

モバP「それはまあ、よかたですね・・・。」

晶葉「助手くーん、お茶を持ってきてくれ。」
モバP「はいはーい、今もってきますよ。」

ちひろ「今日はずっとこき使われてますね。」

モバP「企画の主催者ですし、バーチャル世界に入っていないただ1人のアイドルだからな。」

晶葉「はーやーく!」

モバP「今行くぞー!」

ちひろ「イチャイチャしてますねぇ、今日はずっと。」


晶葉「やっぱり一緒に居ると落ち着くな。」

モバP「んー、どうした?」

晶葉「いや、なんでもない。」

モバP「そうか、まあなんだ、今日はお疲れ様な。」

晶葉「いや、今日はずっと一緒で楽しかったから。」

モバP「それは俺とか?」

晶葉「そうだ。」

モバP「それはうれしいな。」

晶葉「今日一番の幸せ者は私だ・・・。」




晶葉(そう、一番の幸せ者は幸子ではなく私、勝てるか分からない戦いをするよりも。)

晶葉(主催者になれば企画中ずっと一緒に居られるのさ・・・。)

終わりです。

幸子カワイイ

でも当たらない。

08:07│モバマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: