2013年11月09日

ちひろ「キャー!モバプロデューサーさんのエ」

ちひろ「ラ呼吸素敵!」

プロデューサーさん「………」

ちひろ「ああ〜可愛いわ本当。たまらないわね!」


プロデューサーさん「………」

ちひろ「あら?そんなに口をパクパクさせてどうしたの…ってごはんの時間だったわね」

プロデューサーさん「………」

ちひろ「はい!プロデューサーさん、桃屋のごはんですよ!ですよ」

プロデューサーさん「!」

ちひろ「ふふっ、本当にプロデューサーさんはこれがすきですねぇ」

プロデューサーさん「………」

ちひろ「おっと、そろそろ出ないと間に合いませんね。じゃあ、行ってきます!」

プロデューサーさん「………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368895335

ちひろ「おはようございます」

P「ああ、ちひろさんおはようございます」

ちひろ「あれ、今日は早いんですね?」

P「ええ、実は昨日いいことがありまして…。年甲斐もなくはしゃいで早起きしちゃったんです」

ちひろ「そうなんですか?プロデューサーさん、河合らしいところもあるんですね」

P「ええ、恥ずかしながら………」

ちひろ「そんなところも素敵ですよ!というわけでいまなら特別価格でドリンクを……」

P「すみまっせん…。今ちょっと手持無沙汰で」

ちひろ「そうですか……」
ありす「こんにちは〜!こんにちは〜!不思議の〜国から!」

幸子「ああ、ボクのカワイサさもはや罪ですね!タイーホされたらどうしましょう…」

紗南「ふっふっふっ…。今のあたしは獲物を屠るイェーガーだよ!」

杏「くぅ〜疲れましたwこれにて終了です!」
P「はっは〜wげんきがいいね、あ幸紗杏。何かいいことでもあったのかい?」

ちひろ「いいことあったのはプロデューサーさんじゃないですか」

幸子「なんですって?ボクがカワイイ?そんな当たり前な事に心躍るとおもいますか?」

ありす「聞こえた気がましたが気のせいだったようです」

紗南「さー今日もバシバシ倒していくよ!」

杏「実は、ネタレスしたら仕事の依頼を持ちかけられたのが始まりでした」
P「ところでちひろさん、今日はいつもより口角が3ミリほど上がっているようですが、ちひろさんこそいいことあったんじゃないですか?」

ちひろ「実はそうなんでつ!なんと最近新しい家族が増えたんですよ!」

P「ほ〜う。それはすばらしいですね!新たな生命に敬意をはらって、ナム=サンダ〜」

ありす「ナム=サンダ〜」

幸子「ナム=サンダ〜」

紗南「ナム=サンダ〜」

杏「本当に働く気はないのですが←」

P「杏はぶれないな〜」

杏「ご厚意を無駄にするために流行りのネタで臨んでみた所存ですw」


ちひろ「ああもう!あの子のことを考えたらいてもたってもいられません!有給とって帰ります!」

P「さようなら」

ありす「ちひひ!ちひひ!ち〜ひろ!ちひひ!ちひひ!ち〜ひろ!」

幸子「カワイイは正義!ボクハ正義!はははどーです!まいりましたか?座布団一枚持ってきてください!」

紗南「見て!迸る衝動を全身で表現してみたよ!どうだ!」

杏「以下、VIPにかわりましてNIPPERがお送りします」

P「そこアレンジしちゃう!?」

瑞樹「ゴメンくさい!こりゃまたクサい!ああーくさっ!」

ヒョイクン「除菌も忘れるな」

薫「せんせー、イってらっしゃい^^」

P「ジャングルは危険がいっぱい」
P「以下、ポライントーホチ語での会話でお送りします」

紗南「さいじゅちのははらのちきん」

ちひろ「うん小森盛森」

法子「ドーナドナドナ?ドーナツ!」

P「出た!のりピー!今日も一発キめちゃって!」

凛「………何、これ?」

P「リンちゃん!」

ありす「リンちゃん!」

幸子「リンちゃん!」

紗南「リンちゃん!」

杏「リンちゃん!」

ちひろ「リンちゃん!」

瑞樹「リンちゃん!」

ヒョウきゅん「リンちゃん!」

薫「リンちゃん!」

法子「リンちゃん!」
奈緒「リンちゃん!」

加蓮「リンちゃん!」

卯月「リンちゃん!」

未央「リンちゃん!」

藍子「リンちゃん!」

楓「リンちゃん!」

かな子「リンちゃん!」

都「リンちゃん!」

肇「リンちゃん!」

日菜子「リンちゃん!」

みく「リンちゃん!」

いつき「リンちゃん!」

ほたる「リンちゃん!」

茄子「リンちゃん!」

凛「」
凛「うわーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

P「リンちゃんが逃げたぞ!」

ありす「リンちゃん!」

幸子「リンちゃん!」

紗南「リンちゃん!」

杏「リンちゃん!」

ちひろ「リンちゃん!」

瑞樹「リンちゃん!」

ヒョウきゅん「リンちゃん!」

薫「リンちゃん!」

法子「リンちゃん!」

奈緒「リンちゃん!」

加蓮「リンちゃん!」

卯月「リンちゃん!」

未央「リンちゃん!」

藍子「リンちゃん!」

楓「リンちゃん!」

かな子「リンちゃん!」

都「リンちゃん!」

肇「リンちゃん!」

日菜子「リンちゃん!」

みく「リンちゃん!」

いつき「リンちゃん!」

ほたる「リンちゃん!」

茄子「リンちゃん!」
凛母「あら?どうしたの凛、ソンナニ慌てて?忘れ物?」

凛「はあはあ…。ま、まあそんなとこかな」

凛母「もうリンちゃん!ったらほんとにしょうがないんだから」

凛「えっ……、今なんて」

凛母「リンちゃん!リンちゃん!リンちゃん!リンちゃん!」

凛「うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

凛母「リンちゃん!リンちゃん!リンちゃん!」

ハナコ「くぅ〜ん?」

凛「ハナコ!行くよ」

ハナコ「わふ!」

凛母「リンちゃん!」
凛「ここまでくれば……」

ハナコ「ワン!」

凛「ハナコ……。私、どうすれば」

ハナコ「……市ネバいいんじゃないかな?」

凛「えっ?」

ハナコ「ねえ、リンちゃん?」

凛「」

ハナコ「リンちゃん!リンちゃん!リンちゃん!」

凛「」
凛「うわああああああああああああ」

凛「あ、あれ……夢?」

凛「お、おはよう」

凛母「おはよう、凛。今日は野外で撮影なんでしょ?はいこれ、お弁当作ったから」

凛「ありがとう……」

ハナコ「くぅ〜ん」

凛「ハ、ハナコもおはよう。……じゃあ、行ってくるね」

凛母「はい、行ってらっしゃい。車に気を付けてね!」

ハナコ「ワン!」

凛「うん」
凛「何だったんだろう?あの変な夢は…」

凛「私、そんなに疲れてるのかな?」

凛「……まあ、いいや。気持ち切り替えないと」

凛母「…………………………………」

凛母「………行ってらっしゃい、リンちゃん!」
今回はここまで
これは決してホラーではありません
心温まるハートフルな物語です
では失礼します

08:13│モバマス 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: