佐々木千枝

2014年08月30日

千枝「…」雪美「オゥ…オゥイェ…」ズンズン




千枝「…」




続きを読む

20:30|Permalink

2014年04月27日

モバP「千枝」早苗「アウト」

モバP「...晴」



早苗「アウト」



モバP「チッ...光、麗奈」
続きを読む

20:30|Permalink

2014年01月02日

千枝「ピンクパールのヘアピン」

P「……千枝?」

千枝「……あ、ごめんなさい、起こしちゃいましたか?」

P「いや、元々起きてたよ。なかなか寝付けなくてね」
続きを読む

20:30|Permalink

2013年12月09日

佐々木千枝「千枝は、わるい子です」

初めて会ったとき、プロデューサーさんのことがとても怖かったのを憶えている。彼の体はオトナ相応の身長があり、顔を見ようとすると見上げなくてはならなかった。見知らぬオトナの男性というのは酷く恐ろしく、これから長い間彼と一緒にいるのかと思うと、不安で不安でしょうがなかったものだ。

 しかし、その不安もすぐに解消されることになる。プロデューサーさんは私が見上げていることに気づくと、膝立ちになって目線を合わせてくれた。そして一言、柔和な笑みを浮かべながら挨拶をくれる。私は二三度口を開いたり閉じたりした後、なんとか挨拶を返すことができた。羞恥で頬が熱くなるのを感じたが、彼は私を笑うことなく、ゆっくりと自分のことを話し始めた。
 
 プロデューサーさんの口調はゆったりとしたもので、声音は優しく聞き取りやすかった。きっと私に配慮してくれていたのだと思う。
続きを読む

16:30|Permalink
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: