2013年11月21日

モバP「鷺沢さん?ちょっといいですか」

P「鷺沢さん?」
文香「はい?」
P「……あー、少し驚かれるかもしれません」
文香「…なんでしょう?」
P「この前のイベントで、鷺沢さんにバックメンバー代表として出演しましたよね?」


文香「あ……はい…」
P「実は、あの日の翌日付でファンレターが届いておりまして」
文香「そうですか……」

文香「えっ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375128479


「わ、私に…ですか?」
「ええ、鷺沢さん宛です」
「…そんな…私、まだ…笑顔もきちんとできてないのに…」
「えと、取りあえず封は切ってないのでお渡ししておきます。
 家に帰ってからでもいいので、是非読んで下さい」
「……はい」
・文香ちゃんのアパート、ベッドにて

文香「………」

───初めまして、○○と申します。
先日のCD発売イベントで鷺沢さんの事を知り、お手紙を送らせて頂きました。
黒川さんの衣装が華なのに対して、鷺沢さんは蝶のイメージなんですね。
とてもよく似合っていたので、黒川さん目当てに行ったつもりが鷺沢さんの方ばかり気にしてしまいました(笑)
これからの活躍も期待しています、お体に気をつけて頑張ってください。

文香「……私に…ファン…」

・翌日、事務所にて

文香「あ、あの…プロデューサーさん…」
P「んふぅ?」
文香「…私、もっと頑張ろう…って」
P「あー!昨日の」
(コクリ)
P「うん、気持ちが前に向くのはいいけど無理はしないように。
  鷺沢さんならきっと大丈夫ですよ」
文香「…はい」

ちひろ「プロデューサーさん?あっちで頼子ちゃんが呼んでますよ」
P「あ、そうだった!すみませんちひろさん、鷺沢さんの事お願いします」
ちひろ「はーい」
文香「………」
ちひろ「…鷺沢さん?ちょっと盗み聞きしちゃったみたいで申し訳ないんですけど」
文香「はい?」
ちひろ「『昨日の』って、なんですか?」
文香「あ……えと…?」
ちひろ「?」
文香「ちひろさん…知らないんですか…?」
ちひろ「……私に心当たりはないですね?」
文香「…事務所に…届いた、って……ファンレター…」
ちひろ「あっ、あー………そうですね、昨日渡されたんですか」
(コクリ)
ちひろ「だから今日は顔が明るかったんですね、漸く謎が解けました」
文香「はい…私、頑張ります」
ちひろ「その意気や良し、ですよ。
     鷺沢さんもアイドルとして一皮剥けたんじゃないですか?」
文香「いえ…そんな…」

P「お、うら若き乙女たちが談笑していますな」
ちひろ「あら、そんな本当のことを言わなくても」
P「じゃあ鷺沢さん、送っていきますよ」
文香「あ…はい、お願いします」

・事務所/夜

P「戸締りオッケーです」
ちひろ「はい、じゃあ帰りましょうか」
P「すみません、こんな時間まで手伝ってもらっちゃって」
ちひろ「何言ってるんですか、ああいう仕事は本来私の担当なんですから」
P「ははは…担当の子に関しては全部把握しておきたいので」
ちひろ「『長所は短所』ですね、プロデューサーさんは」
P「返す言葉もありません…」
ちひろ「何を言っているんですか、プロデューサーさんを褒めてあげてるんですよ」
P「ありがとうございます」

ちひろ「そういえば今日ずっと引っかかってた事があるんです」
P「はい?なんでしょう」
ちひろ「鷺沢さんのファンレター」
P「ああ……もしかしてお説教になります?」
ちひろ「なります」
P「……いつものところでいいですか?」
ちひろ「いいですよ」

・事務所近くの小料理屋

ちひろ「生2つと肉じゃがと角煮と卯の花とー、胡麻豆腐とおひたしで」
P「味玉とひじきの煮物もお願いします」

P「まずはお疲れ様です」
ちひろ「お疲れ様です、かんぱーい」
P「かんぱーい」
(グイッ)
ちひろ「で、話の続きですけど」
P「はい」
ちひろ「今回のはプロデューサーさんの仕業ですね」
P「はい、仰る通りで。
  あ、ありがとうございますー」
ちひろ「先に言うと今回は私的には許せる範囲です」\パキン/
P「あれ?許してもらえるんですか?」\パキン/
ちひろ「割り方下手ですね。
     で、まあ許せる範囲ではありますが許すわけではないです、いただきます」
P「いただきます。
  ですよね、早とちりしてしまいました」
ちひろ「うん、美味しい」
P「やっぱりここに来たら角煮ですね」

ちひろ「プロデューサーが担当アイドルにファンレターを送る、それはいいでしょう。
     でも最初のファンレターっていうのは駄目なんです、わかりますね?」
P「ええ、わかります」
ちひろ「プロデューサーさんの気持ちもわかりますし考えていることも理解はできます。
     でも最初だけは何の関係も持たないファンから自然と手紙が来るのを待つべきです」
P「はい」
ちひろ「はい、どーもー。
     え?まさかぁ、いじめてなんかいませんよ」
P「いつもいじめられてるんです…」
ちひろ「何か言いました?」
P「いいえ何も」
ちひろ「あはははー………。
     で、まあ、そういう理由で事務員としては許しませんが、今回に関してだけは私個人は許します」
P「……鷺沢さんの最初のファンは、俺ですから」
ちひろ「そう、貴方が見つけてスカウトしてプロデュースしてきた子ですから」
P「あー…なかなか上手く行かないですね、この職業は。
  純粋に彼女のファンでありながら、プロデューサーとして『これでやる気出してくれれば』といった打算をして」(グイッ)
ちひろ「結果、鷺沢さんはプレッシャーに感じる事なく前向きに捉えてくれましたね」
P「本当に……俺がプロデュースするのは勿体無いくらいのいい子です」
ちひろ「その台詞は何度も聞いた気がしますけど。
     Pさんがプロデューサーだからこそ開花してきた子も居る、と思いますよ」(グイッ)
P「そう思ってもらえているなら本望です」
ちひろ「あ、どーもすみません。
     現にPさんはプロデュースしてきた子に信頼されてますし、尊敬もされているでしょう」
P「そうあるなら嬉しいですね」
ちひろ「私が言うんだから間違いないです」
P「はは、ありがとうございます」
ちひろ「そもそもですね、Pさんには自信というものが……」

・文香ちゃんのアパート

文香「………」(クスッ)

文香「お返し、しなきゃね…」

・翌日、事務所/朝

文香「あの…おはようございます」

P「おはよう、鷺沢さん」

文香「…これ……」

P「ん?栞?」

文香「はい…押し花を、栞にしてみたので…」

P「これを僕に?」

(コクリ)

P「ありがとう、大切に使わせてもらいます。
  …見たことあるけど、何の花ですか?」

文香「……パ、パンジー…です…」

P「あーあー、パンジーか。
  うん、ありがとう鷺沢さん」

文香「…い、いえ……」



ちひろ「プロデューサーさーん?」
P「はーい!今行きまーす!
  すいません鷺沢さん、少し待ってて下さい」


ちひろ「春菜ちゃんの眼鏡が見つからないらしくて」

P「そうですか、では仕事があるので」

ちひろ「一緒に探して下さいね?」

P「わかりました……」

ちひろ「ん、何を持ってるんですか?」

P「あ、これですか?
  さっき鷺沢さんからもらったんです」

ちひろ「ふーん、少し見せてもらってもいいですか?」

P「眼鏡は探さないんです?」

ちひろ「プロデューサーさんが探してくれるんでしょう?」

P「あっ、はい」

ちひろ「………綺麗に作ってありますね、はいお返しします」

P「はい、どうも」

ちひろ「これ、何の花ですか?」

P「パンジーらしいですよ」

ちひろ「あぁ、そうなんですか…ふふっ」

P「何笑ってるんですか…気持ち悪い…」

ちひろ「はいはい、ちゃっちゃと探して下さい」



(パンジーの花言葉は「物思い」「思慮深い」ですけど
 小さいものはヴィオラっていって、花言葉が変わるんですよ?
 「信頼」「誠実」そして…「少女の恋」。
 鷺沢さんの小さな勇気は、Pさんに届くんですかね?)
>>9
大変申し訳無い!久々すぎて普通にコピペだけしてましたァ!
何か違和感あると思ったらまさしくそれでした……
くぅ〜w疲れましたw
これにて終了です!

いやー、もしどこかのまとめに載るんだったら行間空けてもらえると助かります……

今回は「読書してる娘っていいなー」という考えから文香ちゃん中心で短編を組んでみました。
ファンレターの構想は早々に出てきたものの、書き続ける内に「実はPが書いてましたー」というオチを通りすぎてしまっていて戦慄してしまうなど。
久々の会話劇としてはそれなりに満足いったかなー、といった感じです。
まだ文香ちゃんのキャラが自分自身あまり掴めていないのでこういった形になってしまいましたが、自分的にはうーん?でしょうか。
Pとちひろさんの関係はブラックちひろでない限りこういった形であればいいと思います、こういう女友達は随時募集しております、今は居ません。
それでは雑文乱文になりましたがこれを後書きとさせて頂きます、ここまで読んで頂きありがとうございました。

08:02│鷺沢文香 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: