2013年12月10日

モバP「おい、前川。口開けろ」みく「P、Pチャン……?」

P「なー、みく。ちょっとだけでも……」

前川みく「嫌にゃ!Pチャンの頼みでも嫌だにゃ!」


P「そんな事言わないでさー。頼むよ!な?」

みく「苦いしザラザラするし!おまけに臭いから嫌だにゃ…」

P「先っちょだけでもいいから!」

みく「先っちょでもなんでも変わらないにゃ!」

P「わかった……ちょっとまってろ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1365524851



P「はい!よし。これでどうよ」

みく「どう、と言われてもぉ」

P「お前が口に入れやすいような大きさにしたんだよ。な?これなら大丈夫だろ?」

みく「Pチャン……根本的に変わってないにゃ!」

P「えーダメか?」

みく「みくはそんなもの絶対に口の中に入れないにゃ!」


P「そんなものってなんだよ!俺がせっかく口に入りやすい大きさにしてやったのに!ちょっと大変だったんだぞ!」

みく「何をしようと無駄だもんねー。みくの体がそれを口にするなと拒絶しているのにゃ!」

P「むかっ。なんだその態度は!?俺がせっかく育てたこいつを口にできないっていうのか!?」

みく「Pチャンのだろうが、誰のだろうが、無理なものは無理なんだにゃ!」

P「お前!この大きさにするのに何年かかったと思ってるんだ!?」

みく「し、知らないにゃ!」

P「知らないだと!?いいだろう。教えてやろう。俺が切磋琢磨してこの自慢の――」

みく「あーあー聞こえないー。聞きたくもないにゃー」

P「……くっ」ギロ

みく「うっ……な、なんだにゃ。Pチャンがそんな怖い顔しても、みくには無理なんだにゃ……」シュン


みく「だ、大体。ちょっと汚いにゃ!舌触りも最悪だし、味も苦いにゃ!これを口に入れるなんて信じられないにゃ!」

P「汚い……だと……?俺が息子のように育てたこいつを……?」

みく「……そうだにゃ。事実だにゃ!Pチャンには悪いけど、みくは――」


P「」ブチ



P「……」グイ

みく「ふにゃあああ!?Pちゃん!?な、なにを――」

P「おい、前川。口開けろ」

みく「P、Pチャン……?」オロオロ

P「前川、早くしろ」

みく「い、いやぁ……」フルフル

P「前川」グイ

みく「うっ……」

みく(Pチャンのが口に……ちょっと触れただけでも嫌な匂いがするにゃ……ぜ、絶対口に入れるもんか……!)

P「ちっ」グイイ

みく「!?」

みく(は、鼻を摘まれたにゃ!?こ、これじゃ息ができないにゃああ!?)

みく「ぷぁは!」

P「今だ!オラッ!」ズボ

みく「っ〜〜〜〜〜!」モゴモゴ



P「俺が育てた息子のようなものだ。感謝しながらじっくり味わえ」

みく「んっ〜〜!」バタバタ

みく(苦いにゃ!ざらざらして、臭い匂い!皆こんなものよく口に入れられるにゃ……)

P「おい、動いてないぞ。ちゃんと味わえ。でないといつまでもこのままだぞ」

みく「!?……ふにゃ〜」モゴモゴ

P「よし、いいぞ。じっくり味わえ」

みく「……」モゴモゴ

P「どうだ?美味しいか?」

みく「っ!」キッ

P「お、い、し、い、か?」

みく「お、おいひぃにゃ……」シュン

P「そうかそうか」ニコッ



P「ふむ。そろそろいいだろう」

みく「!」

P「おっと、吐き出すなよ。ちゃんと、飲み込むんだ」

みく「にゃあ……」フルフル

P「駄目だ。きちんと飲み込め」ギロ

みく「っ〜〜〜!」ゴックン

みく「……これでいいかにゃ?」アーン

P「よし、いい子だ」ニコ

みく「Pチャン……」

P「ん?」





みく「ふしゃあああああああああ!」カブ

P「ぎゃあああああああああ!?」







みく「Pチャンは最低だにゃ!?信じられないにゃ!」

P「む、無理やり食べさせたのは悪かったって……」

みく「みくが魚嫌いだって知っててこんなことするなんて!Pチャンなんて知らないにゃ!」

P「いや、だって俺がせっかく、小魚の頃から育てた自慢の魚をさ?汚いとか言われると、むかっ、って来るだろ?」

みく「……みくも、言い方が悪かったにゃ。でもでも!嫌がるのを無理やり食べさせるのは信じられないにゃ!」

P「お前には食って欲しかったんだよ!魚は栄養があって体にいいんだ!それにせっかく猫キャラで売ってるのに魚が嫌いってちょっとないだろ。って思ってさ」

P「漁師の息子としては食べて欲しかったというか、みくの事を思ってだな……」

みく「……Pチャン。みくの事を考えてくれて、みくは嬉しいにゃ……。でも、それでもみくは魚は苦手だにゃ」シュン

P「……俺も、悪かったよ。そうだな。嫌いなものはそんなパッとすぐに食べれるようにならないよな……」




みく「みくだって、魚は食べれないのは猫としてはどうなんだろうって思うにゃ……。でも、本当に無理なんだにゃ……」

P「みく……」

みく「『猫なのに魚嫌いなんて幻滅しました。みくにゃんのファン辞めます』なんて言われた時なんか眠れなかったにゃ……」

P「みく!」ガシ

みく「なんだにゃ……」

P「俺も一緒に手伝うから、一緒に魚嫌いを直しておこう!みくにゃんのファン辞めますなんて言わせないような猫キャラトップアイドルを目指そう!」

みく「Pチャン……!」ウルウル

P「俺も漁師の息子だっ!お前が食べやすいような魚を獲ってきてやる!いや……この魚みたいに育てたっていい!」

みく「でも、何年も掛かったって……」

P「馬鹿、何年かかってでもやってやるさ。お前の側に居てやる」

みく「っ!Pチャン!」ギュ

みく「絶対に約束だからにゃ!ずっと側に居てね!」

P「あぁ!約束だ!」



P「と、いうわけで、この魚を――」

みく「ふしゃあああああ!?」




おわり。酒飲んだテンション。みくにゃんは可愛い!


ま、自分CoPなんですけどね(小声)

画像支援ありがとう。やっぱりみくにゃんは可愛い。

08:30│前川みく 
相互RSS
Twitter
更新情報をつぶやきます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: