2013年11月10日

高垣楓「ゆーげんじっこー」






「お疲れさまでしたー」


楓「…」フゥ

楓「…」


バサバサ…


楓「…」

楓「…ふふ。今晩は焼き鳥にしようかしら。プロデューサーさん、誘ったら一緒に来てくれるかなー…」


バサ…


……ポト


楓「…………あら」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374994479


楓(ひょっとして)

楓(……鳩さんを見て口に出したことが、現実に?)

楓「わー…」

楓「……」ウーン

楓「でも…私が食べたいのは、鳩さんの丸焼きじゃなくて串に刺さった焼き鳥なんだけど…もう」プクー



鳩「…」コンガリ


シャーナイ


ポフンッ


楓「おー」


プシュー…


楓「……」

楓「…」ツン

楓「…………」パチパチパチパチ



モリアワセ「…」アリガトウアリガトウ



楓「……えっと、どうやって持って行こう…。そのままだと乾いちゃうかな…」

楓「あら。こんなところにサランラップが。助かるわー」

楓「…」ペリペリ

楓「…」グニニ

楓「……」ググ…

楓「…」グニーー…

楓「ああんっもうっ」ペチ



モリアワセ「…」ヤルヤル









楓「……ちょうどよかった…。助けて欲しいんです」

P「…どうかしましたか?」

楓「あの、ラップが上手に切れなくて…」

P「…ら、ラップですか?」

楓「そうなんですー…」コクン

P「な、なんの話ですか?」


楓「……」ソウダ

楓「ね、プロデューサーさん」トロン

P「? はい」

楓「…ふふっ…いま私、すごーい力があるんですよー」フフーン

P「は、はあ」


楓「…」

楓「あ、あの…。もう一つだけ、いいですか…?」

P「? はい」

楓「…えっと」コホン

楓「……、やっぱり、なんでもないです」

P「え」

楓「…ふふっ」ニコ

楓「…考えてみると、私、べつに…。願った想いはほとんど、もう叶っているし…これからも、きっと…口に出さなくても…」ボソ…

P「?」

楓「ふふ。なんでもありません」

P「そうですか。…よ、よく分かりませんが。よかったです」

楓「はい♪」

楓「じゃー、お酒飲みますよー」オー

P「おー」

こんだけです。
>>5 楓さんならきっと世界は平和になると思うの。

思いつきなんで、はい。分かり易いオチで失礼しました。

08:19│高垣楓 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: