2014年08月03日

輝子「たーんたーんたーぬきの」


輝子「きーん○ーまはー♪かーぜもなーいのにぶーらぶらー♪」



輝子「そーれをみーていたおーやだーぬきー♪お腹をかーかえーてわっはっはー♪」





輝子「…………………」



輝子「…………………」



輝子「ふふ、ふひひひひ…」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400410182



………

……







事務所





P「おはようございます」

ガチャ



P「とりあえずPCメールチェックするか…でもその前に」

ヒョイ



机の下の輝子「……………やあ」



P「今日の中身は輝子か」



輝子「お、おはよう」



P「おうおはよう早速出てってくれ」



輝子「やだ」



P「…やれやれ、時間になったらレッスン行ってくれよ?」



輝子「了解…フヒッ」

P「全く俺の机の下の何がそんなにいいんだか」



ジイイイ



P「ん?何の音よ?」



カチャカチャ



P「下だよな…輝子何してる?」



輝子「…………あっ」

ゴソゴソ



P「うん?」



輝子「…気にするな」

ゴソゴソ



P「えーっと俺のチャックを開けてベルト外してマイサンを取り出そうとしてるだけか」



輝子「そうそうそれだけ…お構いなく…」

P「って何しとんじゃああああああ!!!」

ゲスッ



輝子「おぶっ」



P「あばばばっばばばばば」

ゲシゲシゲシ



輝子「酷いぜP…足蹴にするなんて…あ、でも、こういう荒い扱いってトモダチっぽい…?…やっぱ嬉しいかも…」



P「足蹴にされながら笑うな!!」

グリグリ



輝子「むぐぐ…さり気なく靴は脱いでくれてるし…そういう所からもPの優しさが伝わるぜ…ふひひひひ…」



P「やだ輝子が気持ち悪い」

P「この変態」



輝子「へ、変態…?!誰の事??」



P「お前だよ!」



輝子「えええぇぇ…」



P「どうしてそこですっごい不服そうな顔するのかなあ」



輝子「わ、私そんなんじゃないぞ…キノコ大好きな普通の女の子だ」



P「普通の子はキノコ大好きっていう要素は無いと思うぞ…いやそうじゃない、お前は今何しようとした!!」



輝子「Pの○んたまを取り出」



P「やっぱ言うな!アイドルが言うなそんな事!!」



輝子「駄目なのか?」



P「いい訳あるか」



輝子「トモダチじゃないのか私達…?」



P「トモダチでもエッチなのは駄目だろ」



輝子「えっ」



P「そもそも互いの同意と時と場所とか、そういうの全部OKじゃないと…?」



輝子「ちち違う違う違うそういうのじゃないぜ…」

ブンブンブンブン



P「んんん?」

輝子「Pはスケベだな……そんな風に思うとか私達トモダチなのに…フヒ…フヒヒ…恥ずかしい…」



P「人の股間を狙う相手にそんな事言われるとは」



輝子「だからそういうのじゃないってば…わ、私はさ…」



P「おう」



輝子「ただきんた○を揉んでみたかっただけだぞ」



P「よし! 何一つ分からない!」



輝子「たーんたーんたーぬきのきーん○ーまはー♪」



P「え、何故歌う?」



輝子「次、Pの番」



P「あ、うん、かーぜもなーいのにぶーらぶらー」



輝子「そーれをみーていたおーやだーぬきー♪」



P「…お腹をかーかえーてわっはっはー」



輝子「……………ふひ」



P「……………」



輝子「そういう事だ」



P「どういう事なの」



輝子「この歌みたいにさ…き○たまって魅力的なんだぜ?」



P「えぇ…」



輝子「揉み心地や触り心地もいいって噂だ」



P「そんな事は…(ある、か?ドランゴンボールでも確かに似た様な話があったし…)」



輝子「Pは変な勘違いしちゃったけどさ…ほら、愛海だってそうだぞ」



P「あー…」



P「(自他共に認める乳ハンター愛海)」



P「(アイツの傍若無人は有名である、しかし案外許されてる空気だ、それは)」



P「そう奴は───ただ乳そのものを揉みたいだけだからだ」



輝子「イエース」

回想





P『俺の人生はここまでだと思ったよ』



愛海『いやー流石に765の皆はガードが固かったねー☆高ランクアイドル凄いっ』



P『もうお前は誰とも競演させんファンとの握手会も無しだ』



愛海『ええええええ!?アタシに死ねと言うの!!』



P『うるせぇ死ね』



愛海「『酷い…横暴だ…しくしく」



P『…ちょっとくらい自重する気はないのか?』



愛海『──愚問だね、アタシが女の子に生まれたのはきっと合法的に乳を揉むためだから』



P『おそらく女の子として生まれた意味を誰よりも無駄にしてるな』



愛海『そしてアイドルにスカウトまでされた…これもきっと可愛い子のおっぱいと巡り合うため」



P『俺のスカウトの目も曇ったかなー』



愛海『プロデューサー…天から与えられた運命なんだよアタシの道は』



P『かっこいいー』



回想終わり





P「(でも揉みたいだけでも相当アレだけどな)」



P「(美少年でノンケだとしても金玉揉むのが好きって奴がいたら俺は近寄らん)」



輝子「そう、ただ触ってみたいだけなんだ…ふひ」



P「…ああ、理解できたかも」



輝子「…!じゃあ○んたまを出してくれるのか!?」



P「だがそれとこれとは別、断る」



輝子「そ、そんな、私が頼れるのはPだけなのに…!」



P「もっと別な方向で頼ってくれ…ほれ、揉みたいだけなら親父さんとかでいいんじゃないか?」



輝子「Pはおっぱい揉んでみたいからってお母さんに頼める?」



P「俺が悪かった」

P「(頼ってくれるのは嬉しいのにこんなアホな願いでとても悲しい)」



輝子「P…わ、私はPだから頼むんだぞ?」



輝子「ただのトモダチじゃない、背中を預けれる親友だから頼むんだ」



P「え…」



輝子「…アイドルになって他にもトモダチ出来た…ぼっちじゃなくなった、けど」



輝子「こんな事まで頼んで揉みたいのはPだけ…それでもだ、駄目か?」



P「…適当な気持ちじゃなかったか、輝子、俺はお前を勘違いして」



輝子「それに他の皆にはきんた○ついてないからな…無い物は触れない…ふひひ」



P「……………………」



輝子「そういう意味でも頼めるのはPだけ…あ、駄目、逃げないで」



P「ちょっと用事思い出してなー」

スタスタ



輝子「い、一回だけでいいから…!」

ガシィ!



P「ええい離せい、その一回で俺の人生が砕けてしまうんだ」



輝子「たぷたぷ…たぷたぷ…させて欲しいんだ」



P「玩具じゃないぞ○んたまは」



輝子「男のトモダチPだけだし…」



P「現在進行形でトモダチ止めたくなりそうになってるけどな」



輝子「っ!?!?!?!?!」



P「なあ輝子…そういうデリケートな部分は簡単に人に見せたり触らせたり…ん?」



P「(引き止める輝子の腕の力がいきなり弱くなった…?)」



輝子「……………………」







P「…輝子?どうかし」



輝子「あ、ああああぁぁぁ…やだ……それは嫌だ……駄目…だめだめ絶対にやだ…っ!!」



P「え」



輝子「トモダチトモダチトモダチ…Pと私はトモダチだ…トモダチじゃないといや…」



P「あ、あの輝子、落ち着け」



輝子「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいもうこんな事頼まないから許してお願いごめんなさいごめんなさいごめんなさい」



P「だから大丈夫だ!!今のは言葉のあやだ!冗談だから!!!」



輝子「……かっ…はっ………っ…ヒュー……」



P「(興奮しすぎて言葉が届いてない…!それに過呼吸になってる!?あーもうこうなったら)」



P「輝子!!」

ダキッ



輝子「…あっ」



P「………………」

ギュウウウウ



輝子「…………………」



P「(こんだけ思い切り抱きしめたら…通じる、よな?)」



輝子「…………………」



P「…………………」



輝子「………………」



P「…輝子?」



輝子「…うん、大丈夫だ、落ち着いた」



P「そうか、良かった」



輝子「でもさ」



P「ん?」



輝子「……………恥ずかしいなこれ……ふひっ」



P「…そうだな」

………

……







数分後





P「………………」



輝子「…良かった…良かった…」

グリグリ



P「………………」



輝子「やっぱり私とPはトモダチ…大親友…♪」

グリグリ



P「(あの後腕から離せず、とりあえず腕に抱いたまま椅子に座ったが)」



P「(膝の間の輝子が頭をぐりぐりこすりつけている)」



P「…まるで猫だな」



輝子「…何か言ったかP?」



P「いや何も」



P「(正直これはトモダチと言うか…その、アレだよなあ)」



輝子「〜♪」



P「(しかし輝子はご機嫌だし…さっきので凄い罪悪感感じているから拒めない)」



輝子「…ふひ、こういうのもいいな、恥ずかしいけど……それより嬉しい」



P「かわいい(かわいい)」

P「(しかし冗談でもトモダチ辞めるは禁句だな…気をつけよう)」



輝子「P、さっきは悪かったな」



P「ん…いや、いい俺も言葉がすぎた」



輝子「興奮しすぎちゃった…ライブの時よりテンションが上がったかも…」



P「…それだけ衝撃だったんだな、俺も気をつける」



輝子「あと、きんた○の事も」



P「………………」



輝子「ふひひ…揉みたかったのになあ…」



P「…お前なあ」



輝子「冗談…ジョークだぜ、ふひ…」

輝子「それだけ大事な所なんだよな…大親友でも触れないくらいに」



P「そういう事、お前だって俺がおっぱいもませて欲しいと頼んだら…あっ」



輝子「………………」



P「…いや、その今のは」



輝子「ふ、ふふふ…」



P「あは、あはははは」



輝子「…………………」



P「………………」



輝子「………………」



P「………………」



輝子「…うん、やっとPの気持ち解ったぜ」



P「ふう」



P「(かなりアウトな発言してしまったがやっと解ってくれたか)」



輝子「でもさ」



P「ん?」



輝子「…どうしても、どうしても揉んでみたいって…一生のお願いって……た、頼んだら、それでもPは断る?」



P「あーそこまで言われたら…うーん…」



輝子「私ならいいぜ」



P「え」



輝子「…私は、その…Pなら………い、いい…けどな」



P「…………………」



輝子「…ふ、ふひひ駄目…無理……これ以上は無理…フフフフ…照れる…」

ボスッ



P「……………」

ギュウ



輝子「…♪」

………

……







後日





机の下の乃々「(こんにちわもりくぼです、非常に不本意ですけどアイドルやってますぅ)」



乃々「(今日は少し変わったことがあるんでます…それは)」



机の下の輝子「たーんたーんたーぬきのフンフフフーンー♪」



乃々「(お隣さんがとってもご機嫌です…)」





乃々「あの、何かあったんですぅ?」



輝子「あ…まあな…ちょっとな……Pと…またトモダチとして…一つ仲良くなれたんだ…フフフ」



乃々「…トモダチ…ですかぁ…」



輝子「ふひっ」

P『そっか、じゃあ頼んでしまうかな?』



輝子『えっ…あ…?でも…まだ…心の準備…』



P『冗談だ』



輝子『…P?』



P『トモダチって言うなら頼みこんでやる様な事はしないもんだろ?』



輝子『…………………』



P『だから』



輝子『…?』



P『もし揉むって事になるならその時は…お互いに─心からそうしたいと──思った─』







輝子「フフフ…フ、フフフ…」



乃々「笑顔が怖いんですけど…」



輝子「あ…ごめんね、トリップしちゃった…ふひっ…」



乃々「(何があったんでしょう…)」



輝子「…でも揉めなかったのは…やっぱり残念だ…揉みたしだきたかったぜ…」



乃々「も、揉む?あの何の事なんですかぁ…?」



輝子「Pのき○たま」



乃々「」



輝子「きっとぐにぐにいしてて気持ちいい…?乃々?どうした?」



乃々「ななな何言ってるんですかぁ…!それにき、気持ちいいってあわわわわっわ」



輝子「?」





※少女漫画好きの乃々は耳年魔と化しているのでその類の言葉は全てエロ方向に解釈するのだ!

輝子「乃々は知らないのか?アレの感触って気持ちい」



乃々「ぜ、全然知らないんですけど!!そんなの知る訳が無いんですけど!!!」



輝子「じゃあ乃々も触ってみたいとか思わ」



乃々「無いですぅー!!!」



輝子「そっか残念…もし良かったら乃々にも参加して欲しかったんだけどな」



乃々「」



輝子「…でもやっぱりまずは私だま…フフ、フ…いつかはPのやつを…フヒッ」



乃々「(あわわわわわわわわわわわ)」











この後噂は駆け巡りPのきん○まが事務所の流行語になったり

Pが処刑されそうになったりしたそうな





おしまい



21:30│星輝子 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: